<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丹後ウルトラ、気象条件はベスト

b0108100_6452374.jpg


丹後ウルトラに参加してきた。

今回で4回目の参加となるが、
丹後に着いて今回ほど早く走りたいと思ったことはない。
というのも、天気予報で大会当日の最高気温が23℃と、
例年に比べるとかなり低い。
夕方現地入りしたが、風がさらっとして湿度が低そうで、
半袖だと少し肌寒いくらいだ。

三木RCのK池さんらと合流して、いつもの中華料理店で作戦会議。
今年の目標は、碇高原の上り坂を歩かないこと。
タイム目標は、去年が12時間台だったので、
今年は12時間切りを目指したい。

大会当日、朝の2時半に起床してスタート地点に向う。
スタート前に、ocさんや青ちゃんと出会いエールを交換する。
ocさんらに、今までで一番いい気象条件になりそうですねと言うと、
青ちゃんが、「言い訳できないので、逆にプレッシャーですね」という返事が。
スタート前にプレッシャーをかけてしまったかな。

ゲストの増田明美さんの合図で、いよいよ100キロウルトラの始まり。
相変わらず夜明け前は足元が覚束なくて、慎重に走り出す。

b0108100_6461257.jpg

b0108100_6454861.jpg
     〈このあと一緒に写真を撮ってもらいました〉

夜が明けてからも曇りがちで、日ざしはそんなに強くない。
キロ6分を少し切る程度のペースを維持して、久美浜湾を1周する。
後半辛くなるのは分かっているので、ここは体力温存で押さえ気味に。

b0108100_6462165.jpg


復路の七竜峠の登りで早くも歩きが入ってしまう。
これでは碇高原歩きなしという目標を達成できないと思うが、
ここの登りも結構しんどいんですよ。

その登りで後ろから、「かねやんさん」という声が。
振り返ると、走ってこの坂道を登るocさんの姿が、
この坂道を走って登るとは、さすが調子良さそうだなと思った。

なんとか七竜峠を登りきって、浅茂川漁港に9時26分に到着した。
昨年のタイムが9時27分なので、ほぼ同タイム。
でも、疲労度は昨年と違い、まだまだいける感じ。
うどんを胃の中に流し込んで、早々に出発する。

b0108100_6463567.jpg


今年から少しコースに変更があり、漁港から網野市街を抜けるのではなく、
海岸沿いを走るがはじめてのコースが新鮮で、
サーファーを見ながら距離を稼ぐことができた。

ただ、あじわいの郷あたりから、少し日ざしが気になってきた。
すでにフルマラソン以上の距離を走って、
このあたりが中盤の地味にしんどいところなのだが、
去年に比べると今年はまだ走れている。

b0108100_6465491.jpg


56キロ地点の弥栄庁舎に到着。
昨年もそうだったが、ここのエイドのバラ寿司は食べれなかった。
せっかく郷土料理を用意してもらっているのに申し訳ないと思うが。
でも、大粒の葡萄や梨はとても美味しく頂けた。

そして、このエイドでは予め着替えなどの荷物を預けておくことができる。
私は上のウェアと靴下を預けてあり、着替えるために会館内に入ると、青ちゃんと出会った。
まだまだ元気そうで、お互いエールを交換する。
彼は既に着替えを済ませていたので、「頑張って」と送り出す。

再びエイドで梨などの果物を頂いて、いよいよ碇高原の登りに挑む。
昨年は弥栄庁舎を出たとたんに歩き出してしまったが、
今年はどうにか走れている。
登りの途中でようやくocさんに追いついた。片手を挙げてエールを送る。

確かに日ざしは弱くはないし体はしんどいが、涼しい風が吹いて気分は爽やかだ。
さすがに九十九折れの斜度の急なところは走れなかったが、
今までで一番走れたと思う。

b0108100_647538.jpg


碇高原登りの最後のエイドで、頭から水をかぶる。
氷水がとても気持ちいい。
係りの人が、「あと1.5キロで登りは終わりです」と、励ましてくれる。
もう少し頑張ろう。

b0108100_6472289.jpg


なんとか、碇高原に到着。時刻は13時35分(経過時間9時間5分)。
昨年が14時5分なので、30分ほど速い。
気分よく日本海を目指して坂道を駆け下る。
ただ、高度を下げるごとに、高原での爽やかさが感じられなくなり、
段々と暑くなってきた。

b0108100_6474787.jpg


日本海沿いの国道に出て80キロ地点を通過した時刻が14時13分。
タイム目標である12時間切りを達成しようと思えば、
あと20キロを2時間17分で走らないと達成できない。
今のペースはキロ6分を切って走れていないので、
ギリギリ達成できるかという微妙な残り時間。

これがフルマラソンであれば、躊躇なくタイムにチャレンジするのであるが、
この大会はウルトラマラソン、そこまで追い込まなくても。
エイドで休憩して、せっかくの景色を楽しんで走りたい気持ちもある。

b0108100_6475767.jpg


当然、体の疲労もあり中途半端な気持ちで走っていると、
90キロ通過時点で、キロ6分で走らないと12時間切りは無理となる残り時間に。
気分的には80キロ地点でタイム目標は諦めていました。

b0108100_6482942.jpg
     〈潮の風さん、写真ありがとうございました〉

最後あと1キロ地点から、三木RCのたにやんさんに並走してもらいゴールを目指す。
昨年と全く同じだが、今までキロ7分ぐらいでトボトボ走っていたのに、
並走してもらうといいペースで走れてしまう。
これって一体なんなのか?

b0108100_23135442.jpg


ゴール手前のコーナーで、
K池さん、潮の風さん、ガンちゃんらのハイタッチを受けて、自然と笑顔になってくる。
タイムは12時間13分38秒。
最後、80キロから気持ちを切り替えて、走り切れたらと思うと少し残念。
でも、気象条件が良かったとはいえ、碇高原で自分なりに走れたので良しとします。emoticon-0100-smile.gif

ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2009-09-20 00:00 | ウルトラマラソン | Trackback | Comments(28)

久々の日曜練習会、セカンドベスト

久々に三木RCの日曜練習会に参加した。

1週間後に丹後ウルトラがあるので、ほどほどに走るつもりだった。
でも、スタートして公園内の8の字コースを走ってみると、
昨日雨で休足したせいか、いい感じで走れている。
すぐ前を沖やん先輩が走っていたのでつかせてもらう。

2キロ過ぎでちょっとペースが落ちてきたので、さっちゃんと一緒に前に行かせてもらう。
この3キロからの1キロのラップタイムが4分6秒と、
一人で走っているととても出せないようなペースで走れている。
しんどいですが、皆さんと一緒に走る練習会のいいところです。

三木の市街地まで下り基調のコースだが、いい感じで脚は動いている。
せっかく、さっちゃんといい感じで並走できていたのに5キロ過ぎの信号に引っかかる。
さっちゃんが、「せっかくいい感じで走れてたのに」と、まだまだ余裕がありそう。
彼女は大阪国際女子の参加資格を持つランナーで、当然私より速い。

この信号から登りのコースとなるが、
森林公園の手前ぐらいからガクッとスピードが落ちて、ついていけなくなる。
それでもなんとか腕と脚を必死に動かしてゴールまで走る。
結局、このコースのセカンドベストの42分25秒で走れた。
信号待ちがなければベストだったかも。

ゴールしてスピードを落とすと一気に汗が吹き出してきた。
この練習コースはアップダウンがきつく何度走ってもしんどい。
来週の丹後ウルトラが終われば、いよいよフルマラソンのシーズンが近づいてくる。
日曜練習会に参加して、スピードに慣れていきたい。
[PR]

by toshihi616 | 2009-09-13 00:00 | Trackback | Comments(12)

初めての高島トレイル、景色は最高!

b0108100_2184483.jpg
〈日本海方面の眺望、敦賀の港町が望めました〉

ocさん主催の高島トレイルランの企画に参加してきた。

b0108100_2116187.jpg

高島トレイルの位置は上記の地図のとおりで、
日本海側と琵琶湖側とを区分する山々の稜線上のコースで、
コース上には、日本海と琵琶湖とを見渡せる絶景ポイントもある。
若狭越えの峠がコース上に点在し、
鯖街道マラニックで通過する根来坂峠もコース上にある。

参加者は、ocさん、N田さん、ryujiさん、和尚さん、ミカンさん、
のり姉さん、かなちゃん、かなちゃんの友達(Yさん)、私の9名。

b0108100_21112222.jpg


三宮駅発7時20分の新快速で湖北のマキノ駅に、
そこからバスでスタート地点の国境スキー場に到着した。
10時半頃から登り始めるが、いきなりスキー場の直登でなかなかにきつい。

b0108100_21165764.jpg


ただ一度稜線に出てしまうと、いい感じのトレイルが続く。
稜線上なので視界の開けた所が多いが、
左手に視界が開けると琵琶湖や竹生島がよく見える。
場所によっては敦賀の港や日本海まで見渡せるところもある。

b0108100_21341279.jpg

b0108100_21173740.jpg

b0108100_21175535.jpg

b0108100_21181191.jpg

b0108100_2140636.jpg


絶壁の連なる明王の禿というところで昼食タイム。
転落防止のために鉄の手摺が張られていたが、
ちょうど強い風が吹いていたが、手摺がないとちょっと恐い。

b0108100_2120648.jpg
〈明王の禿から琵琶湖を望む〉
b0108100_21202864.jpg

b0108100_21205080.jpg
     
b0108100_2121837.jpg


予定を少し変更して、赤坂山のピークハントをした後、
マキノスキー場にある「さらさの湯」に向けて下山する。
温泉でゆったりして、場所を京都駅前に移して飲み会となる。emoticon-0167-beer.gifemoticon-0100-smile.gif

主催者のocさん、素晴らしいコースを紹介してくれてありがとう。
テンポのいい下りの速さにはついていけませんでした。

参加の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2009-09-07 21:11 | トレイルラン | Trackback | Comments(14)

萩往還、ふたたび!

今日、RUNNETで萩往還マラニック250キロに申し込んだ。

あんなしんどいマラニックに何でと思われるでしょうが、
自分でもよく分からない。
今年、体を傾けながらゴールした瞬間は、もう萩往還は卒業かなと思った。
二晩徹夜の、非日常のサバイバルレース、なにか惹かれるものがあるんでしょう。

来年、萩往還を走られるランナーの皆さん、
既にエントリー済みの風来坊さん、よろしくお願いします。
[PR]

by toshihi616 | 2009-09-04 00:00 | Trackback | Comments(4)