<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

萩往還の大会案内が届きました

b0108100_1441143.jpg


萩往還マラニックの大会事務局から封筒が届いた。

早速、中身を確認すると、
「大会参加規程」、「コース地図」、「ナンバーカード引き換えはがき」等が入っている。
昨年と大きく違うのは、「コース地図」がA4サイズの冊子として製本されており、
従前の黒一色のコピーではなくカラー印刷のため大変見やすいこと。
コース上で何箇所かは前の人に付いて行っただけで自信のない所もあるが、
この地図を見ていると一人でもいけそうな気がする。

もうひとつは参加賞として大会オリジナルコップが貰えること。
エイドにて極力紙コップを減らすため、このコップで給水してくださいという趣旨だ。
あと、チェックポイントやエイドの位置も若干の変更があるようで注意したい。
コース地図の改良やマイコップの新しい試みなど、新しくなった事務局の意欲がうかがえ、
以前にも増していい大会になりそうな予感がする。
5月2日が待ち遠しくなってきた。

b0108100_15225670.jpg
     〈マラソンコースのスタート・ゴール地点、今年の12月も笑顔で駆け抜けたい〉

今日も、萩往還に向けてできるだけ長い距離をゆっくりと走ろう。
山方面が続いたので、今回は平野部の国道沿いを走ることにした。
自宅から175号線を通って南に下り西明石駅に出て、その後は2号線をひたすら西へ。
さすがに2号線は歩道があり安心して走れるが、代わり映えのしない風景で面白くない。

11時過ぎに加古川に到着したが、日が高くなるにつれ日差しも強く暑くなってきた。
姫路まではまだ17キロもあるようで、さらに走る意欲がなくなってきた。
せっかくここまで来たので河川敷に降りて、
加古川マラソンのスタート地点まで行ってみることに。
昨年12月の自己ベストでのゴールシーンを回想しながらゴールラインを通過した。
今年の加古川マラソンでも、いい気分でゴールできるだろうか。

加古川駅構内の王将でビールを飲んで本日のマラニックは終了。068.gif
萩往還マラニック本番で、今日のような気候だとちょっとつらい。
逆に雨が降ったらもっとつらいけど。

今日のマラニックで31キロ、4月累計218キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-04-19 00:00 | Trackback | Comments(16)

菊水山往復マラニック

b0108100_15383283.jpg
〈菊水山から須磨、高取山方面の眺望〉

萩往還マラニックまであと20日ほど、今日もマラニックでどこかに行きたい。
今日も天気は良さそうで雨の心配は全くない。
自宅から走り出して、しあわせの村、そして菊水山の頂上で折り返しの往復コースにする。
朝の7時頃、自宅をスタート。

b0108100_1538551.jpg
b0108100_1539237.jpg
     〈西神中央ニュータウンの外周路、桜が満開で素晴らしい〉

明け方は少しひんやりして走りやすい。
桜が満開のニュータウン外周路を抜けて、太山寺の北を走り、
緩やかな坂道をゆっくりと走り、しあわせの村に到着した。
ここも桜が満開で、今日は天気もいいので多くの人で賑わうだろう。

b0108100_1539191.jpg
     〈早朝のしあわせの村、ジョギングを楽しむランナー〉

しあわせの村で標高が200mぐらい、自宅から100mほど上ってきた。
ここからはアップダウンのある鈴蘭台の市街地を走る。
途中、ローソンで菊水山頂上での食事を買う。
いつも大福かどら焼きなので、今日はめずらしくサンドイッチとオレンジジュースに。

菊水山登山口に到着、ここまで17キロほど。
菊水山に登るのには、急な階段のある六甲全山縦走路の登山道以外にも、
鈴蘭台方面から舗装されたNTTの管理道路を利用して登るルートもある。
今回はこの管理道路を利用することに。
縦走路はとても走れないが、この管理道路だと頑張れば十分走って上ることができる。
まだまだ元気なので、歩きなしで頂上まで走りまっせ!

b0108100_15393943.jpg
     〈頂上の鉄塔が見えてきた、あと少し頑張ろう!〉

2.5キロほどの管理道路を走りきり、459mの菊水山頂上に到着。
頂上は多くの人達が景色を楽しんでいた。
鵯越から登ってくる登山者は、ハァーハァー言いながら登ってくる。
ここの急登は半端ではないので、そのしんどさよく分かりますよ。

b0108100_17191015.jpg
     〈菊水山からの眺望、ゴルフ場と神戸の街並み〉     
b0108100_15402010.jpg
     〈頂上での食事タイム、サンドイッチもなかなかいいです〉

頂上でサンドイッチを食べたが、虫がまとわりついて落着いて食べれない。
先週は虫なんていなかったのに、ここのところの陽気で急に発生したのかな。
早々に食事を終えて、来た道を引き返す。
復路は気温も上がり日差しも初夏なみで少しペースは落ちたが、
なんとか自宅までたどり着けた。

往復で39キロ、4月累計、150キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2009-04-12 00:00 | Trackback | Comments(13)

六甲全山縦走、背後からのプレッシャーでサボれません!

b0108100_20252915.jpg

六甲全山縦走路でトレイルランを楽しんできた。

3月20日に福ちゃんさんと全山縦走にチャレンジしたが、
あいにくの雨でスタートが遅れ新神戸までとなった。
暑くなれば完走が難しくなるので、行くなら萩往還の練習を兼ねて4月中に行きたい。
福ちゃんさんに4月5日の再チャレンジを提案し、今回のトレイルランとなった。
さらに、たにやんさんも参加したいということで、今回は3名でのチャレンジとなる。
たにやんさんは三木RCのサブスリーランナーで、
今回も背後からのプレッシャーを感じながら、
サボりの許されない、いい練習になりそうな気がする。

当日の天候は、前日に雨を降らせた前線は南下してどんどん回復に向う予報。
午前中は雲が多くピークからの眺望もきかなかったが、
午後からは予報どおり青空が広がってきた。
雨の心配は全くなく、全山縦走にはなかなかのコンディションである。

b0108100_20255497.jpg

須磨浦公園を6時15分に出発して、順調にピークを踏んでいく。
福ちゃんさんは2回目の縦走路で、コースも頭に入り相当余裕がありそう。
たにやんさんも大学時代はワンゲルでさすがの脚サバキ、
久々の山とのことであるが、昔とったきねづか、全然問題ないでしょう。
前回にも増して強力なメンバーでプレッシャーキツイっす。

b0108100_20463488.jpg

須磨アルプス、高取山を難なくクリアーして、丸山の市街地に入る。
福ちゃんさんに、ややこしい市街地のコースを憶えてもらおうとトップを交代する。
そのまま菊水山もトップで登ってもらうが、さすがに速い。
急な階段でも全くペースが落ちず、途中からついていくのをあきらめた。
こんなハイペースが続いたら宝塚までとてももたないと思い、
菊水山のピークからトップを交代してもらう(汗)。
前回ビールを飲んだ桜茶屋をスルーして、
いよいよ一番の頑張りどころ摩耶山の登りにとりかかる。

b0108100_2037257.jpg

前を行くハイカーを面白いようにパスして、ベストタイムで摩耶山掬星台に到着。
宝塚まではまだ相当の距離を残しているので、一人だとある程度セーブしているのだが、
今回は知らず知らずに追い込んだようで、登りのための脚筋がかなり疲労している。
しばしの休憩後、今回のお楽しみの一つ「登六庵」でのカレーを目指して再びスタートする。
この摩耶山からの区間で弱音をポロリ、
「摩耶山はつらいですが、実は最高峰までの何気ない登りのあるこの区間が一番嫌で、
初めての神戸市の縦走大会でも、この区間で脚を攣りました。」と。
それでもなんとか自分を奮い立たせて「登六庵」に到着。

b0108100_20384529.jpg

以前はトッピングにチーズが出ていたが、今日は生玉子に代わっていた。
食事後、再び走り出すが太ももがとてもダルイ。
果たして宝塚までもつのか不安がよぎる。
最高峰までは車道ではなく本来の登山道を走った。
全山縦走の大会では車道を歩くが、距離も短くアップダウンのある登山道のほうが、
メリハリがあって気分的に楽である。

b0108100_20393721.jpg

b0108100_20425964.jpg

13時8分、最高峰に到着。
お二人に前回のここから宝塚までのタイムを伝える。もう少し、頑張りましょう!
ここからは宝塚まで高度を下げていくので、当然下り基調であるがやはり登りもある。
ただ登りといってもそんなに長時間続く登りではない。
行程も後半になり疲労が蓄積するなかで、最高峰から宝塚まで全て走り切れる人は、
相当な走力の持ち主ではなかろうか。いつかは全て走りきってみたい。

b0108100_20411127.jpg

14時51分、無事に捻挫などの事故もなく宝塚温泉に到着。
福ちゃんさん、たにやんさんとしっかりと握手してお互いの走りを称えあった。
温泉でさっぱりとして、駅前の中華料理店でビール&餃子で乾杯。
今日のビールは特別に美味しかった。003.gif068.gif
福ちゃんさん、たにやんさん、お疲れ様でした!
また行きましょう!

今日のトレランで54キロ、累計71キロ。
ほんとは54キロもなさそうだが、神戸市に敬意を表して。
[PR]

by toshihi616 | 2009-04-05 00:02 | トレイルラン | Trackback | Comments(4)

六甲全山縦走記録 Ⅱ

b0108100_18122380.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2009-04-05 00:01 | トレイルラン | Trackback | Comments(8)