<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

帝釈山マラニック、眺めのいい頂上を発見しました

b0108100_20505663.jpg

マラニックで帝釈山に登った。

福知山マラソンでの筋肉痛も癒えて、天気も良さそうで長い距離を走りたい気分。
ザックを担いで以前行ったことのある岩谷峠を目指すことにする。
片道だけで20キロ強、しかも岩谷峠の上り口までに大きな峠が2ヶ所もある。
アップダウンの連続のコース。
「なでしこの湯」をゴールとしたいので、お風呂セットもパッキングする。
ゆっくりとマラニックペースで景色を楽しみながら走り出す。
b0108100_20534456.jpg

福知山マラソンでは、ふくらはぎのダメージが大きく攣りそうになった。
その反省として、できるだけキックしないふくらはぎを使わない走りを試してみる。
ふくらはぎは大きな筋肉ではないので、使いすぎるとすぐに疲労してしまうらしい。

ある人が言っていた、
「骨盤と足裏で地球を押さえつけるイメージ、足首を固定するような走り」
をゆっくりとした走りの中で実践してみる。
上り坂になると自然とイメージしているような走りになっているように思う。
b0108100_20535518.jpg

予定では岩谷峠で折り返すつもりであったが、国道の左に帝釈山の上り口を見つけた。
帝釈山は、丹生山系のひとつで西から丹生山、帝釈山、稚児ヶ墓山・・と続いている。
丹生山は登ったことはあるが、帝釈山はまだ未踏の山である。
天気もいいのでピークハントしてみよう。

トレイルシューズではないので、登りも下りも慎重に歩いて進む。
何度か稜線上のピークを上り下りするが、なかなか頂上にたどり着けない。
帝釈山に登ろうと思ったことを後悔したが、ここまで来たら頂上まで行きたい。
急な登りをつめるとようやく頂上に到着した。標高は586メートル。

北側は木々が茂って全く眺望はきかないが、南側は淡路島や大阪湾が一望できる。
想像以上の見晴らしのよさに、得したような気分。
おにぎりを食べてしばし休憩、大阪湾がおだやかで鏡のようだ。

ここからゴール予定の「なでしこの湯」まで20キロはある。
少ししんどくなってきたので、変更して神鉄谷上駅をゴールとする。
本日の走行距離、31キロ。

b0108100_20591515.jpg
b0108100_20592470.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2010-11-27 00:00 | Trackback | Comments(6)

福知山マラソン、脚づくりは難しい

b0108100_21133537.jpg

福知山マラソンに参加してきた。
当日の天候は、曇り時々晴れ時々小雨という変な天気。
気温は明け方で10℃くらい、日中もあまり気温は上昇せず、
走るのにはいいコンディション。

膝の調子が良くなく、レース前の1週間ほど休足して治療に専念した。
走らずに安静にしていたことで相当マシになったような感じだが、
屈伸すると少し突っ張り感と違和感があり、フルを走ることによる症状の悪化が心配。
でも、レースを棄権するほどでもないので、
今ひとつテンションが上がらないままレース当日をむかえた。

10時30分、スタート。

どれくらいのペースでいくかは、走り始めて調子を見て決めようと思い、
恐る恐るペースを上げていく。
5キロくらいを走って、特に膝に痛みはなく、いつものレースペースで走ることにする。

スタート~5キロ 23分46秒
5キロ~10キロ 23分01秒
10キロ~15キロ 23分06秒
15キロ~20キロ 22分54秒

20キロぐらいまではいい感じで走れたが、
25キロを過ぎた辺りから脚全体が重たくなり、ペースを維持できなくなる。
30キロを過ぎると、左ふくらはぎがピクピクと痙攣しだす。
これ以上ペースを上げたら(というかもうペースを上げられそうにないが)
ふくらはぎが攣りそう。ますますペースが落ちていく。

20キロ~25キロ 23分09秒
25キロ~30キロ 23分43秒

30キロからは我慢の走りで、四万十ウルトラのように後半での復活を夢見て、
あの時の走りを再現しようとするが、現実は相変わらずの苦しいペース。
同じ様なペースの人に遅れないよう、懸命に脚を前に出す。

30キロ~35キロ 25分05秒
35キロ~40キロ 25分30秒
40キロ~ゴール 12分19秒

なんとか最後の坂道も上りきり、3時間22分33秒(ネット)でゴール。

ゴール後、ふくらはぎのダメージは大きそうだが、
左ひざはハレや大きな痛みはなくホッと一安心。

9月上旬に痛風の発作で半月ほど満足に走れなかったことや
レース直前の1週間で治療に専念して走らなかったことが、
どの程度影響したかわからないが、
フルを走りきれる脚をつくるのは難しいと改めて感じた。

次の加古川を目指して、あと1ヶ月ほどしかないが、
ベストで挑めたらと思う。
[PR]

by toshihi616 | 2010-11-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(20)

明石~垂水~名谷、久しぶりのマラニック

b0108100_20554862.jpg

最近の日記を見ると、フルマラソンに備えてのペース走のことや大会の記事ばかりで、
トレイルランやマラニックなどのランニングそのものを楽しむ記事が全然出てこない。
自己ベストは更新したいが、フルのためばかりではちょっと・・・。
久しぶりにザックを背負ってのんびり行き先も決めずに走ってみよう。

日曜日の10時前に自宅を出発。
ザックには着替えとお風呂セットを一応パッキングした。
普段の練習では桜ヶ丘方面のアップダウンのあるコースをよく走るが、
今日は反対方向の明石方面へ、海に向って走り出す。
いいお天気で走り出してすぐに暑くなり、ウインドブレーカーをザックにしまう。

10キロほど走ると明石公園に到着する。
明石公園では、菊花展覧会が開催されており、
菊人形ならぬ、菊の明石だこやパンダなどのユニークな展示が人気であった。
明石公園からさらに南へ、大蔵海岸に出て海沿いに東へ向う。
長田の鉄人28号をゴールにしようかとも思ったが、
JR垂水駅から丘陵部にむかう道は走ったことがない。

とにかく北に走れば、神戸市営地下鉄西神線のどこかの駅にぶつかるだろうと、
垂水の福田川沿いに北上することに。
バスが走る広い道をひたすら北へ、緩やかだが上り坂ばっかり。
バスの行き先を確認すると、名谷駅と表示されている。
確か名谷駅の北側にスーパー銭湯があるはずで、ゴールをそこに決める。

最後は少々坂道もきつくなり、名谷駅に2時前に到着した。
スーパー銭湯はあきらめてここをゴールとする。距離は30キロ。
膝は走っているときは走れないほどの痛みはないが、
膝を曲げると突っ張るような感じで少し痛みもある。
まだ、完全には治っていないようで、一度痛めるとなかなか治ってくれない。

帰宅後、お風呂に入って汗を流し、昼間からビールを味わって飲んだ。
最近、医者との約束が徐々に崩れつつあり、
このあたりで自重せねば又痛い目にあいそうである。

b0108100_2055159.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2010-11-14 00:00 | Trackback | Comments(8)

もみじハーフ、キロ4分30秒もなんとか

b0108100_17565546.jpg

丹波もみじハーフに参加してきた。

この大会は、フルマラソンのために毎年参加している大会。
今年はキロ4分30秒のペースで最後まで走りきることを目標とした。
10月のユリカモメがキロ5分で、30秒ものペースアップで少々自信が無い。
しかも、ここのところ膝痛とは無縁であったが、痛風発作で練習のリズムが崩れたのか、
連続のウルトラ参加で膝が悲鳴をあげたのか。
左膝の内側(素人判断では鵞足炎?)に違和感があり。

レース前にトウガラシ成分配合の「ネオパスタノーゲン」を塗る。
この薬はもともと競走馬用の治療薬を、人間用にその効力を弱めたものらしい。
風呂あがりなんかに塗ると、カッーと熱くなってひりひりする。

当日の天候は晴れで、気温は20℃弱まで上がる。
レース中は復路で向かい風を感じるが、コンディション的には悪くない。

10時丁度に、ハーフのスタート。
コースの変更があり、スタート直後の会場周辺の周回が無くなった。
ゴールも同じで最後の坂道が無くなり、気分的にはすごく楽。

最初の1キロはスタート時の混乱もあり、マイペースで走れなかったが、
以後はキロ4分30秒を確認しながら淡々と走る。
左膝は特に痛みも無く走れている。
スタート~5キロ 22分29秒。

折り返し前の緩やかな坂道に差し掛かる。
この辺りで少ししんどくなってきて、油断するとペースが落ちてくる。
意識してペースを上げてペース維持に努める。
周りのランナーもペースの落ちる人が多く、ひとつの頑張りどころ。
5キロ~10キロ 22分32秒。

折り返し後は緩やかな下り坂となり、気分よく走れる。
薬を塗っておいた膝の辺りが、汗と薬とが反応するのかヒリヒリしてきた。
本当は膝が痛いのではと不安になる。
10キロ~15キロ 22分01秒。

15キロを過ぎて膝は少し気になるが、脚全体ではまだいけそうな感じである。
感覚的には、このペースで30キロぐらいまでは行けそうだが、
フルマラソンでキロ4分30秒をレースペースとするのは少々勇気がいる。
15キロ~20キロ 22分19秒。

既に10キロレースを走り終えた三木RCの沖やん先輩等の応援を受けて、
最後の直線で少しペースをあげて、膝もなんとかもって無事にゴール。
20キロ~ゴール 4分47秒。
タイムは、1時間34分08秒。


b0108100_1825491.jpg

ゴール後は、出店にて枝豆を買うつもりが既に売り切れていた。
その出店に丸々と育った大きくて美味しそうなサツマイモを発見。
3本購入、1本100円、高いのか安いのか分からない。
その日の夕食は、そのサツマイモを使ったてんぷら。
サツマイモが美味しいと好評であった。emoticon-0100-smile.gif
お土産を買った甲斐があった。
[PR]

by toshihi616 | 2010-11-07 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)