ダイトレが一番キビシイ

b0108100_21371248.jpg
ダイトレ全山縦走にチャレンジしてきた。

関西の有名なロングトレイルのひとつダイトレ。
大阪府山岳連盟主催の大会で紀見峠手前までは走ったことはあるが、
ダイトレ全山を走破したことはない。
鯖街道ウルトラに向けてもあるが、一度全山を走りたいと思っていた。
b0108100_2137518.jpg

それが、先日の世界遺産マラニックでの宴会時に、
ひょんなことから話題となり、トントン拍子に話がまとまった。
ホラポス練習会として、ダイトレ全山縦走決定の運びとなった。
再び走るのを躊躇させる過酷なトレランコースを、
練習会として採用していただいた、監督始めホラポスの皆さん、
ありがとうございます。

一応、装備としてライトをパッキングしたが、できれば日没までにたどり着きたい。
できるだけ早くスタートしたいので、
天王寺始発電車に乗り、スタート地点の上の太子駅集合となる。
私はどう頑張っても無理なので、梅田のカプセルホテルに前泊した。

時間通り上ノ太子駅に、監督、和尚さん、私の3名が集合。
京都組のocさんと青ちゃんは、1時間半ほどのレイトスタート。
6時30分に駅をスタートするが、走り始めて直ぐに雨がポツリポツリと。
どうなるか心配したが、雨はしばらくすると止みホッとした。
でも、冷たい風の吹く気温の低い日で、
温度調整のためにウインドブレーカーを脱いだり着たりと忙しい日であった。
b0108100_21381667.jpg

上の太子駅から走り始めるのは初めてで、舗装路でダイトレ北入り口を目指す。
ダイトレ北入り口からダイトレのトレールとなるが、早くも丸太の階段が出現する。
いきなりの坂道でウインドブレーカーを着ていると熱がこもる。
ウインドブレーカーを脱ぐと行動中はいいのだが、
立ち止まると寒いと、なんとも微妙な気温である。
b0108100_21383244.jpg

葛城山の登りでは、急勾配の丸太の階段が連続して、
早くも太ももが悲鳴を上げている。
まだまだ先は長いのに、この先大丈夫かなと思う。
b0108100_2139362.jpg

何とか登りきり、奈良方面に展望の開けたテラスで休憩となる。
残念なことに曇り空ではっきりと見渡せないが、
ぼんやりと大峯の山々が確認できた。
b0108100_21392214.jpg

ここで監督の移動エイドで、バナナをいただく。
他にもチョコやゼリー飲料がありかなりの重量になるのでは。
監督、お疲れ様です。
b0108100_21401970.jpg
b0108100_21403227.jpg

次のピークは金剛山。
大会時の記憶として、急な坂道の記憶しかなかったが、
あらためて走ってみると、意外に平坦なところもあり、
葛城山ほど体力を消耗せず頂上に到着した。
b0108100_21404792.jpg

頂上にある食堂にて、カレーとビールでエネルギーを補給する。
ここでレイトスタートのocさん到着。
青ちゃんは調子が悪いらしく遅れているとのこと。
b0108100_2141584.jpg

ここからトップが監督からocさんにチェンジ。
今までのぺースから一転、急にペースが跳ね上がる。
肉体改造により無駄なぜい肉をそぎ落としたocさん。
トレールでのスピードについていけない。特に登りのスピードは山ノ神の如しである。

金剛山頂上から紀見峠までは下り基調なので、スピードに乗って走れる所が少なくない。
自然の中を体力の限りを尽くして移動しているという、
ロードではなかなか味わえない気持ちの高揚感がある。
しんどいが自分の力であの山の頂からここまで走ったという満足感がある。

紀見峠からは一転、岩湧山の登り。
ここの登りでもあっという間にocさんに差をあけられる。
急登の後には平坦な林道も通るが、体力の限界に近づいているのか、
走ろうという意欲が湧いてこない。
歩きながらよもぎ大福をほおばり、気分転換を図る。
b0108100_21413297.jpg

しばらくするとなだらかな丘の草原が目に入り、急に視界が開ける。
もう頂上も近そうだ。
岩湧山頂上に到着。ここからの眺望は素晴らしい。
頂上付近は草原で視界を遮る木々が全くない。
b0108100_21415045.jpg
b0108100_21415972.jpg

北に目をやれば今まで走ってきた、
二上山、葛城山、金剛山などのダイトレの山々の連なりが一望できる。
西に目をやれば、六甲連山、視線を落とすと、大阪湾や関空が見える。
そのダイナミックな景色は、関西の山の中でもトップクラスではないだろうか。
b0108100_21421795.jpg

あとはおまけの槇尾山中腹にある施福寺を目指す。
この施福寺がダイトレのゴールとなる。
スタートから11時間15分、日没前5時45分に施福寺に到着した。
道中の辛さから思わずバンザイをしてしまった。

上ノ太子駅から槇尾山口バス停まで57キロ。
一緒に走りきった、ryuji監督、和尚さん、ocさん,お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2012-04-01 00:00 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/18069111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oc at 2012-04-03 09:27 x
お疲れ様でした!
僕も心残りだったダイトレ全縦を、かねやんさんのおかげで達成できてとてもうれしいです。

山ノ神で、山ノ神のかねやんさんと記念撮影できたのがとても良い想い出です。
ははは。

僕もしばらく山には入りたくない気分です…
まだ筋肉痛しんどいですもんね。
Commented by ryuji1962 at 2012-04-03 11:05
お疲れ様でした
ありがとうございました
やっぱり骨のあるコースでしたね
その割には私は筋肉痛もなく
ちょっと寂しいです(笑)
道中、何度も待ってもらいすいませんでした
懲りずにまたお付き合いください
また新しいコースをどんどん開拓していきましょう!
Commented by toshihi616 at 2012-04-03 21:01
ocさん、お疲れ様でした。
走っているときはとてもしんどいですが、やっぱりトレイルはいいですね。もう懲りずに山に行きたくなってきましたよ。
今度の日曜日も天気が良さそうなので、
京都トレイルに行こうと思っています。
世界遺産マラニックその2、よろしくお願いします。
Commented by toshihi616 at 2012-04-03 21:05
監督、お疲れ様でした。
ダイトレはやっぱり最強ですね。
私も筋肉痛はあまり感じませんでした。週末に連続してロングトレイルを走ったので慣れてきたみたいです。
新規開拓、いいですね。次は大峯山系ですか?
ちょっと遠いので難しいですか。
Commented by ひげ親父 at 2012-04-04 20:06 x
相変わらずやってますね、こちらは花見ランの計画ばかりです。
Commented by toshihi616 at 2012-04-04 21:49
ひげ親父さん、こんばんは。連ちゃんでロングトレイルやっています。花見ラン、いいですね!私も次の日曜日、京都花見ランの予定です。
Commented by 酔いどれランナー at 2012-04-06 21:01 x
57kmを11時間15分。鯖街道よりもかなりハードなコースなんでしょうね。お疲れ様でした。僕は今月まだ6kmしか走っていません。トホホホ~
Commented by toshihi616 at 2012-04-06 21:27
酔いどれランナーさん、こんばんは。
ほとんどがアップダウンのあるトレイルコースで、ロードの多い鯖よりはきついと思います。鯖に参加されるんですか?
お会いできるのを楽しみにしています!
Commented by 酔いどれランナー at 2012-04-07 21:27 x
こんばんは。すみません。「鯖」は今年はパスです。
6月に「阿蘇カルデラ」を予定しています。
Commented by toshihi616 at 2012-04-08 22:03
酔いどれランナーさん、こんばんは。
そうなんですね、残念です。
「阿蘇カルデラ」、楽しんできてください。
私は、6月には「飛騨高山ウルトラ」にエントリーしています。

<< 3週連続のロングトレイル、京都... 六甲全山縦走、脚がトレイルに慣... >>