<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

周回コース開拓

今年のフルマラソンについて、記録は3時間32分とタイム的には進歩がなかった。
せっかく走るからにはより早く走りたいが、実力がないと当然早く走れない。
今までだったら、ただ長い距離をゆっくりでも走っていれば、それなりにタイムは上がってきた。でも、もう一段上のレベルで走ろうと思えば、これまでの練習だけでは限界のようなものを感じる。

一番不足しているのは、一定のスピードでの持久力だと思う。
今のフルマラソンでの巡航スピードが、キロ5分を少し切る程度。
このスピードでは、後半のスピードダウンを考慮して、3時間半を切るのが精一杯だ。
この巡航スピードのアップに最も効果的な練習方法は、
一定のスピードで長い距離を走る「ペース走」だと自分なりに考えた。

b0108100_2329536.gif

b0108100_23294232.gif
〈コース上の一番上の角にある白丸をスタート地点として、時計回りに走ったとしての高低差〉

そこで、自宅周辺で、ある程度の距離があって、信号のないコースを探してみた。
ありました。
自宅から2キロほどのところに、色々な企業の工場が集まった工業団地がある。
赤線のコースが、ピッタリ2.5キロ。
平坦だとペースを維持しやすいが、やや高低差がある。
その差は20メートルほどだが、実際に走ってみると上りはそれなりにタイムが落ちる。

29日に、このコースを4周、10キロ走ったが、いい感じのペースで走れた。
1周の2.5キロも、長くもなく短くもなくちょうどいい感じ。
なにより、信号がないので一定のペースで走りやすい。
でも、いままでのペースより早いペースを想定しているので、ダメージが大きいと思われる。
あまり、頻繁にはできないが、これからの練習に取り入れてみたい。

まあ、年も年なんで、継続できるかどうか、タイムに結びつくかどうか分からないが、
フルマラソンのタイムにもう少しこだわってランニングを楽しんでいきたい。
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-31 00:18 | Trackback | Comments(10)

魚の棚マラニック

b0108100_16555381.gif

2007年もあとわずかになってきたが、
1年中で一番賑やかな、明石の魚の棚に行って来た。

明石には、国道沿いに行くコースと、櫨谷川沿いに行くコースがあるが、
今回は櫨谷川沿いのコースを選択した。
今日は朝から変な天気で、小雨が降ったりやんだりで少し迷ったが、
青空も出てきたので走ることにする。

b0108100_16132851.gif

ゆっくりのジョギングペースで、1時間半ほどで明石に到着した。
魚の棚までの沿道には、魚の棚での人手を見込んで、
しめ縄や駄菓子などの出店がたくさん並んでいた。

b0108100_16214277.gif
     〈このお店の鯛は、ピチピチと身をくねらせていた。まだ生きてました。〉  
   
魚の棚の入口付近で、前に進もうにもすごい人ごみで前に進めない。
年末に初めて魚の棚に来たが、うわさ通りすごく活気がある。
以前に、練習会で来たときとは込み具合が全然違う。
年末の稼ぎ時だけに、魚屋の威勢のいい掛け声が響き渡っている。
b0108100_16573194.gif

お正月を目の前にして、尾頭付きの焼いた明石鯛が、どこの魚屋にも並んでいる。
値札を見ると結構なお値段です、こんな立派な鯛はちょっとむりやな。
当然、明石のタコも。ここではゆでダコだけでなく、ゆでる前のタコも売っている。
ゆでる前のタコは、見るからにぬるぬるしていて、下ごしらえが大変そう。
b0108100_16195230.gif
     〈色鮮やかな明石のタコも並んでいました〉

魚の棚の端から端までを見て歩き、年末気分を満喫した。
せっかく明石まで来たので、
この前の練習会のときに入れなかった明石焼きの「ふなまち」へ。
「ふなまち」は地元の人に人気のある明石焼きのお店である。
「ふなまち」に着くとだれも並んでいない。今回は食べれるかなと期待した。

ところが、お店の人が「1時間ぐらい待ってください」と。
既に予約で一杯らしい。1時間も待てないので、あきらめた。
いつになったら、地元ナンバーワンの明石焼きを食べれるんだろうか。

帰りは風も出てきて、お腹もすいてパワーがでない。
丸亀製麺(讃岐うどん)にも寄ってみたが、やはり行列ができていた。
汗が引いて風邪をひきそうだったので、ここもあきらめて家路を急ぐ。
ヘロヘロになりながら、ようやく自宅に到着。
さて、大掃除の手伝いでもするかな。

最後に、みなさん良いお年をお迎えください。
来年も、楽しく走りましょう!
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-30 17:25 | Trackback | Comments(2)

加古川、セカンドベスト

b0108100_23371126.gif


今年最後の大会、加古川マラソンに参加してきた。

当日の天気予報は、午前中は雨でその後は晴れるらしい。
スタート時点での雨はテンション下がるからいややなと思った。
確かに明け方はまだ雨が降っていたが、加古川に着く頃には雨も上がっていた。
スタート時点で風もほとんどなく、いいコンディションとなる。

福知山では、スタート時に混雑に巻き込まれ出鼻をくじかれたので、
今回は出来るだけ前に並ぶ。
この大会は、登録選手の部と一般選手の部が分かれての時間差スタートだし、
参加者も約2,700名と規模も違うので、スタート時のストレスは少ないだろう。

一般の部は、9時45分スタート。
スタートロスは26秒と今までで最短タイム、ええ感じ。
今回も心拍計を付けて走る。前回マラソンと同様に145を超えないように走る予定。
スタート後、混雑らしい混雑もなく、1キロも走らないうちから、
マイペースの巡航速度で走れている。

5キロのタイムが24分25秒(平均心拍数145)、出足好調。

ただ、周りのスピードに合わせて走っていると、すぐに心拍数が150近くまで上がる。
ついていけないスピードではないが、ちょっと不安でスピードをゆるめる。
何度かそんなことを繰り返すが、周りのスピードに乗って走ったほうが気分がいいので、
設定心拍数を150に変更する。
体も気持ちよく動いているし、後半バテテもいいかと気持ちを切り替えた。
この区間で、知らない間に157まで心拍数が上がっていた。

5~10キロのタイムが24分05秒(149)
10~15キロのタイムが24分04秒(148)

その後も、同じようなペースで淡々と距離を刻み、
今日はいけるかなという感じがしてきた。
心拍数も150前後をキープしており、体もよく動いている。
私のフルマラソンの設定心拍数は、145より150が正解なのか。

このコースは2回折り返しがあり、その度にランニングクラブのメンバーを探しエールを送る。
探すのに気が紛れて知らない間に走れている。
エールを交換することにより、気分が高まってくる。

15~20キロのタイム、24分16秒(148)
20~25キロのタイム、23分56秒(148)

2回目の折り返し後、27キロ過ぎぐらいから周りの流れについていけなくなる。
心拍数も特に意識していないのに、145近くまで下がり、
今までの150をキープできなくなる。
前回の福知山同様、このままズルズルと崩れていく予感がする。

25~30キロのタイム、25分51秒(146)
30~35キロのタイム、27分03秒(145)

加古川大堰を渡り、あと7キロほどでゴール。
下流に向って走るため、向かい風に変わる。ただ、そんなに強い風ではない。
この向かい風が体を刺激したのか、
あと7キロでキロ5分で走れば30分を切れるという計算が影響したのか、
体調が少し戻ってきた。

b0108100_23373363.gif
     〈40キロ付近、笑顔ですが一杯一杯です。亀オヤジさんより〉

今回のレースで、この区間のタイムが一番うれしかった。
わずかではあるが、タイムがアップしている。
タイム以上に気分的には復活の走りが出来たと思う。

40キロ付近で、亀オヤジさんのエールを受ける。
その前にも、中盤20キロ前と30キロ前で2回エールをもらっている。
「30分切りは難しいが、31~32分のセカンドベストいけるで!」
少しの間、並走までしてもらい、最後背中を押すようにして応援してもらう。
亀オヤジさん、ありがとうございました。

35~40キロ、26分50秒(146)
40~ゴール、11分54秒(144)

結局、手元の時計で3時間32分33秒でゴール。
タイムもセカンドベストでうれしかったが、それ以上に、一度崩れかけたがズルズルいかず、
少しではあるが、終盤で復活できたのがうれしかった。
今年最後のレース、納得のいくレースが出来てよかった。
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-23 01:24 | 大会参加 | Trackback | Comments(18)

ホラポス忘年会ラン

b0108100_10131822.gif
〈大阪城公園周回コース〉

ホラポスの忘年会ランに参加してきた。

参加者は、亀オヤジさん、ryujiさん、まもるくん、ocさん、和尚さん、はるきくん、
YOKKOさん、のり姉さん。
のり姉さんとは初対面、今後ともよろしくお願いします。

b0108100_10174052.gif


JR森ノ宮駅から大阪城公園に入り、まずは大阪城公園の周回コースを走る。
関西に住んでいながら、大阪城公園を走るのは初めて。
この大阪城周回コースで、ryujiさんから大阪ハーフのコースの説明を受ける。
さすがにジョギングのメッカだけあって、走っている人がとても多い。
大阪城の天守閣が見え隠れし、走っていて変化があり飽きない。

b0108100_10175337.gif


大阪城公園を離れて、大川沿いに淀川の毛馬の閘門へ向かう。
大川沿いに遊歩道が整備されており、快適に走ることができる。
淀川に出ると結構風が強い。
赤川鉄橋、長柄橋を渡り、ぐるーと淀川沿いを1周して毛馬に戻り、
大阪城公園を目指して帰路につく。

気持ちのいい汗をかいて、うわさの玉造温泉へ。
水風呂に下半身だけ入り、アイシング。Wo~冷たくって気持ちいい~!
さっぱりしたところで、居酒屋で忘年会の始まり。

忘年会参加者の皆さん、今年は色々とありがとうございました。
来年は、萩往還250キロとハセツネをダブルメインレースとして、
いままで以上にランニングライフを楽しみたいと思います。
ちょっと早いですが、来年もよろしくお願いします。
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-16 11:20 | Trackback | Comments(14)

六甲全山縦走、少しだけ記録更新

b0108100_20421352.gif
〈摩耶山からの眺望、今日は大阪方面もよく見えました〉

六甲全山縦走路を走ってきた。

ハセツネが終わってから、気合が抜けたのか長い距離を走っていない。
レースで福知山フルともみじハーフを走ったぐらい。
年末の加古川フルに備えて、56キロのロングトレイルランに挑んできた。
体重も68キロ台と増加気味なので、減量も兼ねている。

一番キツイ摩耶山の上りで張り切り過ぎて、太ももの前の筋肉がだるくなる。
脚を上げるのが辛く我慢の走りとなり、走れる平坦なコースでも、
歩きが入ってしまう。

最高峰を過ぎて下り基調のコースになって、なんとか回復しそこそこ走れるようになる。
結局、8時間52分で宝塚温泉にたどり着いた。
今年9月のタイムが8時間58分なので、少しだけ短縮できた。
宝塚温泉で疲れを癒し、体重計に乗ってみると65キロ台といい感じで減量成功。

宝塚駅前の中華料理屋で、美味しい生ビールとラーメンで生き返った。
久しぶりに長時間活動したので、筋肉痛が出そうな予感がする。
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-09 21:21 | Trackback | Comments(14)

しあわせの村駅伝、スピード出すとしんどい

b0108100_23542078.gif
〈スタート直後の周回コース、第1区の皆さんはさすがに速い〉

神戸市北区にある「しあわせの村」で開催された、
しあわせ健康駅伝に参加してきた。

この大会も参加チームが神戸市近辺だけとローカルな大会だが、
参加チームは55チームと、結構大きな大会だ。
しかも、優勝チームには「神戸市長杯」が贈られる。
三木RCからは、8チームが参加した。

1チーム6人で、第1区のみ6.5キロで、第2区以降は3.2キロを走る。
コースはしあわせの村の園内にある周回コースを走るが、
驚くことにこのコースは、日本陸連の公認駅伝コースとなっている。

そして、区間により参加資格があり、
第2区は女性又は65歳以上の男性、第4区は50歳以上の男性、第6区は女性のみ。

従って、8チームも出るとなると女性の参加者が足りなくなり、
三木RCジュニアのお母さん達や知り合いの人の応援に頼ることになる。

今回、同じチームではないが、応援の女性Tさんと話をすることができた。
Tさんは今年の村岡のTシャツを着ており、
色々と話しを聞くと、ウルトラマラソンによく参加されているようだ。
萩往還も参加されており、140キロを完踏したが、250キロは無念のリタイア。
60歳になるまでに、ぜひ250キロを完踏したいそうだ。
来年は参加されますかと聞くと、トレーニングがうまくいけば参加したいとのこと。
ウルトラマラソンの知り合いが増えてよかった。

肝心の駅伝のほうは、第3区を走りタイムは13分49秒。
去年は14分台だったので、少しタイムアップの結果となった。
前回の駅伝ようなプレッシャーはなく気楽に走れたが、
3キロほどでもスピードを出して走るとやっぱりしんどい。

来週は京都で東山MMがあるが、のんびり構えすぎて、
気が付けば締め切りを過ぎており、残念ながら不参加。
その代わり、来週天気が良ければ、六甲全山縦走に行きたい。

駅伝で3.2キロ、12月累計18.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2007-12-03 00:27 | 大会参加 | Trackback | Comments(10)