難易度高し、城丹国境尾根

b0108100_2228283.jpg
先日の京都北山練習会では、読図の大切さを教えられたが、
我々と同じ様にあの城丹国境尾根で苦労した登山者はいないか、
ネットで登山者のブログを検索してみた。

いきなりヒット、しかも道に迷った場所や迷い方までよく似ている。
やはり、山慣れた人でもあの場所は難しいんやと思った。
その人のブログを読むと、
「山岳地形と読図」(山と渓谷社出版)という登山の技術書があり、
その本に城丹国境尾根が読図の実践モデルコースとして紹介されているようだ。

興味があったので、早速アマゾンにて購入した。
1,800円なりで、ちょっとお高い。
本を広げてみると、ありました。載ってました。
その掲載箇所をこのブログで転載するのはさすがにダメだと思うので、
興味ある人は買って見てください。

少しだけ紹介すると、
城丹国境尾根は、.「腕に覚えあり、という強者向きだ。」と書いてある。
かなり難易度の高いコースのようで、
迷ったからといってそんなに自信をなくすこともなさそうである。
そういう意味で、少し救われた。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2012-07-02 00:00 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/18524635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2012-07-03 10:48 x
登山の道標はランナーは見落とすことが結構多いですね。ベテランのかねやんさんでも間違うのはやはり歩きと走りの差でしょうか。コースのわからないときは歩くというのがマラニックの必須かもしれませんね。図書館でこの本を探してみます(笑)。
Commented by oc at 2012-07-03 14:39 x
あのあとすぐに北山地図を買って、翌週にもう一度一人で行ってみました。
しかし、地図を家に忘れてしまいました。
あの谷まではたどり着き、迷ったところを写真に収めてきました。

読図、僕ももっと勉強したいと思います!
Commented by toshihi616 at 2012-07-03 20:55
ひげ親父さん、こんばんは。
あのコースは、歩いていても迷ったと思います。
恐るべしでした。
Commented by toshihi616 at 2012-07-03 20:57
ocさん、こんばんは。
再度の現場検証、お疲れ様です。
すぐに北山に行けて、羨ましいです。
私も、現場検証したいです。
Commented by ひげ親父 at 2012-07-05 10:58 x
かねやんさん
こんにちは、長い間休止していたブログ再開しました宜しくです。かねやんさんのブログをリンクさせていただきました。
Commented by toshihi616 at 2012-07-05 22:45
ひげ親父さん、こんばんは。
ブログ再開、おめでとうございます。
リンク先のタイトルを変更しました。

<< ホラポス登山部神戸支部、八経ヶ... 西六甲DWで六甲山牧場へ >>