<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鯖街道ウルトラ、後半しっかり走れました

b0108100_20473892.jpg

鯖街道ウルトラに参加してきた。

レース前のトレーニングとして、4月29日の京都トレイル(出町柳~保津峡)、
5月3日の比良縦走(平~近江高島)、5月15日の京都トレイル(伏見稲荷~保津峡)など、
十分すぎるほどトレイルを走った。
5月15日の京都トレイルは、練習というより個人的なレースでちょっとやりすぎ。
膝の痛みや痛風発作もなく、体調はすこぶる良い。
b0108100_2048530.jpg

前泊するため、福ちゃんさんと小浜に向かうが、JRの事故に巻き込まれ、
出発早々あたふたとするが、何とか小浜に到着。
受付を済ませて、昨年同様「大谷食堂」で焼き鯖定食を注文する。
美味しいので特に文句はないが、この焼き鯖を食べてしまうと、
完走賞の焼き鯖が見劣りしてしまい困ったものである。

当日の天気予報は、曇り一時雨。
朝、天気を確認するとどんより曇っているが、雨はまだ降っていない。
終日雨の降らないことを祈るが、山の中では崩れるのであろう。
実際の天気は、最初の峠越え辺りから雨が降り始め、
峠を越す頃には土砂降りの大雨となる。
レースの序盤にこれだけの強い雨に降られたのは初めてで、
足元はジュクジュクになり、靴擦れなどのトラブルが心配になった。
b0108100_20483170.jpg
b0108100_20484818.jpg
b0108100_2049773.jpg
b0108100_20493533.jpg

6時、小浜の商店街をスタート。
いつものウルトラのペースで走り始めるが少し体が重く感じる。
最初の峠である根来峠を越えて、土砂降りの中を走りなんとか百里小屋エイドに到着する。
ここで早くもそうめんがでて、美味しくいただいた。
ここから、久多まで登りの舗装路も歩かず走り続けることができ徐々に調子が上がっていく。
b0108100_20495743.jpg

10時40分頃、久多のエイドに到着。
いつもより到着時間が早いせいか、Bコースのランナーが大勢いる。
その後、ゴールまで元気のいいBコースの人達と走ることが多くなるが、
今回はこれが一つの刺激となった。
b0108100_2051954.jpg

久多のエイドを出る頃には、雨はほとんど上がりゴールまで曇りとなる。
鞍馬からの市街地では若干晴れ間も見え気温も上がるが、
コンディション的には走りやすい気象条件となった。

今回のシューズはロード重視の「ゲルフェザー」を選択した。
オグロ峠の登りや八丁平からの下りで何回か滑りそうになったが、
舗装路ではやはり走りやすく、この選択は正解であったと思う。
b0108100_20513646.jpg

最後の峠である杉峠に、歩きを交えてなんとかたどり着く。
到着時刻は13時28分で、今までで一番早い。
ここからなら普通に走っても、10時間切りは余裕で、頑張れば9時間半も切れそう。
左太ももの付け根に少し痛みはあるが、膝痛や靴擦れはなくまだまだ走れそうな感じで、
俄然テンションが上がってくる。

鞍馬への急な下り坂でも、膝痛等の痛みもなく良いペースで走れている。
その後、ゴールまで歩くことなく走り続けたが、
前方に見えるランナーとの間隔が走るごとに縮まってくるのが分かり、
周囲より速いペースで走れていることを実感する。

AやBのランナーを一人一人拾いながら快調に走り続ける。
何回かこのレースに参加したが、後半をこんなに気持ちよく走れたのは初めてである。
いつもは長く感じる河川敷のコースも、ダレルことなく走ることが出来た。
b0108100_20545119.jpg

結局、15時22分に気持ちよくゴール出来た。タイムは9時間22分。
ベストが9時間54分だったので大幅な更新となった。
帰りに福ちゃんさんと四条河原町で祝杯をあげたが、
生ビールが気持ちよく胃の中に吸い込まれていったのは言うまでもない。
ちなみに福ちゃんさんも8時間半切りの目標を達成した。068.gif001.gif

今回は序盤の大雨でどうなることかと思ったが、
終わってみれば鯖街道は雨もまた良しであった。
[PR]

by toshihi616 | 2011-05-22 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(13)

京都1周トレイルラン、なんとかゴール

b0108100_20195395.jpg

京都1周トレイルラン大会バージョンを走ってきた。

実際の大会は9月の中旬、まだまだくそ暑いときに開催される。
あの時期に70キロ弱ものトレイルを走るのは、とても無理と判断。
走りやすいこの5月に、個人的に同じコース同じ制限時間でチャレンジした。
結果は、5時50分に京阪伏見稲荷駅をスタート、
ゴールのJR保津峡駅に18時20分に到着。
タイムは、12時間30分でなんとか完走することができた。
5月のまだ走りやすい時期でこのタイムなので、
本番レースに参加したら、時間内完走は難しいというのが正直な感想である。

前半の大文字山、比叡山などアップダウンが連続して、
大原戸寺のバス停に下りてくる頃には、脚の方は限界状態。
ブログで完走宣言していなかったら、あっさりとここでリタイアでしょう。
後半は脚が元気なら走れそうなトレイルが多くなるが、
体が素直に反応してくれず、気合負けの歩きが多くなる。

山の中を12時間以上活動し続けて、脚全体がとてもだるい。
いいお天気で結構汗もかき、水分の摂取量も多かった。
後半は、水分の取りすぎで食欲がなくなり、お腹に力が入らず辛かった。

b0108100_20201811.jpg
b0108100_20203050.jpg
b0108100_20203980.jpg
b0108100_20204995.jpg
b0108100_2021020.jpg
b0108100_20211290.jpg
b0108100_20212623.jpg
b0108100_20213377.jpg
b0108100_20214496.jpg
b0108100_20215612.jpg
b0108100_20221042.jpg


伏見稲荷駅 5時50分スタート
粟田口 7時34分
大文字山 8時32分
銀閣寺 8時56分
比叡山ケーブル駅 10時31分
横高山 11時27分
大原戸寺バス停 12時23分
鞍馬 13時36分
山幸橋 14時42分
京見峠 15時54分
高雄 17時08分
保津峡駅 18時20分ゴール
 所要時間 12時間30分

b0108100_20224246.jpg

ゴール後は、京都タワー地下のお風呂で汗を流した。
完走賞は、札幌ラーメンの「すみれ」で味噌ラーメンとビール。
胃腸が弱っているのでラーメンはどうかと思ったが、
ビールを飲んだら食欲が出てきて、気分も悪くならず美味しく食べられた。

今日のラン 69キロ / 5月累計 215キロ
[PR]

by toshihi616 | 2011-05-15 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(8)

京都1周トレイルにチャレンジ!

今年、参加したいレースに9月の「京都1周トレイルラン」(funrunde主催)がある。
とても興味のある大会なのだが、如何せん時期が悪すぎる。
ただでさえしんどいトレイルの66キロを、
まだまだ残暑厳しい9月中旬に走るのは過酷な修行に近い。
多分、走っていても楽しくないと思うので、レース参加はあきらめたい。

その代わり、個人的にレースと同じコースを同じ制限時間内に走りたい。
6月に入ると蒸し暑くなってくるので、やるならこの5月がチャンスであろう。
日は長いし、まだまだ本格的な暑さではない。
天気予報が雨でなければ、次の日曜日の15日に、
京阪伏見稲荷駅から京都1周トレイルコースをJR保津峡駅まで走りたい。
22日には鯖街道ウルトラがあるが、1週間の間隔があれば何とかなるだろう。

前日は大阪の実家に泊まれば、伏見稲荷駅に5時50分頃に到着できる。
制限時間は、朝の6時前から日没の7時前までの13時間。
当日、気温が急激に上昇しなければ、何とか行けると思うのだが。
はたして保津峡駅までたどり着けるかどうか?
完走してうまいビールを飲みたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-05-10 00:00 | Trackback | Comments(8)

比良全山縦走、ルートミスの可能性もあり緊張します

b0108100_9451593.jpg

比良縦走路を走ってきた。

4月29日に京都1周トレイルをいい感じで走りきれたので、今回は比良縦走にチャレンジした。
4年前に、JR志賀駅から朽木の「てんくう温泉」まで走ったが、
今回は、安曇川沿いの平のバス停から、一気に高度を稼いで権現山に登り、
比良縦走路を北に、JR近江高島駅まで、距離にして30キロのコース。
b0108100_9551513.jpg

六甲や京都トレイルと違って、途中で下山して舗装路を走ることは全くない。
林道もほとんどなく、一度尾根筋に乗ってしまえば、100%トレイルとなる。
コース上は、まだ残雪があったり、倒木がそのままとかで荒れておりとても走りづらかった。
また、迷いやすいところも何ヶ所かあり、地図とコンパスは絶対に必要である。

途中で、同じように近江高島駅を目指す人と知り合いになれたが、
その人から、コース上の迷いやすい所を教えてもらった。
場所は、寒風峠を過ぎて境山のピーク手間で、左に90度曲がるのがコースであるが、
小さな木片の案内があるだけで、ぼんやりしていると見落として真っ直ぐ行ってしまう。
その情報を聞いていなかったら、コースミスしていただろう。

このコースは、注意して走らないとコースミスするという緊張感があり、
トレランというより登山をしているという感覚のほうが大きい。

行動中のコースタイムは次の通りで、全行程を6時間50分。
距離は30キロだが、気の抜けないコースで疲れた。

(コースタイム)
9時  平のバス停出発
9時45分  権現山
10時  ホッケ山
10時24分  蓬莱山
10時58分  比良岳
12時  金糞峠
12時54分  釈迦岳
13時07分  ヤケオ山
13時27分  ヤケ山
13時41分  寒風峠
14時24分  岩阿砂利山
15時50分  JR近江高島駅

b0108100_9413112.jpg
b0108100_9414524.jpg
b0108100_9473981.jpg
b0108100_942844.jpg
b0108100_9421995.jpg
b0108100_9424865.jpg
b0108100_10335036.jpg
b0108100_943103.jpg
b0108100_9432477.jpg
b0108100_1034939.jpg

近江高島駅周辺には、スーパー銭湯も中華料理屋もなかった。
顔だけ洗って20分後の新快速に乗車し三宮まで帰ることにする。
三宮で完走賞のビールと餃子と疲れたので特別にレバニラ炒め。
生き返りました。068.gif001.gif

b0108100_10343425.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2011-05-03 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(6)