カテゴリ:大会参加( 88 )

静岡マラソンと魚料理

b0108100_22102524.jpg
静岡マラソンを走ってきました。

絶好のランニング日和で、日差しはもう春です。
コース上で何ヶ所か富士山が視界に入るのですが、
雪をかぶった富士山を見るとやはり感激してしまいます。

後半30キロ付近では、
左にイチゴ農園、右に駿河湾の見える海岸沿いのコースを走るのですが、
雄大な太平洋を見ながら走っていると、
一瞬、疲れを忘れてしまいます。
また、参加してみたいいい大会でした。

b0108100_22124323.jpg
大会前日は、焼津に前泊したのですが、
ホテルの人に勧められた「にじいろ」という居酒屋に行ってみました。
店内は炭火焼の立派なかまどが印象的で、
目の前で新鮮な魚を焼いてくれます。
b0108100_22132048.jpg

刺身とかもおいしかったですが、
炭でじっくり焼いた一匹まるまるの「黒ムツ」は、
焼津というロケーションもあいまって最高においしかったです。
この店にももう一度行ってみたいです。


[PR]

by toshihi616 | 2017-03-05 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

加古川マラソン、予定より早く足にきました

b0108100_22342026.jpg

久しぶりのアップ。加古川マラソンを走ってきた。

10月下旬に30キロ走をして、いい感じで12月の本番を迎えられるかなと思ったが、
11月の初めに1週間の米国出張で全く走れず、
毎日、肉とハンバーガーと大量のフライドポテトで体重が増えた。
帰国後も平日にコンスタントに走れず、体重は重めのまま。

長い距離も走れてないので、マラソンの後半は足に来ると予想していたが、
最初に大堰を渡った15キロ前くらいから、
早くも5分~5分15秒のペースを維持できなくなる。
そこからは、徐々にペースが確実に落ちていき、
最後の10キロでは、股関節あたりが痛み出し、とうとう歩きも入る不甲斐なさ。

結局、4時間8分40秒で、なんとかゴール。
苦しい42.195キロであった。
b0108100_623648.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2016-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

村岡、来年はぜひともリベンジしたい!

b0108100_0571397.jpg
村岡ダブルフル(100キロ)に参加してきた。

結果は、第二関門を通過できずリタイアでした。
悔しいけどこれが今の実力でしょう。
来年はぜひともリベンジしたい!
[PR]

by toshihi616 | 2016-09-25 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)

加古川マラソン、なんとか完走

b0108100_21232492.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

天候のほうは風をほとんど感じない曇り空。
昼から雨の予報でなんとか雨のふらないうちにゴールしたい。
ゴール近くで少しパラパラときたが、
そちらのほうは希望通りであった。

さて、肝心のレースのほうだが、
キロ5分でゴールまで走りたかったが、
30キロを前にそのペースを維持できなくなる。
大堰を渡ってからはいつもの風もなくコンディション的には最高だったが、
ゴールまでがとても長かった。

記録は、3時間44分41秒。
次にエントリーしている姫路マラソンでは、このタイムを目標に頑張りたい。

5K 25:59
10K 24:56
15K 24:30
20K 24:31
25K 25:05
30K 26:44
35K 28:47
40K 30:19
F 13:50
[PR]

by toshihi616 | 2015-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

ユリカモメ30キロ、なんとかキロ5分で

b0108100_1716043.jpg

ユリカモメ武庫川30キロに参加してきた。

最近全くペース走をしていない。
2週間後に神戸マラソンが控えており、どのくらいのペースで走れるか試すいい機会である。
今回はどんなペースで行くか迷ったが、5分15秒~30秒くらいで行ければいいかなと。

天候のほうは晴れ、風もあまりなく走りやすそう。
ただ、実際に走ってみて、地面が乾燥しているため、
砂が舞うのか走った後少しのどが痛かった。

レースは、30キロの部、フルマラソンの部、同時に9時半スタート。
エントリー者は、すべての人を合計して600名くらい。
後ろのほうからのスタートだったので、スタート時には少し窮屈だった。

走りだすと周りのペースに刺激されてか、
キロ5分でも行けそうな感じだったので、
予定を変更してキロ5で走れるところまで走ることにする。
ほとんど高低差のない河川敷はペースをつかみやすい。

25キロ過ぎくらいでペースが落ちてきたが、ほぼ5分のペースで走り切れた。
タイムは、2時間31分。
これで神戸のペースはキロ5に決定。
久しぶりのペース走は、いい感じで走り切ることができた。
神戸では、30キロ以降に大きな失速がなければいいのだが。

スタート前、このブログを見ているという人から声をかけられた。
最近あまりアップがないので、調子が悪いのかなと心配していたとのこと。
ありがたいことです。
神戸マラソン、サブスリー目指して頑張ってください!
[PR]

by toshihi616 | 2015-11-01 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

キャノンボール、価値ある完走

b0108100_20481174.jpg
六甲縦走キャノンボール大会に参加してきた。

この大会は今回で3回目。
1回目は去年の3月で、往路は何とか走り終えたものの、
悪天候で疲れ果て復路は走る意欲がなくなりリタイア。
2回目は今年の3月で、復路はアーリースタートながら初めての完走。
そして、3回目。ロングの大会では5月の萩往還、9月の丹後ウルトラと、
連続してリタイア。ここはなんとしても3連続リタイアは阻止しなければ。

この大会で一番気になるのは、レース時の天候である。
初めて参加したときは、一晩中強い雨が降り続き、とても過酷な大会となった。
今回は天候が安定しているようで、好天に恵まれそうだ。
でも、この好天が2日目の行動に大きな影響を与えるのだから皮肉なものである。
b0108100_20484067.jpg

17日夜9時、宝塚をスタート。
夜景や星空がとてもきれいだ。
風もなく体を動かしていればそんなに寒くない。
掬星台では久しぶりにryujiさんとじゅんこさんに出会う。
村岡の翌週には北アルプスの大天井岳を登られたようで、
相変わらずアクティブに活動されていた。
b0108100_20592455.jpg

初日は天候的なコンディションが良く、
後半のアップダウンの多いコースに苦労しながらも、
朝の6時半ごろ須磨浦公園に到着。
疲労度はかなり高く、普通ならこれで十分の活動となるのだが、
この過酷な大会は、再び宝塚まで戻らないといけない。
b0108100_2049259.jpg

スタート前に、会社の後輩である塚ちゃんと合流。
彼はスピードの部にエントリー。
事前にゴールまで引っ張ってくれとお願いしている。
そして、彼がいなければ確実にリタイアしていただろう。

18日朝の8時に、復路再スタート。
快晴、日中は気温が上昇しそうな感じ。
再スタート後、しばらくは体が動いていたのだが、
高取山の登りくらいから太ももの筋肉が悲鳴を上げ出した。
b0108100_20495422.jpg

菊水山の登りでは、10月とは思えないような強い日差しが目に眩しい。
昨日の夜が快適なコンディションだっただけに、余計にきつく感じる。
徹夜で走り続けた体にこの強い日差しはとてもきつい。
睡眠不足の影響だけでなく、強い日差しと暑さで、
少々頭がぼんやりし気分が悪くなってくる。

そして、鍋蓋山では明らかに体が動かなくなり、登るのも一歩一歩という有様。
こんな状態では、次の摩耶山そして宝塚まで行くなんてとても無理な気がしてくる。
せっかくゴールまで一緒に行こうといってくれた塚ちゃんには悪いが、
鍋蓋山の山頂にて桜茶屋で止める旨を伝えた。

でも、桜茶屋までの涼しい風の吹く木陰の下りの道を歩いていると、
頭もクリアになり、気分も良くなってきた。
時間はまだ十分に残っておりここで止めるのはあまりにもおしい。
摩耶山までは行こうという前向きな気持ちに変わった。

摩耶山の登りは、いつもより少し遅いくらいで掬星台に到着。
エイドではスープしかなかったので、
藤原商店でおなかを満たすことにする、ついでにビールも。
なんとか東六甲縦走路の分岐までたどり着いた。
残り時間を見ると、1時間35分くらい。
下りをしっかり走れば制限時間に間に合うかもしれない。

制限時間が過ぎてもとにかく宝塚にたどり着けたらと思っていただけに、
時間内ゴールの可能性があり、それが新たな目標となった。
東六甲縦走路では既に暗く、ライトが必要となる。
いままで疲労で足が動かなかったのに、下り坂を何度かテンポ良く下るうちに、
急に体が動くようになり、脚捌きもスピードも今までとは別人のようになってきた。

なにかスイッチが入ったよう気分になり、
前方に見えるライトの光を次々とパスしていく。
大平山の管理道に6時ごろ到着。1時間あれば十分に宝塚に到着できる。
制限時間内に宝塚に到着、ただゴール地点には明かりがなく誰もいなかった。
塚ちゃんと握手をして、完走を称えあう。
タイムは、アバウトだが往路が9時間半、復路は11時間、合計で20時間半であった。

その後、風呂に入り、ビールで乾杯となったが、
ゴールまで付き合ってくれた塚ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいである。
ありがとう。来年は、一緒にパワーですね。
桜茶屋で止めなくて本当に良かった。

(追記)
スタート地点がゴール地点だと思い込んでいました。
住宅街を抜けてローソンの手前でスタッフの人達から、
ハイタッチを受けておかしいなと思いながらそのまま宝塚温泉に直行。
ゴール地点は、どうやらスタート地点ではなく、宝塚ローソン横の広場だったみたいです。
そうなると時間内完走が微妙になりますが、自分の中では時間内完走にしときます(笑)。
[PR]

by toshihi616 | 2015-10-18 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)

速報、六甲縦走キャノンボール、リベンジ達成!

六甲縦走キャノンボールPOWERの部(六甲縦走路往復)、完走。
去年のリベンジに成功しました。
往路の中盤くらいから、早くも太ももが悲鳴を上げ始めました。往路は9時間10分でしたが、復路はかなり苦戦すると思い、アーリースタートを選択して、すぐに復路スタートしました。予想通り、太ももがいうことを聞いてくれず、とてもしんどかったです。一時は制限時間内完走を諦めかけましたが、なんとかギリギリセーフの10時間50分でした。
b0108100_553236.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2015-03-29 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)

姫ボタルトレイル30キロ

b0108100_20561233.jpg
姫ボタル・静川平トレイル30キロに参加してきた。

家内、義母、娘とともに、家族旅行を兼ねて、前日はハチ北に前泊した。
土曜日は昼前に出発して、出石によってそばを食べた。
毎回、違うお店に行くのが楽しみ。
今回のお店も趣があって、そばも美味しかった。
b0108100_20565929.jpg

夕食は、お目当てのBBQ。
BBQといっても屋外のテラスなんかでのBBQではなく、
屋内にて炭火で焼いて食べた。いい景色は見られないが、虫の心配はない。
肉は柔らかく量も十分で、家族全員に好評であった
来年も、BBQツアーを企画したら参加してくれそう。
b0108100_2110374.jpg

レース当日、大方の予報を裏切って、あいにくの雨。
朝の6時くらいから降り始め、スタート前では雨脚も強くなってきた。
雨は心配ないだろうと、装備からレインウェアーを外さなくてよかった。
スタートからレインウェアーを着用して、ゴールまで着続けた。
b0108100_21102729.jpg

8時30分スタート。
走り始めは雨のトレイルもなかなかいいもんだと余裕があった。
でも、雨のせいでコースが滑りやすくなってくると余裕がなくなってきた。
少しでも油断するとスリップして転倒しそうになる。
b0108100_21105530.jpg

雨はレース中降り続き、特に鉢伏山山頂付近では、雨・風ともに強くなった。
山頂で休憩するような状況ではなく、早々に下山した。
頂上からの下山道が雨で川のようになっており、
この辺りからシューズの濡れるのが気にならなくなる。
b0108100_21112134.jpg

そして、折り返しコースでは、コースが泥んこの泥川状態となり、
泥水にはまることを躊躇していたら、前に進めなくなるほどであった。
ただ、この折り返しコースを過ぎて林道に出れば、
あとはこの下り基調の林道をスタート地点まで戻るだけ。
b0108100_21113818.jpg

往路で冷麺の出たエイドに再び到着。
カレーを食べますかと聞かれ、迷わずカレーをリクエストした。
最後のエイドでは、サンドイッチがあり、距離の割りにエイドは最高であった。
b0108100_21115387.jpg

最後の林道をチンタラと走り歩きして、5時間半ほどでようやくゴール。
完走賞は、地元で採れた野菜3パック、これは家族に好評であった。
b0108100_21121468.jpg

練習量が落ちてやや重めの体にはきついトレイルであったが、
家族とともに2日間を過ごせて楽しかった。
また、来年の夏に、レースを兼ねた家族旅行に行けたらいいな。
BBQで美味しいお肉を食べたい。
[PR]

by toshihi616 | 2014-07-13 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(12)

キャノンボール、往路完走、復路DNS

キャノンボールパワーの部に参加してきた。

結果は、往路は完走、復路はDNS。
終始降り続いた雨、視界の利かない霧の中。
普段なら絶対に間違いないようなところでコースアウト、
寒さで体が冷えてきて、体がもつかなと本気で感じた。
とても過酷なレースだった。

スタート前から弱気な発言の数々、スタート前から完全に負けていた。
何が何でもという強い気持ちが皆無であった。

こんな時のブログのアップはちとつらい。
とりあえず、結果報告のみでお許しを・・・。
[PR]

by toshihi616 | 2014-03-30 00:01 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)

加古川マラソン、防府よりはましでした

b0108100_2142572.gif

加古川マラソンに参加してきた。

 

防府マラソンでの今ひとつの走りを挽回するために、

加古川では納得のレースをしたいと思いスタートラインに立った。

でも、アップの時からなんとなく体が重い、

やはり、2週連続のフルは疲労が完全には抜けていないということだろう。

 

9時45分、一般の部スタート。

今までの経験から、フルに向けての調整がうまくいくと、

15キロぐらいまでは、ペースを意識的に抑えるような走りとなり、

油断するとついついペースオーバーとなってしまう。

 

でも、今日はそういう感覚はなく、

逆にペースを意識して上げないと、どんどん落ちてきそうな感じである。

左ひざに痛みはないが、体がほぐれて軽く走れるような感じはない。

高砂の折り返し後、徐々にペースが落ちていくのが分かる。

 

ズルズルとペースダウンしそうな時に、
ピンクの王冠が追い越していくのが見えた。

おもわず、「王子さん!」と呼びかけた。

しばらく、その背中を見ながら走っていると少し調子が出てきた。

このままゴールまで追走したかったが、30キロ手前でついていけなくなる。

 

でも、後半は防府よりも走れて、
今回は最後まで立ち止まることなくゴールできた。

タイムは3時間32分27秒(手元の時計)。

今の走力でこのタイムがいいのか悪いのか分からないが、

最後まで切れることなく走れたことにほっとした。

 

スタート前に、ひげ親父さんにお会いして、
最近年齢的なものを感じますというと、

60歳まではまだまだ大丈夫と励まされた。

泉州はエントリーできなかったが、
岡山のそうじゃマラソン(2/23)にエントリーしている。

今シーズン最後のフルとなる。

ふたたび返り討ちにあいそうだが、
あと
2
ヶ月あるのでもうちょっと頑張ってみよう。


[PR]

by toshihi616 | 2013-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)