カテゴリ:トレイルラン( 41 )

京都北山トレイルランの予定


b0108100_23142214.jpg
篠山マラソンも終わり、ターゲットは5月、6月のウルトラ三連荘だ。
ゆっくりとできるだけ長い距離を走りたい。
ということで、3月25日(日)4月1日(日)に京都北山をトレイルランしたい。
コースは、嵐山をスタート地点として、
鞍馬にある鞍馬温泉をゴールとする、約30キロのコース。

当初は東海自然歩道をと思ったが、東海自然歩道コースは市街地や国道を走るため、
京都一周トレイルコースを走ることにする。
「嵐山~清滝~高雄~沢の池~上ノ水峠~京見峠~氷室~山幸橋
~夜泣峠~二ノ瀬~鞍馬温泉」
初めて走るコースなのでコースミスすることなく慎重に走りたい。

嵐山を8時にスタート予定。
小雨程度であれば走りたいが、雨の予報の場合は山道でもあるので中止としたい。

興味ある方、ご一緒にいかがですか?
[PR]

by toshihi616 | 2007-03-08 23:15 | トレイルラン | Trackback | Comments(20)

東海自然歩道(箕面~嵐山)

b0108100_20501633.gif
〈あちこちでに咲いていた梅の花に癒されました〉

箕面から嵐山まで東海自然歩道を走ってきた。
前回は嵐山から走り、途中でリタイアした。
今回は気分を変えて、箕面をスタート地点とした。

当日の天候はうす曇り。
春のような陽気からやや寒さが戻り、
明け方のコース上では、氷の張っているところや霜柱が見られ、肌寒い。
b0108100_2051581.gif
  〈亀オヤジさん、ありがとうございました〉

自宅から始発に乗って、箕面に7時前に到着。
改札口を出ると、なんと亀オヤジさんが出迎えてくれていた。
感激で自然と笑顔になってくる。今日はいい日になりそうな予感。
亀オヤジさん、ありがとうございます。
「こけんと走りや!」というエールを受けて、
まずは箕面の滝を目指して走り出す。
b0108100_20512470.gif
  〈久々の箕面の滝〉  

箕面の滝は本当に久しぶりで、前回来た時の記憶がほとんどない。
滝までの渓谷は見ごたえがあり、茶店なども歴史を感じさせる。
早朝ランニングやウォーキングをしている人も多い。
夏場も涼しそうで走りやすそう。とてもいい所だ。
滝の見れる休憩所ででフリースを脱いで、箕面ビジターセンターまで舗装路を走る。
b0108100_20514598.gif
  〈東海自然歩道の西の起点〉

箕面ビジターセンターの奥に東海自然歩道の西の起点となる石標がある。
小刻みなアップダウンを繰り返しながら、よく整備されたトレイルを行く。
開成皇子の墓を過ぎ北摂霊園から急坂を下る。
泉原に行く途中の林道を走っているとき、
上の方でガサゴソと大きな物音がする。
箕面の猿かなと見上げると、鹿が斜面を登っているのが見えた。
こんな所に野生の鹿がいるとはおもいもせず少々驚いた。
b0108100_2052620.gif
  〈開成皇子の墓を過ぎたあたりからの風景,生駒方面を望む〉

東海自然歩道のコースは、泉原から上音羽のほうへ続くのだが、
ここで又やってしまった。
舗装路に出てから気分良く走ってしまい、上音羽への道標を見落としたようだ。
トレイルコースだと注意深くコースを確認しているのだが、
舗装路、特に下りの舗装路だと、どうも注意力が散漫になるようだ。
近くを通りかかった人に、地図を見せて聞いてみる。
このまま泉原の三叉路の交差点まで行って、
左折すれば忍頂寺にいけると教えてくれた。
上り道を引き返すのもいやなので、舗装路を走ることにする。
b0108100_20523053.gif
  〈竜王山展望台から〉

前回リタイアした忍頂寺に到着し、竜王山を目指す。
竜王山にスタート地点の箕面から3時間ほどで到着した。
頂上にある展望台に上り、大福を食べる。
箕面の滝以降、ランナーはおろか登山者にも会わない。
結局、摂津峡まで東海自然歩道を独り占めにした。

b0108100_20524939.gif
  〈萩谷の集落〉

b0108100_20531435.gif
  〈摂津峡にある白滝茶屋〉

竜王山から車作の集落を通り、前回コースミスした萩谷まで走る。
今回は迷わず健脚コースを選択した。
萩谷の集落を越え、運動公園を抜けて、摂津峡にある白滝茶屋に到着。
ツナマヨのお握りを1個食べた。
ここまで距離にして25.6キロ。
この季節、摂津峡を訪れる人はいないのか、茶店は閉まっていた。
b0108100_20533547.gif
  〈ポンポン山登山口にあった案内板〉

管理釣り場を抜けしばらく走ると、ポンポン山への登山口に出た。
そこにあった案内板には、
神峰山寺まで1.6キロ、本山寺まで4.9キロ、ポンポン山まで8.4キロとある。
本山寺までは舗装路で、それ以降ポンポン山まではトレイルとなる。
b0108100_2054772.gif
       〈本山寺の鳥居〉

ポンポン山は人気があるようで、多くの登山者と出会う。
本山寺からポンポン山までのトレイルで、気分のいい体験をした。

尾根伝いの平坦なコースで、
前方から10名以上のおばさんパーティがこちらに向かってくる。
平坦なコースなので気分良く走っていたのだが、
コース脇に出て団体さんをやり過ごそうかと思った。

その時、先頭のリーダーらしき人が、
「特急で~す」と言って、コース脇に寄ってくれた。
それに答えるように、後ろの人も
「特急通過で~す」と、パーティ全員が脇に寄ってくれた。
その中をお礼の挨拶をしながら、
ちょっとランニングフォームを気にしながら、
特急並みにスピードを上げたつもりで走り抜けた。
特急などといわれて、気分が良かった。
b0108100_20543163.gif
  〈ポンポン山山頂〉

ポンポン山に到着、頂上は多くの人で賑わっていた。
ラーメンを作っている人もいて、いい匂いが漂っている。
その匂いをかぎながら、今日2個目の大福を食べる。
結局、活動中に大福2個とおにぎり1個とあめ等の行動食で、
空腹を覚えることなく走りきれた。
大福パワーは今回のトレイルランでも証明された。(笑)
b0108100_20544696.gif
  〈花の寺〉

ポンポン山から、一気に高度を下げて杉谷に出る。
トレイルはここまでで、後は舗装路となる。
金蔵寺、花の寺を通り、大原野の町並みを過ぎる。
前回は富有柿を即売していたが、今回はおいしそうな野菜を即売していた。
b0108100_20545822.gif
  〈大原野の野菜即売所〉

国道9号線沓掛の交差点を過ぎると、全くの市街地となる。
松尾大社から国道を離れ、桂川河川敷をゴールの嵐山目指して走る。
観光客で賑わう嵐山に3時半頃に到着。
8時間程度のコースタイムを予定していたので、ほぼ予定通りのトレイルランとなった。
あちこちで咲いていた梅の花に癒されながらなんとか走りきれた。
今度は嵐山から鞍馬まで東海自然歩道を走ってみたい。
b0108100_20552069.gif
  〈嵐山の渡月橋〉

今回のトレイルランで53.1キロ、2月累計341.0キロ。思った以上に走れた。
[PR]

by toshihi616 | 2007-02-26 21:53 | トレイルラン | Trackback | Comments(17)

2月の六甲全山縦走

b0108100_2055503.gif
〈須磨浦公園からの朝日〉

ryujiさんと六甲全山縦走にチャレンジしてきた。
天候は快晴。
2月とは思えないような、おだやかなランニング日和。
休憩などで立ち止まると汗がひいて寒いが、活動中はちょうどいいくらい。
b0108100_2056948.gif
     〈須磨の海岸を望む〉

7時過ぎに須磨浦公園駅を出発する。
はるか東の空を眺めると、海釣り公園の上に朝日が見える。
海から上がる日の出を見るのは久しぶりである。
くっきりまん丸の朝日で、今日一日いいことがありそうだ。

ryujiさんと縦走路の走り方について確認する。
「六甲縦走路は長丁場でタフなコースなので、
登りは早歩き、下りと平坦な道はジョギングで、
無理せずぼちぼちいきましょう」
b0108100_20562669.gif
     〈栂尾山手前の長い階段〉
b0108100_20564266.gif
     〈須磨アルプス〉

瀬戸内海の景色を眺めながら、須磨の山々を難なく走り抜ける。
栂尾山手前の長い階段も余裕でクリアー。
天気もいいので登山を楽しんでいる人も多く、
気持ちよく朝の挨拶を交し合う。
b0108100_20565775.gif
     〈鍋蓋山頂上、真剣に地図を見詰めるryujiさん〉

高取山も気持ちよく登り、いよいよ前半のひとつの山場、菊水山に挑む。
急な坂道と段差の大きな階段に、呼吸もやや荒くなるが、
ここもワンピッチで菊水山の頂上にたどり着いた。
ここでのryujiさんの登りを見て、今日の全山縦走はいけると思った。
日頃、ロング走で鍛えている足腰は、さすがウルトラランナー、そのタフさは本物だ。
ここまで約3時間、予定通りのペースだ。

鍋蓋山も難なくピークハントして、市が原の桜茶屋で休憩する。
縦走路で最大の難所、稲妻坂、天狗道の摩耶山の登りに挑む。
前を行く登山者を一人一人パスしながら、ここもワンピッチで登りきる。
何回か全山縦走をした経験から、ryujiさんに
「摩耶山で距離的には半分ですが、前半部分のほうがアップダウンがきつく、
しんどさからいくと後半は比較的楽です。
摩耶山までは頑張りましょう」と、偉そうにアドバイスしていた。
その摩耶山に5時間程度で到着し、六甲全山完走がいよいよ見えてきた。

b0108100_2057954.gif


次は、今回のトレイルランのお楽しみのひとつ、
YOKKOさんのブログに載っていた「登六庵」を目指す。
その途中、六甲山ホテルを過ぎたあたりで、ryujiさんの姿が見えなくなる。
後で聞くと、六甲山ホテルは新婚旅行で泊まった思い出のホテルで、
当時を思い出して写真を撮っていたとのこと。

b0108100_20572242.gif
     〈少なめでお願いした。普通に注文すると大盛りがでてくる〉

「登六庵」に到着し、カレーを注文するも売り切れとのこと。
YOKKOさんと同じくドライカレーを注文する。
大盛りのドライカレーが出てきたら、食べれそうにないので少なめでお願いする。
(ryujiさんは、大盛りをぺろりと平らげていた。さすがウルトラランナー、胃袋も鍛えてはる)
そして、ここから宝塚を目指すにあたり、ウルトラパワーの泡泡を注文する。
大ビン半分だけだが、喉ごしの爽やかさが今までの疲れを癒してくれる。
もう少しのんびりしたかったが、既に30分以上この店で休憩している。
日没時間が少し気になり、重い腰をようやく上げて、再び縦走路にむかう。
b0108100_205802.gif
     〈毎度おなじみの最高峰の風景〉

最高峰に3時ごろ到着した。
日の暮れるまでに宝塚にいけそうだ。
一軒茶屋前の自販機でペットボトルを補給して宝塚を目指す。
下り基調の気持ちのいいトレイルをジョギングする。
賑やかだった今までのコースに比べて、ほとんど登山者に会わない。
右手に甲山が見えてきた。あと少しでゴールの宝塚だ。

5時過ぎに宝塚の宝来橋のたもとに到着した。
ryujiさんとがっちり握手して、お互いの健闘をたたえあう。
7時過ぎに須磨を出発したので、約10時間のタイムである。
途中「登六庵」で、30分以上のんびりしたので、
実質的に9時間半ほどで全山を縦走した。
 
b0108100_22425771.gif
    〈一杯飲んだ後、宝塚駅前で〉

その後、目の前にある小ぎれいな「スパ宝塚」で汗を流し、
駅前の居酒屋で、本日2度目の乾杯をした。

イヤ~、走って温泉に入った後のビールは最高ですわ!
ryujiさん、お疲れ様でした。また、行きましょう。

本日の走行距離56キロ、2月累計184.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2007-02-13 22:17 | トレイルラン | Trackback(1) | Comments(14)

東海自然歩道トレイルラン

b0108100_20512976.jpg
〈嵐山の渡月橋、紅葉にはちょっと早かった〉

東海自然歩道、嵐山から箕面を目指してトレイルランしてきた。

まだ、真っ暗な中、地下鉄の始発に乗って嵐山へ。
嵐山には、7時20分頃に到着した。
駅前のコンビニで食料を調達する。
大福2個、おにぎり1個、カロリーメイト1個。
ハセツネ以来、大福の大ファンになった。
せっかく、嵐山に来たので渡月橋の見れるところまで行ってみる。
残念ながら、周囲の山々の紅葉はもう少し先のようだ。

8時前に嵐山を出発する。
最初は、桂川沿いを松尾大社まで走る。
そこから国道沿いに走り、どこかで右に入り苔寺の方に行くのだが、
その分岐を探して走っているうちに、9号線まで出てしまう。
苔寺を諦めて、9号線沿いを沓掛まで走る。
緩やかな上りだが、体調は良く、いまのところ順調だ。

b0108100_20551871.gif
     〈富有柿の直売所がたくさんあった〉

沓掛から南に行くと、写真のような富有柿の直売所がたくさん出ており、
まわりも果樹園が目立った。
花の寺、金蔵寺と進み、いよいよ山道に入る。
金蔵寺から杉谷をつめていくが、鯖街道にも似たいい感じのコース。
尾根筋に出る。この尾根筋は大阪府と京都府の県境となっている。
そんなにきつい傾斜ではなく、開放感もあり走っていて気持ちがいい。
この尾根筋のトレイル、ポンポン山を過ぎて本山寺あたりまで続くのだが、
本日のコースでここが一番気に入った。

b0108100_2052720.gif
     〈ポンポン山山頂、けっこう人がいた〉

ポンポン山で休憩して、摂津峡まで下り基調のコースを快調に走る。
下りの途中から舗装路となる。逆のコースだとつらいかも。
摂津峡の白滝茶屋に12時半頃到着、おにぎりを食べる。

b0108100_20522685.gif
     〈白滝茶屋の近くで、紅葉を発見。ズームで撮ったがちょっとぶれたか〉

ミカンさんのホームコースである萩谷を上る。
途中、りっぱな競技場があった。
萩谷のバス停で、東海自然歩道は「健脚コース」と「一般コース」に分かれる。
軟弱にも「一般コース」を選択する。
これがそもそもの間違いだった。
「一般コース」の舗装路を気持ちよく走っていたが、
なんか、どんどん山から離れている。
そして、左手に大きな変電所が見えてきた。
阿武山口バス停まで走って、ようやくコースアウトに気づく。
地図を見ると、どこかに林道との出合があるはずだが、
発見できずに萩谷のバス停まで戻る。往復4キロ弱のアルバイト。
結局、「健脚コース」をとり、竜仙滝を経て車作の集落を越えて竜王山へ。
このあたりから、コースミスのショックもあり、左ひざに少し痛みが・・・。

b0108100_20524514.gif
     〈竜王山の展望台から神戸方面を望む〉

竜王山の山頂で、3時前。スタートから約7時間経過している。
箕面まで行きたかったが、無理せず忍頂寺を本日のゴールとする。
ランママさんは、箕面~嵐山を6時間で走られた。
やっぱり、エンジンが違い過ぎる。

b0108100_2053121.gif
     〈今日のゴール、忍頂寺〉

忍頂寺から、1時間に1本のバスに乗って、阪急茨木市駅へ。
駅ビルでラーメンとビールを注文する。
帰りの神戸の地下鉄で熟睡し、西神中央駅で車掌さんに起こされた。

今日はコースミスも合計して40キロ、11月累計60キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-11-03 22:30 | トレイルラン | Trackback | Comments(11)

東海自然歩道マラニック予定

次の日曜日、天気が良ければ、東海自然歩道を走ろうと思う。
コースは、嵐山から箕面まで、距離にして約55キロ。
当日、自宅から地下鉄の始発に乗れば、7時21分に阪急の嵐山に着く。
8時間かかったとして、箕面に16時にはたどり着けるだろう。
調子が悪くても、途中いくらでもエスケープルートはある。
無理せず、いけるところまで行こう。
コース上の最高地点は、ポンポン山の678メートル。
あと、竜王山の510メートル、そこそこのアップダウンがある。

そして、無事ゴールの箕面に着いたら、箕面から少し南の牧落に、
「百楽湯」というレトロな銭湯があるようで、ぜひ行ってみたい。

いつもの10キロコース、10月累計261.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-10-25 23:05 | トレイルラン | Trackback | Comments(13)

ハセツネの準備

昨日の日曜日、三宮のスポーツ店に行ってきた。
ハセツネ用にヘッドランプを購入するのが目的。
ヘッドランプあることはあるが、
だいぶ前に購入したもので、バンドが伸びかけている。
つり用なら支障は無いが、トレイルランでは使えそうに無い。
ネットで色々と下調べをして、店員さんのアドバイス等を考慮し、
Black DiamondのCosmoを購入した。
購入の動機は、電池込みで80gと軽いことと、
LED4灯でとても明るい、電池寿命が必要十分であること。
今ある豆電球のヘッドランプと比べると軽いし、
電池寿命などの性能が全然違う。

あと、迷っているのが行動食で、
なにをどれぐらい持って行けばいいのか?
今候補にあがっているのは、
おにぎり、カロリーメイト(ゼリー)、スニッカーズ、
一口羊羹、飴玉、塩こぶ。
そのスポーツ店に、Power Barがひとつ315円で販売していたので、
さっそく購入した。
カロリーメイトのようなものをイメージしていたが、
実物は大きさの割りに結構重量感がある。
封を開けて食べやすい大きさに割ろうとしたが、
弾力があり千切れない。
包丁で切って食べたが、もさもさして食べにくい。
でも、カロリーは226キロカロリーもある。

うんん、難しい、もう少し研究してみます。

今日は昨日の疲れを取るため完全休養、9月累計55キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-09-04 22:38 | トレイルラン | Trackback | Comments(4)

六甲縦走路(宝塚~新神戸)

b0108100_1738131.jpg
六甲最高峰

六甲縦走路を走ってきた。
今回は、宝塚から西へ、行ける所までという計画です。
また、新しいトレイルシューズの履き心地のテストも兼ねる。
阪急宝塚駅から、宝来橋を渡りローソンでおにぎりを調達し、
6時50分頃に出発する。
b0108100_17443619.jpg
     塩尾寺

急な坂道を30分ほど上ると塩尾寺に着く。
ここまでは舗装された林道で、ここから山道となる。
山道は昨日の雨で濡れているが、
新しいシューズにグリップ面での不安はなさそう。
このあたりの山道はトラバースしている所が多く、
私の脚力でも、走れるところが結構あり、快調に走る。
景色のいいところも多く、飽きずに走れる。
曇り空で日差しも強くなく、
今日はなかなか調子がいいぞ。
宝塚から2時間20分程で、六甲最高峰に到着。
頂上で休憩していたサイクリストに写真を撮ってもらう。
彼は、乗鞍で開催されるヒルクライムのレースに参戦するそうで、
今日はその練習だそうです。ブルーのロードレーサーがかっこいい。

b0108100_17454688.jpg
     摩耶山から阪神間の町並み、六甲アイランドを望む

最高峰で、おにぎりを食べて、摩耶山に向かう。
この頃から、雲が切れていい天気になりそうな気配。
摩耶山までは、山道もあるが、舗装路もある。
基本的に下っているので、いい感じで走れる。
時折、涼しい風も吹いてくる。
さすが、六甲山、下界とはちょっと気温が違うかな。
最高峰から、1時間30分ほどで摩耶山に到着。
ここで、自販機でスポーツドリンクを買って、おにぎりを食べる。

b0108100_17455668.jpg
     天狗道、なかなか険しいルート

摩耶山から市が原まで、天狗道、稲妻坂を下る。
岩だらけの道もあり、登るのも下るのも結構しんどい。
靴のほうは、下りも特に不安はない。
頑丈さからいくと、モントレイルの靴のほうが勝るが、
私が走るような山では、これで十分だと思う。
なにより、ランママさん推薦のシューズという、
心理的に妙な安心感がある。
ちょっと気になったのは、靴の幅がやや狭いのか、
前のほうの紐を一杯に締めると、小指が圧迫される。
前のほうを緩めにしたらやや解消したが、
長距離、履き続けたらどうなるか、ちょっと不安。
でも、履き心地は普段のジョギングシューズを履いているようで、
やっぱり走りやすく、こっちの方がいい。

b0108100_1746523.jpg
     稲妻坂を走って上る人を発見

稲妻坂を下っていると、
見るからに長距離ランナー風の二人組みを発見。
なんと、この急な坂道を走って上っている。
さすがに、汗はボトボトと滴り落ちていた。
急いでカメラを準備したが、
上りのペース早く、シャッターチャンスを逃してしまう。
あれはどこぞの実業団のランナーでは?

市が原には、50分ほどで到着。
時刻は12時半、天気は快晴です。急に暑くなってきた。
前回の六甲ロング走同様、桜茶屋でDRYを注文してしまう。
今日はここまで、ギブです。
まだまだ、修行がたりまへん。
丹後ウルトラ、ハセツネ、大丈夫かな?

宝塚から市が原まで30キロ、8月累計165キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-20 19:58 | トレイルラン | Trackback | Comments(8)

ゲル・トラブコ

今日、注文していたトレイルシューズ「ゲル・トラブコ」が届いていた。
大きさもちょうどいいくらいです。
アシックスのシューズだと、27cmでちょうどいいのだが、
ネットの注意書きに、少し大き目がいいですよとあり、
素直に信じて、27.5cmを注文した。
素直に信じて正解でした。
初めて使うのは、トレイルシューズに敬意を表して、
六甲縦走路でしょう。
ということで、次の日曜日、六甲縦走路で自主練習。
今回は、宝塚から西へ、行ける所まで行くという計画で。
ryujiさんや亀オヤジさんに影響されているかな。
まあ、無理せずロング走に挑戦してきます。

今日もいつもの10キロコース、8月累計135キロ。
今日は風もあり走りやすかった。スピードも少しだけアップ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-17 22:40 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)

トレイルシューズ

b0108100_2123990.jpg
     ハセツネの公認マップと前年度の報告書が届いた


今年の4月に、大阪府チャレンジ登山でダイトレを走るために、
モントレイルのレオナディバイトを購入した。
その後、3回ほどこのシューズで六甲山に行った。
頑丈なシューズで、何回か岩にぶつかったり、
岩を蹴ったりしたが、つま先に大きなダメージなく助けられた。

ただ、当然のことだがいささか重い。
もう少し軽いシューズはないかと物色していたところ、
アシックスのゲル・トラブコがいいというブログを見つけた。
今履いているシューズはアシックスで、好きなメーカーだ。
これだと思い、ネットで買ってしまった。

商品は盆明けに配達予定だが、
早く、実際の履き心地・走り心地をテストしたい。

明日は、昼からお墓参り。
盆休みは15日までで、3日間九州へ家族旅行。
当然、ジョギングシューズは持っていきます。

今日は雨のため完全休養、8月の累計95キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-11 21:43 | トレイルラン | Trackback | Comments(3)

六甲トレイルウォーク&ラン

b0108100_18202744.jpg
夏真っ盛りの六甲山、カズラの吊り橋

10月の大会に備えて、六甲縦走路を走る?少し走る。

スタートは、神戸市営地下鉄の妙法寺駅。
早起きして、6時前には出発できた。
b0108100_18361166.jpg
      高取山山頂にある高取神社の参道

駅から1キロほどで縦走路に合流する。
一番目のピーク、高取山。
まだ、日差しは強くないが、高取山の上りで早くも汗が滴り落ちる。
当然、上りは歩きで、とても走れない。
失敗したのは、虫対策で、太もも・腕とやぶ蚊に刺されっぱなし。
b0108100_18553746.jpg
      菊水山山頂

高取山下山後、しばらく長田区の市街地を走る?少し走る。
結構アップダウンのある道で、Tシャツと短パンは汗まみれ。
いよいよ、菊水山の上り。
ここの階段はホンマにきつい。
8月に上る山ではないです。
b0108100_1991164.jpg
      鍋蓋山山頂

菊水山から、ドーンと下り、次は鍋蓋山の上り。
上りのペースが落ちていく。
トレイルランというより、登山になってきた。
b0108100_2053960.jpg
     市ガ原、水浴びしたい

大竜寺山門から市ガ原まで、少し回復して元気に走る。
市ガ原到着、水辺で遊んでいる。泳ぎた~い。
b0108100_20144294.jpg
     摩耶山山頂

稲妻坂から天狗道を上り、摩耶山へ。
六甲の人気ルートだけあって、この暑いのに登山者が多い。
一緒に上る人が増えて、
気分的に張りが出たのか、いい感じで上れる。
摩耶山到着、おにぎりを食べる。
昼近くになりピーカンになりそうな感じ。
b0108100_2031217.jpg
     徳川道

縦走路はここまでとし、ここからは徳川道、トエンティクロスを通り、
市が原に戻り、新神戸をゴールとする。
徳川道、トエンティクロスは谷沿いのルートで、
木立が太陽をさえぎってくれる。
ゆるやかな下りで、せせらぎの音を聞きながら、走る。
トレイルランはやっぱりいいなと思う。
このルートは走れた。
b0108100_2038208.jpg
 ちょっと、涼しげでしょ
b0108100_20411864.jpg
     ryujiさん風、市が原の桜茶屋でたまらず泡泡を
b0108100_20462347.jpg
     布引のダム湖、ゴールはもうすぐ
b0108100_20474645.jpg
     神戸の町並みが見えてきた

今回の走行距離28キロ、
6時前に妙法寺を出発して、新神戸着が12時30分。
6時間半の汗だくのトレイルウォーク&ランでした。
ちなみに、水分補給は、チューチューシステムから約1L、500mlのペットが3本、ビールレギュラー1本と、2.85Lでした。
胸のあたりに、あせもができた。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-06 21:03 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)