ダブルは夢のまた夢、でもええねん

b0108100_10463646.gif
   〈摩耶掬星台からの夜景〉

ナイトラン、六甲全山逆コースに行ってきた。

メンバーは、ryujiさん、すえまっちゃん、とうたんさん、じゅんこさん、私の5名。

予定としては、宝塚を5日のPM10時にスタートし、
ナイトランで六甲全山縦走路を須磨浦公園(到着予定は6日のAM8時30分)まで、
ここで折り返して再び宝塚を目指す。
でも、天気予報が6日から爆弾低気圧の影響で大きく崩れるとのこと。
不要な外出は控えなさいとまで警告していたので、無理な判断はできないなと思った。

b0108100_9434286.gif
     〈宝塚から大阪方面の夜景〉
予定通り、10時に宝塚ローソン前をスタート。
翌日の天気予報がうそのようなおだやかないいコンディション。
トレイルのナイトランは、余計なことをいろいろと考えて正直怖いのだが、
5人もいればそんな恐怖心は全く感じない。
じゅんこさんは、おばけなんてへっちゃらだそうで心強い。

怖さはないが、パーティーが縦長になり後続とはぐれてしまうと、
夜間だけにいろいろと危険なので、ひとかたまりになって行動するよう注意した。
その点、ryujiさんが最後尾についてくれているので安心だ。
安全第一で体力も温存しながら最高峰直下の一軒茶屋を目指す。

b0108100_9534383.gif
     〈0時26分 東六甲縦走路分岐〉
b0108100_95538100.gif
     〈0時37分 一軒茶屋到着 ちょっとガスってた〉
一軒茶屋まで2時間半ほど、思ったより早く到着できた。
ここからはしばらく舗装路を主に走るので気分的に楽である。

(プチ情報)最高峰付近の楽な走り方
一軒茶屋からだと最初の二つは平坦でショートカットできるトレイルを走り、
後のトレイルはアップダウンがあるのでパスして舗装路を走ると楽チン。

b0108100_101727100.gif
     〈1時8分 ガーデンテラス到着 意外と観光客がいたのでビックリ〉
おなかが空いてきたので軽食タイム。
最近山でよく食べる「ワッフル」。しかもチョコレートがかかっている。
食べやすく意外と腹持ちがいい、そして美味しい。

b0108100_10284462.gif
     〈写真では今ひとつですが、実際はもっと感動的でした〉
サプライズな夜景スポット発見。
場所は、ガーデンテラスを出発して舗装路を外れてみよし観音へのトレイルの下り坂。
坂道を下っていくと目の前に夜景がいきなり飛び込んできた。
坂道を下っていくので夜景に向かってダイブするような感覚。
とうたんさんが、思わず「吸い込まれそう」と一言。
この感嘆詞にじゅんこさんからも同意の言葉が。
予期せぬ光景の出現に、ちょっとも朦朧とし始めた頭が一気に覚醒した。

b0108100_10433352.gif
     〈1時28分 登六庵〉
b0108100_10444548.gif
   (2時21分 摩耶掬星台到着 大阪方面の夜景)
摩耶山まで5時間21分、時刻は深夜2時21分。
ここで夜食タイム、おなかは空いたが眠気のほうはほとんど感じない。

夜景はやっぱり素晴らしかった。
特に岸壁近くの明かりが水面に反射してなんとも幻想的な光景である。
そして、ナイトランのほうは、再びトレイルの天狗道を下る。
夜間にこのコースを下るのは初めてで、急な下りが多いので慎重に安全第一で行こう。

ヘッドライトとハンドライトを併用して、足元をしっかりと照らしながら下る。
岩場の急な斜面では、日中だとなんでもないルートが、とても危険はコースに感じられる。
ライトの届かない急斜面のその先が奈落の底のように思える。
まあ慎重に行けばなんてことないが、
眠気を感じる暇のない緊張の区間であることは事実である。

b0108100_10583998.gif
     〈3時31分 桜茶屋到着〉
摩耶の下りをやり過ごして桜茶屋に到着。
ここから鍋蓋山の登りになるが、前回の逆走のときもこの区間が結構きつかった。
須磨からだとひょいひょいと走れる下り坂が、いやらしい登りに変わる。

b0108100_11245443.gif
     〈4時18分 鍋蓋山到着〉
b0108100_11263310.gif
     〈5時8分 菊水山到着 空の色が変わってきた〉
縦走路の後半にこの二つのアップダウンは正直応える。
そして、心配していた雨がポツリポツリと降り始めた。
本降りではなくまだ断続的である。風も心なしか出てきたような。
須磨アルプスを強風の中通過するのはいやなので、
そこを越えるまでなんとかもってほしい。

菊水山あたりで夜が明けだした。
曇り空のため朝日を見ることはできなかったが、
うぐいすなどの小鳥の朝のさえずりが耳に心地よい。
実に清々しい!

b0108100_11524690.gif
     〈菊水山下山後の丸山の市街地〉
菊水山下山後、完全に夜は明けた。
神鉄ひよどりごえ駅近くの自販機にて、「朝ビー」を。
すえまっちゃんは、足底筋の痛みを「朝ビー」で紛らす。

b0108100_11582275.gif
     〈高取山中腹から大阪方面を望む〉
b0108100_11593215.gif
     〈6時54分 高取山月見茶屋到着〉
丸山の市街地から急な舗装路やトレイルを登り、なんとか高取山に到着。
前から気になっていた「月見茶屋」に入ってみる。
茶屋の女将さんから、どこからと尋ねられて「宝塚から」と応えると、
「うそやろ」と即答された。夜通し六甲の山々を走るのは、
世間的にはやっぱり異常な行動なんでしょうね(笑)。

b0108100_1272736.gif
     〈妙法寺横尾団地〉
b0108100_128546.gif
   〈8時51分 栂尾山展望台 皆さんかなりお疲れです(笑)〉
高取山を下山して、妙法寺の市街地から須磨アルプス手前の東山を目指すが、
この登りがほんとにきつい。市街地のいやらしい上り舗装路は全部歩いてやった。
前回同様、走る気力が全く湧いてこない。
逆走コースのほうが絶対にしんどい。

東山の登りは直登すぎ、熊野古道の果無峠の登りを思い出す。
でも、我々の祈りが天に通じたのか、
須磨アルプスまで大きな天候の崩れなく無事に通過できた。
あとは須磨までもう一山だけと、気持ちはすでに須磨浦公園駅ゴールに、アレッ?。

b0108100_12222382.gif
     〈須磨浦公園展望台 雨が本降りになり風もでてきた〉
9時53分、須磨浦公園駅に到着。
全員で無事に縦走できたことを祝してハイタッチ。
すでに「風呂ビー」のことを考えて、電車の行き先をryujiさんと検討。

当初の計画は「ダブル」ちゃうん?
天候の回復は期待できそうになく今後ますます悪化することを考慮して、
中断とす(苦渋の決断、なんてね(笑))。

「ダブル六甲」できる人はスゴイ!
一旦全山完走した気分から、再び折り返すのは、
よほどの強い気持ちと体力がないとできない。
今後、「ダブル六甲」という言葉を軽々しく発することなく封印して、
当分の間、気力体力の鍛錬に励みます。

参加の皆さんへ、
計画通りとはいきませんでしたが、いつものように楽しくすごせました。
お疲れさまでした&ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2013-04-06 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/20255489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2013-04-07 20:46 x
お疲れ様でした。賢明な大人の判断でしたね。
Commented by toshihi616 at 2013-04-07 21:09
ひげ親父さん、こんばんは。
大人の判断だなんて、そんなにカッコいいもんではなく、
たんに気持ちと体力がないだけです。
でもいつの日か、やっつけたいですね。
Commented by じゅんこ at 2013-04-07 23:05 x
お疲れ様でした!!
ヘタレ発言満載で、ダブルのお役に立てず、すみませんでした!

それでもかなり貴重な体験の数々でしたし、
単純に楽しかったです(笑)。

ありがとうございました!
Commented by ryuji1962 at 2013-04-08 10:43
お疲れ様でした
トップは神経が磨り減ったんじゃないですか?
私はしんがりで楽をさせてもらいました
ありがとうございました
少しでも折り返ししたかったですね
またやりましょう! (^^)v
Commented by oc at 2013-04-08 11:15 x
お疲れ様でした。
記事と写真から、皆さんの苦しみが伝わってきました。
ぜひ夢に向かって、ダブル再チャレンジして下さい!
そのときこそは、何とか都合付けて、お供させて頂きたいです。
Commented by とおたん at 2013-04-08 17:40 x
お疲れ様でした&有難う御座いました

テンション下がる発言ばっかりしてすいませんでした
それとかねやんさんに許可なく電車に飛び乗ってすいませんでした

はじめてのナイトトレイルでしたが
かねやんさんはじめ皆さんのおかげでめっちゃ楽しかったです

もっともっと鍛えておきますので
またよろしくお願い致します
Commented by toshihi616 at 2013-04-08 23:27
じゅんこさん、お疲れ様でした。
ダブルはちょっとハードル高すぎです。
ダブルはできませんでしたが、真夜中のトレイルを須磨までいけて、そして素晴らしい夜景を見れて十分満足です。
また、いきましょう!
Commented by toshihi616 at 2013-04-08 23:34
ryujiさん、お疲れ様でした。
確かに天候のことや怪我や夜間なのでパーティーの誰かがはぐれてしまわないか配でした。でも、無事に須磨までたどり着けてホンと良かったです。
スイーパーにryujiさんがいてくれて心強かったです。
今度やる時は、須磨折り返しなら高取山、宝塚折り返しなら一軒茶屋までは行きたいですね。
また、よろしくお願いします。
Commented by toshihi616 at 2013-04-08 23:37
ocさん、ありがとうございます。
ダブルはかなりハードルが高いです。
でも、必ず再チャレンジしますので、その時は一緒に行きましょう!夜景がすごくきれいでしたよ。
Commented by toshihi616 at 2013-04-08 23:44
とうたんさん、お疲れ様でした。
パーティーの雰囲気が須磨浦公園ゴールだったので、
ぜんぜん気にしていませよ。
でも、全縦2度目がナイトランの逆走コースで、難なく完走してしまうとは、かなり走りのレベルがあがっているのでは。
また、仕切りなおしで、ダブル企画しますので、
その時もよろしくお願いします!

<< 京都トレイル、地震で出鼻をくじかれた 播磨中央公園ゆっくりラン、春ですね! >>