雪の六甲山に感激!

b0108100_1532085.gif

9日の日曜日に弟と再び六甲山トレッキングに行ってきた。

最近はブログのアップもなく、
たまにアップすれば、トレッキングネタの話で、
いよいよタイトルの変更が現実味を帯びてきた、かな(笑)。

年末のフルマラソンが今ひとつの結果で、
平日の早朝とか夜中に走る気力が湧いてこない。
左膝が今ひとつというのもあるが、ちとだらけています。
3月終わりに気合を入れないと完走できないレースにでるつもりなので、
(エントリーはまだ確定していないですが)
自然と走るようになるでしょう。

さて、今回の六甲トレッキング、1月に見た氷瀑がよかったものだから、
さらに気温の下がる2月にも行こうと弟と約束していた。
2月の最初の日曜日、春のような気候となり、氷瀑はもうダメかなと思った。
でもその後、再び厳しい寒さとなり、期待できそうな感じ。

さらに、8日の土曜日は太平洋岸で大雪であった。
自宅周辺も相当の雪となり、この分では山の上は確実に積もっているだろう。
出発前に山頂の施設が雪で休業していないかチェックした。
今回は、ガーデンテラスで昼食の予定。休業してたら目も当てられない。

朝の9時、阪急御影駅をスタートする。
コースは、住吉川沿いに登って行き、
途中で住吉川を西に外れて、石切道を通ってガーデンテラスへ。
そこから極楽茶屋に行き、前回同様、紅葉谷を下り有馬の滝の氷瀑を見物して、
有馬温泉をゴールにして、温泉に入ってビールを飲もうというもの。
b0108100_15362225.gif

前日の大雪でかなり雪は積もっていると予想していたが、
石切道への分岐から少し登ったところで既に雪道となる。
表六甲でこんなところからそこそこの積雪を見たのは初めて。
b0108100_15364599.gif
b0108100_1537274.gif
b0108100_15371991.gif

登るにつれて雪がどんどん多くなる。
幸いにも既に何人かの登山者が通ったあとで、
しっかりとトレースができており雪が歩行の妨げにはならない。
トレースされていないところにトレッキングポールを突き刺すと20cm以上は潜ってしまう。
樹氷らしきものもあり、山の雑誌の冬の表紙になってもおかしくない。

大学時代はワンダーフォゲル部に入って山に登っていた。
冬山の経験はあまりなく、比良山や京都北山に行った程度だが、
冬山でのテント泊の寒さは半端ではなく、朝起きたらロープやフライシートが凍っていた。
登山靴が凍らないようシュラフにいれて寝たのも初めての経験であった。
とにかく寒いのは辛いけど、
今見ているような冬景色は寒いからこそでありこの景色を見れただけで満足である。
b0108100_166361.gif
b0108100_1664751.gif

11時20分頃、ガーデンテラスに到着。
前回は最高峰にて寒い中でのラーメンであったが、
今回は軟弱にもストーブの効いた室内でカレーを食べた。
ロング缶も美味しくいただき、次は紅葉谷を下りて氷瀑見物に。
b0108100_16113462.gif
b0108100_1623143.gif
b0108100_16233319.gif

紅葉谷の下りからアイゼンを装着する。
稜線近くはやはり雪が多く、気温が低いせいか雪の質が少し違うように感じた。
スキー場での新雪のようにパラパラした感じで、踏みしめるとキュッキュッと音がする。
今回のメインである氷瀑については、先月に比較すると今一歩であった。
この滝だけを見たらそれなりに感動するかもしれないが、
1か月前にもっと凍結の進んだ滝を見ているので残念というところ、
これで素晴らしい氷瀑であれば、雪と氷のコラボで最高であったのに。

14時過ぎに有馬温泉に下山。
温泉に入っていつものようにビールで乾杯となる。
今度行くとしたら、比良山縦走はどうかと提案した。
当然、雪が解けてからだが。
ちょっと厳しいか?まあ大丈夫でしょう。

お疲れ様でした。次回もよろしく!
[PR]

by toshihi616 | 2014-02-09 00:00 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/22040663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2014-02-11 19:50 x
雪の中、お疲れ様、人が少なくて良かったのでは?私も昔は雪が降るとそれとばかりに六甲に行ってましたが、もうそんな元気ありません(-_-;)
Commented by toshihi616 at 2014-02-11 20:49
ひげ親父さん、こんばんは。
写真にはあまり写っていませんが、当日は多くの人が雪と氷をみるために、登山していました。
めったに見えない景色が見れて、とても得した気分でした。

<< カレーにつられて三宮 六甲山登山、有馬の氷瀑 >>