みかた残酷マラソン、コースきつすぎ

b0108100_2149222.gif

みかた残酷マラソンに参加してきた。

この大会には、2005年に一度だけ参加したことがある。
走りはじめたころで、強烈な坂道とエイドでのオレンジの美味しさが印象に残っている。
8年を経過してのリピートで、再び坂道の辛さに返り討ちにあうのか、
それとも、若干なりとも走力アップして少しは余裕を持って走れるのか、とても楽しみ。
b0108100_2150679.gif

5時過ぎに車で出発して、7時半過ぎに現地到着。
ちょっとのんびりしすぎて、スタート地点に向かうが、
すでに多くのランナーが並んでいる。8年前はこんなに大勢ではなかったと思う。
参加者は2,600人を超えているようだ。
b0108100_21502650.gif

9時スタート、最初の5キロほどは川沿いの平坦な道。
それを過ぎると標高600メートルほどのキャンプ場まで強烈な登りが続く。
この最初の登りはなんとか歩かずに登り切れた。登りの次は急な下り。
下りでは故障が恐くてかっ飛ぶように走れなかったが、周りに遅れないように下っていく。
b0108100_21505044.gif

谷に向かって駆け下りるようで、なかなか気分はいい。
時折、涼しい風も吹いて、登りの苦しさを忘れさせてくれる。
レースが下りきってゴールならばいいのだが、コースは川の向こう側の斜面を再び登る。
8年前に走ったときも、この2度目の登りで完全にへばってしまった。

下りきって橋を渡ってから再び上り坂となる。
周りでは歩いている人も何人かいる。
歩いている人とあまり変わらないようなスピードで息を切らしながら走り続ける。
でも、最後の未舗装路に入ってたまらず歩きが入ってしまった。
あと少しで登りは終わりだったのに、まだまだ修行がたりまへん。

登り切ると、沿道の人が、
「あと5キロ、下るだけや!」と応援してくれる。
でも、下り一辺倒ではなく、いやらしくうねっていたのを思い出す。
そして、8年前、この大会ではじめてエイドでオレンジを食べて、
とても美味しかったことを思い出した。

今回も疲れた体にオレンジの酸味が一瞬疲れを忘れさせてくれる。
スタート地点が見えてきて、いよいよゴールまで1キロとなると、
ほんとにあとは下るだけ、登りはない。
なんとか最後の力を振り絞ってゴール。
b0108100_21511949.gif

タイムは、2時間12分39秒(ネット)。
家に帰って8年前のタイムを確認すると、2時間36分20秒。
8年前より速く走れていたことにホッとした。
b0108100_21514771.gif

帰りは、ハチ北温泉によって汗を流し冷えたビールを一気に流し込む。
その後、家内のリクエストで出石に行き皿そばを堪能した。

大会では最後の登りでちょっと気合負けしたことが悔やまれるが、
24キロと一気にいけそうな距離で、
あのアップダウンのコースはきついものがあると改めて感じた。
[PR]

by toshihi616 | 2013-06-09 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/20575721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji1962 at 2013-06-13 13:35 x
お疲れ様でした

短い距離とはいえ
過酷そうなコースですね

ミニ村岡のような感じでしょうか?

まだまだ走力アップされてるのは素晴らしいです

村岡が楽しみです
Commented by toshihi616 at 2013-06-13 22:13
ryujiさん、こんばんは。
村岡のことを考えると大丈夫かなと思います。
距離は残酷の4倍強で、なおかつ高低差も当然多い。
村岡までに走力をアップしておきますので、
当日はよろしくお願いします。

<< 半年後のフルマラソンに向けて トレランシューズ、買いました >>