カテゴリ:未分類( 394 )

神戸市西区の2トップを制覇

b0108100_15242267.jpg


神戸市西区で一番高い山と二番目に高い山に登ってきました。

2トップといっても、雌岡山が249ⅿ、雄岡山が241mと、あまり高くないです。
10時過ぎから走り始めましたが、最初は曇り空だったのが、
時間の経過とともに、青空が広がり日差しも強くなってきました。

雌岡山は山頂に神出神社があり、山頂まで舗装路が整備されています。
舗装路なので頑張って走りました。
山頂からは、淡路島や明石海峡大橋が一望です。
薄っすらと大阪の山々が見えていました。
残念ながらデジカメを忘れたので写真はありません。

雄岡山はトレイルコースです。
途中まで止まりそうなスピードですが走りました。
でも、やはりしんどく途中から歩きました。
山頂からの眺望は雌岡山のほうがいいです。

b0108100_1537327.jpg

6月は、特に故障個所もなく、結構コンスタントに走れました。
今月はなんとか300キロを超えそうです。
レースなしでの300キロ超は久しぶりです。

[PR]

by toshihi616 | 2015-06-28 15:41 | Trackback | Comments(0)

はちや@千歳と札幌ジョギング

b0108100_12235526.jpg
6月18日、19日と北の大地に出張でした。

目的地は札幌ですが、新千歳空港駅から途中下車して、「はちや」さんに寄り道します。
また、美味しいものが食べられるかと思うとワクワクしてきます。
お久しぶりですと、大将に挨拶して、カウンター席に座らせてもらいます。
今日は、常連さんらしき人が奥の席で飲んでいました。

早速、生ビールとおまかせコースをお願いします。
おまかせコースは当然、1品1品出てくるのですが、
出てくる料理が美味しくて、一皿ごとにビールをおかわりしてしまいました。

b0108100_12343462.jpg
揚げ物は、ほっき貝のかき揚げ。その前に、先付や刺身が出てきたのですが、写真を撮るのを忘れました。
b0108100_1240397.jpg
焼き物は、サクラマスのあらの塩焼きと真竹を焼いたもの。
サクラマスのあらは初めて食べました。
サクラマスも美味しかったですが、一緒に添えてあった真竹。
大きさはアスパラガスのようで、
皮をむくと細長いタケノコが出てきました。
普通のタケノコはずんぐりしていますが、形はとてもスマートです。
マヨネーズを付けて食べましたが、やさしい食感で美味しかったです。
b0108100_12442573.jpg
煮物は、大好物の金目です。
思わず大将に北海道でも金目がとれるのですかと尋ねたところ、
キンキはとれるけどこれは本州からですとのこと。
旬は冬場だと思うのですが、十分に美味しかったです。
b0108100_1254691.jpg
最後は、豚丼。
前回のような海鮮丼を期待していたのですが、おまかせなので仕方ありません。
最後の豚丼がちょっとお腹に苦しかったですが、すべてきれいに完食。
また札幌出張の時は途中下車したいです。
大将が「ひげ親父さんによろしく」とのことでした。
b0108100_13112032.jpg

飲みすぎて酔いが回っていたのか、店を出るとき、
扉に「押」とあったので、押して扉の開くのを待っていましたが、開きません。
自動扉ではなく、押して開ける扉だと気づくのにしばらくかかりました(笑)。

翌日は、5時前に起きて札幌市内をジョギングしました。
ホテルからすすきのを通って中島公園へ、
そこから豊平川に出て、河川敷を走りました。
朝の気温が13度と少し肌寒く感じました。
ゆっくりと新鮮な景色を堪能しながら走りました。
b0108100_1352799.jpg

b0108100_1354144.jpg

今日のランが10キロ、6月累計は183キロ。
今月は、レースなしで300キロを超えそうです。
[PR]

by toshihi616 | 2015-06-19 00:00 | Trackback | Comments(2)

舗装路六甲縦走30キロ

b0108100_15123891.jpg

六甲山を走ってきました。

今回はトレイルではなく舗装路です。
神鉄北鈴蘭台駅をスタートして、六甲山の舗装路を阪急宝塚駅まで走りました。
距離は30キロ。前日が3時走で今日は30キロ走です。

最初は登りばかりですが、意外とテンポよく登れました。
でも、一軒茶屋付近から疲れで走りがだれてきました。
そこから宝塚まではほとんど下りでしたが、
足にきてしまって長かったです。
調子よく登ったツケが来たようです。
[PR]

by toshihi616 | 2015-06-14 00:00 | Trackback | Comments(2)

三木ホースランドパーク、3時間走

b0108100_1617537.jpg
(ひげ親父さんのフォトをお借りしました)
三木RCの練習会に参加してきました。

場所は三木のホースランドパーク、練習内容は3時間走です。
参加者は、ひげ親父さん、セイちゃんさん、沖やん先輩さん、モンブランさん、
T岡さん、Y尾さん、Tひろさん、よしこちゃんさん、私の9名です。

天気のほうは梅雨にもかかわらず、晴れのいいお天気。
ホースランドパークは木陰が多いので少々日差しが強くても大丈夫です。
ひげ親父さんの案内で、まずは全員で8月のリレー大会のコースを走ります。
私は個人の部で31キロに参加予定です。

大会のコースは、私がホースランドパークを走るコースとは違い、
馬のクロカンコースも走る、アップダウンの多いタフなコースとなっていました。
大会のコースは1周が3キロ強ですが、なかなか手強そうです。
大会当日は夏の暑い盛りに行われますが、
今からレース後のビールが楽しみです。

その後もひげ親父さんの案内で、
パーク内のいろいろなコースを走りました。
初めて走る人もいたようですが、
たぶん今どこを走っているのかわからなかったと思います。
私も初めて案内されながら走った時は、どこをどう走っているか全くわからず、
どんだけ広いねん、この公園はと思いました。

2時間ほど、全員で走った後、残り1時間は各自のペースでということに。
若い衆チームと、シニアチームに、自然と別れました。
若い衆チームは、Tひろさんが、ぐいぐいと引っ張って、キロ5分を切ったとか。
ついていかなくてよかったです(笑)。

シニアチームは、大人のペースで自然あふれるコースを楽しみます。
一人で走っていると、3時間もなかなか走れないですが、
おしゃべりしながらペースを合わせて走っていると、
知らず知らずに時間が過ぎて3時間でも走れてしまいます。

途中、サラブレッドがゆっくりと歩いているのを見ました。
沖やん先輩曰く、競走馬を引退した馬もここにいるとかで、
その素晴らしい馬体に見とれてしまいました。

また、サラブレッドのように異次元のペースで、
飛ぶように走るカップルを見ました。
地元では名の知れた女性ランナーちひろさんでした。
ご夫婦で走られていたようですが、走りが全く違いかっこよかったです。

モンブランさんは別メニューで5時間走をされていましたが、
全員無事に3時間走を走り切りました。
たっぷりと汗をかいて、充実の練習会でした。
練習会に参加の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2015-06-13 00:00 | Trackback | Comments(2)

城崎温泉ランニング合宿、いい練習になりました

b0108100_15341255.jpg

5月23日、24日と城崎温泉での三木RCのランニング合宿に参加してきました。
b0108100_16204979.jpg

昨年も同様の1泊2日のランニング合宿がありましたが、
今年も場所は昨年同様、城崎温泉。
走った後に温泉に入れて、食事は納得のバイキングで腹一杯に食べられる。
今年も参加させてもらいました。
b0108100_1652649.jpg

土曜日のランニングコースは、
峠越え及び海岸線沿いのアップダウンの激しいコース。
昨年は途中で休憩を入れて走りましたが、今年はノンストップで走り切りました。
距離は21キロちょいですが、アップダウンが激しくかなりきついコースです。
前を行くY田さんのあとを懸命について行くうちに調子が上がってきました。

急な坂道を必死で登ったら、緩やかな登りなると体が慣れてしまって、
平坦な道を走っているような気分を一瞬ですが感じました。
今回は心拍計を付けて走ったのですが、
登り坂での心拍数が171と、
年齢で計算した最大心拍数を越えるほどにまで上昇しました。

一人だけの練習でしたら、ここまで体を追い込めないのですが、
練習会だと周りの刺激を受けて、いい感じで体を追い込むことができます。
体重のほうも、ランニング後に計測したところ、
66.15キロと目標体重までもう少しです。
ただし、旅館での夕食はバイキングで、
腹一杯食べたので翌日には戻ってしまいました(笑)。

翌日は、早朝ジョギングで、ゆっくりと円山川の河川敷を走りました。
しっかりと練習もでき、温泉に入れて、朝夕のバイキングで食事も堪能し、
納得の2日間を過ごさせてもらいました。

企画されたひげ親父さん、そして参加の皆さん、お疲れ様でした。
楽しかったです、ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2015-05-24 00:00 | Trackback | Comments(2)

鯖街道ウルトラ、素晴らしい新緑の景色

b0108100_2195051.jpg
鯖街道ウルトラマラソンに参加してきました。

当日は五月晴れのいいお天気で、山中の新緑が一層映えてとてもきれいでした。
見晴らしのいいところでは遠くの山並みまで見渡せました。
気温もかなり上がったようですが、
山の中では木陰もありそんなに影響なく行動できました。
ただ、街中に下りてくるとさすがに暑く、
頭から水をかぶるととても気持ちよかったです。
b0108100_21102666.jpg

タイムのほうは10時間57分と過去最低記録となりましたが、
萩往還に続いてのウルトラ2連敗を阻止できて、
タイムとは関係なしにゴールできたときはうれしかったです。
b0108100_21112062.jpg

今回は家族旅行も兼ねて、
前日の土曜日は敦賀方面にまで脚を伸ばして観光してきました。
宿は小浜から少し離れた阿納の民宿に泊まり、ふぐ料理を堪能してきました。
養殖のふぐのようですが、味の違いは正直わかりません。
その分、リーズナブルなので十分納得です。
レース当日、家族は御朱印を求めて三千院や金閣寺など京都観光したようです。
b0108100_2112291.jpg

この時期の鯖街道ウルトラ、
天気がいいとほんとに新緑が目にまぶしい素晴らしいコースになります。
体はかなり疲労しましたが、
目に入ってくる活き活きとした新緑は、
そんな疲労感を一瞬忘れさせてくれほど素晴らしいものでした。
雨のトレイルも嫌いではないですが、
やっぱり晴れていると気分がすっきり爽やかになります。
b0108100_21124148.jpg

こんなに素晴らしい大会を20年に渡り運営されているスタッフの皆様に感謝です。
ありがとうございました。

5月走行距離 244キロ、久しぶりに300キロ超えそう、レース込みだけど。
[PR]

by toshihi616 | 2015-05-17 00:00 | Trackback | Comments(6)

萩往還リタイア、その後、家内とのんびり旅行

b0108100_238247.jpg
萩往還マラニックに参加してきましたが、体調不良でリタイアしました。
また次の機会に頑張ります。
b0108100_2385569.jpg

家内と4日の夕方に瑠璃光寺で待ち合わせの予定が、
4日午前と時間を早めて待ち合わせし、ゆっくりと観光してきました。
4日は津和野へ、5日はレンタカーを借りて萩往還を北上して萩市へ。
いつもは素通りする萩を見て回りましたが、
昔の町並みが残っており落ち着いたいい感じのところでした。
今度はもっと時間をかけてじっくりと見て回りたいと思いました。
b0108100_5481582.jpg
b0108100_23111938.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2015-05-07 00:00 | Trackback | Comments(8)

ご近所ラン、神出ファーム往復

b0108100_11113783.jpg

萩往還を1週間後に控えて、今日はご近所での調整ラン。
貸農園などのある神出ファームを目指して走りました。
往復で13キロ。

自宅の近くには、貸農園が結構あります。
その中でも神出ファームは規模が大きく野菜の販売所などがあります。
野菜作りなんかも楽しそうだなと思い、見学がてら走ってきました。
b0108100_1143517.jpg

今すぐに始めようとかいうのではなく、
ちょっと興味を持っただけです。
2年後には定年という年になり、
ランニング以外の楽しみも少し考えています。
まあ、スピードはなくなっても走れる限り、
ランニングはこれからも続けていきたいですが。
b0108100_1118204.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2015-04-25 00:00 | Trackback | Comments(0)

またまた淡路島南部ロングラン

b0108100_6401512.jpg
またまた淡路島でのロングランです。

今回は高速バスで一気に洲本へ。
地下鉄の学園都市駅が始発地点となっており、
学園都市駅が自宅から近いためとても便利です。
淡路島遠征には今後この行き方が増えそうです。

コースは洲本をスタートして海岸線沿いを由良、灘土生を経由して福良へ、
福良からは内陸部を走り洲本へ戻ります。
距離にして68キロほど、距離的には結構ハードです。
b0108100_637382.jpg

朝の7時前に洲本のバスターミナルに到着。
天候のほうは既にポツリポツリと雨が降っています。
途中、由良のあたりで雨脚が強くなり、この先どうなるかと心配しましたが、
その後は雨もやみ、曇り空の比較的走りやすい天候でした。
b0108100_6513984.jpg

洲本から福良までの海岸線沿いコースは今回が初めてでとても楽しみ。
走った印象としては、走りやすかったです。
しっかりと2車線ない狭い道もありましたが、
今までの淡路島の道に比較して車の交通量が少なく、
危ないなとほとんど感じませんでした。

由良を過ぎると海岸線を離れて一気に高度を上げます。
まだ元気なので走って登ろうと思いましたが、
あまりに急な坂道なのであっさりと諦めました。
b0108100_197124.jpg

途中に怪しい観光スポットがありました。

峠を越えて再び海岸線に出ます。
遠くに沼島を見ながらしばらく海岸線沿いの平坦な道を走りますが、
ここがほんとに長かった。
b0108100_19142590.jpg

モンキーセンターで休憩していた、女性サイクリストから
「淡路島1周ですか?」と質問されました。
「それは無理です、福良まで行って洲本に戻ります」と答えると、
「何キロくらいあるんですか?頑張ってください」とエールを送られた。

海岸線沿いの道は灘土生までで、そこからは急な坂道を登って内陸部を行き、
峠を越さないといけない。
福良まででも47キロはあり、疲れてきたしもういいかなと、
甘い誘惑が頭をよぎりだす。
b0108100_19354992.jpg

でもまだ時間はたっぷりあるし、
福良~洲本間は路線バスが1時間に1本は走っているので、
途中でバテて動けなくなったらバスに乗ればいいやと、
予定通り洲本を目指すことにした。
b0108100_193516100.jpg

途中のコンビニでエネルギー補給。
洲本まであと10キロを切ると、体がいい感じに動き出した。
ペースは遅いが淡々と走れている。
b0108100_1941030.jpg

無事に洲本に到着。
以前に行ったことのある銭湯「東光湯」へ。
汗を流して近くの中華料理屋に入り完走賞のビールを飲む。
次のバスまで時間があったので、生ビールを3杯も飲んでしまった。
予定通り走り切れてビールが美味しかったです。
b0108100_19435079.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2015-04-19 00:00 | Trackback | Comments(2)

淡路島西海岸ラン

b0108100_9204240.jpg
淡路島を走ってきた。

キャノンボールから長い距離を走っていない。
5月には萩往還マラニックがあるので長い距離を走りたい。
本当は桜の季節に合わせて先週行きたかったが、
天候が今一つだったので延期した。

今回のコースは、岩屋から西側の海岸線沿いに南下して福良まで。
ただし、湊からは海岸線ではなく近道して内陸部を走った。
距離にして59キロ。
b0108100_816495.jpg


明石7時発のジェノバラインで岩屋へ。
海岸線沿いを走るので景色はいいのだが、歩道のないところが多いのが難点。
岩屋から郡家までは以前にも走ったことがあり、なんとなく道を憶えていた。
でも、郡家以降の道は初めてでとても楽しみ。
7時半頃、岩屋をスタート。

2時間ほどで北淡ICあたりに到着したが、
右の太ももの付け根あたりに少し違和感が。
まだそんなに走っていないのに、この先が不安になる。
長めの休憩で入念にストレッチすると少しましになった。
b0108100_8433812.jpg

天候のほうも、明け方はポツリポツリと雨も降っていたが、
時間の経過とともに回復に向かい昼前頃から青空も見え出した。
日が差してもそんなに暑いということもない。
海岸線の景色と磯の香りを目の前に感じながら、
とても贅沢な走りをしているなあと思う。
b0108100_844880.jpg
b0108100_973963.jpg
b0108100_9411049.jpg
b0108100_9244084.jpg

いよいよ郡家からは、初めて走る道。
海岸線沿いを走るので、ほとんどが平坦な道で走りやすい。
でも、距離も30キロを越えて、さすがに疲れてきた。
そして、太ももの付け根がまた痛くなってきた。
はるか先に見えている岬の先端まで走るのかと思うと、
平坦な道が苦痛になってくる。

b0108100_914746.jpg

都志のコンビニで昼食休憩。六甲縦走時と同じ、カップ麺とビール。
エネルギーを補給したが、走りのほうは相変わらずでペースが上がらない。

湊の交差点に到着。ここまでで50キロほど。
予定ではここからも海岸線沿いを走り、福良に向かうつもりであったが、
かなり脚にきていたので、コースを変更して内陸部の近道コースに。
b0108100_964952.jpg

15時10分頃、ゴールの福良に到着。
ゴールのご褒美として、魚料理の美味しいお店をチェックしていたのだが、
夕方5時オープンというで残念あきらめた。また次回のお楽しみに。
コンビニで缶ビールを買って一人反省会。

萩往還には少し不安の残る走りであったが、
本番までまだロング走できる機会もあるので、
うまく調整して萩往還本番では楽しんで走れるようになりたい。
[PR]

by toshihi616 | 2015-04-11 00:00 | Trackback | Comments(4)