<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

京都トレイル、鯖に向けて少し自信が出てきた!

b0108100_21271975.jpg

京都1周トレイルコースを走ってきた。

b0108100_21275477.jpg

5月の鯖街道ウルトラを気持ちよく走るために、トレイルで長い距離を走りたい。
六甲ばかりでは面白くないので、久しぶりに京都1周トレイルコースにする。
ただ、全コースは厳しく時間的にも難しいので、
前半部分の伏見稲荷から銀閣寺まではパスすることにした。
それでも、ゴール予定のJR保津峡駅まで行くと50キロ以上あり、
最後まで走りきれるかどうか分からない。

b0108100_21284043.jpg

当日は、神戸市営地下鉄の始発に乗り、京阪出町柳駅に7時半ごろ到着。
しっかりとストレッチをして、7時40分に今出川通りを東に走り出す。
前日は休足していたので、比較的足は軽く今日はいけそうな気がする。
銀閣寺手前の「哲学の道」から、京都1周トレイルコースに合流する。
まずは比叡山を目指す。

b0108100_21285841.jpg

以前にも登ったことがあり、道標もしっかりしているので迷うことはないと思ったが、
1ヶ所、どちらも本コースのような分岐があり、立ち止まってしまった。
このような迷いやすい分岐には道標が設置されているのだが何もない。
勘で登っている方のコースを選択したが、
トレイルコースを示す道標がなかなか現れず不安になってきた。

そんな時、前方からマウンテンバイクに乗ったライダーが下ってきた。
このコースは京都1周トレイルコースですかと尋ねると、そうだとの返事。
慌てて引き返さずに正解であった。私の勘もたいしたものである。

b0108100_21295499.jpg
b0108100_213066.jpg

まだまだ体力もあり、いいリズムで登り続け9時40分頃、比叡山のケーブル駅に到着。
見晴らしのいい所に鹿がたたずんでいる。こちらを見ても逃げようとしない。
コース上で鹿の侵入防止のネットや金網をいたるところで見たが、
鹿が増えていることを改めて実感した。

b0108100_21302466.jpg
b0108100_21303526.jpg

ケーブル駅から比較的平坦な道を走り、延暦寺の境内を通過する。
横高山の急斜面を登り、しばらく眺めのいい稜線上を走り、
大原戸寺まで一気に高度を下げる。
戸寺バス停近くの土産屋で、美味しそうな桜餅を発見。
桜餅を食べてエネルギーを補給し、鞍馬を目指す。

b0108100_21311939.jpg

この区間で今日、初めてトレイルランナーと出会う。
山の中で登山者と出会うと、「こんにちは」と挨拶を交わすが、
そのランナーは、「お疲れ様です」と挨拶してきた。
ゴールまでの間に、何人かのランナーとすれ違い、追い越されたが、
「お疲れ様です」という挨拶の方が多かった。

b0108100_21314112.jpg

勘ぐるに、50を過ぎたおっさんが息もたえだえに、
無理して走って大丈夫?といういたわりの意味があるのか。
それとも、京都のトレイルではこの挨拶が普通なのか。
こちらも、「お疲れ様です」と返答した。

b0108100_21322540.jpg

鞍馬に12時20分頃、到着。
5月の鯖でここを走っているときは、疲労困憊しているのかなと思う。
ここから二の瀬まではロード、夜鳴峠を越えて山幸橋までもロード。
下り基調のロードで快調に走れたが、しっかりと走れたのは山幸橋まで。
氷室への登りでは、太ももに疲労感を感じ足が上がりにくくなる。
氷室から京見峠までの登りのロードは気持ち的に負けてしまいとぼとぼと歩く。

b0108100_21324171.jpg

沢の池を通過して長い坂道を下り清滝川に出て高雄に3時10分頃に到着。
ここからは清流沿いの平坦な気持ちのいいコースで、いよいよ完走が見えてきた。
少し気持ちも切り替わり、何とか最後まで走れそうである。
清滝を通過して落合で京都1周トレイルコースから外れ、
ゴールの保津峡駅を目指す。

b0108100_2133475.jpg

しばらくすると対岸に駅が見えてきたので、もう到着したのかなと思ったら、
トロッコ電車の保津峡駅であった。JRの駅はまだ先。
落合から3キロほどで、ようやくゴールの保津峡駅が見えてきた。
4時20分に保津峡駅に到着。行動時間は8時間40分。距離は54キロ。

b0108100_21332189.jpg

京都駅手前の丹波口駅で下車して、スーパー銭湯「やまとの湯」へ。
汗を流して食堂でビールを飲んだが、グラスが小さいのが少々不満。
でも、完走賞のビールはやはり美味しい。068.gif

へばりながらも54キロを完走して、鯖に向けて少し自信が出てきた。001.gif

9月のまだ暑い最中に、伏見稲荷から保津峡駅までの京都1周トレイルコース66キロを、
制限時間13時間で走るレースがある。
今年、参加したいと考えているが、
あのコースを気温が30度を超える気象条件下で制限時間内に走れるかどうか。
まだ、申込期限まで時間があるので、よく考えてからエントリーしよう。
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-29 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(2)

ホッとしたこと、うれしかったこと

4月初めの人間ドックで、便に血が混じっているという診断で、
大腸の内視鏡よる精密検査をすすめられた。
血便が出ても3割の人は特に異常なく、後の7割の人はポリープが発見されるようだ。
当然、大腸がんも発見される可能性がある。
内視鏡検査を受けるのは初めてで、検査を受けた人に聞くと、
検査を受けるために大腸をきれいにするのが大変らしい。

予約を取って今日8時から検査を受けてきた。
まずは2リットルの下剤を1時間半かけて飲まないといけない。
1時間もたつと便意が生じて、検査前に合計で7回もトイレに行った。
3回目くらいから水の様な便で、トイレの間隔も短くなっていく。
最後は浣腸で、その後の便を見て検査が可能か判断される。
1回の浣腸でOKが出たが、やり直しの人もいるようだ。

いよいよ、検査開始で麻酔をかけられ、
深呼吸してくださいという声を最後に完全に寝てしまった。
気が付くと検査は終了したようで痛みも何も感じなかった。
終了後も頭がぼんやりして、休憩室のベッドで再び寝てしまった。

検査結果が出たと起こされ、担当医から結果を聞くと異常なしとのこと。001.gif
ガンやポリープが発見されずホッとした。
ポリープが発見されて取り除く手術をすると、
1週間は安静でランニング等の運動は禁止となるところだった。
最悪のガンだったら走っている場合ではない。

まだ、頭がぼんやりしていたので、看護婦さんにその旨を伝えると、
夜の7時までやっているので、体調がよくなるまでベッドで休んでくださいと勧められた。

もうひとつ、良かったこと。
大阪マラソンに当選した001.gif
東京マラソンは落選ばかりで、この手の抽選に初めて当選した。
マジで走るためにピークをいつもより1ヶ月早めるか、
11月以降のフルのための練習とするか迷うところである。
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-27 00:00 | Trackback | Comments(10)

江井ヶ島海水浴場往復、帰りはバテバテ

b0108100_188914.jpg


江井ヶ島海水浴場折り返し、距離は36キロを走ってきた。

クラブの日曜練習会に参加しようと思ったが、起きるのが遅く自主練習に変更。
1ヵ月後には、鯖街道ウルトラがあるので、長い距離を走りたい。
海岸沿いの明石サイクリングコースを目指すことにする。
東二見まで行くと40キロを超えるので、江井ヶ島を目標とする。

175号線を南に下って、明石サイクリングコースを目指す。
10キロ以上走ってようやく海岸沿いのサイクリングコースに出る。
久しぶりのサイクリングコースだが、天気もいいのでジョギングやウォーキングの人が多い。
周りに影響されて自然とペースも上がってくる。

いい感じのまま、折り返し予定地点の江井ヶ島に到着。
東二見まで行こうか迷ったが、自重して予定通りここで折り返す。
復路は海岸沿いではなく、西明石を経由する国道沿いのコースを選択する。
帰りは少々バテテしまい、往路のようなペースで走れない。

コンビニでシュークリームを買って、腹ごしらえのために休憩。
なんとか自宅まで戻ってこれたが、鯖街道ウルトラを満足に走れるか不安になる。
去年の今頃は、萩往還に向けて何度もロング走を繰り返し、バッチリの体調だったのに。
まだ1ヶ月あるので鯖街道に向けて体調を上げていきたい。

今日のラン 36キロ / 月間 230キロ
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-24 00:00 | Trackback | Comments(4)

さつきマラソンのハーフに参加

b0108100_1550132.jpg


さつきマラソンのハーフに参加してきた。

去年の加古川フル以来、久しぶりのロードレースへの参加である。
膝の故障は何とか治ったが、最近の練習はのんびりトレイルやジョギング程度で、
そこそこのペースでどこまで走れるかとても不安。
先週、山岳マラソンでダイトレを走ったが、ロードのペースとはまた違う。

天候のほうは、快晴の絶好のランニング日和で少し暑いくらい。
今年は桜の咲くのが遅かったので、桜もまだ散りきっていない。
天気のいい日にこんな自然豊かな所をのんびりとロング走したら気持ちいいだろうな。

ここのコースは、伊沢川沿いの道を上流に向かって登り、折り返して同じ道を下ってくる。
折り返し付近はややきつい坂道となるが、それまでは緩やかな登りとなる。
折り返しまでで160メートルほど登る。

前半の緩やかな登りでは、自分ではそこそこのペースで走っているようでも、
タイムを見るとそうでもなく、前半で気持ちが折れそうになる。
後半は下りが続くので楽に走れることを期待して我慢の走りとなる。

折り返し後は、周りの人達のペースも上がり、気持ちよく追走する。
このままゴールまで走れるかなと思ったが、最後は少々脚にきてペースダウンとなる。
でも、なんとか嫌な痛みも発生せずゴールできてホッとした。

クラブの蛍光色のあるウェアーは遠目からでもよく目立ち、
大会会場で何人かのクラブの人に話しかけられた。
最近は故障もありクラブの日曜練習会に参加できていなかったので、
色々と話ができてよかった。
足の調子が良くなってきたので、また練習会に参加しなければ。

b0108100_15563299.jpg


スタート~5キロ 23分07秒
5キロ~10キロ 23分48秒
10キロ~15キロ 22分07秒
15キロ~20キロ 22分31秒
20キロ~ゴール 4分51秒

1時間36分24秒(手元の時計)

今日のラン 22キロ / 月間 151キロ
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-17 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(0)

大阪府チャレンジ登山、山岳マラソンの部36キロ

b0108100_21342685.jpg
〈スタートは10分毎のウェーブスタートです、私はこの後9時30分にスタートしました〉

大阪府チャレンジ登山、山岳マラソンの部(36キロ)に参加してきた。

前回、2007年に参加した時のタイムと比較すると、
葛城山までで6分遅れ、金剛山までで17分遅れ、
ゴールタイムは6時間4分と前回より35分遅かった。
特に、金剛山以降の後半で、前回より走れなかったし、
走れてもほんとジョギング程度でしっかりと走れなかった。
b0108100_21343427.jpg

ダイトレは急斜面の木の階段が多く、一段一段の高低差も大きい。
すぐに脚にきて、太ももの筋肉特に股関節辺りの疲労感が大きい。
レース中から、嫌な痛みが発生して、レース後のことが心配になる。
ただ、レース後は特に故障という感じではなく、ホッとしている。
b0108100_21344574.jpg

参加理由の一つに、5月にある鯖街道ウルトラのためということもあり、
いい練習になったし、今現在の走力を確認することもできた。
鯖街道ウルトラを楽しく走るためにも、あと1ヶ月ほど。
山道を上り下りして太ももにきたとしても、
後半の走れるところはしっかりと走れるようになりたい。

トレランとは関係ないが、2007年の大会の時に比べて、
山ガールが確実に増えている。
服装もカラフルなウェアーやおしゃれな帽子など。
一昔前は、山歩きなんて中高年の趣味だったのに。

本日のラン 36キロ / 月間 99キロ
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-10 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)

朝ラン、いいかも

今日、たまたま4時過ぎに目が覚めた。
明け方の気温も布団から出るのに苦労するほど寒くない。
昨日は仕事で遅くなり走れなかったので、朝ランにチャレンジすることに。
いつもは6時20分頃に家を出るので、出発まで2時間以上ある。

ちょっともたついて近くの公園に出たのが4時20分頃。
当然、あたりは暗く、まだ公園の灯りがついている。
でも、30分もすると東の空から徐々に明るくなってくる。
萩往還マラニックのように、夜通し走って朝を迎えるような気分。

灯りでぼんやりと見えていた桜がはっきりと見え出す。
朝の光を受けてエネルギーが充填される。
いつもの夜間ランでは絶対に味わえない新鮮な感覚。
とても気持ちがいい。

暗いうちはまだ体が目覚めていないのか、ジョギングペースであったが、
明るくなるにつれ気分とともにペースも徐々に上がっていく。
結局、10キロを走ったが、最後はフルのペースを超えていた。
朝からこんなに張り切って大丈夫かなと心配になる。

その後、シャワーを浴びて朝食をとったが、ご飯がとても美味しい。
これからどんどん日が長くなり暖かくなるので、朝ランもありかなと思う。
ただ、慣れないことをして、出勤時の電車ではとても眠たかった。
もう少し早めに寝ればもっと快適な朝ランができそうである。

今日のラン 10キロ / 月間63キロ
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-08 00:00 | Trackback | Comments(6)

六甲逆縦走、宝塚~菊水山~鈴蘭台

b0108100_21254214.jpg

3月26日は、六甲全山縦走路をなんとか完走した。
3月27日は、ホラポスさん主催の六甲ハイキングに参加した。
(ryujiさん、ありがとうございました。楽しかったです)
トレッキングを含めて、6週連続、六甲山で遊んでいる。
今日は、福ちゃんさんと宝塚駅スタートの六甲逆縦走にチャレンジした。
膝の方はもう大丈夫そうで、平日でも痛みなく走れている。

天候は、雲は多いが青空もあり、雨の心配はなさそう。
宝塚の桜もほころびかけて、来週ぐらいが見頃かなと思う。

b0108100_2126536.jpg
b0108100_21261426.jpg

今回は、最初の一軒茶屋までの登りでちょっと頑張りすぎた。
先々週に一人で行ったときは2時間20分ほどかかったが、
今回は一軒茶屋まで2時間かからずで到着した。
一人の時も頑張って走ったつもりであったが、
前回はどこかで妥協して手を抜いていたのかなと思う。

でも、そのツケは大きく、早くもふくらはぎにきてしまい、滅茶苦茶だるい、重い。
序盤でこんなに疲労度が高いと、もう最後までもたないなと思った。
フルマラソンなのに、序盤を10キロレースのペースで入った感じ。
最高峰からしばらくは下り基調のコースを快調に走れたが、
少し上りになるととたんにペースが落ちて足が重たい。
やっぱり登りは歩かないと、とてもじゃないが足がもちまへん。

b0108100_21263444.jpg

摩耶山を下りきって、桜茶屋でビールを飲むが回復の気配なし。
登りのパワーが切れかけて、鍋蓋山の登りのなんと長いことか。
鍋蓋山の急な下りで、バランス悪く足を滑らせて尻もち。あちゃ~、こらあかん。
福ちゃんさんにギブアップ宣言して、菊水山から鈴蘭台駅に下山することに。
まあ、こんな日もあるかな。福ちゃんさん、ごめんなさい。

b0108100_21265276.jpg

帰りは湊川駅で下車して、ネットで検索した「湊山温泉」まで15分ほど歩く。
外観は古びたアパートのような感じだが、風呂場はなかなかいい。
かすかに硫黄の匂いなんかして、どうやら本当の温泉のようだ。
市街地の直ぐ近くにこんな温泉があるなんて、ちょっと驚きで得した気分。
入浴料は630円でした。

一風呂浴びた後、駅近くの中華料理屋にて美味しいビールで喉を潤す。
途中でパワー切れとなったが、宝塚から最高峰までの区間はなかなかいい。
この区間の往復だけというコースもありかなと思った。
[PR]

by toshihi616 | 2011-04-02 00:00 | Trackback | Comments(2)