<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

柳生石仏街道マラニック、今年のコースはなかなか

b0108100_20403655.jpg

柳生石仏街道マラニックに参加してきた。

今回はマラニックを楽しむというよりは、5月の萩往還の練習の一環として参加した。
奈良駅に8時40分ごろ到着して、ryujiさん、ミカンさん、nomu3さん、西田さんにお会いする。
スタートの9時まであまり余裕なくバタバタと準備に手間取り、
井上さんのコース説明を聞きそびれてしまった、残念。

9時になりスタートするのかなと思いきや、目の前の信号が赤のため、井上さんが、
「次の青信号でスタートします」と。
やっぱり井上さんの大会、タイムは二の次、形式にはこだわらない。
いかに楽しく走るか、走れるか、ほんまにユニークな大会です。

峠の茶屋の手前で、本来なら左に行く分岐を、前の人につられて右に。
しばらく走っていると、前後にランナーがいなくなる。ミカンさんに、
「この道でおおてるんかな?」
結局、峠の茶屋前の林道にひょっこりと合流した。
この間違ったコースがなかなかのトレイルコースで、コースミスをして得した気分に。

b0108100_20495681.jpg

その後も昨年走った記憶のないコースを幾度となく走り、
昨年走ったコースが所々違っていたことを確信した。
ただ、後半は大きくコース変更されており、
柳生の里までは行かないで谷川沿いの道を笠置の町に行くコースとなっていた。

昨年のコースイメージは、アップダウンのある国道沿いの道をかなり走った印象が強いが、
今回のコースはトレイルや舗装路でも林道のような所が多く、走っていて気持ちがいい。
コース的には今回のコースの方がいいと思った。
特に笠置に向う谷川沿いのコースは緩やかな下りで、そこそこのペースで気分良く走れた。

b0108100_20445288.jpg

ただ、残念なのは桜の開花。
昨年は満開の桜があちらこちらで出迎えてくれたが、
今年は先週の冷え込みで開花を渋ったのか、見頃には少し早かった。
この桜が満開であればどんなに素晴らしい風景となるのか想像するしかなかった。

ゴール後、温泉に入り5人で乾杯のビール。
さらに場所を移して奈良駅前の居酒屋で再度の乾杯。
参加の皆さん、お疲れ様でした!068.gif

美味しいビールと萩往還に向けてのいい練習とで、充実の1日であった。
あと1ヶ月特に故障に注意して、ベストな状態で萩往還のスタートラインに立ちたい。

今日のマラニックで41キロ、3月累計357.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-29 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(14)

六甲半縦走、いい刺激を受けて快適走!

b0108100_13571794.jpg
〈栂尾山の展望台より淡路島方面を望む。まだ曇り空ですが、天候は回復に向いました〉

六甲縦走路を走ってきた。

今回は三木RCのふくちゃんさんと六甲縦走路を楽しんできた。
予定では朝の6時過ぎに須磨浦公園を出発して、全山縦走を目指すつもりであったが、
前日からの雨が早朝まで降り続き、予定変更して雨の上がるのを待ってスタートすることに。
結局、10時半にスタートとして、ゴールは新神戸に変更した。

b0108100_13595755.jpg
     〈須磨浦公園駅前、雨の上がるのを待ってスタートです〉

最初の旗振山への上りで早くもウインドブレーカーを脱ぎ、
長袖シャツとCW-Xのロングという動きやすい格好に。
1ヶ月前の京都トレイルの時とは大違いの気温で、まもなくの春本番を実感する。
でも、汗ばむような暑さでもなく、走るのにはとてもいい季節で走りやすい。

ふくちゃんさんは、六甲縦走路が初めてということで、コースの説明などをしながら案内した。
市街地から少し登った所に、こんな緑の多い自然豊かなコースがあることに驚かれていた。
体調的には、篠山マラソンから膝の調子が思わしくないようで、
山の上り下りで悪くならないかと心配したが、大丈夫そうで安心した。

b0108100_1433298.jpg
     〈須磨アルプス、北風が強くスリル満点でした〉

強い北風でいつもよりスリルのあった須磨アルプスや高取山を順調にクリアーして、
いよいよ縦走路前半部分の頑張り所、菊水山の登りに差し掛かる。
ふくちゃんさんも、ここの急登には驚かれて、
「階段の段差が高すぎる」とボヤキがもれていた。

b0108100_1358228.jpg
     〈菊水山、修行のような登りをワンピッチでクリアー〉

でも、さすがにサブスリーランナー、背後からの苦しい息遣いがあまり聞こえてこない。
普通だとここの急登では自然と息遣いが荒くなるのだが。
一人でハァーハァーしながら、なんとか頂上にたどり着く。
「呼吸が乱れてなかったけど、平気でした?」と聞いてみた。
「そんなことないですよ、一杯一杯でした」と。
やっぱりしんどかったんやと、変に安心した。

そして、菊水山までのタイムが今までのベストタイムだった。
やはり走力のある人がセカンドについていい意味で刺激になったのか、
いつもより脚が良く動いたからかもしれない。
一人で走っていると、知らず知らずのうちに手を抜いていたのかなとも思い、
仲間と走ることの良さを改めて実感した。

最後のピーク鍋蓋山もいい感じでクリアーして、市が原の桜茶屋を目指す。
天候も明け方の雨模様の天気がうそのように青空が広がってきた。
いつもなら、これからの摩耶山の登りに備えて、少々気合の入るところなのだが、
今日は新神戸ゴールなので、気分は既にビール飲みモードに。

b0108100_13582428.jpg
     〈桜茶屋でビールを注文、たまりません〉

桜茶屋でDRYを注文する。
DRYを飲みながら桜茶屋のおばさんととりとめのない話をしていると、
賞味期限が今日までの「エネルゲン」を、どうせ明日になれば廃棄するので飲んでいってと。
せっかくの好意なので、ありがたく頂戴した。おばさん、どうもごちそう様でした。

b0108100_1359437.jpg
     〈三宮の王将でビール&餃子、たまりません〉

桜茶屋から布引の滝を見学して三宮駅近くの「二宮温泉」という銭湯を目指す。
さっぱりとしてから、近くの「王将」でビール&餃子で今日の走りに乾杯。
次回はぜひとも宝塚まで行きましょう!
今日はお疲れ様でした、またよろしくお願いします。001.gif

今日のトレランで30キロ、3月累計241.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-20 00:00 | Trackback | Comments(8)

みっきぃマラソン、受付ボランティア&応援

b0108100_225575.jpg
〈小学生の部は、学年別男女別にスタートで距離は1500M。とてもレベルが高いです〉

みっきぃマラソンに参加してきた。

今回はランニングでの参加ではなく、受付のボランティアとして参加した。
マラソン大会の裏方として参加するのは初めて。
担当は受付で、参加証と引き換えにゼッケンと参加賞のTシャツを渡すこと。
最初は少し戸惑ったが、大会に参加するたびに経験していることなので、
なんとかトラブルなく無事にやり終えた。

b0108100_227244.jpg
     〈受付開始前の準備風景、朝早くからお疲れ様です〉

参加者が最初に大会関係者に接するところだけに色々と質問を受けた。
やはり多かったのが、
「参加証を失くしたけど、どうしたらいいの?」という質問。
最初はどうさばいていいのか分からず戸惑ったが、
「トラブルコーナー」の存在を知り、この手の質問は全て
「トラブルコーナーへどうぞ」で解決。

その他にも、
「トイレはどこにあるの」とか「自販機はどこにあるの」とか
「グランドに降りたいのだけど行き方を教えて」とか
「楽しそうなので来年参加したいが参加料はいくら」とかとか。

たいした仕事もしていないのに、
「スタッフ弁当引換券」と「うどん無料引換券」をもらい、
受付終了後、早速うどんを頂いた。
(うどんは200円ととても良心的で味の方もなかなか)

b0108100_2265495.jpg
     〈スタンドから5キロに参加のメンバーをズームイン、リラックスしてますね〉
b0108100_2273146.jpg
     〈5キロのスタート、須磨学園の選手が招待されていました〉

その後、5キロや10キロに参加するランニングクラブメンバーの応援に。
5キロも10キロも、スタート・ゴールが立派な陸上競技場で、
特にゴールでは陸上競技場のゲートをくぐって入場するという、
テレビで見るマラソンの国際大会のような風景が。
あれは気分が良いだろうなと思った。

昼過ぎに自宅に戻り、マラソン大会応援で刺激を受けたのか、
自宅近くの工業団地の周回コースにてペース走に挑戦。
いつもは20キロだが10キロ距離を増やして、
そのかわりペースを30秒遅らせて5分30秒のペースで走る。
20キロ過ぎぐらいからお腹が空いてガス欠になりそうになるが、
なんとかペースを保ち予定通り走りきる。
10キロの上乗せはやはり厳しく最後はバテバテでしんどかった。
30キロを5分30秒のペースで余裕を持って走れるようになりたい。

今日は34キロ、3月の累計201.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-15 00:00 | Trackback | Comments(2)

「こんだ薬師温泉」マラニック、どこま~でもゆこう!

b0108100_20341583.jpg
〈のどかな田舎の道の風景、心が癒されます〉

丹波篠山にある「こんだ薬師温泉」まで走ってきた。

今回のマラニックの目的は、萩往還完踏のための脚作り。
コースは、自宅から丹波篠山にある「こんだ薬師温泉」まで。
のどかな田舎道を走り、これといった見所は少ないが、
こののどかな風景が一番の見所かもしれない。

b0108100_20273029.jpg
     〈東条湖、昔の東条湖ランドは東条湖おもちゃ王国に変わっていました〉

息も上がり延々と坂道が続くようなキツイ峠越えこそないが、
途中、峠越えというか丘陵越えというか、幾度となくアップダウンを繰り返す。
主だったものでは、三木の緑ヶ丘越え、グリーンピア三木越え、オリムピックGC越え、
中国道沿いの三木市と加東市の境越え(ここは歩道がなく交通量も多いので走りにくい)、
東条湖越え、一番キツイと感じた清水寺登山口越え、最後に「こんだ薬師温泉」への登り。

b0108100_20215588.jpg
     〈清水寺登山口、片道3キロの登山道はまた今度にします〉

それぞれの丘陵越えは、全て舗装路で走れないほどの急坂ではない。
ゆっくりでも走り続けたので、疲労度はかなり高い。
計画では、清水寺登山口から登山道を登り、山頂の清水寺に参拝する予定であったが、
片道3キロの舗装された登山道は登る気力が湧いてこず、今回はパスした。

結局、朝の8時ごろに自宅を出発して、目的地には昼の2時半ごろに到着した。
距離は47キロほどで、天候も春のような陽気で気分が良く走り旅を満喫した。
平坦な田舎道をのんびり走っていると、突然昔のブリジストンのCMが頭に浮かんだ。
最初の歌詞しか思い出せないので、適当に作詞して口ずさみながら走った。

    ♪ どこま~でもゆこう 道はきびしくとも
           口笛を吹きながら 走ってゆこう~  018.gif060.gif

b0108100_20254064.jpg
     〈風呂上りのビールはサイコー〉
  
「こんだ薬師温泉」は、露天風呂の雰囲気が良くとてもリラックスできた。
いうまでもなく風呂上りのビールは最高。
068.gif
今日のマラニックで47キロ、3月累計129.2キロ。

〈なお、西神中央駅~こんだ薬師温泉までの今回のルートは、googleのマイマップで公開しています。クリックで移動しますよ!〉
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-08 00:00 | Trackback | Comments(10)

篠山マラソン、自分的にはまあまあの出来

b0108100_18351161.jpg
〈続々とフルを走り終えたランナーがゴールしてくる、お疲れさ~ん!〉

篠山マラソンに参加してきた。

気持ちは5月の萩往還に傾いており、
加古川や福知山のようなレース前の気合の乗りは今ひとつ。
いいコンディションに恵まれて、ポロリと自己ベストなんて淡い期待もあったが、
篠山のコースはなかなか手強かった。

当日の天候は朝からいいお天気で、寒さの心配はなさそうだ。
天候を考慮して、TシャツとショートのCW-Xで走ることにする。
この篠山も加古川と同様に、心拍数が150を超えないよう、
4分45秒のペースで走り通すことを目標とした。

今回の篠山は、参加者が11千人と久しぶりに1万人を超えたようだ。
スタート方法が大幅に変更されるなど、大会運営も改善され多いに気合が入っていた。
今後も様々な改善が行われて、ますますいい大会になるよう期待したい。

0~5キロ 23分53秒(平均心拍数145)
~10キロ 23分25秒(149)
~15キロ 23分38秒(148)
~20キロ 23分49秒(148)

10時50分、未登録の部スタート。
スタート時の混雑は相当なものでなかなか自分のペースで走れない。
まあ、これほどの規模の大会なので仕方ないのかもしれない。
コース的には、スタートから20キロ付近までは、比較的フラットな走りやすいコースで、
混雑を抜けてからは、昨年の加古川マラソンとほぼ同様のペースで走れている。

~25キロ 24分25秒(145)
~30キロ 24分39秒(148)

20キロ地点で有森さんらのハイタッチを受けて、
いよいようねりのようなアップダウンのコースを走ることとなる。
フラットなコースだとペースを把握しやすいが、アップダウンのコースは難しい。
上り坂になると当然にペースが落ちるが、その落ちたペースでもOKなのか、
それとも本当にペースダウンしているのか、その判断が難しい。

フラットなマラソンコースであれば、
20キロを過ぎても心拍数はまだ150近辺をキープできるが、
今回は、20~25キロ区間の平均心拍数が145と大きくダウンしている。
この坂道のある区間で、もう少し追い込んでも良かったのかなと思うが、
まだ残り20キロもあるなかで、上り坂で脚を使うのも勇気がいる。
結局、この20~25キロ区間で昨年の加古川に比べて大きくタイムが落ち込んでしまった。

~35キロ 24分40秒(148)
~40キロ 25分19秒(144)
~ゴール 11分17秒(143)

30キロ過ぎの折り返し後は、
高低図でみると下り基調だがそういう実感もあまりなく、
いつもの様に前のランナーを一人一人拾いながら走るが、思うほどスピードが出ない。
やはり、20~30キロにかけてのアップダウンで相当消耗していたのかなと思う。
ゴールの手前で、
ryujiさんや既にゴールしていた潮の風さんやたにやんさんの応援を受ける。
なんとか、3時間25分11秒(ネットタイム)でゴール。
20~25キロでの平均心拍数の落ち込みが悔やまれるが、
それでも自分的にはまあまあ走れたと思う。

今シーズンのフルマラソンはこれが最後である。
タイム的にはそろそろ限界かなとも思うが、来シーズンのフルマラソンでは、
目標である15分切りを目指したい。
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-01 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)