30キロ走2回、体が慣れてきたかな

大阪マラソンではそこそこのタイムで完走できてホッとした。
走りやすい曇り空の天候も幸いしたと思う。
5キロを23分台の区間もあったし、意外と走れたというのが正直な気持ち。
ただ、30キロ以降、失速したのが今後の課題である。

大阪マラソン後、大きなダメージもなさそうなので、
11月3日の祝日に、自宅近くのアップダウンのあるコースを走った。
距離は30キロでタイム的には3時間弱と、平均ペースは6分を少し切る程度だが、
上り坂で頑張ってスピードを上げると、レース中の心拍数にまで跳ね上がる。

コースはうねりのように数回のアップダウンが連続するが、
最後の桜ヶ丘への坂道が一番きつく、ここはいつも頑張れなくて力を抜いてしまう。
平坦な道を一人で30キロも走るのは苦痛で飽きてしまうが、
アップダウンがあれば気が紛れて、平坦な道よりはまだ走りきることができる。
b0108100_22125481.jpg

上のグラフはその時のもので、上り坂になると心拍数も連動するように上昇する。

翌日は休足して5日も、小雨降る中、同じコースを再び走った。
疲労が残っていてしんどくなれば途中で止めようと走り出すも、
意外と3日と同じような感じで最後まで走りきれた。
力の入れ具合も特に変えていないが、タイムは3分ほど短縮できた。

体が長い距離を走るのに慣れてきたのか、ちょっといい感じになってきた。

次の日曜日は、「第1回赤穂シティマラソン(ハーフ)」に出る予定。
福知山を目指して、うまく調子を上げて行きたい!
[PR]

by toshihi616 | 2011-11-05 00:00 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/16727943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 赤穂ハーフ、ラン・グルメ・観光... 大阪マラソン、応援がすごかった >>