<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

播磨アルプス、眺望最高!

b0108100_21313261.jpg

播磨アルプスを走ってきました。

三木RCの福ちゃんさんからトレランしませんかとお誘いを受けた。
主催者は同じクラブのⅠ川さんで、場所は播磨アルプスの縦走路。
播磨アルプスというのを初めて聞いたが、
地理的には加古川の西に位置する連山で、最高峰は高御位山の304m。
距離にすると20キロくらい。
標高といい距離といい、走る前はちょっとなめていました。

b0108100_21321319.jpg

b0108100_21323969.jpg

8時にJR宝殿駅に集合して、Ⅰ川さんの車でスタート地点の運動公園まで。
ゴールもこの運動公園で、ロードも含めてグルリと1周するようなコース。
最初の登りでI川さんはしっかり走られている。
さすが富士登山レースの完走者。
b0108100_2142957.jpg


当たり前の話だが、上り坂を走って登るとしんどい。
六甲縦走路だと距離が長いので上り坂はまず走らない、普通は早歩き。
最初のピーク竜山に到着、標高は100メートルに満たないが、
瀬戸内海方面の眺望は最高。

b0108100_21331160.jpg

しばらくいくと右手が切り立ったスリル満点のコースを通る。
右手は石切り場でその規模は半端ではない。
Ⅰ川さんの話ではこのあたりは昔からの石切り場で、
ここで切り出した岩を遠く奈良の都まで運んだようだ。

b0108100_21332536.jpg

次の山は日笠山で、桜が多く景色もいいので絶好の花見スポットだ。
ここの登りも歩くことなく走り続ける。
まだ、序盤なのでついていけるがこの調子で最後まで走れるか不安になる。
一度市街地に下りてJR曽根駅近くを通る。
登山では、この曽根駅をスタートして播磨アルプスを馬蹄形に縦走して、
JR宝殿駅をゴールにするのが一般的らしい。

b0108100_21362844.jpg

b0108100_2134459.jpg

2号線沿いのコンビニで休憩して、播磨アルプスのメインルートに差し掛かる。
いきなりの急坂で、一人なら迷わずに歩くところを、Ⅰ川さんは歩かない。
この辺りから岩肌がゴツゴツしてくる。
今日は天気がいいので気にならないが、雨でも降ろうものなら、
とても滑りやすい危険なコースになるだろう。
大げさな印象としては、巨大は岩山を登っているような感じ。

b0108100_2134455.jpg

さすがのⅠ川さんも早歩きとなるが、その歩きも一歩一歩の歩幅が広く、
遅れずについていくのが精一杯。このコース、ハード過ぎます。

でも、このコースのお勧めポイントは、周囲の眺望が素晴らしいところ。
急激に高度を稼ぐので、まるで飛行機で離陸直後の景色を見ているよう。
岩山で木々もそれほど密生しておらず、風通しもいい。

今日は天気もよく絶好の登山日和で、登山を楽しむ人も多い。
彼らも急な坂でしんどいのか、我々が接近してくるのを感じると、
直ぐに立ち止まって道を譲ってくれる。
立ち止まられて、「マイペースでいきますから、お気遣いなく」とも言えず、
出来るだけ呼吸を乱さずにかたわらを走り抜ける。
1回目は走りきれたが、2回3回となるとインターバルダッシュをしているようで、
体に悪いよ~!

Ⅰ川さんから、ここからは迷うことはないのでフリーでどうぞと。
福ちゃんさんが、いいペースで駆け上がる。
岩から岩へと飛んだ~。
あっという間に見えなくなった。
福ちゃんさん、調子良さそうですやん!

b0108100_21365396.jpg

b0108100_2137975.jpg

このコースの最高峰、高御位山山頂に到着。
高所恐怖症の人には絶対にお勧めできない、恐いほどの高度感。
大事な部分がキューッと縮み上がる。
この山が標高304メートルとはとても思えない。
この高度感、実際に頂上に立ってみないと分かりませんよ。
ぜひ一度、登ってみてください!

b0108100_21372950.jpg

頂上でバナナ休憩後、再びの尾根筋を快適に走り抜ける。
さすがに、頂上直下の急坂は少し腰が引けたが、
トラブコのグリップ力でなんとか切り抜けた。

縦走路を走り抜けて、市街地をスタート地点の運動公園まで、
途中で石の宝殿を見学して、無事ゴールできた。
スリル満点の眺望と、ハードなトレランで満足度はとても高い。

その後は、Ⅰ川さんの車でスーパー銭湯へ。
汗を流して、お決まりのビールで乾杯。
Ⅰ川さんごめんなさい、遠慮なくビールいただきます。emoticon-0167-beer.gif

眺望の素晴らしいコースを案内していただいてありがとうございました。emoticon-0100-smile.gif
また、新しいトレランコースをゲットしました。
[PR]

by toshihi616 | 2010-04-18 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(12)

萩へ第5弾、六甲全山縦走、後半粘れました

b0108100_6193188.jpg

萩往還マラニックに向けて第5弾、またまた六甲縦走路を走ってきた。

今回もいいお天気、でも少し肌寒くひんやりとしている。
スタート地点ある須磨浦公園では、桜が見頃でとてもきれいだ。
桜の下にはすでにシートが置かれて、今日の花見の場所取りが行なわれていた。
今日はいろいろな所で、見頃の桜を見ることができた。

b0108100_6195066.jpg

6時17分に須磨浦公園をスタート。
走り始めは寒かったのでウインドブレーカーを着たままだったが、
旗振山への急な上り坂で体が暖まり、長袖のシャツ1枚となる。
ロープウェイ山上駅近くの桜も、海をバックにとてもきれいだ。

b0108100_6281192.jpg

1週間前に六甲を走った疲れも特になく、今日は出だしから体がよく動く。
須磨アルプスを越えて、横尾団地の市街地のロードもいつもより走れているような気がする。
連続したトレイルランのおかげで脚の筋肉が慣れてきたのかもしれない。

b0108100_620138.jpg

妙法寺の桜も、1週間前が満開と思ったが、今回のほうが花のボリュームもあり本当の満開だ。
高取山もそれなりに登り、お腹が空いてきたので頂上付近の月見茶屋前のベンチで大福を食べる。
最近の行動食は、大福とどら焼きが多い。腹持ちがよくかさばらず最高の行動食だと思う。
丸山の市街地を抜けて菊水山の急な坂道を登る。
菊水山の到着時刻が9時8分とスタートから2時間51分、先週よりも10分ほど速い。

この辺りから自己ベストの色気が出てきて、山頂からの景色もそこそこにスタートする。
鍋蓋山を登り、桜茶屋を通過して、摩耶山の登りに差し掛かる。
今日は天気もいいので登山を楽しむ人も多かった。
前を行くハイカーを一人一人拾いながら、自分ではいいペースで登っているつもりだったが、
この区間は、前回のタイムとあまり変わらなかった。

b0108100_6202347.jpg

いつもなら、摩耶山の掬星台でのんびりと景色などを見ながら休憩するのだが、
今日はほとんど休憩なしで先を急いだ。
丁字が辻手前の舗装路で、いい感じで走っている二人組みのランナーに追いつかれた。
一人は消防署のユニフォームであるオレンジのズボンを履いていた。
しばらく後ろを走らせてもらう。後ろを走っていると少しリズムがでてきた。
登六庵手前の急な坂道も淡々と一定のペースで走っている。
このまま追走したかったが、むこうのほうが走力が上で徐々に差が開いていった。

ガーデンテラスでも、前回のようなカレーとビールをパスして、
どら焼きでお腹を納得させて先を急いだ。
最高峰に12時24分到着、スタートから6時間38分経過。
ロードでのいい感じの並走と食事休憩なしが効いて、前回より30分ほど速い。

b0108100_6203475.jpg

これは最後の東六甲縦走路を頑張れば、自己ベストを狙えそうだ。
最高峰でも写真を撮って、休憩なしでその場を後にした。
今日は絶好のハイキング日和なので、東縦走路にも登山の人達が多い。
足音で道を譲ってくれるので、お礼を言って走り抜ける。

下り坂だと抜きやすいのだが、上り坂で譲ってもらってもと思うが、
せっかく道を空けてくれているので、無理をして走るが太ももにきてとてもしんどい。
今までなら歩いて登っていたところを、今回は自己ベストが見えていたこともあり、
結構追い込んで走った。フルマラソンの後半のようなしんどさである。

b0108100_6204483.jpg


宝塚温泉に13時55分到着した。
タイムは7時間38分と自己ベスト達成、前回が8時間20分なので42分の短縮となった。
後半、追い込んで走ったため、ふとももがとてもだるい。
この後はお決まりのコースで、宝塚温泉で汗を流して、生ビールを流し込んだ。
今日のビールは一段と美味しかった!emoticon-0100-smile.gifemoticon-0167-beer.gif
[PR]

by toshihi616 | 2010-04-03 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(10)