<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雪の六甲縦走路

b0108100_18585373.jpg
〈ガーデンテラスからの眺望、景色は良かったのですが・・・〉

六甲縦走路を走ってきた。

実は今月の12日にも六甲縦走を計画していたが、積雪のために中止した。
そろそろその時の雪もなくなり走れるかなと思い、今回のトレランとなった。
天気予報では、神戸市は晴れのち曇り、但し兵庫県北部は雪とのこと。
雪の降らないことを祈りつつ、地下鉄の始発電車に乗り込んだ。

b0108100_185914100.jpg


6時15分、須磨浦公園駅を出発する。
当然あたりはまだ暗く、日の出までにはまだ時間がある。
ヘッドライトをつけて、最初のピーク旗振山を目指す。
土曜日に20キロのペース走をしたせいか、体が重たくいつもより時間がかかる。

b0108100_18593688.jpg
     〈おらが茶屋付近から大阪方面を望む〉
b0108100_18594441.jpg
     〈横尾山頂、あっという間に真っ白になりました〉

まあ、時間をあまり気にせずのんびり行こうと思う。
おらが茶屋を通過して、高倉団地を走っていると、ちらほらと雪が降ってきた。
すぐにやんでほしいという願いも空しく、ますますその量が増してきた。
横尾山を通過する頃には、登山道は積雪で真っ白になっていた。

須磨アルプスも雪で覆われ、雪化粧した信州のアルプスに見えないこともない。
雪でスリップしないよう慎重に下るので、全くペースが上らない。

b0108100_18594720.jpg
     〈須磨アルプスはスリップしないか少々ビビりました〉

高取山に登っている時も雪は降り続け、前から来た登山者が、
「えらい降ってきましたね」と、驚きを隠せない様子である。

b0108100_18595043.jpg
     〈高取山頂の荒熊神社〉
b0108100_18595389.jpg
     〈高取山にある月見茶屋〉

登山靴と違ってランニングシューズは穴だらけのメッシュ地でできているので、
雪が解けて水分が靴の中にしみ込んでくる。
今日は早々にリタイアしようかなと思ったが、高取山を下り丸山の市街地に入ると、
雪はやんで青空が広がっている。
この先の登山道がどんな状況か判断がつかないが、
行けるところまで行くことにする。

菊水山に登ると、早朝に雪を降らした雲はなく、神戸の街並みがよく見える。
鍋蓋山を越えて桜茶屋のある市が原に向う。
雪なんぞがなければ気分良く走れるコースなのに、
慎重な行動で時間がかかってしょうがない。

b0108100_18595681.jpg
     〈摩耶山から六甲アイランドを望む〉   
b0108100_18595870.jpg
     〈同じく摩耶山からポートアイランド、神戸空港を望む〉

六甲での人気ルート、稲妻坂から天狗道では、多くの登山者が冬の六甲を楽しんでいた。
いつものペースより相当遅れて摩耶山の掬星台に到着する。
菊水山同様、下界の景色は素晴らしいが、吹きさらしのテラスは風が強く冷たい。
ほんとに冷蔵庫の中にいるようで、写真を撮って早々に出発する。

b0108100_190052.jpg
     〈カレー屋の前の道、一部凍結しており転びそうになりました〉

六甲山上に近づくにつれ、日陰部分の雪が凍りだした。
走る気力もないまま、2時頃ようやくガーデンテラスに到着。
暖かい缶コーヒーを飲みながら、宝塚まで行くか考えた。

最高峰から宝塚までの下りがこんな風に凍っていたら、
このランニングシューズではちょっと苦しい。
時間がかかっても日暮れまでには宝塚に着くかもしれないが、
脚全体の疲労感もあり無理せず、ロープウェーで有馬にエスケープすることに。

b0108100_1901676.jpg
     〈このロープウェーに乗るのは初めてです〉   
b0108100_1902622.jpg
     〈有馬の温泉街が見えてきました〉

有馬に着いて温泉にでも入ろうかと思ったが、
「金泉」、「銀泉」ともとても混んでいますという案内があった。
確かに入口付近では、入ろうとする人、出てくる人でとても混雑している。
今回は途中エスケープでご褒美はなしということで、あきらめて家路を急いだ。

b0108100_1903992.jpg
     〈「金泉」横の足湯、今日の有馬はとても賑わっていました〉

冬でも天候のいい時は、快適なトレイルランを楽しめるが、
やはり雪が降って積もってしまうと、走ることを楽しめず厳しいものになる。
今度は雪のない穏やかなコンディションの時に走ってみたい。

今日の移動距離35キロ、1月累計279キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-25 00:00 | Trackback | Comments(6)

明石・須磨マラニック

b0108100_1064174.jpg
〈須磨からの夕日、ちょっと雲がじゃまでしたが綺麗でした〉

明石・須磨の海岸線沿いを走ってきた。

日曜日は天気が崩れるという予報なので、
土曜日、仕事が終わって2時半頃から走り始める。
コースは、とりあえず明石まで南下して、
その後は海岸線沿いを東に行ける所まで。

b0108100_10475431.jpg

自宅からまずは明石城を目指す。
明石城から大蔵海岸に出て、「龍の湯」前を通過。
今月31日にも、潮の風DC(RC改めドリンククラブ)による練習会?飲み会?があり、
「龍の湯」で汗を流す予定で、最近よく利用している。

b0108100_116201.jpg

b0108100_10593782.jpg
     〈舞子海岸、垂水まで海岸線を走りました〉

舞子海岸を走り、しばらく2号線沿いを走るが、このコースを利用している人がとても多い。
私が他のランナーとすれ違う際に軽く会釈をすると、
ほとんどのランナーは、「頑張ってね!」という感じで、手を挙げて応えてくれる。

この手を挙げるというのが、このコースの決まりごとなのか、
郷に入っては郷に従えで、私も軽く手を挙げてエールを交換する。
このなんでもないやり取りで、、妙な連帯感が生れそして元気をもらえる。
とてもいい気持ちで走ることができた。

そして、このコースが平坦で走りやすいコースからか、
ランナーのペースが結構速く、ゆっくりマラニックペースの私は抜かされてばかりである。
ザックを担いで走っているのは私ぐらいで、私のペースが遅すぎたのか。
まあ、気にせずにマイペースで走ることにする。

b0108100_1104168.jpg

塩屋の手前で前方から見慣れた顔が、なんとひで☆さんだ!
偶然の出会いをお互い驚き、エールを交換する。
東京マラソンのための脚作りだと思うが、
3月に向けてどんどん調子を上げていってほしい。


b0108100_115372.jpg
     〈以前はよく行った須磨の海釣り公園、最近釣りはご無沙汰です〉

以前に須磨浦公園までは走ったことがあるが、
そこから東は今回が初めてで、須磨の海岸などはとても新鮮で楽しめた。
やはり、知らない土地、初めての所を走るのは、
視覚的にも刺激があって楽しいもんだ。

b0108100_1153414.jpg
     〈須磨の海岸から六甲全山縦走路の最初の山である鉢伏山・旗振山を望む〉

須磨の海岸を過ぎたあたりで、日もどっぷりと暮れて町の明かりが灯りだすが、
もう少し頑張って、神戸地下鉄の駅がある「新長田」まで走ることにする。
「新長田」の駅に6時頃到着、距離にして28キロほどで、
いい感じで今日のマラニックを走り終えることができた。
emoticon-0100-smile.gif
30キロ程度のマラニックが続いたので、
そろそろ50キロ超のマラニックを試してみたくなってきた。

今日は28キロ、1月累計186キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-17 00:00 | Trackback | Comments(8)

シブレ山マラニック

b0108100_1684312.jpg
〈ローカルな山ですが、今回初めて登りました〉

シブレ山に登ってきた。

昨日の駅伝のとき、ふくちゃんさんから
「シブレ山はどこから登るんでしょうか?」と質問された。
シブレ山は知っていたが、登ったことはなく急に興味が湧いてきた。
自宅から往復で30キロ程度とマラニックに手頃な距離なので、早速走りに行った。

b0108100_169885.jpg
     〈ちょっと寄り道して住吉神社に〉
b0108100_1692530.jpg
     〈サイクリングロードなのに、階段があります。自転車では走れません〉

まずは神出山田自転車道を経由してつくはら湖を目指す。
途中に初詣の幟が立っていた「住吉神社」に寄ってみる。
その昔、羽柴秀吉の三木別所攻めのときに兵火にかかり消失したようで、
なかなか歴史のある神社のようだ。

b0108100_1694010.jpg
     〈つくはら湖、相変わらずの水位です〉
b0108100_1695850.jpg
     〈シブレ山への入り口、NTTの案内板があるのでわかりやすい〉

つくはら湖に到着、相変わらず水位は低いままで、
いつになったら以前のような満々と水を保った湖に戻るのだろうか。
シブレ山への道は、つくはら大橋でサイクリングロードから外れて、
少しだけ国道を東に走りトンネルの手前右側にその管理道がある。

b0108100_16103771.jpg
     〈シブレ山への管理道、なぜか道路脇に200M毎に距離表示があります〉

シブレ山の頂上にNTTの電波塔があるため、山頂までの管理道が造られている。
距離にすると2キロぐらいで、標高差は約165メートルと十分走れる坂道である。
未舗装の所があるのが唯一気になるが、車は進入できないので安心して走れる。
立山マラニックの夏場の坂道練習に大いに利用できそうである。

b0108100_16152232.jpg

管理道を登りきると電波塔にたどり着く。
シブレ山の頂上は電波塔の左の崖の上で、
そのルートが分からず手間取ったが、なんとかピークに立てた。
ピークからの眺望を楽しみにしていたのに、潅木が生い茂り全く景色が見れない。

b0108100_1611319.jpg
     〈下山途中の管理道からの眺望、緑ヶ丘・三木方面です〉

ピークで持参したカロリーメイトを食べて、早々に下山する。
同じ道を自宅まで走って帰ったが、冷たく強い風が吹いてきて走りにくかった。
ますますペースが落ちるがなんとか自宅までたどり着く。
萩往還に向けて、少しは効果があっただろうか。
今後も、こんな感じのマラニックで萩往還脚をつくっていきたい。emoticon-0100-smile.gif

今日のマラニックで30キロ、1月累計138キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-12 00:00 | Trackback | Comments(4)

三木市民駅伝、駅伝は何度出てもしんどい

b0108100_0172318.jpg
〈小学生女子の部のスタート直後、この中から将来都大路を走るランナーが出るかも〉

雪がちらほらする厳しい寒さの中、三木市民駅伝に参加してきた。

この大会は、三木市民駅伝、三木市民女子駅伝、三木市小学生駅伝の3大会の同時開催。
その中でも、小学生駅伝は参加チームが28チームと最も多い。
三木市の小学校対抗駅伝のようで、熱心な小学校は一校で4チームも参加している。
三木市民駅伝は12チーム、三木市民女子駅伝は6チームであるが、
クラブチームは三木RCだけで、ほとんどが中学生のチームで高校は1チーム。
中学生相手にと思うかもしれないが、現役バリバリの陸上部は中学生でも速い。

b0108100_0175337.jpg
     〈市民駅伝(一般の部)のスタート前、ほとんどが中学生のチームです〉
b0108100_018852.jpg


コースは3キロの往復コースで、最初の1キロが結構な上りで、
折り返しまで平坦になり、最後の1キロが下りという、とてもハードなコース。
私は、三木RCのBチームの第3区で走った。
最初のうちは上り坂でもなんとか走れていたが、
徐々にきつくなり思うようにスピードが出ない。

坂道を上りきって折り返しまでの平坦なコースで、
追走してきた中学生にあっさり抜かされてしまう。
しばらくは並走していたが、やはりスピードが違うのか徐々に差が開いていく。
これ以上順位を下げたらやばいと思い、後続を確認するが差はかなりあるので一安心。

最後1キロの下り坂を、ちょっとギクシャクしたフォームで下り、
RCの人達の応援を受けて、なんとかタスキを渡すことができた。
短い距離をエンジン全開で走ると、体よりもまず呼吸が苦しくなる。
全力で走る練習をしていないので、仕方ないかな。
この年になると、全力で走るような練習は体に悪そうです(負け惜しみ)。emoticon-0107-sweating.gif

b0108100_0182455.jpg
     〈レース後は「ラーメン鍋」を食べました〉

参加された皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-11 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)

特別練習会、今年初のロング走

b0108100_20175796.jpg
〈東二見の折り返し、最高のランニング日和でした〉

特別練習会に参加してきた。

昨年の三木RCの忘年会で、特別練習会に参加しませんかと誘われた。
4日ならOKですよと、気楽に答えたが、
よく考えてみると参加者はそうそうたるメンバーで、
そのペースについていけるかどうか、内心ビビリながら参加した。

参加者は、ふくちゃんさん、たにやんさん、ひで☆さんと私の4名。
マイペースのロング走だと、ジョギングシューズで走るのだが、
どんなペースでの走りになるか分からなかったので、
私のレースシューズである「ゲルフェザー」を履いていく。

当日の天候は、ほとんど風のない快晴のいいお天気で、絶好のランニング日和。
こんな日に六甲縦走路を走れば最高だろうなと思った。
コースはJR朝霧駅をスタートして、東二見の連絡橋で折り返す往復コースで、
距離にして約32キロの平坦なコース。

このコースをホームグランドにしている、ふくちゃんさんの先導で走り始めるが、
キロ6分ペースのランニングに、
「これなら最後までついていける」と、一安心した。

b0108100_20181877.jpg


東二見までの約16キロを快適に走り、水分補給して折り返す。
復路ではやや風が出てくるものの追い風なので、ますます気分良く走れる。
天気が良いからか、海岸沿いのサイクリングロードには、
ジョギングをする人、ウォーキングの人、サイクリングを楽しむ人と、
大勢の人達が、正月の穏やかな一日を楽しんでいる。
遠く海上に目を凝らせば、家島の島々や小豆島までがかすかに見える。

b0108100_20184480.jpg

b0108100_2019881.jpg


コース途中の林崎にて、ふくちゃんさんの案内で、
玉子焼きの「泉屋」さんにて昼食タイム。
知る人ぞ知る超マニアックなお店、ガイドブックには載ってないやろなぁ~。
いままで食べた玉子焼きに比べ、少々小ぶりで大きさはたこ焼きぐらい。
でも一人前は20個もあり、なかなかのボリュームで美味しかった。

b0108100_20192236.jpg


さすがに30キロを超えると太ももがだるくなってきたが、ゴールまではあと少し。
なんとかゴール地点のJR朝霧駅に戻ってきて、特別練習会は無事終了。
練習会後は、お決まりのコースで、
「龍の湯」にて汗を流し、ビールで乾杯となる。

b0108100_20211978.jpg

b0108100_20195861.jpg

b0108100_20202498.jpg


あっという間に大ジョッキが空になり、もう少しだけおかわりする。
emoticon-0167-beer.gif
emoticon-0167-beer.gif
やっぱりランニング後の、お風呂とビールは何物にもかえがたいですなぁ~。
参加者の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
今日も一日、美味しいビールを飲めたことに感謝!emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-04 00:00 | Trackback | Comments(4)

初詣ラン、元旦の朝はいいお天気でした

b0108100_17492031.jpg


あけましておめでとうございます。

元旦は三木RC恒例の初詣ランに参加してきた。

2009年元旦の明け方は昨晩からの冷え込みでとても寒かったが、
初詣ランのスタート時刻である9時ごろには、
やや寒さもやわらいで風もないいいランニング日和となった。
スタート前に会長から改めての新年の挨拶と、
今年1年間の主なスケジュールについての説明があった。

b0108100_17421764.jpg


参加者数は25名程度で、
普段の練習コースを一部ショートカットして、大宮八幡宮を目指す。
普段の練習では、各自のペースでタイムトライアル的な走りとなるため、
まとまって走るということがない。

ペースもゆっくりジョギングペースなんで、
ほとんどの人がクラブのウインドブレーカーを着たまま走っている。
集団で同じウェアーを着て走っていると、いかにもランニングクラブという感じで、
妙に新鮮な感じがした。

ほどなく大宮八幡宮に到着して、長い石段を登り本殿に向かう。
何をお祈りしたかは内緒だが、
今年も故障なく楽しく走れたらと思う。

今年もよろしくお願いします。
[PR]

by toshihi616 | 2009-01-01 00:00 | Trackback | Comments(16)