ひとり30キロペース走、今ひとつやけど達成感はあり

緑地公園の練習会30キロ走に引き続き、今度はひとり30キロペース走を行った。

実は、先週も加古大池まで車で行って、30キロ走にチャレンジした。
でも、ベンチに置いていた給水用のペットボトルが、ごみとして処分されたのか、
心無い人が持ち去ったのかわからないが、なくなっていた。
12キロほど走っていたが、ちょうどしんどい波が来ていた頃でもあり、
テンションが下がり途中で止めてしまった。

今回は、自宅近くの西神工業団地内の、新しく開拓した1周1.3キロ超のコース。
シスメックスやミノルタの工場の外周で、歩道も広く当然信号もない。
川崎重工の工場外周のコースに比べて、より高低差が少なく走りやすい。
風もなく穏やかな絶好のコンディション。

タイムは以下の通り。
4分半で走り始めて、10キロぐらいまではいい感じで走れていたが、
15キロ前くらいから、太ももの付け根辺りが少々痛くなってきた。
この辺りから当初のペースを維持できなくなり、
ペースは落ちていく一方、実力的に4分半はきついのかなと思う。

スタート~05キロ  22:43
05キロ~10キロ  22:21
10キロ~15キロ  23:15
15キロ~20キロ  23:48
20キロ~25キロ  23:52
25キロ~30キロ  24:16

2時間20分15秒(給水は5キロ毎、10秒マイナス)

でも、ひとり30キロペース走はきついけど、走り終えたときの達成感は何物にもかえがたい。
ひとりなので途中で簡単に止められる。
そこを踏ん張って走り切るのは、ゴールした時のこの達成感を味わいたいから。
途中で止めてしまうと、その一日気持ちよく過ごせないからか。

タイム的には今ひとつであったが、
30キロを走りきったご褒美に昼間からビールを飲むことにしよう。
[PR]

by toshihi616 | 2013-12-01 00:00 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/21567049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2013-12-02 20:21 x
ペットボトルだけ置いていると片づけられることがありますね、森林公園ではカゴを置いてその中に入れています。
Commented by toshihi616 at 2013-12-02 20:58
ひげ親父さん、こんばんは。
今度からは、かごに入れて今走っていることをアピールします。しんどいのに水分補給できなかったのはショックでした。

<< せっかくの防府マラソンなのに 結婚、おめでとう! >>