ダブル六甲越え、登り返しがきつい!

b0108100_23532286.jpg
また六甲山に登ってきた。

村岡ダブルフルを少しでも楽しく走るために、
坂道練習を六甲山で行った。
b0108100_01439.jpg
b0108100_0141443.jpg

今回のコースは、次の通り。
スタートは前回同様、阪神香櫨園駅。
夙川沿いを北上して、北山植物園、鷲林寺の横を通って、
東六甲DWに合流し、一軒茶屋へ。
そして今回初めての試みで、裏六甲DWを下って有馬方面へ一度下る。
下りきった料金所付近で折り返し、同じコースを香櫨園まで。
距離にして45キロほど。獲得標高は1,406メートル。

六甲最高峰付近を2度越える。
名付けて「ダブル六甲越え」。
何とか途中リタイアすることなく香櫨園駅まで戻ってきたが、
裏六甲DWの登り返しはきつかった。
b0108100_23525971.jpg

7時半ごろ、香櫨園駅をスタート。
一軒茶屋までのコースは今年になって3度目。
坂道の斜度や長さがだいたい頭に入っているので精神的にはとても楽。
一軒茶屋まで2時間ほど。
900メートルほど高度を稼ぐが、何とか歩かずに登り切れる。

今日も同じ様に坂道を登るサイクリストからエールを受けたが、
2時間チョイで一軒茶屋に到着。
今回は、一度有馬方面に下ろうと思っているので、
一軒茶屋でのビール休憩は無しで先を急ぐ。
b0108100_23534169.jpg
ゴルフ場を越えて裏六甲DWの分岐に到着。
この分岐を北に有馬方面に下る、このDWは初めて走る。
登り返すのが辛いだろうと思いながら、どんどん下っていく。
分岐から4キロほどで下りきった所にある料金所に到着。

ここまでで22キロ強、脚がだるくなってきている。
すぐに登り返す気力が湧いてこず、しばし休憩。
この登り返しを歩くことなく走りきれたらたいしたものだが、
あきまへん、葛藤の末、妥協してしまい歩きが・・・。
この辺りが今の実力かも。
気持ちを奮い立たせて走り出すが、スピードは歩くのとあんまり変わらん。
b0108100_2354788.jpg
b0108100_23541778.jpg
なんとか分岐まで登り返して、久しぶりに「登六庵」でカレーとビールを注文。
妙に心地よい音楽に耳を傾けながら、小1時間ほどすっかりくつろいでしまう。
カレーの味が少し変わってスパイシーになっていた。

その後のコースは大きな登りはもうないので、ゆっくりジョグで下山。
まだまだ村岡を楽しく走れるレベルにはほど遠いようです。
[PR]

by toshihi616 | 2012-09-09 00:00 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/18960944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2012-09-10 21:21 x
六甲でそれだけ鍛えたら村岡は楽勝、保証します(何の役にもたたないが)。
Commented by toshihi616 at 2012-09-10 21:42
ひげ親父さん、ありがとうございます。
ひげ親父さんが言うのなら楽勝なんでしょう。
気分が楽になりました。
Commented by ryuji1962 at 2012-09-11 09:41
ほんとですよ
村岡楽勝じゃないですか!
既に背中が見えませ~~ん

村岡がますます楽しみですね!
お疲れ様でした
Commented by toshihi616 at 2012-09-11 22:03
ryujiさん、こんばんは。
村岡は飛騨よりアップダウンがありそうなので、
きつくなると思いますが、完走目指して頑張ります。
ryujiさんも、いよいよ丹後ですね。
この前の練習会での下りの走り、いい感じで走られていましたよ。
丹後は言うに及ばず、今シーズンのフルが楽しみですね。
丹後も頑張ってください!

<< フルのシーズンに向けて、エント... 本場の味を再現 >>