兵庫県横断達成、歩きも入りましたが〈笑)!

b0108100_9562742.jpg


兵庫県横断その二にチャレンジしてきた。

その二にして最終章となるのだが、
09年1月17日に明石~新長田、10年3月20日に明石~姫路、
そして先週の7月18日に徹夜の尼崎(阪神千船駅)~新長田を走っているので、
残すルートは姫路~岡山県日生のみ。
ジョグノートに予告ランを記載したら、たにやんさんから連絡があり、
とんとん拍子で一緒にチャレンジすることが決まった。
たにやんさんも残すルートは姫路以西だけで、走る目的は全く一緒である。
b0108100_9402142.jpg

コースは姫路駅をスタートして国道2号線を相生付近まで、
そこからは海沿いを走る国道250号線を走り、赤穂市を通過して県境到達で目標達成という予定。
そのまま県境を越えて、日生にある「ヘルスパ日生(お風呂がある)」をゴールとする。

天気予報では明け方しばらくは曇り空で、徐々に気温も上がり快晴に向うとのこと。
できれば予報がはずれて、曇り空のままでいてくれるといいのだが。
たにやんさんとは山陽姫路駅に7時に待ち合わせ。
修復中の姫路城をバックに写真を撮り、いよいよ兵庫県の西の境を目指して走り出す。
b0108100_9285110.jpg

天候は曇り空で、ひんやりとした風も吹き走りやすい。
徹夜ランの時は、日差しこそなかったが蒸し暑く、走り初めからいやな感じであったが、
今日は気分もよくなんか最後まで調子よくいけそうな予感がした。
ペースもたにやんさんが私に合わしてくれているので、ほぼマイペースでは走れている。
10キロほどでコンビニ休憩を入れて、太子町を通過して、たつの市を流れる揖保川を渡る。
揖保川を渡ったJR竜野駅あたりで、スタートから18キロほど、
それなりに疲労感はあるがまだ大丈夫という感じ。
でも天候のほうは、予報どおりに青空が広がってきて影がくっきりとしてきた。
b0108100_9294568.jpg

b0108100_9295915.jpg
        〈写真では分かりにくいですが、交差点のむこうに相生市の標識があります〉
たつの市を通過して相生市に入る。
この辺りの2号線沿いの景色は単調で黙々と走るのみ。
JR相生駅手前で2号線と別れて南下して海岸沿いのルートをとる。
しばらく走ると海が見えてきた。
b0108100_9301642.jpg

海が見えた辺りで25キロほど、時刻は10時過ぎでスタートから3時間ちょっと。
道の駅で休憩して、相生市と赤穂市の境にある高取峠を目指す。
コースの地図を見て一番厳しいのではと思った場所。
3キロほど登りばかりで100mも高度を稼がないといけない。

実際に走ってみて25キロ以上走ってきた体にこの坂道はちとキツイ。
たにやんさんは淡々と一定のペースで登られるが、
私の方はそのペースについていけなくなり、徐々に差が開いていく。
それにこの峠道は結構狭く、ダンプカーがすれすれを通過していく。
当初は前回同様、徹夜ランも選択肢にあったが、明るいうちに走って正解であった。
この峠道を深夜に走ったら命がけのランになったことだろう。
何とか歩きなしで登りきり、下りも自然とスピードが出てしまい、
この峠でかなりパワーを消耗してしまった。
b0108100_9302785.jpg

高取峠を越えて千種川を渡ったところに酒屋を発見。
軒先を借りて休憩。コーラを買ったが美味しかった。
酒屋の大将にどこから来てどこに行くのか興味深そうに尋ねられる。
姫路から走ってきたというと、少し感心された。
さらにウルトラマラソンの話なんかをすると、感心しきりであった。
そして、県境の峠は2回アップダウンを繰り返すという貴重な情報を頂いた。
b0108100_9304557.jpg

JR赤穂駅到着。
時刻は11時20分、スタートから35キロほど。
峠越えでのパワーの消費が激しかったのか、
まさに夏の太陽の全ての気力と体力を奪い取るパワーに負けてしまったのか、
酒屋からの千種川堰堤の日影のないコースは暑く、赤穂駅までの道のりは長かった。
いままで6分前後のペースで走れていたのに、急激にペースダウン。
なんとかたにやんさんについていくが、一人で走っていれば迷わず赤穂駅がゴールでしょう。
b0108100_9305669.jpg

赤穂駅で休憩後、目的である県境越えを目指して再び走り始める。
暑さとこれまでの疲労から、ますます走る気力が萎えてきて、
県境の峠の手前3キロほどから、少し気分も悪くなってきてとうとう歩きが入ってしまう。
たにやんさんも付き合ってくれて、二人で夏の真昼間の耐暑遠足となる。
酒屋の大将の言うとおり2回のアップダウンを繰り返して、
13時3分、熱中症になることもなく無事に県境を越えることができた!
全て走りきって目標を達成したかったが、体力が暑さについて行かないので仕方がない。
b0108100_931916.jpg
b0108100_9312130.jpg

県境からも歩き続け、ゴール地点の「ヘルスパ日生」に到着。
ここまでスタートから47キロ。
お風呂でさっぱりしてから、日生駅へ。
1時間に1本の列車がもうすぐ来るので、赤穂駅まで行ってから飲もうということに。
赤穂駅にて待望のビールで乾杯となる。001.gif068.gif

真夏の真昼間舗装路ランは、やはり無謀でした。体によくないですね。
たにやんさん、お疲れ様でした。
耐暑遠足に付き合ってもらい、ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-23 00:00 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/15994447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たにやん at 2011-07-24 21:37 x
おつかれさまでした。1日たちましたが、日焼けがまだ赤くて、落ち着くまでもうちょっとかかりそうです。
Commented by アッキー at 2011-07-25 14:53 x
変態を越して、もはや病気の世界ですね。
脱帽です。
Commented by ひげ親父 at 2011-07-25 19:43 x
真夏の昼間にまさに「お馬鹿」という形容詞しか思い浮かばないランですね。その昔実家に帰省のたびに通った懐かしい浜国道、さぞかしアップダウンを楽しめたことでしょう。お疲れ様でした。
Commented by toshihi616 at 2011-07-25 21:02
たにやんさん、改めてありがとうございました。
たにやんさんはランパンだったので太ももの日焼けが半端じゃないのでは。私は首筋がひりひりで、顔面の頬骨の辺りの皮がむけてきました。もう、真昼間のランはやめましょうね(笑)。
Commented by toshihi616 at 2011-07-25 21:04
アッキーさん、こんばんは。
アッキーさんに脱帽されて光栄です。
まだ病気まではいっていないと思うのですが、あの真昼間に舗装路を走る人はあまりいないでしょうね(笑)。
Commented by toshihi616 at 2011-07-25 21:08
ひげ親父さん、こんばんは。
ひげ親父さんに「お馬鹿」と言われるまでに、私もよくぞ成長したもんです。自分自身を褒めてやりたいと思います(笑)。
高取峠はいいトレーニングになりました。
Commented by ryuji1962 at 2011-07-26 07:01 x
お~ 早速その二を実施されたんですね

それも日中に!

お疲れさまでした

日陰がないので暑かったでしょうね

またまた大きく成長されたのでは?

秋のフルが楽しみですね
Commented by toshihi616 at 2011-07-26 21:41
ryujiさん、こんばんは。
成長はしていませんが、少し暑さに慣れてきた感じです。
日中の暑さに比べたら、日没後はとても走りやすく感じます。
Commented by 杉本広志 at 2014-02-19 14:02 x
はじめまして。

ブログ拝見しました。

兵庫県東西横断に挑戦したいと考えていたところ、このブログに出会うことが出来ました(^^)

ひとつお聞きしたいのですが、国道2号線はおおむね歩道があるのでしょうか?

当方、明石以西がまったく不案内なのでご教示頂けましたら幸いです。

よろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by toshihi616 at 2014-02-19 21:02
杉本さん、こんばんは。
明石から姫路までは、ほぼ2号線を走り、ヒヤヒヤした記憶がないので歩道はあったと思います。ただ、姫路から日生までは、相生あたりで2号線から離れて南に下って走りました。赤穂に向かう峠越えでは歩道はなく車に注意して走った記憶があります。でも、昼間に走る分には注意して走れば大丈夫だと思います。
東西横断、ぜひチャレンジしてください!
Commented at 2014-02-20 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toshihi616 at 2014-02-20 22:05
杉本さん、こんばんは。
東西横断、一気に走られるんですね!
スタートは早朝でしょうか。がんばってください。
レポート楽しみにしています。

<< 2回目のロング走、前回よりも少... 兵庫県横断、その一、尼崎市~神... >>