<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊野古道、小辺路、最高のトレイル!

b0108100_2002241.gif

熊野古道、小辺路を走ってきた。

昨年より続いている、走ってみたいトレイルの最後のコース。
距離は70キロ以上あり、紀伊半島の山奥のため、日帰りはとても無理である。
小辺路の存在は以前より知っていたが、
未知のコースであり一人で行くのは無謀すぎると半分あきらめていた。
しかし、トレイルランを愛好する人のブログによると、
世界遺産登録により道標等が整備されて、コースアウトの心配はなさそうとのこと。
山道を50キロ以上走れる体力と天候が味方すれば、クリアできるのではと、
熊野古道、小辺路チャレンジが現実のものとなった。

そして、学校も休みだし、家族を十津川温泉、熊野本宮大社旅行に誘う。
当日は、私が高野山から十津川温泉を目指して走り、
家族は車で十津川温泉へ、現地に夕方合流することとなった。

b0108100_22494275.gif

自宅から高野山は遠く、始発を利用しても高野山着が9時半頃となる。
9時半スタートは、初日のコースが50キロ以上の距離があり時間的にとても苦しい。
そこで、弟が和泉市に住んでいるので、好意に甘えて泊めてもらうことに。
(助かりました、どうもありがとう!)
そこから5時初の始発で高野山に向うが、高野山に到着しスタートできたのは7時半頃。
天候のほうは、雲は多いが雨の気配はなく、一安心。
高野山の朝はまだまだ寒く、手袋をはめウインドブレーカーを着たまま走り始める。

いよいよ、熊野本宮大社までの70キロ以上のトレイルランの始まりだ。
今日のコースが今までのトレイルコースと違うのは、
コース途中のバス等の公共機関が無いに等しく、
もし捻挫などのアクシデントがあれば、とても大変なこととなる。
また、コンビニや売店も宿泊地の十津川温泉までなさそうで、
行動食も途中調達という安易な考えは通用しない。
とにかく、高野山から一歩、熊野古道に入れば、
十津川温泉まではなんとしてでもたどり着かなくてはならない。
天候は良さそうなので、怪我などのアクシデントを起こさぬよう、
慎重に行動することを肝に銘じた。

b0108100_2250312.gif

高野山の朝の清々しい雰囲気の中を、最初の峠である薄峠を目指す。
薄峠まで林道のような整備された道を走り、8時前に到着した。
体も温まってきて、ウインドブレーカーの上下を脱いで、身軽な格好になる。

b0108100_22502776.gif

薄峠から大滝の集落までの下り、走りやすい快適な山道で写真を撮りまくる。
高野山から少し離れただけだが、山深く入り込んだ気がする。

b0108100_2251078.gif

b0108100_22512266.gif

b0108100_2251376.gif

b0108100_2252377.gif

大滝の集落を通過して、再び山道を登り返すと、龍神スカイラインに合流する。
しばらくスカイラインの舗装路を走るが、たまにしか車は通過せず気分は悪くない。
スカイラインの左側に山道に導く道標があり、それに従う。
ルート上には、道標が整備されており、まず迷うことはないと思う。
和歌山県観光連盟作成のマップを待っていれば、とても心強い。
道標の位置やコースタイム、距離などのルート情報がうまくまとめられている。
山道でも、わき道に入り込みそうな所は、進入禁止を促すロープが張ってあった。
今回は一度もコースアウトすることなく行動することができた。

b0108100_22535548.gif

スカイラインから分かれて、しばらく見晴らしのいい林道を走る。
この林道で、今日始めてハイカーのおばさん達と出会う。
気持ちよく朝の挨拶を交わしてすれ違う。
朝方に発生していた雲もなくなりつつあり、青空が広がってきた。

b0108100_22541610.gif

スタートから15キロ走っているが、特に気になる箇所はなく、すこぶる快調である。
大股の集落まで、下るのがもったいないほど高度を下げていく。

b0108100_22543424.gif

大股の集落に10時5分に到着。ここまでで16.8キロ。
この集落には民宿があり、ウォーキングの場合、
高野山からはこの大股で1泊するのが小辺路の一般的な歩き方らしい。

b0108100_225568.gif

大股の集落から、次の峠である伯母子峠を目指す。
集落からの登り始めがとても急な坂道で、疲労してきた体にとても応える。
急坂を登ってある程度すると峠に出るが、そこは目的の伯母子峠ではなく、
手前の桧峠というところ。
ただ、この桧峠からはアップダウンの穏やかないい感じのトレイルとなる。

この伯母子峠までのところで、上のほうでガサガサという物音がするので顔を上げた。
白いおしりの鹿が私と同じ方向にピョコン、ピョコンと飛び跳ねながら移動している。
箕面で鹿を見た時はびっくりしたが、ここでは鹿ぐらい生息していて当然でしょと、
妙に納得してしまった。

b0108100_22554276.gif

伯母子峠に11時26分到着。ここまで23.2キロ。
パワージェルでパワーを補給して先を急ぐ。

b0108100_2256376.gif

この伯母子峠から三浦口の集落まで、疲れを忘れさせるスリル満点のトレイルとなる。
今までの穏やかな感じとは一変して、道幅は狭く片側は崖となっているところが多くなる。
高度も1000メートルはあるので、斜面には雪がまだ残っていた。
でも、ルート上に雪は残っていないので、走行には支障はなかった。

b0108100_22561948.gif

写真で見るとコースが崩落して通行不能のように見えるが、
実際は、写真ほど危険ではなく、慎重に通過すればなんでもない。
ただ、走るのはちょっと勇気がいります(笑)。

b0108100_22563636.gif

b0108100_2257358.gif

苔むした上西家跡に到着。
こんなところに民家があったなど、とても信じられないがしっかり石垣は残っていた。
どこかホッとした雰囲気が漂い、昔の人もいい場所を選択したなと感心した。

b0108100_22571942.gif

下り基調の快適で緊張感のあるトレイルはさらに続く。
下りに飽きてきたころに、さらに下り続けると、ようやく眼下に川原が見えてくる。
三浦口の集落にたどり着いた。ここまで32.5キロ。

b0108100_22573822.gif

b0108100_2258227.gif

大福で腹ごしらえをして、初日、最後の登りである三浦峠に挑む。
時間的にも予定通り十津川温泉に到着できる目処がつき、余裕も出てきた。

b0108100_22582625.gif

b0108100_22585781.gif

とにかく急な九十九折の坂道をひたすら登る。
ただ、700メートルを登ると考えると大変そうだが、距離自体はそんなにないので、
意外と早く三浦峠にたどり着く。時刻は14時23分、ここまで37.0キロ。
伯母子峠からの下りで、太もも前面の筋肉の疲労が強いが、
太もも後ろの登りのための筋肉はまだまだ大丈夫そうである。

b0108100_22595046.gif

ここの下りは、ほんとに疲れました。
距離にすると7キロぐらい、緩やかな下りが続く。
膝が耐えてくれたから良かったが、膝痛でも発生していたら辛い下りになるところだった。
でも、コース自体は木立の中を抜ける快適なトレイルで、文句は言えません。

b0108100_201382.gif

15時35分、西中のバス停に到着。ここまで44.4キロ。
ここから十津川温泉の民宿まで、9キロほどの舗装路の走りとなる。
いままで木立の中を走っていたので、あまり感じなかったが、春の日差しが暑いくらいだ。
歩きを交えながらちんたらと今日の宿を目指す。
渓谷沿いに山桜があちらこちらに咲いていて、とてもきれいだ。
5時前に民宿「えびす荘」に到着。
車でこちらに向っている家族も6時ごろ無事到着した。
途中、スリル満点の谷瀬のつり橋などを観光したようだ。

b0108100_2303142.gif

宿名物の源泉かけ流しの露天風呂につかり、「きじ鍋」などおいしいものを堪能する。
宿の女将さんが家族の前で、高野山を7時半に出発して、ここに5時前に到着するのはとても速いです、普通は途中で1泊するのですがと、しきりに感心される。
家族の前で妙に自尊心をくすぐられて悪い気はせず、ひとりニヤケテシマッタ。

b0108100_231961.gif

b0108100_2312753.gif

2日目は、朝からのあいにくの雨で、残念だが熊野本宮大社への走りは中止とした。
アマゴの姿煮など充実の朝食を頂き、車で熊野本宮大社にお参りした。
雨で2日目を走れなかったのは残念だが、
1日だけでも素晴らしいトレイルを走れて申し分のない走り旅となった。
001.gif

小辺路トレイルラン 53.5キロ、3月累計346.7キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-31 21:39 | Trackback | Comments(23)

チーズケーキ(似合わないか?)マラニック

b0108100_18371315.gif
〈おらが茶屋付近から、須磨方面を望む〉

朝早く起きたものの寝てしまい、再び起きたら9時を回っていた。
だらだらと出発準備を始めて、走り始めたのが11時過ぎ。
六甲縦走路を走りたかったが、今からでは遅すぎる。
今日は、近場で前から行きたかった塩屋のケーキ屋さんを目指すことにする。

サプリママさんのブログにロールケーキが登場したとき、
家内にこの近辺でおいしいケーキ屋さんはないかと聞いてみた。
塩屋の「シーホース」のチーズケーキが有名で、
西神中央のそごうでも時々臨時販売しているらしい。
そういえば以前に買ってきて食べたことがあり、
ちょっと小ぶりだけど美味しかった記憶がある。
塩屋まで約20キロで、今から走り始めのにちょうどいい距離。

b0108100_18373559.gif
     〈いぶきの森競技場、ヴィッセルの攻撃が少ないな~〉

自宅から北東方向へ5キロほど走り、いぶきの森競技場に到着する。
ここはヴィッセル神戸のトレーニング場で、今日はセレッソ大阪と試合をしていた。
もちろんトップのチームではなく、HPで調べたらジュニアユースの試合だった。
知っている選手がいないので、観戦にもあまり熱が入らないが、
プロ予備軍のプレーを目の前で見れるのでそれなりに楽しい。
ちなみにひいきチームはヴィッセル神戸。

b0108100_1838856.gif
     〈六甲縦走路、旗振山へのトレイル〉

競技場から南に下り、スカイマークスタジアムの前を通り、名谷駅を通過して、
六甲全山縦走路のある高倉台に到着。
高倉台というのは、縦走路にある長いコンクリートの階段の手前の市街地のこと。
ここから縦走路を逆走して塩屋まで。
直登の階段を登り、おらが茶屋で一休みして、再び走り出す。
ここから旗振山まで、緩やかなアップダウンの続くトレイルコースとなる。
ほぼ稜線上のコースで木立の間からの景色が素晴らしく、とても気分がいい。
でも、このあたりから天気予報通り雨が降ってきた。

b0108100_18382616.gif
     〈シーホースのレアチーズケーキ〉

旗振山から一気にJR塩屋駅に、本来の六甲全山縦走路のスタートは塩屋駅らしい。
駅の階段を降りて右手に目的のケーキ屋さん「シーホース」がある。
店の中に喫茶スペースがあり、早速レアチーズケーキとコーヒーを注文する。
あまり甘いものは食べ慣れていないので、うまく表現できないが、
まろやかであっさりしている感じがして、美味しかったです。

b0108100_18384514.gif
     〈明石の玉子焼き(明石焼き)の有名店、行列ができていました〉

塩屋駅までで20キロ、帰りは海沿いに明石駅まで出て、175号線を北上する予定。
そんなに強くはないが、相変わらず雨が降り続いている。
海沿いの平坦な道をいいペースでひた走り明石駅付近までやってきた。
アーケードのある商店街を走っていると、「王将」を発見。
無性に、餃子をアテに生ビールを飲みたくなってきた。
吸い寄せられるように店内に入り、餃子2人前と生中を注文していた。

b0108100_18385926.gif
     〈王将の餃子は安くて美味い!〉

明石から自宅まで10キロ以上あるが、生ビールを飲んでしまうと、
もう走る意欲が湧いてこない、雨も降っているし、今日はここまで。
最後は少し妥協したが、今日もビールのおいしい1日でした。

今日は31キロ、3月累計276.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-23 18:48 | Trackback | Comments(16)

約束のバッティングセンター

b0108100_182458100.gif


長男とバッティングセンターに行ってきた。

19日は公立高校の合格発表日。
お昼頃に無事合格したとのメールを受けた。
親としては、一安心というところ。
合格すれば、バッティングセンターに行く約束をしていたので、今日行ってきた。

そのバッティングセンターには、軟球と硬球のマシーンがある。
長男は、3ゲームほど軟球で打ってから、硬式のゲージに入っていった。
私も大昔に硬球を打ったことがあるが、詰まったりすると親指の付け根がめちゃくちゃ痛い。
大丈夫かいなと見ていると、
案の定、芯に当たらずに痛さでバッターボックスで飛び跳ねている。

こんなんで硬式の野球部やっていけるのかなと思うが、
本人はやる気満々なので大丈夫でしょう。
4月にはボウズになって、気持ちも新たに、
3年間の高校生活、野球に勉強に打ち込んでや!

夕方からジョギング14キロ、3月累計225.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-20 19:54 | Trackback | Comments(14)

萩に向けて、篠山城跡マラニック

b0108100_213542.gif
〈東条川沿いの紅梅、きれいでした〉

自宅から篠山城跡まで60キロを走ってきた。

萩往還に向けて、長い距離を走りたい。
今日のコースは、自宅から篠山城跡まで。

朝の6時20分頃に自宅を出発して、三木市の緑ヶ丘を越えて、
グリーンピア三木の横を通り、峠をもうひとつ越えて加東市に入る。
そして、東条川を遡るように大川瀬渓谷に、ここまでで30キロぐらい。
特に特徴のない田舎の道をひたすら走る。
明け方は少し肌寒かったが、徐々にいい天気になってきて暑いぐらいだ。

b0108100_2132123.gif
     〈大川瀬渓谷の滝〉

大川瀬渓谷はだらだらとした上りで、スピードが上がらない。
ここまで淡々と走れてきたが、少ししんどくなってきた。
歩くと気持ちが切れそうなので、ゆっくりでも走り続ける。
この渓谷の途中で、三田市に入る。

b0108100_2133789.gif
     〈福知山線と平行する国道176号線を篠山に向けて走る〉

大川瀬渓谷を抜けしばらく走ると176号線に出る。
すぐ近くを福知山線が走り、武庫川も流れている。
176号線は歩道のない所が多く走りにくい。
篠山口駅手前まで、176号線を走る。このあたりで50キロ。
篠山城跡まで10キロ弱となる。大阪マラソンでも50キロを走ったが、
一人で走ると、同じ50キロでもとても長く感じる。
でも、止めようとは思わない。調子が上がってきたのか。

b0108100_2135966.gif
     〈篠山城跡に到着〉

篠山口駅を左に見て、コースは東に向う。
篠山マラソンでも走った、スタートから5キロ以降ぐらいの長い直線のコースを走る。
篠山城跡のお濠が見えてきた。
2時ごろに篠山城跡に到着、距離は59キロ弱を表示していたので、
60キロになるまで、走り続けた。

b0108100_2141764.gif
     〈小西の黒豆パン、お土産に買いました〉
b0108100_214324.gif
     〈大手食堂の牛とろ丼、とろろの下に牛肉がかくれています。美味しかったです。〉

今日の完走賞は、生ビールと牛とろ丼。
とろろにしっかり味がついているので、なにもつけずにかき込む。美味しかった。
今日は、3月に誕生日をむかえる、義母さん、一番下の息子そして私の合同のお祝い焼肉。
濡れたタオルで顔の汗だけ拭って、急いで自宅へ帰るのでした。
今日も充実のランニングができ、生ビールが美味しかった。

今日のマラニックで60キロ、3月累計203.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-16 22:07 | Trackback | Comments(17)

雪の京都トレイル、とても走れません

b0108100_22362292.gif
〈遠く頂に雪を抱く比良の山々が見える、手前はこれから登る横高山と水井山〉

京都1周トレイルコース、伏見から大原まで走った。

今年は雪が多く、しばらくトレイルランから遠ざかっていたが、
そろそろ寒さも緩んできて、久しぶりに山道を走りたくなってきた。
ただ、YOKKOさんのブログを読むと、六甲に残雪があり、
とても走れるコンディションではなさそうだ。

そこで、六甲山より標高の低い京都トレイルなら、何とかなるかなと思い、
京都の伏見から清水山、大文字山、比叡の山々を越えて、鞍馬までのコースを計画した。
でも、現実はそんなに甘くなかった。

b0108100_2236416.gif
     〈早朝の伏見稲荷大社、清々しい〉

当日は、とてもいい天気で、夜半から崩れるようだが、日中は大丈夫そう。
8時頃京阪の伏見稲荷駅に到着し、まずは伏見稲荷大社を目指す。
京都1周トレイル東山は、一昨年東山マウンテンマラソン(MM)で一度走ったことはあるが、
ひとりで走るのは初めてで、コースミスが少し心配。
京都観光協会発行の地図を片手に持って、そろそろとスタートする。

b0108100_22365868.gif


京都1周トレイルコースは、東山MMのコースと若干違うようで、
有名な連続する赤鳥居をくぐって上り、景色のいい四つ辻に到着した。
このあたりから参道を外れ、泉涌寺前を通過して今熊野の市街地に下っていく。

b0108100_22371427.gif
    〈泉涌寺門前〉

京都1周トレイルは、コース上に連番を付した道標がポイントポイントに設けられいる。
地図でその番号を確認しながら行動したが、オリエンテーリングのようで楽しめた。
その連番により現在地を正確につかむことができ、山道では全く不安はなかった。
ただ、市街地に入るとわかりにくい所もあり注意が必要だ。

b0108100_22373354.gif
     〈将軍塚、国家の一大事には鳴動するそうです〉

国道1号線の下をくぐり、清水山の登山道に入る。
少し山の中に入ると、国道沿いの喧騒がうそのように静かになる。
清水山ピーク付近からの快適なトレイルコースをしばらく走ると、
将軍塚近くの駐車場に到着した。

b0108100_22375076.gif
     〈気持ちのいいトレイル、こんな道ばかりだと良かったのですが・・・〉
b0108100_2238843.gif
     〈大きな赤い鳥居がみえる、京都ハーフのスタート地点、平安神宮〉

将軍塚からのトレイルコースもいい感じで、ところどころ視界が開け、
京都の街並みを眺めてみると、平安神宮の大きな赤鳥居が見えた。
今日は、京都シティーハーフが開催されており、大会アナウンスが時折聞こえてくる。
コースは徐々に高度を下げて、三条通に出た。

b0108100_22382579.gif
     〈蹴上のインクライン、桜の季節に来てみたい〉

三条通を東に走り、蹴上のインクラインを通過し、大文字山の登りとなる。
日向大神宮の前を過ぎ、本当にこのコースで合っているのか心配になるほどの急坂を登る。
まだまだ体力もあり、テンポ良く登っていくと、大文字山ピークへの分岐に出た。
京都1周トレイルコースは、ピークや火床には行かず、
谷筋を市街地に下るコースとなっている。
ここまできて、大文字の火床からの景色を見ない手はないと思い、
ここだけはルートを変更した。

b0108100_22384090.gif
     〈大文字の火床より京都の街並みを望む〉

分岐から直ぐに大文字山ピークに着いた。
見晴らしは火床のほうが良さそうなので、
休むことなく、ピークから稜線上のトレイルを快適に走る。
火床からの景色は素晴らしい。京都の街並みを一望できる。
京都シティーハーフのスタートは9時だから、
ocさんや青ちゃんは、そろそろラストスパートかな、がんばれ~!
大会本部のアナウンスが良く聞こえる。

b0108100_22385525.gif
     〈銀閣寺前の参道、賑やかでした〉
b0108100_22391018.gif
     〈哲学の道、ここも桜が、京都は見所一杯です〉

大文字山から一気に下り、銀閣寺に到着、天気もいいので観光客も多い。
さすがに銀閣寺前の通りは、走るのを自重してゆっくりと歩く。
比叡山の登り口で少し迷うが、なんとか日本パブテスト病院の案内板を見つけルートに戻る。

いよいよ本日コースのメイン、比叡山の登りである。
このコース、とても気に入った。
登山口からある程度高度を稼ぐと、緩やかなアップダウンのトレイルが続く。
実に快適なトレイルコースである。距離もそこそこあり、このあたりが一番気分が良かった。
しばらく走っていると広場のようなところに出て、谷に向って一気に下りだす。

b0108100_2239258.gif

b0108100_22394381.gif
     〈吹き溜まりになっているのか、道標が埋もれています〉

再び登り返して登るにつれ、白いものが徐々に目に入ってくる。
頂上付近に近づくとコース上にもしっかり雪が残っている。
残雪はある程度予想していたが、これほどとは・・・。
滑らないよう慎重に進む、少しでも油断すると滑ってしまう。

b0108100_2240472.gif
     〈延暦寺釈迦堂、こんな雪なのに参拝客が結構いました〉

トレイルコースは比叡山のピークを通らずにピークの西側をトラバースするような感じで、
スキー場跡を通り、奥比叡ドライブウェイを越えて、延暦寺に続く。

b0108100_22402025.gif
     〈踏み後がないと迷いそうです〉

コースは、ここより標高の高い横高山や水井山をまだ登らないといけない。
ケーブルかバスで下山しようかとも思ったが、まだまだ時間も十分あり、
ゆっくり行けば大丈夫だろうと、予定通り鞍馬に向けて歩き出す。

b0108100_22404926.gif

b0108100_22441979.gif
     〈コース上、最も高い水井山のピーク〉

トレースはしっかりついており、コースを見失うことはなさそう。
ただ、比較的平坦なところはいいのだが、斜度が増すと足元がおぼつかない。
特に2つのピーク、横高山と水井山への登り下りは結構な急坂で、
ステップを切って足場をしっかりしないと滑り落ちそう。
トレランシューズを登山靴のように、つま先やかかとでキックステップしたのは初めて。008.gifやはり、くだりが不安で慎重に一歩一歩下っていく。
もう完全に登山です。比叡山の登りから全く走っていない。
風もなくいい天気なのがせめてもの救いだ。

b0108100_2241762.gif
     〈大原と滋賀とを結ぶ仰木峠〉

なんとか、2つのピークを越えて、仰木峠にたどり着いた。
このあたりまで来ると、さすがに残雪も少なくなり、スリップの心配はなくなる。
大原の里(戸寺)まで、今までのうっぷんを晴らすかのように、やけに急な坂道を駆け下る。

b0108100_22411981.gif
     〈いつもの「DRY」、スポーツの後は特においしい〉

計画通りに鞍馬まで行って露天風呂に入りたかった。
でも、大原の里に下りてきて、バス停を発見しビールを飲んだら、
再び走り出す気力が無くなってしまった。
今日はここまで。

雪道で少し緊張したが、今日もビールのおいしい一日だった。043.gif

今日の京都トレイルで35キロ、3月累計113.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-10 19:15 | トレイルラン | Trackback | Comments(22)

篠山マラソン、後半脚にきました

b0108100_21524450.gif
〈篠山マラソン名物、ゴール後のしし鍋を調理中〉

篠山マラソンに参加してきた。

タイムは、3時間35分58秒(ネット)とまあまあだったが、
20キロぐらいからのアップダウンの繰り返しで脚にきて、
早々にキロ4分台を維持できなくなる。
心拍数もこのあたりまで150をキープしていたが、
あとは落ちる一方で、再び150を超えることはなかった。

今回のレースは、30キロの折り返しからの12キロがとてもしんどかった。
前半、15キロぐらいまでハーフに近いペースで、
自己ベストの色気をだして走ったツケが回ってきたのかもしれない。
フルの後半はいつもしんどいのだが、今回は特に辛かった。
ゴール前で、ryujiさん、まもるくん、和尚さんの応援を受けて何とかゴールできたが、
今回は後半の復活もなくズルズルとペースが落ちてしまった。

ランニングの目標が、5月の萩往還完踏に向いており、
そんな中であわよくばフルの自己ベストをと甘い夢を見ていたが、
現実はやっぱり甘くなかった。
フルの自己ベストは、11月の福知山か12月の加古川でもう一度チャレンジしよう。
これからの二ヵ月間は、萩往還に向けて調子を上げていきたい。

b0108100_21584352.gif
     〈てらりんさん、初の仮装・・・篠山マラソンのHPより〉
[PR]

by toshihi616 | 2008-03-03 22:04 | 大会参加 | Trackback | Comments(28)