<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2回目のロング走、前回よりも少しはマシに走れました

b0108100_17502114.jpg


三木RCの人達と第2回目の岩谷峠越え32キロコースを走ってきた。

今回の参加者は7名。
今回は最初から最後まで伴走車がついて、途中でぶっ倒れても大丈夫(笑)。
ぶっ倒れることはないと思うが、気分的にはとても楽である。
伴走のM上さん、ありがとうございます。

前回同様、私が一番若い平均年齢とっても高いチーム。
神戸マラソンに当選された方もおり、皆さんモチベーションは平均年齢同様高い。
参加者の思いは一つで、シーズンのフルマラソンに向けて、
この時期の走り込みがフルのタイムに好結果を生むと信じて、
暑い中のロング走参加だと思う。

スタートは早朝6時。
曇りがちの明け方で、比較的気温も低めでとても走りやすい。
淡河の道の駅までは、ゆっくりと体を目覚めさすような感じで走る。
道の駅からの岩谷峠越えから4キロほどの登りを歩くことなく走りきり、
一気に4キロを神戸市北区の山田町まで下る。
b0108100_17511612.jpg

前回のロング走では、峠を越えてからがとてもしんどかったが、
今回は、前回に比べると少しはマシに走れたと思う。
帰宅後は、シャワーを浴びて朝っぱらから缶ビールを開けてしまった。
次の土曜日には、大阪城での150分走のPART2がある。068.gif001.gif
前回よりもう1周多く回りたい。

参加の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-31 00:00 | Trackback | Comments(4)

兵庫県横断達成、歩きも入りましたが〈笑)!

b0108100_9562742.jpg


兵庫県横断その二にチャレンジしてきた。

その二にして最終章となるのだが、
09年1月17日に明石~新長田、10年3月20日に明石~姫路、
そして先週の7月18日に徹夜の尼崎(阪神千船駅)~新長田を走っているので、
残すルートは姫路~岡山県日生のみ。
ジョグノートに予告ランを記載したら、たにやんさんから連絡があり、
とんとん拍子で一緒にチャレンジすることが決まった。
たにやんさんも残すルートは姫路以西だけで、走る目的は全く一緒である。
b0108100_9402142.jpg

コースは姫路駅をスタートして国道2号線を相生付近まで、
そこからは海沿いを走る国道250号線を走り、赤穂市を通過して県境到達で目標達成という予定。
そのまま県境を越えて、日生にある「ヘルスパ日生(お風呂がある)」をゴールとする。

天気予報では明け方しばらくは曇り空で、徐々に気温も上がり快晴に向うとのこと。
できれば予報がはずれて、曇り空のままでいてくれるといいのだが。
たにやんさんとは山陽姫路駅に7時に待ち合わせ。
修復中の姫路城をバックに写真を撮り、いよいよ兵庫県の西の境を目指して走り出す。
b0108100_9285110.jpg

天候は曇り空で、ひんやりとした風も吹き走りやすい。
徹夜ランの時は、日差しこそなかったが蒸し暑く、走り初めからいやな感じであったが、
今日は気分もよくなんか最後まで調子よくいけそうな予感がした。
ペースもたにやんさんが私に合わしてくれているので、ほぼマイペースでは走れている。
10キロほどでコンビニ休憩を入れて、太子町を通過して、たつの市を流れる揖保川を渡る。
揖保川を渡ったJR竜野駅あたりで、スタートから18キロほど、
それなりに疲労感はあるがまだ大丈夫という感じ。
でも天候のほうは、予報どおりに青空が広がってきて影がくっきりとしてきた。
b0108100_9294568.jpg

b0108100_9295915.jpg
        〈写真では分かりにくいですが、交差点のむこうに相生市の標識があります〉
たつの市を通過して相生市に入る。
この辺りの2号線沿いの景色は単調で黙々と走るのみ。
JR相生駅手前で2号線と別れて南下して海岸沿いのルートをとる。
しばらく走ると海が見えてきた。
b0108100_9301642.jpg

海が見えた辺りで25キロほど、時刻は10時過ぎでスタートから3時間ちょっと。
道の駅で休憩して、相生市と赤穂市の境にある高取峠を目指す。
コースの地図を見て一番厳しいのではと思った場所。
3キロほど登りばかりで100mも高度を稼がないといけない。

実際に走ってみて25キロ以上走ってきた体にこの坂道はちとキツイ。
たにやんさんは淡々と一定のペースで登られるが、
私の方はそのペースについていけなくなり、徐々に差が開いていく。
それにこの峠道は結構狭く、ダンプカーがすれすれを通過していく。
当初は前回同様、徹夜ランも選択肢にあったが、明るいうちに走って正解であった。
この峠道を深夜に走ったら命がけのランになったことだろう。
何とか歩きなしで登りきり、下りも自然とスピードが出てしまい、
この峠でかなりパワーを消耗してしまった。
b0108100_9302785.jpg

高取峠を越えて千種川を渡ったところに酒屋を発見。
軒先を借りて休憩。コーラを買ったが美味しかった。
酒屋の大将にどこから来てどこに行くのか興味深そうに尋ねられる。
姫路から走ってきたというと、少し感心された。
さらにウルトラマラソンの話なんかをすると、感心しきりであった。
そして、県境の峠は2回アップダウンを繰り返すという貴重な情報を頂いた。
b0108100_9304557.jpg

JR赤穂駅到着。
時刻は11時20分、スタートから35キロほど。
峠越えでのパワーの消費が激しかったのか、
まさに夏の太陽の全ての気力と体力を奪い取るパワーに負けてしまったのか、
酒屋からの千種川堰堤の日影のないコースは暑く、赤穂駅までの道のりは長かった。
いままで6分前後のペースで走れていたのに、急激にペースダウン。
なんとかたにやんさんについていくが、一人で走っていれば迷わず赤穂駅がゴールでしょう。
b0108100_9305669.jpg

赤穂駅で休憩後、目的である県境越えを目指して再び走り始める。
暑さとこれまでの疲労から、ますます走る気力が萎えてきて、
県境の峠の手前3キロほどから、少し気分も悪くなってきてとうとう歩きが入ってしまう。
たにやんさんも付き合ってくれて、二人で夏の真昼間の耐暑遠足となる。
酒屋の大将の言うとおり2回のアップダウンを繰り返して、
13時3分、熱中症になることもなく無事に県境を越えることができた!
全て走りきって目標を達成したかったが、体力が暑さについて行かないので仕方がない。
b0108100_931916.jpg
b0108100_9312130.jpg

県境からも歩き続け、ゴール地点の「ヘルスパ日生」に到着。
ここまでスタートから47キロ。
お風呂でさっぱりしてから、日生駅へ。
1時間に1本の列車がもうすぐ来るので、赤穂駅まで行ってから飲もうということに。
赤穂駅にて待望のビールで乾杯となる。001.gif068.gif

真夏の真昼間舗装路ランは、やはり無謀でした。体によくないですね。
たにやんさん、お疲れ様でした。
耐暑遠足に付き合ってもらい、ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-23 00:00 | Trackback | Comments(12)

兵庫県横断、その一、尼崎市~神戸市長田区

b0108100_1458348.jpg
〈神戸中央卸売市場辺りで見た朝焼け〉

日中の暑さを避けて、徹夜のゆっくりランにチャレンジ。
コースは、兵庫県を東西に横断ということで、スタート地点を阪神千船駅とする。
2号線をひたすら西に走り、できれば明石ぐらいまで行きたい。
b0108100_1503190.jpg

深夜の0時過ぎ、阪神千船駅に到着。
台風の影響ではないと思うが、やけに蒸し暑い。
天気予報では、曇りで雨はとのことでカッパは持ってきていない。
2号線に出てしばらく走ると兵庫と大阪の県境の左門殿川にかかる左門橋を通過する。
b0108100_15166.jpg

16日の150分走の疲れが残っているようで、ゆっくりランに徹する。
0時を過ぎると車も比較的少なく、歩道を利用する人も少なく、
しかも天下の国道2号線で照明もバッチリで走りやすい。
見慣れた武庫川の橋が見えてきた。
b0108100_15273.jpg

コンビニやラーメン屋などは遅くまで営業をしているので、
国道沿いは深夜にもかかわらず結構賑やかである。
意外と飽きずに走れるのはありがたい。
b0108100_16404056.jpg

ただ、神戸市に入った辺りで、パラパラと雨が降ってきた。
カッパを持ってきていない。ずぶ濡れになってまで走りたくないので、
とりあえずコンビニでビニールカッパを買うことにする。
降り続くようであれば三宮をゴールにしようと思った。
幸いなことに通り雨だったようでしばらくすると雨は止んだ。
b0108100_1522233.jpg
            〈JR三ノ宮駅前〉
走り始めて4時間弱で三ノ宮駅に到着。28キロぐらい。
時刻は4時前で、さすがに人が少ない。
もうすぐ明るくなってくると思うが、特に眠たくはない。
明石までだとまだ20キロぐらいあるが、今の疲労度からするとちょっとしんどい。
新長田駅まで走って、始発の地下鉄で西神中央まで帰ることにする。
コースも2号線から少しはずれて、和田岬を通る地下鉄海岸線に沿って走ろう。
しばらく走ると東の空が赤くなってきた。
和田岬駅を通過して、神戸ウイングスタジアムが見えてきた。
b0108100_1523631.jpg

朝の5時20分頃、新長田駅に到着。距離は36キロ。
夜中なので日中の強い日差しはないが、蒸し暑さは変わりなく、汗の量も半端ではない。
夏場はランニングするのにつらい季節である。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-18 00:00 | Trackback | Comments(8)

夕涼みラン大阪城150分走、ラン後のビールは格別!

b0108100_8345548.jpg


夕涼みラン大阪城150分走に参加してきた。

7,8月の走るにはつらい季節に、なんとか長い距離を走ろうと、
ここ3年ほど毎年参加している。
去年までは3時間走だったが、今年から150分走に変更になった。
主催者の説明では、暑い盛りの3時間走は、
参加者の走る姿を見ていてハラハラするようで、30分短縮したとのこと。
実際に走ってみて、3時間も150分もあまり変わりなく、やはりしんどい。

会場で、三木RCのH田さんや潮の風さんとお会いする。
天候は快晴で、少し風があるのが救いである。
目標は、キロ5分をキープして16周(1.85キロ×16=29.6キロ)走ること。

5時半、スタート。
まだ、太陽は西の空にあり暑い。
10キロも行かないうちに目標ペースを維持できないようになる。
いつもの事なので無理せず走れるペースで周回を重ねる。
結局、15周と目標には1周足りなかったが、久しぶりに連続して長い距離を走れて満足。
参加の皆さんのパワーをもらいつつ、なんとか走りきることができた。
一人では大阪城をくるくると何周も走れない。

8月に同じ大会のPART②がある。
例年だと8月のほうがより厳しいコンディションとなるのだが、
もう少し長くキロ5分を維持したいものだ。

大会終了後は、H田さんと森之宮駅前の王将にて、ビールと餃子で乾杯。
夏場のランニングの後では、格別にビールが美味い。
RCの創設期の話なんかを聞けて楽しかった。068.gif

参加の皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-16 00:00 | Trackback | Comments(2)

はちや@千歳

b0108100_22211155.jpg
〈キンメダイのアラ煮〉

13日、14日と札幌出張。

ひげ親父さんといつもの「はちや」で一杯。
大将に煮魚でお勧めを尋ねると、
キンメダイのアラ煮を勧められる。

立派なキンメダイでその大きさにびっくり。
味付けは少し濃い目でビールがすすむ。
ここの魚料理はいつも美味しい。

今日の早朝は、あいにくの雨でジョギングは断念。
神戸と比較すると気温も低く、
ぜひとも走りたかったが残念!!
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-14 00:00 | Trackback | Comments(2)

平均年齢は高いが、皆さん元気です!

b0108100_2327916.jpg

三木RCの練習会に参加してきた。

今日の練習会はいつものタイムトライアル形式の練習会ではなく、
有志によるロング走。
私が三木RCに参加する前は、よく行われていたようだ。


b0108100_2339486.jpg
コースは、緑ヶ丘の青山公園をスタート・ゴールにして、
淡河道の駅を経由して、500メートル弱の岩谷峠を越えて、
つくはら湖畔のサイクリング道を通り、スタート地点に戻る。
距離にして32キロのコース。

スタート時刻は6時。
出来るだけ朝の涼しい時間帯に走ろうというもの。
車等による伴走者を除いて7名が参加。
平均年齢、高そう。
名簿で確認したら、70歳台が2名、60歳台が3名、50歳代が2名。
なんと私が一番年下であった。
b0108100_23311579.jpg

曇り空の比較的走りやすそうな天気の中、6時にスタート。
まずは淡河道の駅を目指すが、先頭のU村さんがいいペースで走られている。
このペースで30キロは辛いと思い、途中でついていくのをあきらめた。
U村さんは70歳代なのになんでそんなに元気なのか?
b0108100_23313597.jpg

道の駅で休憩後、いよいよ岩谷峠へ。5キロほど登り一辺倒のコースとなる。
きつい登りが連続するが、前を行くN山さんとの距離が見る見る離れて姿が見えなくなった。
この人も60歳代なのに何でそんなに元気なのか!
超人N山さんを見ていると、歳を取ったから走れないなんて言い訳はとても言えない。
私より6歳も年上なのにバリバリ走られている。
その姿を見ていると私もまだまだ走れるのではと錯覚してしまう。
b0108100_23315961.jpg

峠を越えてつくはら湖畔を走る頃には、
くっきりではないが自分の影を確認できるようになる。
一人で走っていれば、このあたりでギブアップかなと思うが、
皆さんと一緒だとそんな訳にもいかず、なんとかゴールまで走りきる。

まだ本格的な暑さではないが、それでも7月に30キロも走れて満足。
一人だとなかなか走れないので、今後もこういう練習会には参加したい。
参加された皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
[PR]

by toshihi616 | 2011-07-03 00:00 | Trackback | Comments(10)