飛騨高山ウルトラ、なんとか完走

b0108100_21036100.jpg
飛騨高山ウルトラに参加してきた。

開催地が高山で、まだ高山観光をしたことがない。
観光を兼ねて行きませんかと家内を誘うとOKとのこと。
あまりコース等を理解しないまま、エントリーしてしまう。
エントリー後、コース等をよく見るとアップダウンの激しいコース。
獲得標高は、あの村岡を超えるようで、大変なレースにエントリーしてしまった。

前日の土曜日に車で高山入りして、その日は高山陣屋や古い町並みを観光した。
明日、家内らは白川郷を観光するようだ。
土曜日は小雨のぱらつく天候だったが、明日もこんな天気を期待したい。
曇り空ぐらいが走るのにはちょうどいいのだが。

b0108100_2111113.jpg
レース当日、4時に会場入りしてミカンさんとスタートを待つ。
5時にスタート。
スタート直後に、昨日観光した古い町並みの通りを再び通る。
緩やかに上りながら山間部に入っていく。
コースはスキー場へ続く道が一部未舗装だが、あとは舗装路である。
b0108100_2114141.jpg

印象に残った上り坂は次の3箇所。

b0108100_2115991.jpg
まずは25キロ過ぎのカクレハキャンプ場から飛騨スキー場までの登り。
それまでは比較的緩やかな坂道であったが、キャンプ場を過ぎると急にきつくなる。
前半ぐらいは走って登ろうと思ったが、ちょっと無理と判断して歩きを入れる。
この坂道を登っている時は、霧雨状態で気温も高くなく助かった。

b0108100_2121088.jpg
登り切ると未舗装路の下りとなり、再び舗装路になってスキー場までの登り。
このころには雨もしっかりと降り出して、どうなるかと心配したが、
スキー場を過ぎて下るころには、雨も止み天候は回復していくことになる。
このコースの最高地点1,345メートルで、スタート地点から800メートルほどの登り。
覚悟していたが、まだ前半で体力もあり意外とすんなり登れた。

b0108100_2154194.jpg
2番目は、70キロ手前の林道越え。
アップダウンを繰り返しながら、
峠越えの林道に入りなかなか峠の見えてこない道を延々と登る。
最初のうちは何とか走っていたが、根負けして歩きが入る。
一度歩きだすと、もう走れないがかなりの時間を歩きとおしてようやく峠を越した。
このころには天気も回復して、日差しも強い。
ただ、時折いい風が吹いて、天候により気力が萎えることはなかったが、
とにかく嫌になるほど長い上り坂だった。

b0108100_2162192.jpg
最後は、85キロあたりでの千光寺への登り。
距離は2キロほどでそんなに長くはないが、結構キツイ坂道で走る気力は0。
周りのランナーもほぼ全員が歩いていた。
へたに走って体力を使うより、ここは歩きで休憩して、
その後のランに体力を温存したいところである

b0108100_12503310.jpg
結局、12時間25分で何とか完走。
家族の応援の中、何とか無事にゴールできてホッとした。
b0108100_2165085.jpg

他の山岳ウルトラである、村岡や野辺山に参加したことがなく比較はできないが、
後半は、平坦な道でもジョグが精一杯で、厳しいウルトラであった。
感想としては、集落部と山間部を交互に走るが、
集落部では、コース沿いの家の前で温かい声援を送ってくれる。
又は、畑仕事のおばさんが、やさしく声を掛けてくれて、とても励みになった。

山間部に入っても、自然豊かな周りの景色を楽しんだ。
こんないいコースを走れることは滅多にないので、
走れることに感謝しながら気持ちよく走ることができた。
ただ、中盤、後半になり疲れてくるとそんな余裕もなくなりますが(笑)。

9月には村岡ダブルフルがある。
厳しいがいい大会と聞いているので、
楽しむためにももう少し坂道に強くなりたいものだ。
[PR]

by toshihi616 | 2012-06-10 00:00 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/18425212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2012-06-11 22:21 x
かねやんさん、お疲れさまでした。やはり私の走力とは雲泥の差ですね。村岡に勝るとも劣らないコースでしたね。
Commented by toshihi616 at 2012-06-12 04:32
お疲れ様でした、そして完走おめでとうございます。
ウルトラは、走っているときはしんどいですが、ゴールしてしまうとまた走りたくなります。
村岡も同じくらいのコースなんですね。それまでに坂道に強くなってコースを楽しめるようになりたいです。
Commented by ryuji1962 at 2012-06-12 09:36
お疲れ様でした
厳しいコースにも関わらず
素晴らしいタイムですね
日頃の標高ハンターの成果でしょうか
村岡が楽しみですね
それまでのんびりしていて下さいよ(笑)
Commented by oc at 2012-06-12 18:25 x
お疲れ様です!
写真でもわかるくらいすごい坂なのに、素晴らしいタイムでの完走、本当におめでとうございます。

沿道の応援はいいですよね。
かねやんさんの文章を読んでいると、僕もまたキツいのに出たくなります・・・

村岡レポートも楽しみにしていますよ~
Commented by toshihi616 at 2012-06-12 21:45
ryujiさん、ありがとうございます。
村岡までに標高ハンターしまくって、進化しますよぉ~。
村岡が楽しみです。村岡前に、坂道練習会、お願いします!
Commented by toshihi616 at 2012-06-12 21:49
ocさん、ありがとうございます。
たぶん、村岡も同様だと思いますが、沿道からの応援がほんと温かく、後押しされました。コースはきついですが、もう一度走ってみたい大会です。
ocさんも、来年はどうですか?
Commented by 亀オヤジ at 2012-06-12 22:16 x
お疲れ様でした。
かねやんさんで12時間半近くもかかるのだから、コースの厳しさが知れるってものですね。
村岡も出られるとのことなのでご一緒できる事を楽しみにしています。
ところでこの日のシューズは何でしたか?
Commented by toshihi616 at 2012-06-13 06:05
亀オヤジさん、ありがとうございます。
厳しいコースでしたが心温まる応援と素晴らしい里山の景色があり、いいウルトラの大会でしたよ。
こちらこそ村岡ではよろしくお願いします。
シューズは、ゲルフェザーのワイドです。以前に買っていて、ワイドはちょっと大きかったので履いていなかったんでが、ウルトラの大会ではちょっと大き目がいいかなと思い履いてみました。

<< 1歳刻みランキング、あと少しで... ダブル小笠峠越え、標高ハンター... >>