<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

六甲全山縦走練習会

b0108100_21225025.jpg

ホラポス練習会で六甲全山縦走路を走ってきた。

参加者は、
 7時出発組 ryujiさん、すえまっちゃん、私
 7時半出発組 ocさん、ミカンさん、青ちゃん

加古川マラソンのダメージがあると思い、アーリースタートを選択した。
7時過ぎに須磨浦公園駅を、ryujiさん、すえまっちゃんとともに出発する。
天気の方は雲の多い空模様だが、風もなく寒さも厳しくない比較的穏やかな日和。

b0108100_2151212.jpg

b0108100_2152761.jpg

三人でのんびりと、旗振山、須磨アルプス、高取山を登り、
月見茶屋で休憩していると、早くも7時半出発組に追いつかれた。
予想より早い追いつきに少々びっくりした。

b0108100_21145275.jpg
     〈菊水山の取っ付き、皆さんまだまだ元気です〉

合流してからは急にペースが上がりだした。
パーティが縦に長くなり、後ろの人がはぐれてないか少々心配になる。

b0108100_21162055.jpg
     〈ocさん、摩耶の登り、お疲れさん!〉

縦走路中で一番の頑張りどころ、摩耶山の登りも全員登りきるが、疲労度が大きそう。
ここからはゆっくりでも走り続けて、ペースを取り戻してほしいところ。
昼食予定のガーデンテラスまで頑張りましょう!

b0108100_2154748.jpg
b0108100_2155726.jpg
     〈さすが、ロング缶!〉

ガーデンテラスで、カレーとビールで一息つく。

最高峰に 3時半ごろに到着。
ここまでくれば「終わったも同然」。
後は宝塚まで下り基調のコースを下るだけ、なんとか日没前に宝塚に到着できそう。

宝塚まで、比較的走りやすいところの多い縦走路を、気分良く駆け抜ける。
5時ごろ宝塚温泉に到着。
温泉で汗を流して、駅前の居酒屋でビールで乾杯する。
全員怪我なく無事に宝塚にゴールできてなにより。いい練習にもなった。
emoticon-0167-beer.gifemoticon-0100-smile.gif
参加の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎え下さい!
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-27 00:00 | Trackback | Comments(12)

加古川フル、納得のレースで言う事なし!

b0108100_20521773.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

前回フルの福知山では、20分切りにあと2秒及ばなかったので、
この加古川では20分を切ることを目標とする。
10日前の長居公園での30キロで、4分30秒~40秒のペースでイイ感じで走れたので、
この加古川でも同様のペースで走りきりたい。

当日の天候は、曇り時々雨。
雨といっても弱い雨でランニングにはほとんど影響なかった。
問題の風については、スタート時にはほとんど感じない微風。
時間が経過するにつれて、弱い北風となる。

例年だと強い南風(海風)が吹いて、
ラストの7キロが向かい風でとても苦しいのだが、
今回は追い風となりラスト7キロは今までに比較すると走りやすかった。

三木RCの沖やん先輩と一般の部のスタートラインに並ぶ。
9時45分、一般の部スタート。
福知山のように大規模の大会ではないので、
スタート時の混雑も一時だけで、ほどなく自分のペースで走れるようになる。

~ 5キロ 23分21秒
~10キロ 22分46秒
~15キロ 22分46秒

5キロを越えた辺りから体も慣れてきて設定のペースでちょうどイイ感じ。
ただ、この辺りから15キロぐらいまで、前の人について走っていると、
知らず知らずのうちにペースが速くなっていく。
周りの人達もまだまだ元気なので、調子乗って追走していると後半つらくなる。
時計でペースを確認して、スピードを出そうとする気持ちにブレーキをかけながら走る。

加古川大堰を渡り対岸に移動する。
下流に向って23キロ過ぎの高砂の折り返しまで、淡々とペースを刻む。
長居公園での30キロ走と同じような感じで走れている。
痛む個所もなく順調である。

~20キロ 22分47秒
~25キロ 22分58秒
~30キロ 23分40秒

ところが、高砂の折り返し地点をターンしてみて、
向かい風が吹いていることに気が付いた。
この風に後押しされてイイ感じで走れていたのか。

折り返し後、向かい風となり精神的なものと疲労とでペースが落ちてしまった。
でも、今は向かい風だが、最後の7キロは逆に追い風になることを励みに、
対岸に移動し方向転換する大堰まで我慢の走りとなる。

30キロの通過タイムは、長居公園での30キロ走とほぼ同様のタイム。
疲労度は、高砂の折り返しから少し無理をしてペースを維持してきたため、
今回のマラソンの方が大きそう。
パワージェルと梅干を食べて、気分も新たに後半の12キロに挑む。

~35キロ 24分18秒
~40キロ 24分17秒
~ゴール 10分36秒

大堰を渡り対岸に移動すると、予想通り風を全く感じない。
過去の加古川だとラスト7キロはいつも向かい風で悩まされるのだが、
今回のように追い風となるのは初めてのことだ。
気分的にも楽になり大きく失速することなくゴールできた。

タイムはベスト更新の3時間17分29秒(ネットタイム)。

そして、いつもだと後半疲れてしまいキロ5分台にまで落ち込むのだが、
今回は全コースの1キロラップが全て4分台で走りきることができた。
今年最後のレースで、気象条件の後押しもあるが、
納得のレース展開とタイムに言う事なし。
晩酌のビールと日本酒が美味しかった。emoticon-0167-beer.gifemoticon-0100-smile.gif

b0108100_20524354.jpg
     〈ガンちゃん、サブ3.5おめでとう!〉

最後に、コース上でエールを交換した、
潮の風さん、たにやんさん、K池さん、N川さん、ガンちゃん、K林さん、
パワーになりました。ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-23 00:00 | Trackback | Comments(16)

大阪スポーツ祭典30キロ、加古川に向けて最後のペース走

b0108100_2263523.jpg


大阪スポーツ祭典30キロロードレースに参加してきた。

フルのメインレース加古川を10日後に控えて、最後のペース走をしたくて参加した。
この大会には初めての参加、長居公園内のフラットなコースを周回するが、
フラットコースでペースを取りやすそうなことも参加した理由の一つだ。

参加者は200名弱とこじんまりした大会。
その割には公園内の体育館全面が更衣室に当てられており、
余裕で着替えやストレッチが出来て快適である。

ただ、公園内の周回コースを特に進入規制しているわけでないので、
子供の自転車や散歩する人に注意する必要がある。
特に自転車の突然のコース上への進入やコース上での方向転換には要注意。
コース上はランナーだけのものでなく、レース中も自転車や歩行者が利用している。

ペース設定は、当初は4分45秒から5分のペースを考えていたが、
スタート後の感触で4分30秒台のペースでもいけそうな気がしたので、
4分30秒を超えずに4分45秒以下まで落ちないペースに変更した。

1周2,813メートルのコースを10周とプラス1,870メートルで30キロだが、
2周も走ると景色にも飽きてくる。
参加者も少ないのでランナーも前後にバラけて、30キロのうちほとんどが単独走となる。
速いランナーが追い越していくときそのフォームを観察したり、
周回遅れのランナーを抜く時に少しペースアップしたりと、
なんとか気を紛らせながら、大きなペースダウンもなくゴールできた。

スタート~5キロ 23:15
5キロ~10キロ 22:53
10キロ~15キロ 23:05
15キロ~20キロ 22:59
20キロ~25キロ 23:03
25キロ~30キロ 22:59

2時間18分12秒

タイムは、10月のユリカモメより4分ほど短縮できた。
ほぼ福知山の30キロ通過タイムと同じで、
福知山で発生した左太もも裏側の痛みもなく、
30キロ通過時の福知山よりやや余裕がある感じ。
フラットなコースで走りやすいということだろう。

加古川では天候や体調に大きく左右されると思うが、
どのようなコンディションであれ、納得のレースで今年のレースを締めくくりたい。
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-13 00:00 | Trackback | Comments(6)

はちや@千歳

b0108100_2233067.jpg
〈クロソイのアラの塩焼き〉

店名:はちや(海鮮居酒屋)
住所:千歳市末広4丁目8ー13
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-10 00:00 | Trackback | Comments(4)

しあわせ健康駅伝、並走に感激!

b0108100_204527100.jpg


しあわせの村健康駅伝に参加してきた。

今回から区間等に変更があり、いままでは6区間で第一走者のみが園内を2周したが、
変更後は5区間になり第一走者と最終走者が園内を2周、他の区間は1周となる。
三木RCからは6チームがエントリーした。
私はCチームの最終走者で、園内を2周(6.38キロ)しなければならない。

駅伝は個人のレースではなく団体戦なので、
きわどい状況でタスキを渡されると、マイペースで走ることが出来ず、
無理して実力以上のペースで飛び出すこととなる。
そうなると、距離は短いのだがとてもきつい走りになる。

ただ、今回のレース展開は、私にタスキが回ってくる頃には、
前後に大きくバラけて気分的に楽な状況でタスキをもらった。
入れ込むこともなく1周目をマイペースで走り、2周目も淡々と走り続ける。
タイム的にも平凡で、あまり緊張感もなくこのままゴールかなと思った。

ところが、2周目を半分くらい走ったところで、
会長が沿道を並走しながらエールを送ってくれている。
これはチンタラと走っている場合ではないと、その声援に応えなければと、
体が敏感に反応してシャキッとなった。

結局、周回コースのトラックへの進入コーナーまで並走してもらい、
ダレルことなくいい刺激を受けながら走りきることが出来た。
そして、タイムも1周目よりもこの並走してもらった区間のほうがよかった。
1キロ以上も励ましの言葉を受けながら並走してもらいとても感激した!
会長、ありがとうございました。

来週は大阪スポーツ祭典で30キロロードレースに参加予定。
加古川に向けての最後の調整レースで、イイ感じのペースで走りきりたい。
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-06 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)