<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かっとび伊吹

b0108100_2049927.jpg
〈スキー場を直登、とても走れません〉

かっとび伊吹に参加してきた。
伊吹山のふもとから山頂まで約10キロを、
ひたすら登るという、とてもハードな大会だ。
当日の天候は晴れだが、伊吹山の頂は雲で見えない。
去年は快晴だったそうで、天候的には今年のほうが楽そう。


b0108100_20492427.jpg
     〈5合目から頂上を望むが、頂上は雲の中〉

このコース、まともに走れるのは最初の林道だけで、
スキー場の直登コースや登山道ではとても走れない。
ランニングというより登山だが、
普通の登山のペースよりは確実に早い。
しかも、コースの9割近くが上りで、
下りで気分を変えることができない。
ただ、時おり爽やかな風が吹いて、
気力が萎えてしまうことはなかった。
8合目付近から、完全に雲の中に入る。
暑いという感覚は無く、ひたすら登山道と前の人の足元を見て登る。
8合目の最後の給水ポイントを過ぎると、
ゴールの山頂までは意外と早かった。
タイムは1時間44分でした。

スタート地点でブログで知り合ったミカンさんとお会いしたが、
山頂でもお会いして、ハセツネについての貴重なアドバイスをいただく。
ミカンさん、次回の丹後ウルトラ、ハセツネもよろしくお願いします。
汗もひいて来て寒くなってくる。早々に下山する。

帰り道、ふもとからもう一度伊吹山を眺めた。
頂は最後まで姿を現さなかったが、
あの雄大な独立峰のテッペンまで、
2時間とかからず上ったのかと思うと、
ちょっとした達成感でうれしくなった。

本日の大会と3合目までの下りをあわせて14キロ、
8月累計236.5キロ
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-27 22:02 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)

秋、かな?

b0108100_2228527.jpg
〈朝の8時前、淡路SAから明石大橋を望む〉

今日の朝は、爽やかな風が吹いていた。
出張で徳島に行ったが、
淡路島の高速道路から、大阪方面の山々がくっきり見えた。
台風が過ぎ去った後のような空気の澄み具合です。
日中はまだまだ暑いが、朝晩は涼しい風が吹き出した。
暑かった夏も峠を越した、かな。

いつもの10キロコース、8月の累計185キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-23 22:47 | Trackback | Comments(2)

六甲縦走路(宝塚~新神戸)

b0108100_1738131.jpg
六甲最高峰

六甲縦走路を走ってきた。
今回は、宝塚から西へ、行ける所までという計画です。
また、新しいトレイルシューズの履き心地のテストも兼ねる。
阪急宝塚駅から、宝来橋を渡りローソンでおにぎりを調達し、
6時50分頃に出発する。
b0108100_17443619.jpg
     塩尾寺

急な坂道を30分ほど上ると塩尾寺に着く。
ここまでは舗装された林道で、ここから山道となる。
山道は昨日の雨で濡れているが、
新しいシューズにグリップ面での不安はなさそう。
このあたりの山道はトラバースしている所が多く、
私の脚力でも、走れるところが結構あり、快調に走る。
景色のいいところも多く、飽きずに走れる。
曇り空で日差しも強くなく、
今日はなかなか調子がいいぞ。
宝塚から2時間20分程で、六甲最高峰に到着。
頂上で休憩していたサイクリストに写真を撮ってもらう。
彼は、乗鞍で開催されるヒルクライムのレースに参戦するそうで、
今日はその練習だそうです。ブルーのロードレーサーがかっこいい。

b0108100_17454688.jpg
     摩耶山から阪神間の町並み、六甲アイランドを望む

最高峰で、おにぎりを食べて、摩耶山に向かう。
この頃から、雲が切れていい天気になりそうな気配。
摩耶山までは、山道もあるが、舗装路もある。
基本的に下っているので、いい感じで走れる。
時折、涼しい風も吹いてくる。
さすが、六甲山、下界とはちょっと気温が違うかな。
最高峰から、1時間30分ほどで摩耶山に到着。
ここで、自販機でスポーツドリンクを買って、おにぎりを食べる。

b0108100_17455668.jpg
     天狗道、なかなか険しいルート

摩耶山から市が原まで、天狗道、稲妻坂を下る。
岩だらけの道もあり、登るのも下るのも結構しんどい。
靴のほうは、下りも特に不安はない。
頑丈さからいくと、モントレイルの靴のほうが勝るが、
私が走るような山では、これで十分だと思う。
なにより、ランママさん推薦のシューズという、
心理的に妙な安心感がある。
ちょっと気になったのは、靴の幅がやや狭いのか、
前のほうの紐を一杯に締めると、小指が圧迫される。
前のほうを緩めにしたらやや解消したが、
長距離、履き続けたらどうなるか、ちょっと不安。
でも、履き心地は普段のジョギングシューズを履いているようで、
やっぱり走りやすく、こっちの方がいい。

b0108100_1746523.jpg
     稲妻坂を走って上る人を発見

稲妻坂を下っていると、
見るからに長距離ランナー風の二人組みを発見。
なんと、この急な坂道を走って上っている。
さすがに、汗はボトボトと滴り落ちていた。
急いでカメラを準備したが、
上りのペース早く、シャッターチャンスを逃してしまう。
あれはどこぞの実業団のランナーでは?

市が原には、50分ほどで到着。
時刻は12時半、天気は快晴です。急に暑くなってきた。
前回の六甲ロング走同様、桜茶屋でDRYを注文してしまう。
今日はここまで、ギブです。
まだまだ、修行がたりまへん。
丹後ウルトラ、ハセツネ、大丈夫かな?

宝塚から市が原まで30キロ、8月累計165キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-20 19:58 | トレイルラン | Trackback | Comments(8)

ゲル・トラブコ

今日、注文していたトレイルシューズ「ゲル・トラブコ」が届いていた。
大きさもちょうどいいくらいです。
アシックスのシューズだと、27cmでちょうどいいのだが、
ネットの注意書きに、少し大き目がいいですよとあり、
素直に信じて、27.5cmを注文した。
素直に信じて正解でした。
初めて使うのは、トレイルシューズに敬意を表して、
六甲縦走路でしょう。
ということで、次の日曜日、六甲縦走路で自主練習。
今回は、宝塚から西へ、行ける所まで行くという計画で。
ryujiさんや亀オヤジさんに影響されているかな。
まあ、無理せずロング走に挑戦してきます。

今日もいつもの10キロコース、8月累計135キロ。
今日は風もあり走りやすかった。スピードも少しだけアップ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-17 22:40 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)

湯布院ジョギング

b0108100_22344829.jpg
朝焼けの由布岳

旅行先の湯布院で早朝ジョギング。
5時半ごろから走り出す。
清流沿いの遊歩道を下れるところまで下り、
折り返して金鱗湖まで駆け上がる。

b0108100_223546100.jpg
     金鱗湖、山の斜面に湯けむりが上がっている

途中、私と同じような観光客なのか、
地元の人なのか、
ジョギングしている人とすれ違う。
会釈をすると、
朝の挨拶が返ってくる。
私もつられて、「おはようございます」。

堤防には、秋桜が咲いていた。
日中には赤トンボの群れを見た。
ここは標高500メートルほどの田園地帯。
少し、秋を感じた。

ジョギング後、露天風呂に直行。
目の前の由布岳が朝日に輝いていた。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-15 23:00 | ランニング | Trackback | Comments(8)

トレイルシューズ

b0108100_2123990.jpg
     ハセツネの公認マップと前年度の報告書が届いた


今年の4月に、大阪府チャレンジ登山でダイトレを走るために、
モントレイルのレオナディバイトを購入した。
その後、3回ほどこのシューズで六甲山に行った。
頑丈なシューズで、何回か岩にぶつかったり、
岩を蹴ったりしたが、つま先に大きなダメージなく助けられた。

ただ、当然のことだがいささか重い。
もう少し軽いシューズはないかと物色していたところ、
アシックスのゲル・トラブコがいいというブログを見つけた。
今履いているシューズはアシックスで、好きなメーカーだ。
これだと思い、ネットで買ってしまった。

商品は盆明けに配達予定だが、
早く、実際の履き心地・走り心地をテストしたい。

明日は、昼からお墓参り。
盆休みは15日までで、3日間九州へ家族旅行。
当然、ジョギングシューズは持っていきます。

今日は雨のため完全休養、8月の累計95キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-11 21:43 | トレイルラン | Trackback | Comments(3)

六甲トレイルウォーク&ラン

b0108100_18202744.jpg
夏真っ盛りの六甲山、カズラの吊り橋

10月の大会に備えて、六甲縦走路を走る?少し走る。

スタートは、神戸市営地下鉄の妙法寺駅。
早起きして、6時前には出発できた。
b0108100_18361166.jpg
      高取山山頂にある高取神社の参道

駅から1キロほどで縦走路に合流する。
一番目のピーク、高取山。
まだ、日差しは強くないが、高取山の上りで早くも汗が滴り落ちる。
当然、上りは歩きで、とても走れない。
失敗したのは、虫対策で、太もも・腕とやぶ蚊に刺されっぱなし。
b0108100_18553746.jpg
      菊水山山頂

高取山下山後、しばらく長田区の市街地を走る?少し走る。
結構アップダウンのある道で、Tシャツと短パンは汗まみれ。
いよいよ、菊水山の上り。
ここの階段はホンマにきつい。
8月に上る山ではないです。
b0108100_1991164.jpg
      鍋蓋山山頂

菊水山から、ドーンと下り、次は鍋蓋山の上り。
上りのペースが落ちていく。
トレイルランというより、登山になってきた。
b0108100_2053960.jpg
     市ガ原、水浴びしたい

大竜寺山門から市ガ原まで、少し回復して元気に走る。
市ガ原到着、水辺で遊んでいる。泳ぎた~い。
b0108100_20144294.jpg
     摩耶山山頂

稲妻坂から天狗道を上り、摩耶山へ。
六甲の人気ルートだけあって、この暑いのに登山者が多い。
一緒に上る人が増えて、
気分的に張りが出たのか、いい感じで上れる。
摩耶山到着、おにぎりを食べる。
昼近くになりピーカンになりそうな感じ。
b0108100_2031217.jpg
     徳川道

縦走路はここまでとし、ここからは徳川道、トエンティクロスを通り、
市が原に戻り、新神戸をゴールとする。
徳川道、トエンティクロスは谷沿いのルートで、
木立が太陽をさえぎってくれる。
ゆるやかな下りで、せせらぎの音を聞きながら、走る。
トレイルランはやっぱりいいなと思う。
このルートは走れた。
b0108100_2038208.jpg
 ちょっと、涼しげでしょ
b0108100_20411864.jpg
     ryujiさん風、市が原の桜茶屋でたまらず泡泡を
b0108100_20462347.jpg
     布引のダム湖、ゴールはもうすぐ
b0108100_20474645.jpg
     神戸の町並みが見えてきた

今回の走行距離28キロ、
6時前に妙法寺を出発して、新神戸着が12時30分。
6時間半の汗だくのトレイルウォーク&ランでした。
ちなみに、水分補給は、チューチューシステムから約1L、500mlのペットが3本、ビールレギュラー1本と、2.85Lでした。
胸のあたりに、あせもができた。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-06 21:03 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)

タイガース・デン

b0108100_21292951.jpg

最近の土曜日は、お昼を食堂で食べたら、
お先にと帰ることが多いのですが、
今日は急ぎの仕事があったため、めずらしく3時頃まで事務所に。
その足で、鳴尾浜のタイガース・デン(阪神の2軍の球場です、念のため)に。
目的は、2軍で調整している久保田投手です。
ところが、着いたときには、既に練習は終了していました。残念!

無駄足やったと、バス停で待っていると、
島根代表の開星高校が団体でこちらに向かってきます。
たぶん、すぐ前の市民グランドで、今から練習だと思います。
そして、タイガース・デンの練習終了のプレートを見るなり、
たぶん言うやろなと思いましたが、やっぱり言いました。
「阪神の2軍と練習したかった」と、
そしてみんなで大笑いしていました。
高校球児は、明るくて元気一杯でした。

今日は明日に備えて、完全休養。
明日の暑さにどこまで耐えられるか。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-05 21:52 | Trackback | Comments(4)

銀座カンカン娘

久々にCDを買いました。
b0108100_22491050.jpg

PE'Zというグループの
「日本のジャズ」というCDです。
日本の懐メロやちょっと前に流行った歌謡曲などを、
カバーしたCDで、中には吉幾三の「雪国」などもあります。
演歌がジャズになるんやろかと、興味津々です。
カバーしている曲は上の画像のとおりですが、
かなり幅広い選曲です。

でも、聴いてみると、なかなかお勧めです。
私は、「銀座カンカン娘」に、はまってしまいました。
特に、出だしのフレーズが、ぴったり決まっています。
という訳で、最近の通勤電車では、
このCDばかり聞いています。

いつもの10キロコース、8月累計30キロ。
ハセツネに備えて、スクワットを始めました。
[PR]

by toshihi616 | 2006-08-03 23:18 | Trackback(2) | Comments(2)