丹後ウルトラ、序盤ボチボチ、中盤ヘロへロ、終盤復活!

b0108100_564950.gif
〈スタート5分前、さすがに最前列は少し緊張感があります〉

丹後ウルトラマラソンに参加してきた。

今年で3回目の参加となる。
一昨年が13時間37分で完走、昨年がリタイアと1勝1敗である。
今年の目標は、昨年のリベンジとしての完走と、
タイム的には12時間台でゴールすること。

昨年のように股関節辺りの痛みはなく、体調的には特に気になるところはない。
気になるのは天候だが、予報では雨の心配はなく30℃近くまで上りそう。
この大会はまだまだ暑い時期に開催されるので、距離以上に厳しく感じる。
せめて碇高原の上りだけでも曇っていてほしいのだが。

b0108100_571185.gif
     〈朝の3時半ごろ、荷物を預けてスタートに備えます〉

昨年より少し涼しいかなと感じつつ、4時30分スタート。
夜明け前の網野町の街中を抜けて、七竜峠の昇りに差し掛かる。
この上り坂は、まだ目覚めていない体にはきつい。
七竜峠を越えて久美浜湾を1周して、第一関門の久美浜臨海学校(30.0キロ地点)まで、
エイド休憩を含めて、ほぼキロ6分のペースで順調にピッチを刻めている。

昨年に比べるとやはり涼しく感じる。調子はマアマアか。
でも、明け方の空を見ると雲もまばらで、日が昇れば暑くなりそうな気がする。

b0108100_573715.gif
     〈浅茂川漁港のエイド、うどんはなんとか食べれました〉

七竜峠を再び越えるが、復路の峠越えはやはりつらく歩きが入ってしまう。
うどんのサービスがある浅茂川漁港のエイド到着が9時27分(経過時間4時間57分)と、
一昨年完走できた時よりも、10分ほど早く到着できた。
浅茂川漁港までで44.6キロと、既にフルマラソンの距離を走っている。
日は昇りやはり暑い、早くも頭から水をかぶっている人がいる。

再びスタート地点の網野町に戻ってきて、次の関門地点弥栄庁舎を目指す。
比較的平坦なコースを走るが、疲労と暑さでキロ8分程度のスピードしか出せない。
エイドでたまらず頭から水をかぶる、その後エイドごとに水をかぶり続けた。
あじわいの郷を過ぎた辺りから、上り坂でもないのに歩きが入ってしまう。

第二関門の弥栄庁舎(55.8キロ地点)になんとか到着する。
エイドにバラ寿司なんかがあったが、全く食欲が湧かず梨だけを頂いた。
ここから次の関門である碇高原まで17キロで400メートル以上の登りである。
一昨年はこの区間でリタイアを考えたが、今年も同じような心境になってきた。

制限時間に引っかかってリタイアするのは仕方ないが、
故障でもないのに自らの判断でレースを止める事だけはしたくなかったので、
とにかく17キロ先の碇高原までは歩いてでも行こうと思った。

b0108100_57489.gif
     〈碇高原への上り、写真で見ると爽やかそうですが・・・〉

碇高原までは上り坂とはいえ、上りばかりではなく平坦な道もある。
でも、序盤で調子よく走ったツケが来たのか、暑さが気力を奪うのか、
情けないことに走る気力が湧いてこない。
ジョギングペースで抜いていくランナーを横目で見送るだけ。

それでも、山の中のコースに入り、徐々に高度を稼ぐにつれ、
涼やかな気持ちのいい風が時折吹いてくる。
まさに恵みのそよ風で、この風が吹いていなければ、
ダラダラと歩き続けて、関門に引っかかっていたかもしれない。

b0108100_575640.gif
     〈碇高原、完走した年よりも少しだけ早く到着しました〉

結局、第3関門の碇高原(73.7キロ地点)に、14時5分(経過時間9時間35分)に到着。
完走した年と比べて5分ほど早く到着できた。
へロヘロになって碇高原に到着したが、
それでも完走した年のタイムより5分速く到着できている。
高原の景色をのんびり眺めていると、気持ちが少しプラスになってきた。

碇高原から5キロほど下って、日本海沿いのコースに出る。
長い下りで体が走りのリズムを思い出したのか、
比較的平坦な沿岸コースになっても、自分でも驚くぐらい足が動き出した。

沿岸コースに出て、しばらく走ると80キロ地点で、その通過タイムが10時間18分。
残り20キロを2時間40分で走れば、目標タイムの12時間台で走ることができる。
今から思えば絶妙の目標タイムで、ゆっくりでも走り続ければ十分に達成可能だ。

頭の中で、ゴール前のイメージが浮かんでくる。
グループ登録している人達は、私より速い人ばかりだから、
ゴール前でビールを飲みながら、ラストスパートするランナーに声援を送っているだろう。
彼らの目の前を颯爽と駆け抜けるイメージ。

そんなことを考えると、少し前までヘロヘロでリタイア寸前だったのがうそのように、
早くゴールしたくなってくる。
少し余裕も出てきて、同じようなペースで走っている人から、
「このままのペースで行けば、12時間台でゴールできそうですね!」
と話しかけられ、気分良く会話を楽しむ。

b0108100_21523568.gif

b0108100_58561.gif
     〈今年は天気が良く海岸線沿いの風景を堪能しました〉

いよいよ、ゴール地点のある網野町に入り、あと2キロ弱の所で、
「かねやんさ~ん!」という、たにやんさんの声援を受け、ゴール近くまで並走してもらう。
ますますペースが上り、どこにこんな力が残っているのかと思うほど、気持ちよく走れる。

ゴール前には、イメージ通りに潮の風さん、福ちゃんさん、K池さんが、
いつもの場所で、ゴール寸前のランナーに声援を送っている。
そこを笑顔でハイタッチして駆け抜けた。
emoticon-0100-smile.gif
ゴールタイムは、12時間48分。
12時間台の完走で、昨年のリベンジを達成した。
終盤あんなに気分良く走れたのは、今までのウルトラで初めてのこと。
ウルトラは正直しんどいが、ゴールした時の達成感は何物にも換えがたい。
やはり来年も丹後にエントリーしてしまうのでしょうね。

なお、グループトライアルについては、メンバー全員完走(3位入賞でした)!
今回は、グループ登録がひとつの大きな力になりました。

皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2008-09-14 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://toshihi616.exblog.jp/tb/9506620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nomu3 at 2008-09-16 22:10 x
暑い中、お疲れ様でした&目標達成おめでとうございます\(^_^)/
かねやんさんの写真を見ていると、とっても素敵な所を走れて羨ましいな~と感じるのですが、昨年参加したときのことを思い出すと……
ホント、お疲れ様でしたm(_ _)m
Commented by 亀オヤジ at 2008-09-16 22:39 x
完走おめでとうございます。
写真じゃ素敵な景色ですね。
ってことは暑いってこと?
涼しかったらもっとタイムは良かったかもしれませんね。
でもやっぱり仲間のチカラは大きいですね。
なんだかラストの笑顔が想像できそうです。
Commented by 潮の風 at 2008-09-16 23:06 x
ホント、ご苦労様でした!
ゴール前の笑顔が見れて良かったです。
素晴らしい笑顔でしたよ!
Commented by toshihi616 at 2008-09-16 23:49
nomu3さん、ありがとうございます。
昨年、丹後に出られたんですね。今年は去年より暑さはマシでしたが、中盤はほんとにしんどかったです。
でも、エイドが徐々に充実していたり、沿道からの声援も今年は多かったような気がします。来年は、丹後100、村岡100でいかがですか?
Commented by toshihi616 at 2008-09-16 23:53
亀オヤジさん、ありがとうございます。
後半にしっかり走れてイメージ通りにゴールできて、自分でも満足できるレースでした。次のハセツネもこんな感じでゴールしたいですね。
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 00:01
潮の風さん、ありがとうございます。
走る仲間もなく一人で参加していたら、絶対にゴールできていないと思います。応援してくれる人がいると思うと、ぜひとも完走しようという気持ちが強くなります。
今回のウルトラは、そのようなことを強く感じました。
Commented by YOKKO at 2008-09-17 01:25 x
かねやんさん、12時間台のゴールおめでとうございます。
やはり、実力、素晴らしいですね。
今年は数年前からの9月より涼しいから走りやすかったでしょうね。
といっても、走るとやっぱり暑いですよね。
木陰とかほとんど無いコースは日中はつらいですよね。
丹後七姫マラニックの一日目の夕方と、二日目の終盤に同じコースの海岸線を通ります。
良い景色ですが、最後に七竜峠越す時(150km地点くらい)は、いいかげん長く感じます。
海岸線といっても日本海側はアップダウンがありますね~。
お疲れ様でした、次はハセツネですね。
Commented by ryuji1962 at 2008-09-17 08:23 x
おめでとうございます
途中から復活するなんてさすが実力者ですね
景色もよさそうですね
来年は私も参加したいです
丹後ー村岡 いっときますか (^-^)v
Commented by oc at 2008-09-17 13:19 x
かねやんさん完走おめでとうございます!
終盤復活しての13時間切り、さすがですね~、改めて尊敬します。
僕も村岡ではかねやんさんにあやかって、とにかく時間内完走目指します。
>自らの判断でレースを止める事だけはしたくなかった
この文章、ぐっと来ました。
村岡ではかねやんさんのこの教えを胸に頑張ります。
Commented by ひげ親父 at 2008-09-17 20:17 x
暑い中での完走、目標達成おめでとうございます。次はハセツネでしたね。体調を整えて是非完走を!
Commented by たにやん at 2008-09-17 22:15 x
おつかれさまでした!!
今回60km走ってみて丹後の過酷さがよくわかりました。正直あのコースで100kmまともに走る自信はまだありませんが、丹後はやっぱり100kmのコースもいちどは走っとかないとなぁということで修行に励みます。
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 22:25
YOKKOさん、ありがとうございます。
海岸線沿いのコースは、走っていて萩往還を思い出しました。やはり日本海は綺麗ですね。
でも、あの国道、歩道のないところもあり、ちょっと恐かったです。
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 22:31
ryujiさん、ありがとうございます。
丹後100ー村岡100は、相当過酷ですよ~、堪忍してください。
28日は村岡ですね、完走のバトンを渡しますんで、ぜひとも完走してください。ちょっと、プレッシャーでしたか、すみません(笑)。
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 22:34
ocさん、ありがとうございます。
ウルトラには調子の波があるというのを改めて実感しました。
さて、村岡ですが、あれだけハードな練習をしていれば、絶対に完走できると思いますよ。納得の走りを期待しています!
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 22:40
ひげ親父さん、ありがとうございます。
なんとかリベンジできました。
次のハセツネも、今回のように復活してくれるといいのですが。
あと1ヶ月弱、うまく調整してベストで挑みたいです。
Commented by toshihi616 at 2008-09-17 22:47
たにやんさん、丹後では並走してもらい、ありがとうございました。
なんかどんどんペースが上がっていって、最後のほうはマジでしんどかったです(笑)。
あの碇高原の登りは、ぜひ体験してみてください。碇高原は気持ちいいですよ。
Commented by ガンチャン at 2008-09-17 23:23 x
遅くなりましたが、目標の達成おめでとうございます!!
かねやんさんのブログを拝見したら~私も来年の丹後ウルトラに参加したいと思うようになりました。えらいことです(笑)
Commented by toshihi616 at 2008-09-18 22:33
ガンチャン、ありがとうございます。
私のブログを読んで丹後ウルトラに行きたくなったなんて、
ブログを書いた本人としては最高にうれしいです。ウルトラマラソンの魅力を伝えようと書いているところもありますので、その意図が伝えられてうれしいです。ぜひ、来年は丹後ウルトラでお会いしましょう!

<< ホースランドパーク、朝ランは気... 丹後ウルトラのグループ結成式と練習会 >>