2006丹後100キロウルトラマラソン④(Final)

6.碇高原牧場から丹後庁舎(87.9キロ)まで

b0108100_1935774.gif
     〈碇高原を下り、日本海沿いの国道から〉

碇高原牧場のエイドでも、マッサージのブースがあったので、
ふくらはぎのマッサージをお願いする。
ここからは、一気に5キロほど下り海岸沿いの国道まで出るコース。
そして、エイドを出てしばらく走ると、
ミカンさんの後姿が見えるではないか。
まさか、追いつけるとは思わなかったので、我が目を疑った。
膝の調子が悪そうで、先に行かせてもらう。

幸いにも、一番心配していた左膝には、特に痛みはない。
ひょっとしたら、新しいインソールの効果なのかな。
下り坂を久々のキロ6分のペースで下り、日本海沿いの国道に出る。
久しぶりにランニングのレースに参加しているという感じ。

このあたりから、天候が急変して時おり強い雨が降り出す。
天候が好ければ絶好のビューポイントの連続なのに残念。
悪天と関門の時間が気になり、デジカメの出番がなくなる。
そして、この海岸沿いのコースもいやらしくアップダウンしている。

歩きと走りを交えながら、第4関門の丹後庁舎(87.9キロ地点)に到着。
時刻は4時8分、関門時間は4時38分なので、30分の余裕がある。
エイドでぜんざいと温かいスープを頂いて、ここでもマッサージを受ける。
中学生の威勢のいいエールを受けて、12キロ先のゴールを目指す。

7.丹後庁舎からゴールのアミティ丹後(100キロ)まで

この区間のタイムはキロ9~10分と、
気持ち走っている程度でほとんど歩きとなる。
時々、立ち止まって屈伸を行うが、その屈伸が満足にできない。
膝を曲げて伸ばすのだが、体を持ち上げるのに苦痛で顔が歪む。

確かゴールまで3キロぐらいのところで、
「かねやんさ~ん」
という聞き慣れた呼びかけ。
しかも、しっかりランニングされている。さすが。
おもわず、
「おお、ミカンさん、元気そうじゃないですか!」
ゴールまで並走したいところだが、私の太ももはイッテシマッテイマス

網野町の街中に入って、応援が多くなってくる。
ゴールまであと少しのところで、三木RCの人達の応援を受ける。
Kさんが並走しようと、コース上で待ってくれている。
今まで歩いていたが、体が自然とジョギングしている。
Kさんに最後のコーナーまで並走してもらう。
コーナーを曲がりゴール前の花道を走る。
月並みな表現だが、ふわふわと雲の上を行くような気持ち。
太ももや足の裏の痛みは記憶にない。
両手を力一杯差し上げ、ゴールテープを切った。
達成感で一瞬、頭が真っ白になった。

最後に、
 ミカンさん、
   三木RCのみなさん、
     大会関係者のみなさん、
       応援してくださったみなさん、
  本当にありがとうございました。

b0108100_214377.gif
     〈応援してくれた三木RCのメンバー、ちなみにKさんは真ん中です〉
[PR]

by toshihi616 | 2006-09-20 21:11 | ウルトラマラソン | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/5722932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アヲヒコ at 2006-09-20 21:17 x
かねやんさん、ウルトラ完走おめでとうございます♪ゆっくり読ませていただきました。どうしてここまで走れるんだろう?と思いながら読んだら、最後に「頭真っ白」。走るってのは、これに尽きるんでしょうね。本当におめでとうございいます!!
Commented by toshihi616 at 2006-09-20 21:53
アヲヒコさん、ありがとうございます。
今回の大会だけは、本当に途中で投げ出したくなりました。
しんどかったです。
でも、、でもこの大会で思ったのは、ウルトラマラソンは自分の意志で走るんですが、周りの人達の目に見える応援や目に見えない応援が、後押ししてくれているということ。決して自分ひとりで生きているんじゃなくて、みんなと助け合いながら生きているんだなと、今回の大会を通じて人生を感じてしまいました。ちょっと、大げさでした。少し、感傷的になってしまいました。すみません。
Commented by 亀オヤジ at 2006-09-20 22:50 x
こんなん読んだら走りたくなるじゃないですか。
9月は村岡も良かったし、悩むなあ。

かねやんさん、暫くは脚を労わってやって下さいね。
10月には一緒に走りましょう。
Commented by toshihi616 at 2006-09-21 00:06
亀オヤジさん、どちらも捨てがたいです。
村岡にも挑戦してみたいですが、
あの高低差の連続に耐えれるかどうか。
それと、10月の練習会までには復活して、
参加しますので、よろしくお願いします。
Commented by ryuji1962 at 2006-09-21 08:33
感動のゴールでしたね!
これがあるから止めれないんですよね!
来年は9月村岡ー丹後、10月四万十 いっときますか!
Commented by go_ultra at 2006-09-21 19:38
完走おめでとうございます!
ウルトラは人生を感じますね~ 
私も目の前の応援や心の中でこだまする応援に助けられます
で、もって負けないぞーーと頑張れるのかもしれません
本当にお疲れ様でした!!
Commented by toshihi616 at 2006-09-21 22:02
ryujiさん、それはちょっと無理ですわ。
ところで萩往還。
私は、丹後を完走したらエントリーするつもりでした。
で、エントリーします。
Commented by toshihi616 at 2006-09-21 22:05
go_ultraさん、ありがとうございます。
ますます、ランニングの世界にはまっていきそうです。
次は、四万十ですね。
応援しています、頑張ってください。
Commented by ryuji1962 at 2006-09-22 08:46
私もエントリーする予定です!
頑張りましょう!
Commented by toshihi616 at 2006-09-23 05:15
ryujiさん、頑張りましょう。
なんか、今からワクワクしますね。
2年後は、250キロ、かな。

<< 収穫の秋 2006丹後100キロウルトラ... >>