淡路島ロング走、ふとももがだるい

b0108100_1024530.jpg

淡路島を走ってきた。

先週は長い距離を走ろうと思い、わざわざ宝塚まで電車で行き、
宝塚をスタートして自宅までと走る計画を立てた。
しかし、六甲山にばかり行っていたせいか、走り続けるというのが結構つらく、
三宮を過ぎた上沢駅で地下鉄に乗ってしまった。距離は30キロ。

こんなことでは、萩往還が思いやられると思い、今度は淡路島ランを計画した。
コースは淡路島の北部を1周するコースで、距離にして57キロ。
高速船で明石から岩屋に渡り、反時計回りで岩屋~郡家~津名~岩屋。
アップダウンはあまりなく上りだから歩くという言い訳ができないコース。
b0108100_9471247.jpg

朝7時の高速船に乗って淡路島の岩屋を目指す。
驚いたのはサイクリストの多いこと、10名以上は乗っていただろう。
かっこいい自転車と上から下までバッチリ決めた人たちを見ていると、
淡路島はサイクリストに人気があることを実感させられる。
ちなみにランナーは私一人であった。
b0108100_1082844.jpg

岩屋から反時計回りに、播磨灘沿いのコースを南に。
この辺りは歩道がなく車とすれ違う時、少しひやひやする。
でも天気はいいし気温もちょうどいいくらいで、
海を眺めながらのランがとても楽しい。
b0108100_1084566.jpg

室津を通過して郡家に到着、ここから淡路島を横断して大阪湾側の津名を目指す。
ここからは緩やかな上りとなる。でもきつい坂ではないので十分に走れる。
でも、30キロを超えて疲れてきた。
お腹も空いてきたので、コンビニで焼きそばパンを食べる。
b0108100_10474775.jpg
b0108100_1045382.jpg

緩やかなアップダウンを繰り返して津名に到着。
ここからは大阪湾沿いに北に向かい、ゴールの岩屋を目指す。
大阪湾側は、歩道のあるところが多く播磨灘沿いより安心して走れる。
最後まで元気よくというわけにはいかなかったが、なんとか岩屋までたどり着けた。

57キロをゆっくりでも走りきれたことに満足。
走り終えた時点で太ももにきているのを感じたが、
萩の本番前にこの疲労感を感じることができてよかったと思う。
次に走るときはもう少し楽に走れるようになっていることだろう。
b0108100_10454814.jpg

明石に帰ってきて王将で餃子とビールで生き返る。
来週も長い距離を走りたい。
[PR]

by toshihi616 | 2014-04-19 00:00 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/22476217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひげ親父 at 2014-04-25 16:21 x
お疲れ様でした、淡路島は短いようで案外距離がありますよね。萩往還に向けてコンディションを整えて完踏してくださいね応援してます。
Commented by toshihi616 at 2014-04-25 20:44
ひげ親父さん、ありがとうございます。
感動のゴールを再び味わいたくて、懲りずに走ってきます。
いい報告ができたらいいなと思っています。

<< 萩往還マラニック250完踏 リベンジ キャノンボール >>