六甲全山縦走、背後からのプレッシャーでサボれません!

b0108100_20252915.jpg

六甲全山縦走路でトレイルランを楽しんできた。

3月20日に福ちゃんさんと全山縦走にチャレンジしたが、
あいにくの雨でスタートが遅れ新神戸までとなった。
暑くなれば完走が難しくなるので、行くなら萩往還の練習を兼ねて4月中に行きたい。
福ちゃんさんに4月5日の再チャレンジを提案し、今回のトレイルランとなった。
さらに、たにやんさんも参加したいということで、今回は3名でのチャレンジとなる。
たにやんさんは三木RCのサブスリーランナーで、
今回も背後からのプレッシャーを感じながら、
サボりの許されない、いい練習になりそうな気がする。

当日の天候は、前日に雨を降らせた前線は南下してどんどん回復に向う予報。
午前中は雲が多くピークからの眺望もきかなかったが、
午後からは予報どおり青空が広がってきた。
雨の心配は全くなく、全山縦走にはなかなかのコンディションである。

b0108100_20255497.jpg

須磨浦公園を6時15分に出発して、順調にピークを踏んでいく。
福ちゃんさんは2回目の縦走路で、コースも頭に入り相当余裕がありそう。
たにやんさんも大学時代はワンゲルでさすがの脚サバキ、
久々の山とのことであるが、昔とったきねづか、全然問題ないでしょう。
前回にも増して強力なメンバーでプレッシャーキツイっす。

b0108100_20463488.jpg

須磨アルプス、高取山を難なくクリアーして、丸山の市街地に入る。
福ちゃんさんに、ややこしい市街地のコースを憶えてもらおうとトップを交代する。
そのまま菊水山もトップで登ってもらうが、さすがに速い。
急な階段でも全くペースが落ちず、途中からついていくのをあきらめた。
こんなハイペースが続いたら宝塚までとてももたないと思い、
菊水山のピークからトップを交代してもらう(汗)。
前回ビールを飲んだ桜茶屋をスルーして、
いよいよ一番の頑張りどころ摩耶山の登りにとりかかる。

b0108100_2037257.jpg

前を行くハイカーを面白いようにパスして、ベストタイムで摩耶山掬星台に到着。
宝塚まではまだ相当の距離を残しているので、一人だとある程度セーブしているのだが、
今回は知らず知らずに追い込んだようで、登りのための脚筋がかなり疲労している。
しばしの休憩後、今回のお楽しみの一つ「登六庵」でのカレーを目指して再びスタートする。
この摩耶山からの区間で弱音をポロリ、
「摩耶山はつらいですが、実は最高峰までの何気ない登りのあるこの区間が一番嫌で、
初めての神戸市の縦走大会でも、この区間で脚を攣りました。」と。
それでもなんとか自分を奮い立たせて「登六庵」に到着。

b0108100_20384529.jpg

以前はトッピングにチーズが出ていたが、今日は生玉子に代わっていた。
食事後、再び走り出すが太ももがとてもダルイ。
果たして宝塚までもつのか不安がよぎる。
最高峰までは車道ではなく本来の登山道を走った。
全山縦走の大会では車道を歩くが、距離も短くアップダウンのある登山道のほうが、
メリハリがあって気分的に楽である。

b0108100_20393721.jpg

b0108100_20425964.jpg

13時8分、最高峰に到着。
お二人に前回のここから宝塚までのタイムを伝える。もう少し、頑張りましょう!
ここからは宝塚まで高度を下げていくので、当然下り基調であるがやはり登りもある。
ただ登りといってもそんなに長時間続く登りではない。
行程も後半になり疲労が蓄積するなかで、最高峰から宝塚まで全て走り切れる人は、
相当な走力の持ち主ではなかろうか。いつかは全て走りきってみたい。

b0108100_20411127.jpg

14時51分、無事に捻挫などの事故もなく宝塚温泉に到着。
福ちゃんさん、たにやんさんとしっかりと握手してお互いの走りを称えあった。
温泉でさっぱりとして、駅前の中華料理店でビール&餃子で乾杯。
今日のビールは特別に美味しかった。emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0167-beer.gif
福ちゃんさん、たにやんさん、お疲れ様でした!
また行きましょう!

今日のトレランで54キロ、累計71キロ。
ほんとは54キロもなさそうだが、神戸市に敬意を表して。
[PR]

by toshihi616 | 2009-04-05 00:02 | トレイルラン | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/10666273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji1962 at 2009-04-07 10:46
あらぁ~ 皆さん速そうですね!
山の神様だらけじゃないですか?
1日仕事は⇒私だったら丸一日費やさないと駄目って事です
みなさん素晴らしい! よしっ!私も生駒頑張ります!
Commented by toshihi616 at 2009-04-07 22:33
ryujiさん、こんばんは。
正直、エンジンの違いを感じます。
また生駒縦走に行かれるんですんね。また、管理道練習会があれば誘ってください。
Commented by たにやん at 2009-04-08 08:26 x
おつかれさまでした&ありがとうございました。
かなりひさしぶりで道をぜんぜん覚えていなかったり、小石や砂が何度も靴に入って停止させたり、食料を事前調達してなくてコンビニで待ってもらったり(これはあるていど確信犯でしたが・・(^_^;))いろいろ足ひっぱりまくりで失礼しました。
やっぱりトレラン向きの靴も持っておかないとダメですね。
Commented by toshihi616 at 2009-04-09 05:53
たにやんさん、お疲れ様でした。
足を引っ張るなんて全然思ってないですよ。
足元をトレランシューズで固めたら鬼に金棒ですね、お手柔らかにお願いします。また、行きましょうね!

<< 菊水山往復マラニック 六甲全山縦走記録 Ⅱ >>