京都トレイル、鯖に向けて少し自信が出てきた!

b0108100_21271975.jpg

京都1周トレイルコースを走ってきた。

b0108100_21275477.jpg

5月の鯖街道ウルトラを気持ちよく走るために、トレイルで長い距離を走りたい。
六甲ばかりでは面白くないので、久しぶりに京都1周トレイルコースにする。
ただ、全コースは厳しく時間的にも難しいので、
前半部分の伏見稲荷から銀閣寺まではパスすることにした。
それでも、ゴール予定のJR保津峡駅まで行くと50キロ以上あり、
最後まで走りきれるかどうか分からない。

b0108100_21284043.jpg

当日は、神戸市営地下鉄の始発に乗り、京阪出町柳駅に7時半ごろ到着。
しっかりとストレッチをして、7時40分に今出川通りを東に走り出す。
前日は休足していたので、比較的足は軽く今日はいけそうな気がする。
銀閣寺手前の「哲学の道」から、京都1周トレイルコースに合流する。
まずは比叡山を目指す。

b0108100_21285841.jpg

以前にも登ったことがあり、道標もしっかりしているので迷うことはないと思ったが、
1ヶ所、どちらも本コースのような分岐があり、立ち止まってしまった。
このような迷いやすい分岐には道標が設置されているのだが何もない。
勘で登っている方のコースを選択したが、
トレイルコースを示す道標がなかなか現れず不安になってきた。

そんな時、前方からマウンテンバイクに乗ったライダーが下ってきた。
このコースは京都1周トレイルコースですかと尋ねると、そうだとの返事。
慌てて引き返さずに正解であった。私の勘もたいしたものである。

b0108100_21295499.jpg
b0108100_213066.jpg

まだまだ体力もあり、いいリズムで登り続け9時40分頃、比叡山のケーブル駅に到着。
見晴らしのいい所に鹿がたたずんでいる。こちらを見ても逃げようとしない。
コース上で鹿の侵入防止のネットや金網をいたるところで見たが、
鹿が増えていることを改めて実感した。

b0108100_21302466.jpg
b0108100_21303526.jpg

ケーブル駅から比較的平坦な道を走り、延暦寺の境内を通過する。
横高山の急斜面を登り、しばらく眺めのいい稜線上を走り、
大原戸寺まで一気に高度を下げる。
戸寺バス停近くの土産屋で、美味しそうな桜餅を発見。
桜餅を食べてエネルギーを補給し、鞍馬を目指す。

b0108100_21311939.jpg

この区間で今日、初めてトレイルランナーと出会う。
山の中で登山者と出会うと、「こんにちは」と挨拶を交わすが、
そのランナーは、「お疲れ様です」と挨拶してきた。
ゴールまでの間に、何人かのランナーとすれ違い、追い越されたが、
「お疲れ様です」という挨拶の方が多かった。

b0108100_21314112.jpg

勘ぐるに、50を過ぎたおっさんが息もたえだえに、
無理して走って大丈夫?といういたわりの意味があるのか。
それとも、京都のトレイルではこの挨拶が普通なのか。
こちらも、「お疲れ様です」と返答した。

b0108100_21322540.jpg

鞍馬に12時20分頃、到着。
5月の鯖でここを走っているときは、疲労困憊しているのかなと思う。
ここから二の瀬まではロード、夜鳴峠を越えて山幸橋までもロード。
下り基調のロードで快調に走れたが、しっかりと走れたのは山幸橋まで。
氷室への登りでは、太ももに疲労感を感じ足が上がりにくくなる。
氷室から京見峠までの登りのロードは気持ち的に負けてしまいとぼとぼと歩く。

b0108100_21324171.jpg

沢の池を通過して長い坂道を下り清滝川に出て高雄に3時10分頃に到着。
ここからは清流沿いの平坦な気持ちのいいコースで、いよいよ完走が見えてきた。
少し気持ちも切り替わり、何とか最後まで走れそうである。
清滝を通過して落合で京都1周トレイルコースから外れ、
ゴールの保津峡駅を目指す。

b0108100_2133475.jpg

しばらくすると対岸に駅が見えてきたので、もう到着したのかなと思ったら、
トロッコ電車の保津峡駅であった。JRの駅はまだ先。
落合から3キロほどで、ようやくゴールの保津峡駅が見えてきた。
4時20分に保津峡駅に到着。行動時間は8時間40分。距離は54キロ。

b0108100_21332189.jpg

京都駅手前の丹波口駅で下車して、スーパー銭湯「やまとの湯」へ。
汗を流して食堂でビールを飲んだが、グラスが小さいのが少々不満。
でも、完走賞のビールはやはり美味しい。emoticon-0167-beer.gif

へばりながらも54キロを完走して、鯖に向けて少し自信が出てきた。emoticon-0100-smile.gif

9月のまだ暑い最中に、伏見稲荷から保津峡駅までの京都1周トレイルコース66キロを、
制限時間13時間で走るレースがある。
今年、参加したいと考えているが、
あのコースを気温が30度を超える気象条件下で制限時間内に走れるかどうか。
まだ、申込期限まで時間があるので、よく考えてからエントリーしよう。
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-29 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/15398920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2011-05-02 20:19 x
検査で異常がなかったとたんにトレイルランとは相変わらず走ってますね。血便が出たとのことご自愛ください。
Commented by toshihi616 at 2011-05-02 21:04
ひげ親父さん、ありがとうございます。
再検査と言われたときは落ち込みましたが、異常なしで気分も晴れやかにトレランしてきました。検査の結果は、内痔核との診断でボラギノールのお世話になりそうです。

<< 比良全山縦走、ルートミスの可能... ホッとしたこと、うれしかったこと >>