京北トレイル、のどかな田園風景がいいかも

b0108100_710527.jpg

京北トレイルを走ってきた。

京都1周トレイルの中でまだ走っていない京北トレイルに行ってきた。
以前にryujiさんと青ちゃんが走っており、
その時のレポートを読むと山道より平坦な道のほうが多いようだ。
初めてのコースなので、京都1周トレイル会発行の公式ガイドマップを片手に走った。
b0108100_7195564.jpg

エリアは、上の地図からもわかるように、鯖街道ウルトラで通過する鞍馬の西になる。
嵐山を流れる桂川の上流部になり、周山の集落を中心に周りの山々をぐるりと1周するコース。
縦走路ではないので、ピークは一度も踏むことなく、
峠を越えては山向こうの集落に下りて、上桂川や弓削川沿いの平坦な部分を走る。
ガンガンのトレイルを期待する人にはちょっと物足りない。

でも、のどかな田園風景や上桂川等の清流には心癒され、たとえ舗装路を走っていても楽しい。
この時期だと、頭を垂れた稲穂が波打つ田園風景。
特にいいと思うのが桜の季節。
コースには桜の見所が点在するようで、今度は桜見物のために走ってみたい。
b0108100_713220.jpg

自宅を5時半過ぎに出発して、京都駅発7時50分のJRバスに乗り込む。
9時にスタート・ゴール地点の細野バス停に到着。
ここで標高が355m、道路上の温度計を見ると14℃と涼しい。
ウインドブレーカーを着たまま走り始める。
b0108100_7131719.jpg

京都トレイルおなじみの標識を見ると、なんといきなりの工事中通行止め。
ひとつ手前のバス停「愛宕道」まで戻り、最初の見所「滝又の滝」を目指す。
b0108100_713275.jpg

なかなか立派な滝に到着。
途中、何回か丸太橋を渡るが滑りやすいので要注意。
愛用のトラブコも底が磨り減ってきたのか、バランス感覚が鈍ってきたのか、
一度だけスリップしてしまい、ヒヤッとした。
b0108100_7133785.jpg

余野の集落に下り伏見坂を越えて茶呑峠へ。
上の写真が茶呑峠だがおもむきがある峠である。
この峠から2キロほど、トラバースしたシングルトラックのトレイルで、
コース上で一番のおすすめトレイル、序盤でまだまだ体力もあり走っていて楽しかった。
b0108100_7135097.jpg

茶呑峠を越えると上桂川に下りてくる。
この川がとてもきれいで、上からのぞくと魚の泳いでいるのが見える。
この辺りでスタートから12キロほど、走り始めてから2時間弱ほど経過しておりお腹がすいてきた。
えん堤に腰を下ろして清流をおかずにおにぎりを食べる。
気候的には暑くも寒くもなく、走るには最高のコンディションである。
b0108100_993569.jpg

上桂川をさかのぼり、常照皇寺に到着。
ここは国の天然記念物である九重桜など桜の見所らしい。
今回は門前で写真を撮っただけだが、
今度は桜の季節に訪問して桜見物をしてみたい。

舗装路となっている井戸峠を越えて、西へ一直線の舗装路をひた走ると弓削川に出る。
道路標識を見ると小浜の文字がある。この国道を北に行くと小浜にいけるようだ。
この道も昔は鯖街道のひとつだったのかなと思った。
弓削川に出合って方向を南に転じ、ゴール地点に戻っていく。
b0108100_714231.jpg

この辺りのコースは、舗装路の国道を避けて、田んぼの中の道や弓削川沿いのえん堤を走らせる。
ryujiさんたちが迷った、53番標識を発見。山の中を通るコースはまだ整備中のようで、そのまま直進する。
草生したえん堤コース、走るたびに右に左にと日向ぼっこしていたカエルやバッタが飛び跳ねる。
マムシが出てきたらどないしょうとビビりながら走ってた。
b0108100_7141615.jpg

今回のコースはピークハントしないので、これはというビューポイントが少ない。
上の写真は、黒尾山ピーク付近からのものである。
コースは、少し登ればピークなのに手前で急な坂道を下って行く。
ひとつくらいピークはと思ったが、疲れていたのでやめた。

この黒尾山登り手前の集落で、農作業をしている人から、
「これから一人で山に登るんやろ、熊が出るから注意しいや」と。
「ほんまですか!鈴を鳴らしながら登りますわ」と答えた。
一応、熊よけの小さな鈴を持っていたが、チリンチリンと耳障りなので外していた。

走れるところでは当然音が鳴るが、登りがきつくなり歩きだすと音が出ない。
片手で持っていた地図でザックにつけた鈴をはたいて何とか音を出した。
b0108100_714273.jpg

魚ヶ淵のつり橋に到着。
つり橋の手前に大きな桜の木があり、ここも桜の季節の見所のひとつ。
ここまでくればゴールまで3キロほど、最後のおにぎりを食べてもうひと峠、頑張ろう。

3時前にスタート地点の細野バス停に到着。
ガイドマップによると34.8キロとなっているが、ガーミンは39キロを表示している。
時刻表を見ると次のバスは3時52分。
細野小学校内のトイレで、顔を洗ってさっぱりと。
きれいなトイレなのでここで汗を拭いて着替えても良かったかな。
バスが来るまでのんびりとくつろぐ。

帰りは四条大宮で下車し、近くの銭湯「田原湯」に入り、
王将でお決まりの餃子・焼き飯・ビールで一人反省会。
今度は、桜の季節に走ってみたい。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-01 00:00 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/16376435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oc at 2011-10-03 09:50 x
京北トレイルお疲れ様でした。
とても素敵な景色ですね!
僕は行った事ありませんが、茶呑峠には見覚えがあります。
貴船の奥あたりを走ったときに、通りかかったことがあるかもしれませんね。
ぜひ桜の季節はご一緒させてください!
Commented by ひげ親父 at 2011-10-03 20:09 x
なかなか楽しそうなコースですね、クマはいりませんが一度走ってみたくなるような風景です。
Commented by toshihi616 at 2011-10-03 22:29
ocさん、こんばんは。
茶呑峠に行かれましたか、なかなかいい峠です。
京都は山深いところにも、由緒あるお寺がありさすが歴史を感じます。
兵庫県の田舎とは大違いです。
桜の季節に行きましょうか!
Commented by toshihi616 at 2011-10-03 22:32
ひげ親父さん、こんばんは。
コースはトレイルコースというしんどそうな感じではなく、ハイキングコースといった感じです。常照皇寺には桜の季節にぜひもう一度行ってみたいです。
Commented by ryuji1962 at 2011-10-05 17:00 x
懐かしいです

ピークはないですが
青ちゃんとだったので
しんどかった記憶が

53番はまだ整備中なんですね

最後の吊り橋からの
ひと踏ん張りも橋で杖を借りましたよ(笑)

桜の時期、楽しみにしてます
Commented by toshihi616 at 2011-10-05 23:00
ryujiさん、こんばんは。
走れるところが多かったので、青ちゃんにガンガン走られるとついていくのが大変です。桜の季節に京北トレイルでも伏見稲荷からのコースでも行ってみたいですね。

<< 20キロペース走、なんとかこな... 休足・ゆるラン・ポイント練習 >>