心拍数の変化

今年はフルマラソンの練習として、何回か20キロのペース走を行った。
ただ、5月に萩往還や鯖街道など大会があり、
意識してペース走を行ったのは、これらの大会を走り終えてからである。
何回か行ったペース走時の心拍数データを見直してみて、
ちょっとした変化に気付いたので、一覧表にまとめてみた。

データは次の項目。
 1.実施日
 2.20キロペース走のタイム(キロ5分が目標)
 3.平均心拍数
 4.心拍数ゾーン別のタイム
  最大心拍数に対する強度を5段階に区分して、それぞれのゾーンでの合計タイム
  ①ベリーライトゾーン(50%~60%)
  ②ライトゾーン(60%~70%)
  ③モデレイトゾーン(70%~80%)
  ④ハードゾーン(80%~90%)
  ⑤マキシマムゾーン(90%~100%)
 ちなみに、ポラールの心拍計には、最大心拍数を測定する機能があり、
 そのテストの結果、私の最大心拍数は177拍/分。

b0108100_37093.jpg


これらのデータから、分かること。
①11,12月の平均心拍数は、5,6月と比較すると5拍/分ほど低くなっている。
②ハードゾーン(80%~90%)でのタイムが、11,12月では大幅に減少しており、
ほぼモデレイトゾーン(70%~80%)で走れている。

ただ、気象条件に目を向けてみると、
当然ながら初夏の5,6月に比べて気温の低い冬場の11,12月は、
ランニングに良好なコンディションになっている。
気候の変化による影響が5拍/分程度だとすると、成長していないことになる。

半年程度のトレーニングで、5拍/分も心肺機能が向上していたら最高にうれしいが、
たぶん気温の変化による要因が大きいと思う。
来年の5,6月に、同じような気象条件でペース走をしたときの結果が、
ほんとうの成長の度合いになるのだろう。
その時のペース走が楽しみな反面、数値が落ちていたらちょっと落ち込むなぁ~。

14日の日曜日、朝からクラブの日曜練習会に参加した。
昼から時間があったので、暇にまかせてデータを眺め楽しむ。
その後、夕食前に美味しいビールを飲むために再び10キロほどジョギング。
どんだけひまやねん!
[PR]

by toshihi616 | 2008-12-14 00:00 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/10048066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 来年は坂道練習を! しあわせ健康駅伝、体が悲鳴をあ... >>