比良縦走路、100%山道

b0108100_2212371.gif
〈中峠への渓流沿いのルート、面白いコースでした〉

以前ブログで遠征ランしたいところとして、3ヶ所ほど掲げていた。
今回は、その第2段、比良縦走路にチャレンジしてきた。

コースは、JR志賀駅から、比良縦走路を目指し一気に高度を稼ぎ、
比良岳、烏谷山、金糞峠と進み、中峠経由で最高峰の武奈ヶ岳へ。
ここから、さらに北上して地蔵山、蛇谷ヶ岳を登り、最後は朽木の温泉まで、
舗装路なし100%トレイル(山道)の約35キロのコースだ。
特に、武奈ヶ岳から北のコースは、今回が初めてでとても期待している。

当日の天候は、連日の暑さも一服の感じで、
小さな気圧の谷が接近してきており、朝から曇り空。
大きく崩れることはないと思うが、稜線上からの眺望は今ひとつかも。

b0108100_2213793.gif
     〈志賀駅から見た比良の山々、眺望は期待できないかも〉

できるだけ早い時間から行動したかったので、
前日は大阪の実家に泊まり、7時過ぎにJR志賀駅に到着。7時24分に出発した。
登山道までのアプローチは、駅の湖側の道路を南へ少し道なりに高架をくぐり、
信号のある交差点を山側に渡り、りっぱな鳥居のある樹下神社を目指す。
この神社の前に登山道の案内板があり、
後はその案内に従っていけば、登山道に合流できる。

b0108100_22132937.gif
      〈天狗杉、見事な杉の木でした〉

九十九折れの登山道を一定のピッチで登る。
天狗杉あたりから尾根筋に出たのか、急に視界が広がる。
1時間20分ほどで、晴れていれば眺めの良さそうなクロトノハゲに到着。
ここからが、比良縦走路の稜線上のコースで、小刻みなアップダウンを繰り返しながら、
気持ちよく走ることができる。
木戸峠に9時4分到着、ここまで2時間を予定していたが、
結構いいペースで登れている。

b0108100_22134726.gif


このあたりは全く雲の中で、琵琶湖の琵の字も見えない。
1000メートルを超える山の頂きだけあって、低山にない雲の湧き方に迫力を感じる。
ただ、目の前も見えないくらい濃いガスではないので、特に不安はない。
比良岳を9時25分、金糞峠に10時14分に到着した。

b0108100_2214913.gif
b0108100_22142712.gif


金糞峠で、今日初めて登山者に出会った。
トレイルランに興味があるようで、好意的な質問をされ、
少し話し込んでしまった。トレイルランファンが増えたかも。
そして、金糞峠で休憩中にとうとう雨が降ってきた。
濡れるがままに任せようかとも思ったが、
1000メートルを超える山の上で長時間雨に打たれるのも辛いと思い、
雨具代わりのウインドブレーカーを羽織る。

b0108100_10171322.gif


金糞峠から、このルートの最高峰武奈ヶ岳を目指す。
今までは八雲ヶ原経由でしか登ったことがなく、今回は中峠経由のルートを選択する。
このルートは、なかなか面白かった。
渓流沿いのルートで、何度か飛び石伝いに渓流を渡りながら登っていく。
冒頭の写真がその風景で、ちょっとした沢登りの雰囲気がある。
ただ、何度か渓流に突っ込み、メッシュ地のシューズの中はジュクジュクで、靴擦れが心配。

b0108100_9405737.gif


武奈ヶ岳には11時32分に到着。既に何組かのパーティが景色を楽しんでいた。
雨のほうは頂上に着く前にやんでおり、朝に比べると下界の眺望も広がっていた。
あま~いパワージェルを食べて、いよいよ朽木の温泉までの未知のルートに挑む。
武奈ヶ岳から一気に高度を下げて、釣瓶岳に12時12分に到着。
このあたりはルートもしっかりしており問題なかった。

b0108100_22145827.gif


釣瓶岳からイクワタ峠北峰を越えて、地蔵山へ行くルートで、
コースアウトしそうになった。
下り道で道なりに行くと左にルートらしき跡があり左に下ったが、
いままで一定の間隔であった赤や黄色のテープが見当たらない。
おかしいなと思い、最後に見たテープのところに戻り、
よ~く目を凝らすと、右側に赤いテープを発見。
スピードを上げて下っていたら、そのままコースアウトするところだった。

地蔵山あたりから先のルートは、稜線上のルートといっても、
ぼんやりとした幅の広い尾根筋で、どこでも走れてしまう。
そして、このルートはあまり人が歩いていないのか、
踏み後がしっかりしていないところが多い。
ただ、一定の間隔で赤や黄色のテープがあるので、
それを探しながら走れば大丈夫だと思う。

コース自体は、アップダウンもそんなに激しくなく、
テープを探しながら走るという緊張感もあり、
コースの後半で疲れているにもかかわらず、集中して走ることができた。
私が走ったトレイルコースの中でも、上位にランクされる素晴らしい道だった。

b0108100_22151119.gif
     〈蛇谷ヶ岳から琵琶湖方面を望む〉

このコース最後のピーク蛇谷ヶ峰への急な登りをクリアーして、
14時2分に蛇谷ヶ峰に到着。
ピークから、琵琶湖や安曇川沿いに広がる田園風景が見渡せた。
ここから、下りに下ってゴールである朽木の温泉を目指し、14時40分に到着した。
温泉で汗を流し、お決まりの生ビールで疲れを癒す。
一気に半分以上が胃袋へ・・・、まさに最高の時。
健康な体に感謝!

b0108100_22152479.gif


比良縦走路も完走し、いよいよ次は、熊野古道「小辺路」。
このコースは1泊しないとダメなので、今年中に行けるかどうか。
でも、いつか必ず行ってみたい。

比良縦走路35キロ、9月累計234.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2007-09-23 22:22 | トレイルラン | Trackback | Comments(26)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/7483735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 亀オヤジ at 2007-09-24 11:09 x
地図見ながら読んでました。
何だかスゴイですねえ。さすが元ワンゲル部。
本物のトレイルランのようで、ある程度走力がないとこなせないコースのようですね。
お疲れ様でした。
熊野の「小辺路」は先日から家内と「行きたいねえ」と話しているコースです。
調子が戻れば(多分来年か)行く予定なんですよ。
Commented by ひげ親父 at 2007-09-24 16:47 x
比良山系トレイルラン、楽しそうですね。単独走でのランはちょっと不安もありますが気ままに走れて良い時もありますよね。次は熊野古道ですか?あの道は霊感を感じる人には何かが見えたりしてちょっと怖いかも。何年か前に歩いたことがありますが、途中で身体が重くなった経験が・・・
北海道は暑かった残暑もどこかに行って快適な秋のおとずれです。短い秋を精一杯楽しみます。大雪山では紅葉も始まったようで、これからあっという間に冬がやってきます。
Commented by マーサー at 2007-09-24 17:45 x
かねやんさん、こんばんは。
比良岳、金糞峠、武奈ヶ岳、朽木と懐かしい名前ですね。
私も学生時代、何度か登りました。
あんなコースを走られるとは凄いですね。
温泉で飲まれた生ビールは美味しかったでしょうね。
Commented by toshihi616 at 2007-09-24 21:42
亀オヤジさん、こんばんは。
後半は、久しぶりに地図とコンパスを取り出して、現在地とルートを確認しました。間一髪、危なかったです。
奥様と一緒の小辺路ラン、ぜひ実現させて下さい。
Commented by toshihi616 at 2007-09-24 21:46
ひげ親父さん、こんばんは。
熊野古道や熊野大社という響き、なんかミステリーな世界を連想させますよね。完走したら、不思議な力が授けられるかもです。
北海道の秋はほんの一瞬なんでしょうね。大雪山や層雲峡の紅葉
はきっと素晴らしいんでしょう。もう一度、大雪山に登って見たいです。
Commented by toshihi616 at 2007-09-24 21:49
マーサーさん、お久しぶりです。
マーサーさんも山登りをされるんですよね。昔は奥比良には登山ルートがなかったと思うんですが、マーサーさんは登られたことがありますか?あまり人が入っていないようで、なかなか良かったです。
Commented by oc at 2007-09-24 22:33 x
比良山縦走お疲れ様でした!
さすがかねやんさん、しっかりした計画通りの行程で、読んでいるだけでとても勉強になります。
僕はこの休み、同じ滋賀ですが湖南アルプスを歩いていました。
僕も次回はぜひ武奈ヶ岳から先まで行ってみたいと思います。
Commented by ryuji1962 at 2007-09-25 12:04 x
お疲れ様でした!
お見事ですね
でも山は難しいですね
私なら遭難してますよ(^^;) 体調も良さそうでハセツネは完璧ですね
Commented by サプリママ at 2007-09-25 19:25 x
お疲れさまです。
蛇谷ヶ岳からの眺めもまた圧巻ですね。
元ワンゲル部と聞いて、なるほど~です(^^)
Commented by housi216 at 2007-09-25 20:40
蛇谷ヶ峰からてんくう温泉まで40分かかっていない~
地図の登山コースタイムでは1時間40分になってる。
さすがですね。L(・o・)」オーッ
お疲れ様でした~
温泉と生ビール、最高ですね!


Commented by toshihi616 at 2007-09-25 22:38
ocさん、こんばんは。
武奈ヶ岳から北の奥比良は期待通り良かったですよ。
登山だと少し物足りないアップダウンですが、トレイルランではいい感じで気持ちよかったです。ぜひ一度走ってみてください。
Commented by toshihi616 at 2007-09-25 22:41
ryujiさん、こんばんは。
やっぱり六甲山のように観光地化された山と違い、比良は少々緊張します。久々に山に行った気分で、楽しかったです。
Commented by toshihi616 at 2007-09-25 22:49
サプリママさん、こんばんは。
当日はあいにくの天気で、琵琶湖の景色もほとんど見れずあきらめていましたが、最後は少し天候も回復してなんとか琵琶湖が見れて良かったです。
元ワンゲル部といっても、30年も前の話しです。ちょっと経験があるほうが事故を起こしやすいといいます。おごらず謙虚に行きたいと思います。
Commented by toshihi616 at 2007-09-25 22:58
housiさん、こんばんは。
奥比良は初めてだったので、地図のコースタイムをチェックしていたのですが、このタイムはちょっと慎重すぎます。ほとんどの区間をコースタイムの1/2ぐらいで行けました。自慢でもなんでもなく、登りは歩いてのぼり、平坦もしくは下りはジョギング程度のスピードでした。
ほんとにランニング、温泉後の生ビールは最高です。缶ビールも安くっていいんですが、やっぱり生ですね。大げさですが、生きてて良かったと思います。
Commented by top-mamoru at 2007-09-25 23:01
写真を拝見して 少し痩せたんじゃないですか?
しかし 相変わらず凄いっすね~ 出発点まで2時間?
ぐらいは掛かるでしょうに 第3弾もすぐですね!
ハセツネも余裕?でクリアして下さい!!
Commented by toshihi616 at 2007-09-25 23:21
まもる君、こんばんは。
股関節が痛いとかなんとかいいながら、走り続けてますので京都の練習会の時に比べると3キロほど絞れて、今は65~66キロぐらいです。やっぱり軽くなると走りやすいですね。
第3段は、日帰りではとても無理で、年内はちょっと無理かなと思っています。篠山から萩往還までの間の2日間。初日、高野山~十津川温泉(約50キロ)、2日目、十津川温泉~熊野本宮大社(約15キロ)。どうですか、行きませんか?
Commented by rui at 2007-09-26 10:55 x
トレランお疲れ様でした。良さそうですね。
私もいつか行きたいと思っていてもなかなか行けずにいます。
今度は熊野ですね。
Commented by YOKKO at 2007-09-26 19:49 x
かねやんさんは日曜日に行かれたんですね、わたしは前日の土曜日に行きましたよ。朝寝坊して、明日にしよう~と思い、天気予報を見たら日曜日は怪しい!!
せっかく登っても、琵琶湖の眺めが見えないこともあるから、縦走は諦めて、とにかく武奈が岳を目指し、武奈が岳頂上で下山ルートを決めようと出かけました。
お天気が良くて琵琶湖が綺麗でした。
武奈が岳から朽木への道はどんなか?解らなかったので、蓬莱山方面、かねやんさんが登ったルートと同じ道を下りました。
初めての比良山系、楽しかったです。
次は縦走したいです。 わたしは足が遅いから、うんと早く出発しないといけないですね。 ちょい転んで打ち身、擦り傷でした。
Commented by top-mamoru at 2007-09-26 21:00
3月4月ですか?早めに日程を決めていただければ
参加できそうです 計画宜しくお願いします!
Commented by toshihi616 at 2007-09-26 23:13
ruiさん、こんばんは。
関西のトレイルでは、六甲山でもダイトレでも途中に林道や舗装路がありますが、ここ比良縦走路では一旦山に入れば山道100%でした。こういうコースはなかなかないと思います。晴れれば琵琶湖の景色もバッチリです。ぜひ、一度お試しを!
Commented by toshihi616 at 2007-09-26 23:29
YOKKOさん、こんばんは。
土曜日に武奈ヶ岳に登られたんですか。お天気もよく琵琶湖が見れて良かったですね。私も土曜日に会社がなければ、土曜日に行きたかったです。奥比良はトレイルランには最高のフィールドでした。
武奈ヶ岳からの下りは中峠経由でしたか、あの渓流沿いのコース、なかなか良かったですね。それと、打ち身、擦り傷、大丈夫でしたか?
Commented by toshihi616 at 2007-09-26 23:51
まもる君、行きましょうか!
了解しました。ちなみに、次の「わかやま観光情報」というサイトに詳しい地図が掲載されています。ご参考までに!
http://kanko.wiwi.co.jp/walk/index.html
民宿は「えびす荘」が評判良さそうです。
Commented by YOKKO at 2007-09-27 02:53 x
武奈が岳下山路は、全部同じコースじゃなかったかも、西南稜は通らずコヤマノ岳から中峠でした。
トリカブトの花がたくさん咲いていましたね。
Commented by toshihi616 at 2007-09-27 05:36
私も、金糞峠~中峠~コヤマノ岳~武奈ヶ岳ですから、同じコースですね。金糞峠から中峠までのコースが良かったです。
トリカブト、鮮やかなブルーの花が咲いていました。バッチリ写真に撮りました。
Commented by top-mamoru at 2007-10-02 21:15
熊野古道 4月半ばぐらいでどうでしょう?!
日程はおまかせします(すみません)が早めに決めちゃってください!その方が段取りがつけやすいので!
併せてお願いします!!!
Commented by toshihi616 at 2007-10-03 06:23
まもる君、分かりました。
3月29、30日に行きましょう。ところで、29日、自宅の最寄の駅から始発に乗って南海の「極楽橋駅」に何時に着きますか?

<< 今度は六甲全山縦走 リタイア、丹後ウルトラ >>