六甲全山縦走折り返し、結果報告

結果報告。
なんとか宝塚ローソン前に到着したものの、
迷うことなく目の前の温泉に飛び込んでしまった。
あっははは。

弁解。
摩耶山辺りから雨が降り出して、最高峰あたりで結構な雨脚に。
雨が降り出したころから、気温も大きく下がり始めて、
冷たい雨だけではなく、冷たくて強い風も吹き始めた。
ランニング用の薄手の手袋はびしょ濡れで、指先がかじかむ。
最高峰から宝塚への下り、晴れの日でも滑りやすい急斜面は、
ひとつ間違えば、泥んこの滑り台状態。
こんなコース再び登りたくない。

タイムは、宝塚到着が14時38分と、
予定通りに6時15分に須磨浦公園を出発したので、8時間23分。
過去3番目のタイムで、時間的には十分に余裕があった。

でも、雨で濡れそぼった体は、
気持ちとは裏腹にブログでの折り返し宣言を完全に無視して、
恥も外聞もなくお風呂に直行することを要求しており、
ワシもそれを止めることなどできなかったのじゃよ。
笑って誤魔化そう、あっははは。
b0108100_20513962.gif
     〈須磨浦公園駅、予定通り6時15分に出発〉

b0108100_2052440.gif
     〈須磨アルプス、兵庫労山主催の全縦大会があり人が多い〉

b0108100_20523691.gif
     〈菊水山9時4分着、久しぶりに3時間を切って到着〉

b0108100_20531049.gif
     〈摩耶掬星台11時16分着、天気が怪しくなってきた〉

b0108100_20534180.gif
    〈藤原商店、すでに外は雨、温かいラーメンとビールでパワーチャージ〉

b0108100_20553489.gif
     〈一軒茶屋13時着、冷たい雨が降り続き戦意喪失気味〉

b0108100_20545146.gif
     〈宝塚ローソン前14時38分着、迷うことなく温泉へ〉
[PR]

by toshihi616 | 2013-03-10 00:00 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/20134677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pやん at 2013-03-11 22:38 x
兄へ

お疲れちゃん。

昨日は雨が上がってからは平地でも
「寒っ~!」って感じやったんで、六甲は
メチャ寒やったやろうねぇ~、止めて正解!

まさに、年寄りの冷や水ですょ。。。

3/3の『寝屋川ハーフ』は靱帯炎にて回避しましたが、
大分回復してきました。。。

また、trailへ行く時はお誘い下さい。
Commented by ryuji1962 at 2013-03-12 07:58 x
お疲れさまでした

寒かったでしょうね
仕方ないですよ

頑張ってたら風邪ひいてますよ

でも相変わらず速いですね
Commented by oc at 2013-03-12 11:48 x
お疲れ様です。
真面目なかねやんさんが、お茶目に笑ってごまかすところが面白かったです。
天候が悪かったら仕方ないですね・・・。
ぜひ往復走を成功させましょう!
Commented by toshihi616 at 2013-03-12 21:40
ひろゆき、まいどです。
寝屋川ハーフは残念でしたね。
でも、初レースがハーフとはさすがです。
私は、5キロの駅伝でした。
今の時期、萩往還を控えているので、
内容はかなりハードですよ、萩往還が終わっからでいいですか?
Commented by toshihi616 at 2013-03-12 21:43
ryujiさん、こんばんは。
今の時期、まだ寒いときがあるので、山をなめたらあきませんね。かなり厳しかったです。
熊野古道、スケジュール詳細、了解しました。
よろしくお願いします。
Commented by toshihi616 at 2013-03-12 21:46
ocさん、こんばんは。
あまり大きな声ではいえませんが、
次回は折り返して有馬まで行きたいですね。
このミッションをクリアーしないと、
ダブルも見えてきませんからね。
Commented by ひげ親父 at 2013-03-13 16:32 x
お疲れさま、あの天気を考えれば賢明な選択でしたね。無理をすることはありません、無理をするなら萩往還で(笑)。
Commented by toshihi616 at 2013-03-13 20:58
ひげ親父さん、こんばんは。
「無理をするなら萩往還」
ガツンときました。
完踏できるようこの1ヶ月半ほど、
無理が出来る脚に鍛えたいです。

<< 熊野古道小辺路、やっぱり最高! ダブル六甲全山縦走へのプロローグ >>