<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フルマラソン、一歳刻みランキング

b0108100_21424376.jpg

一歳刻みフルマラソンランキングが届いた。

普段のレースでは順位にこだわりはないが、このランキングだけは別で、
100位以内に入るのが私の目標の一つである。
前回は、3時間22分47秒で182位だった。
今回のタイムは、昨年12月の加古川での3時間17分29秒で、
どれ位ランクアップしているか楽しみだ。

早速、順位を確認すると、152位。
おぉ~、ちょうど30位順位が上がっている。
100位以内まではまだまだだが、いつの日かランクインすることを夢見て、
いつまでも健康で走り続けたい。
[PR]

by toshihi616 | 2010-07-28 00:00 | Trackback | Comments(4)

六甲トレイルラン、ビールパワーで復活じゃ!

b0108100_22205646.jpg

六甲縦走路を走ってきた。

今年の梅雨は降る時はしっかりと降るので、
天気予報で雨マークの時は山方面へ行くのは二の足を踏んでいた。
でも、17日に梅雨も明け早速六甲トレランを計画した。
大阪城3時間走の時に、福ちゃんさんを誘って一緒に行くことに。
コースは、神鉄の鵯越駅から宝塚までの約35キロ。
夏場の暑い時期の全山縦走はしんどすぎるので、前半部分はカットした。

b0108100_22213886.jpg

6時20分ごろ、鵯越駅を出発。
いきなりの菊水山の登りで早くもシャツが汗だくになる。
b0108100_22234952.jpg

鍋蓋山を登り早くもペットボトルが空になり、大竜寺境内の自販機で補充。
今日はどれだけ水分を補給するのやら。

日も高くなってきて今日も暑くなりそう。今でも十分暑いですが・・・。
摩耶山への登りは縦走路である天狗道を避けて、
沢沿いのツエンティクロス・徳川道を選択する。
沢沿いの涼しさを期待しての選択だったが、風が通らないので蒸し暑かった。

しかも、梅雨で増水しており、靴を濡らさないと川を渡れない。
この沢沿いのコース、何箇所か橋のないところを飛び石伝いに河を渡るが、
完全に水没している飛び石があり、シューズを濡らしながらの渡渉となった。

なんとか、沢をつめて縦走路に戻るが、
平坦な舗装路になっても走る気力が湧いてこない。
一人だと、カレー屋さんでビールを飲んで有馬温泉に下山していたと思う。
しばらくは、ハイキング気分で話をしながらチンタラと歩いていたが、
太陽は雲に隠れて涼やかな風も吹いている。
「言い訳する材料がなくなってきましたね」と、私。
「ビールの飲めるところまで走りましょうか」と、福ちゃんさん。
b0108100_22243023.jpg

そして、「登六庵」で缶ビールを飲んでしばし休憩。
徐々に体力が回復してきて、走りを交えてゆっくりではあるが最高峰へ。
先ほどのビールパワーが切れかけてきたので、
福ちゃんさんを無理やり、「一軒茶屋」に誘い、缶ビールでパワーを抽入ししばし休憩。
b0108100_22245638.jpg
b0108100_2225729.jpg
b0108100_22252590.jpg

再び、舗装路を走り出すと、今までの疲労感が消えて今まさにスタートしたような気分に。
トレイルに入ってからも、足はよく動いて完全にスイッチオン状態。
気分的にもハイな状態で、塩尾寺までかなりしっかりと走りきることが出来た。
タイム的にも、一軒茶屋から塩尾寺まで1時間15分と、
ベストと1分しか違わなかった。

しかし、ここから宝塚温泉まで、うだるような暑さの街中を、
だらだらと歩いたがこの区間結構つらかったです。
b0108100_22255881.jpg

宝塚到着は、お昼の2時ごろ。8時間弱のタイム。
ゴール後は、近くのコンビニで冷たいカキ氷を買った。
なんと、福ちゃんさんは今日3本目の缶ビールを、さすが。

温泉に入り、いつもの中華料理屋で乾杯となる。
あっという間にジョッキが空となり、もう一杯。餃子も追加。
もうたまりませんね!emoticon-0167-beer.gifemoticon-0100-smile.gif

今日のトレランで、夏場のビールはパワーになることが完全に証明されました(笑)。
[PR]

by toshihi616 | 2010-07-19 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)

夕涼みラン大阪城3時間走

b0108100_11381472.jpg

夕涼みラン大阪城3時間走に参加してきた。

17日に九州から関東まで一斉に梅雨明けとなり、
朝から清々しいほどの青空が広がっていた。
最高気温などを見ると、今年一番の暑さになったところも多く、
日本海の小浜では35度を超えて猛暑日となったようだ。

夕涼みランのスタートは、夕方の5時半だが、
3時半過ぎには大阪城に到着して受付を済ませた。
木陰で準備していると、さすがに気温は高そうだがいい風が吹いている。
暑さで走る気力がなくなるほどではなく気分的にはましである。

この大会は、今シーズンのフルに向けての練習として去年より参加している。
一人で夏の暑い中3時間も一定のペースで走れないが、
大会だと参加者の皆さんから刺激をもらいながら、そこそこは走れてしまう。
今年も、キロ5分のペースでどこまで走れるか試してみたい。

夕方の5時半スタート。
参加者名簿によると、個人では364名、チームでは85チーム。
1周1.85キロの大阪城内のコースを3時間周回して、
走った距離を競う、ディスタンス・チャレンジである。

最初の1周はアップを兼ねて押さえ気味に走り、
2周目からは設定のキロ5分ペースで淡々と距離を刻む。
心地よい風が吹いているので、気温の高い割には走りやすい。
でも、コース上で一部追い風になり無風状態になるところがあり、
息苦しさを感じる。

20キロ手前のまだ元気なときに、潮の風さんから追い抜かれざま、
「いいフォームで走れてますよ、体が軽そうです」
とエールをおくられる。
走るフォームを褒められて、いい気分になり少しペースが上がってしまった。

しかし、調子がいいのも22~23キロ付近までで、
徐々にキロ5分のペースを保てなくなる。
以後は、動かなくなる体をダマしダマしキロ6分弱のペースで走り続ける。
20キロを過ぎると、歩いている人も多くなり誘惑に負けそうになる。

結局、昨年の7月と同じ19周(35.15キロ)を走りゴールした。
前半、いい感じで走れていたので、後半ももう少しペースを維持できると思ったが、
まあ、こんなもんでしょう。

大会終了後は、三宮で脱線して、潮の風さんと福ちゃんさんと3人でジョッキを傾けた。
夏場のレース後のビールはやはり格別なものがある。emoticon-0100-smile.gifemoticon-0167-beer.gif
8月にも夕涼みラン3時間走のPART2がある。
その頃はもっと過酷な気象条件になると思うが、
今シーズンのフルマラソンでの好タイムを期待して参加したい。
[PR]

by toshihi616 | 2010-07-17 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)