しあわせの村駅伝、女性から感謝の言葉!

b0108100_20573927.jpg

しあわせの村駅伝に参加してきた。

三木RCからの参加チームは5チーム。
私は、Dチームの第5区を担当した。
第5区は周回コースを2周(6.36キロ)する。
しあわせの村は神戸市北区の高台にあり、この時期は冷たい風が吹いて寒い思いをする。
今年は快晴、ほぼ無風の素晴らしい天気で、
寒さは全く感じなかった。

言い訳を次から次と作っている訳ではないが、膝が良くなってきたと思ったら、
今度は左の足底に痛みが生じてきた。
駅伝で無理をして症状の悪化するのが心配。
症状を悪化させないよう無事に走りきれたらと、
全くテンションの上がらない駅伝スタート前である。

駅伝スタートをデジカメに納めてから、コース沿道でクラブの人達を応援する。
さすがに選抜のAチームは速い。
別に順位は気にしていないが、三木RCの別のチームと競り合って、
最終区(第5区)までもつれると全力で走らざるをえない。
できれば前後に三木RCのチームのないことを願う。

幸いにも、バラけた理想的な展開でタスキを受ける。
スタートしてから、足底の具合を確かめるように走り出す。
特に走れそうにないほどの痛みはない。
このままのペースで無難にゴールすることを願った。

ところが、2周目に差し掛かる頃、後ろからの足音が聞こえてきて、
スリムな女性ランナーに軽やかに抜かされた。
ちょっと追走しようとペースを上げたら、差が縮まって抜いてしまった。
すると、そのランナーがもう一段スピードアップして再び前に。

足底は特に異常はなさそうなので、遅れないように追走してもう一度前に出る。
こんなに抜いたり抜かれたりを繰り返したのは初めてで、少し呼吸が苦しくなってきた。
背後に足音を聞きながら、もう一度抜かされたらスピードをゆるめようと決めた。
ところがトラックに入る前の坂道で足音が少し小さくなった。
最後まで逃げ切れるかなと思い、トラックに入ってもゆるめることなくラストスパート。

b0108100_2321341.jpg

結局、最後まで逃げ切ったが、ゴール後がしばらくしんどくて動けなかった。
トラック内の芝生をダウンジョグしていると、その女性が駆け寄ってきて、
「引っ張っていただいて、ありがとうございました」と頭を下げられた。
別に引っ張ったわけではないが、
「こちらもいい練習になりました」と答えていた。

今年の北海道マラソンのゴールシーンとまるで同じではないか。
優勝した原裕美子さんが、
ゴールまで並走してくれた男性ランナーにお礼を言っていたシーンと。
気分は悪くない、いや、とてもいい気分である。

帰宅後、家族にこのことを話して、
「オレも出世したな~、礼を言われるようなランナーになったで!」と。
気分上々の報告であった。
[PR]

by toshihi616 | 2010-12-06 00:00 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/14539096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 酔いどれランナー at 2010-12-07 00:42 x
駅伝,お疲れ様でした。
フルやウルトラにはない「しんどさ」が駅伝にはありますが,
相手に感謝される走りが出来るなんて,
さすがですね。
Commented by ミカン at 2010-12-07 06:27 x
ハイスピードの世界ですね。
脚への刺激は相当あるんじゃないでしょうか。
女性とのバトル、清々しい結末に、いいもの
もらいました。
Commented by ryuji1962 at 2010-12-07 09:31
素晴らしいですね!
立派なランニングの神様です
バトルの様子見たかったです
Commented by oc at 2010-12-08 12:44 x
さすがの走りですね。
抜きつ抜かれつは燃えますよね~。
僕も東山で最後の稲荷山で女性とバトルしたことがあります。
ゴール後は健闘をたたえあって、嬉しかったです。
Commented by toshihi616 at 2010-12-08 22:17
酔いどれランナーさん、こんばんは。
駅伝はしんどいですが面白いです。
レースで走り終えてから感謝されたのは初めてで、
とても気分が良かったです。
Commented by toshihi616 at 2010-12-08 22:22
ミカンさん、こんばんは。
距離が6キロ程度なので、フルなんかと比べるとペースは速くなり、足への負担もかなりだと思います。タスキをもらうと、自然と目一杯の走りをしてしまいます。
バトルは楽しい経験をさせてもらいました。
Commented by toshihi616 at 2010-12-08 22:27
ryujiさん、こんばんは。
比較的短い距離であんなに抜いたり抜かされたりは初めてで、
スピードも私の限界に近かったです。
背後に足音を聞きながらのランニングは体に悪いですね。
Commented by toshihi616 at 2010-12-08 22:31
ocさん、こんばんは。
ocさんも女性とのバトル経験ありですか。
バトルはすごくいい練習になりますね、しんどいですが。
ゴール後に健闘を称えあう気持ちはよく分かります。
Commented by たにやん at 2010-12-09 01:46 x
競走だと「抜きつ抜かれつ」という表現になりますが、
共走だと考えると「引っぱり引っぱられ」でお互いいい結果につながる・・いい走りができてよかったですね。
Commented by アッキー at 2010-12-09 16:43 x
そのスリムな方はもちろんべっぴんさんだった!??
・・・もしそうならもっと会話があったと思うので・・・(笑)
気持ちいいでしょうね!
Commented by toshihi616 at 2010-12-10 22:58
たにやんさん、こんばんは。
共走、いい言葉ですね。
一緒にゴールまで走った女性ランナーのほうが、
共走という意識があったから、素直の表現ができたんでしょうね。
私も見習いたいと思います。
Commented by toshihi616 at 2010-12-10 23:02
アッキーさん、こんばんは。
走る女性はみんなべっぴんさんです(なんてね)。
残念ながら、それ以上の会話はなかったです。
なかったですが、彼女の気持ちは十分に伝わってきて、
やっぱりランニングはいいなあと感じましたよ。

<< ひげ親父さん御夫婦と「はちや」で一杯 JR新長田~鈴蘭台マラニック >>