<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大阪マラソン、応援がすごかった

b0108100_196564.jpg

第1回大阪マラソンに参加してきた。

前日の受付であまりの人の多さに3万人規模の大会であることを実感し、
当日のレースがとても楽しみになってきた。

当日の天気予報は「曇りのち雨」で、
10月の終わりでも晴れたら嫌だなと思っていたので丁度いい。
実際、当日の天候は、走っている間はほとんど雨も降らず、
日差しも気にならない曇り空で走るにはいいコンディションであった。

スタート前のトラブルひとつ。
この大会はスタートゴールの場所が違うので荷物を預けるが、
その荷物預けの時刻が8時までというのを知らなかった。
最寄りの駅についたのが7時40分過ぎ。
慌てて広場で着替えて小走りで所定の預け場所に。
何とか間に合ったが、朝一番から焦りました。

9時スタート。
スタートブロックは「B」だったので、
大規模な大会にしてはスタートロスも2分弱とスムーズな発進。
スタート後の混雑もあまりなく、最初からマイペースで走れた。

とにかく印象に残っているのが、沿道からの応援の多さ。
今までのフルの大会といえば、福知山、加古川、木津川、篠山と、
河川敷のコースか郊外の自然豊かなコースばかりなので、
コース上の応援はまばらな所が多かった。
加古川なんて、河川敷オンリーのコースなので応援なんてごく少人数。

コースの沿道は、人垣の絶える所がほとんどなかったのでは。
特に人垣の多かったのは御堂筋や千日前通り。
なんば周辺の沿道には複数列の人垣ができており、
ついついスピードを出してしまうほど応援の後押しがすごかった。

仮装したランナーなんかはもうスター扱いで、応援する人も楽しんでいた。
特にバニーガールに仮装した女性ランナーは大受けだった。
その女性、愛嬌もあり、声援に向かってうまく反応するものだから、また受けて笑いが広がる。
後ろで見ているこちらも楽しくなってくる。

肝心の走りのほうだが、気持ちよく走れたのも30キロ前までで、
30キロを過ぎた辺りから両方のふくらはぎがピクピクしだす。
ペースを維持して走り続けたら、痙攣を起こしそうな感じに。
できるだけふくらはぎを使わずにペースを落として走る、
というか疲労でもうペースを上げれません。
b0108100_1984021.jpg

残り10キロほどは、つらい走りとなったが何とかゴール。
ゴール後、座って休んでいると左右と順番に足が攣りまくり。
一人で悶々としていたが、レース中に起こらなくてよかった。
レース後は、家内が車で応援に来てくれていたので車での帰宅。
電車での帰宅はちと辛い状態で助かった。
後半はしんどいレースであったが、大阪マラソンの第1回大会に参加できて楽しかった。
b0108100_1982031.jpg

ちなみにタイム(大会発表の速報値)は以下の通り。
 スタート~5キロ  24:49
     ~10キロ  24:14
     ~15キロ   23:36
     ~20キロ  23:59
     ~25キロ  24:19
     ~30キロ  25:18
     ~35キロ  27:04
     ~40キロ  29:09
     ~ゴール  12:15
 ネットタイム    3:34:43

フルのレースはまだ控えているので、少しでもタイムを上げていきたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-30 00:00 | Trackback | Comments(12)

大阪マラソン、ワクワクしてきた

b0108100_15512830.jpg

インテック大阪にて受付完了、すごい人でした。
さすが、3万人規模の大会。
急にテンションが上がってきた、
ワクワクしてきた!
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-29 00:00 | Trackback | Comments(0)

加古川ラン、平坦なコースは飽きてくる

b0108100_17522964.jpg

加古川のフルマラソンのコースを走ってきた。

今日はアップダウンのないコースでペース走をしたくて車で加古川へ。
1時間弱でフルマラソンコースのスタート地点に到着した。
朝の9時過ぎに到着したが駐車場にはすでに20台以上の車が止まっていた。
色々なフルの大会が近づいており、皆さんロング走の練習に来ているのかな。

今日もキロ5分で20キロを目標に走り始めた。
コースの脇には雑木やペットボトルのごみなどがいたるところにあった。
台風による大雨で河川敷まで濁流が達したようだ。
橋の下などの少し低い所には土砂がたまったままで走りにくい。

ペースのほうは、早々に5分を維持できなくなる。
一人で平坦な道を走っていると、負荷の変化がなく走ることに飽きてくる。
少しくらいはアップダウンのあるコースのほうが刺激があって面白い。
加古川河川敷もレースだと走りやすいタイムの出やすいコースだが、
一人での練習となるとなんとも面白みがなく走りにくい。

結局、1時間45分ほどで20キロを走り終えた。
これも、折り返してからの後半には、同じように走るランナーさんとすれ違い刺激を受けたから。
最初から最後まで一人での走りだと、途中でジョギングに変わっていただろう。

その点、来週の大阪マラソンは、見所が多いので景色に飽きることはないし、
今まで経験したことのない沿道から応援なんだろう。
タイムは二の次にして、大阪マラソンが楽しみである。
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-23 18:12 | Trackback | Comments(4)

10年後のブログタイトル

b0108100_22284763.jpg

「岳人」という登山の月刊誌を買った。

月刊誌だと、「ランナーズ」などのランニング関係の雑誌をよく買っていたが、
近頃は練習内容の紹介など毎年同じ様な内容なので立ち読みで済ませている。

大学時代はワンゲルに所属していて、毎月「山と渓谷」を読むのが楽しみだった。
社会人になっても、しばらくはこの雑誌を読んで山に行った気分になっていたが、
いつの頃からか購入の頻度は減っていった。

最近、山への興味がフツフツと湧きつつある。
トレランなんかで軽装で山を駆け巡るのも楽しいが、
バーナーとコッヘルをザックにつめて、のんびりと山登りもいいかなと。
テントを担いで縦走なんかもしてみたい。

なぜ、「岳人」を買ったのか、
特集として京都北山の懐かしいコースが紹介されており、興味を持った次第である。
八丁平の山小屋のこと、鎌倉谷でのまむし事件、ルートミスしての藪コギなどが思い出される。
京都北山は私の登山の原点。

そこでふと考えたのが、10年後のこのブログのこと。
その頃までたぶんランニングを続けていると思うが、
フルのベスト目指してペース走なんかしていないと思う。
体力に応じて、もともと好きだった山登りのレポートが多くなり、
ランニングネタのアップは少なくなっているような気がする。

「かねやんのトレッキング日記」

これが10年後のブログタイトル。
ほんとは「かねやん夫婦」としたいのだが、引きずり込むのには時間がかかりそう。
トレランなんかでよく見るが、夫婦やカップルでの登山はほんと羨ましく楽しそう。
懐かしい京都北山やアルプスを大学時代のようにテントを担いでトレッキングしたい。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-19 00:00 | Trackback | Comments(4)

武庫川30キロ走、一杯一杯のキロ5分

b0108100_16512992.jpg

武庫川SC主催の30キロ走に参加してきた。

武庫川の河川敷を走る練習会で、30キロだけでなくフルやハーフ、20キロ、10キロもある。
自分の練習したい距離を申告して走り、タイムの計測も個人個人で行なう。
コースは「ユリカモメ」とは少し違い、阪神武庫川駅下がスタート・ゴールで、
スタート後、上流へ1.5キロ走って折り返す。スタート地点に戻ってきて3キロ。
そのまま下流へ1キロ走り折り返す。スタート地点に戻ってきて1往復5キロ、これを繰り返す。

武庫川の河川敷は舗装されていない土の道。
昨日の雨で路面のコンディションは「やや重」で、ところによりぬかるんでいて走りにくい。
給水は、コップが各人1個で名前を書いて、机の上の指定された位置に置く。
そのため、走りながらの給水が無理で、絶対に立ち止まらないといけない。

個人で周回コースを走っているのと同じだが、参加費500円なので仕方ないか。
さらに個人のペットボトルを置くことができるが、置く位置が変わっていると探すのがたいへん。
15キロの給水時に、自分のペットボトルを探せなくて、それ以降はコップによる給水となった。
ペットボトルを置くときは、もっと目立つように工夫しないといけない。

9時に全員でスタート。
練習でのペース走では、キロ5分で20キロしか走っていないので、
同じペースで30キロを粘って走りきることを目標とした。
20キロぐらいまでは、タイム的に余裕をもって走れていた。

スタート~5キロ 24分34秒
    ~10キロ 24分47秒
    ~15キロ 24分36秒
    ~20キロ 24分50秒

キロ5分で走っていると、途中もうちょっといいペースになるのだが、
今回はそんなペースアップもなく淡々とキロ5分での走りとなる。
2.5キロごとに折り返し、スタート地点に戻るごとに給水を取っていたので、
ペース走の割りにペースのグラフを見るとペースの波が大きい。

    ~25キロ 25分35秒
    ~30キロ 25分31秒

20キロを過ぎて1キロのラップタイムが5分を超える区間も出てきた。
ここは粘らないとズルズル行きそうなので頑張った。
20キロ過ぎからは余裕もなくなって、一杯一杯の走りとなる。
なんとか1時間29分53秒と、平均でギリギリキロ5分となる。
b0108100_16513966.jpg

後半は全く余裕なく合格点とはいかないが、走りきれたことに満足。
2週間後には大阪マラソンだが、やはり10月のフルマラソンは厳しそう。
その後、今津のスーパー銭湯で汗を流し、
今津駅前の「大阪王将」で餃子定食とビールを。
やはり完走賞はこれですね。emoticon-0100-smile.gifemoticon-0167-beer.gif
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-16 00:00 | Trackback | Comments(2)

20キロペース走、なんとかこなせました

9月25日に、キロ5分のペースで20キロにチャレンジしたが、
15キロ以降に失速してしまう。

今日はそのリベンジ。
コースは工業団地内の1周2.5キロのコース。
信号がないので連続して走れるが、高低差が20メートルほどあり一定のペースで走るのが難しい。
自宅周辺は丘陵部なので、平らなところがないのが悩ましい。

早朝の少しでも涼しい時間帯に走ることに。
やはり15キロ過ぎぐらいが一番の粘りどころだったが、最後までペースを落とさずに走れた。
結果は、1時間39分。給水で4回立ち止まったのを含めてなので、まあ合格点でしょう。

来週の日曜日は、武庫川SC主催の30キロ走に参加予定。
これもキロ5分のペースで最後まで粘りたい。
この30キロ走は、当日エントリーもOKみたいですよ。
その2週間後には、大阪マラソンとなるが、やはり10月のフルマラソンは厳しそうです。
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-09 00:00 | Trackback | Comments(4)

京北トレイル、のどかな田園風景がいいかも

b0108100_710527.jpg

京北トレイルを走ってきた。

京都1周トレイルの中でまだ走っていない京北トレイルに行ってきた。
以前にryujiさんと青ちゃんが走っており、
その時のレポートを読むと山道より平坦な道のほうが多いようだ。
初めてのコースなので、京都1周トレイル会発行の公式ガイドマップを片手に走った。
b0108100_7195564.jpg

エリアは、上の地図からもわかるように、鯖街道ウルトラで通過する鞍馬の西になる。
嵐山を流れる桂川の上流部になり、周山の集落を中心に周りの山々をぐるりと1周するコース。
縦走路ではないので、ピークは一度も踏むことなく、
峠を越えては山向こうの集落に下りて、上桂川や弓削川沿いの平坦な部分を走る。
ガンガンのトレイルを期待する人にはちょっと物足りない。

でも、のどかな田園風景や上桂川等の清流には心癒され、たとえ舗装路を走っていても楽しい。
この時期だと、頭を垂れた稲穂が波打つ田園風景。
特にいいと思うのが桜の季節。
コースには桜の見所が点在するようで、今度は桜見物のために走ってみたい。
b0108100_713220.jpg

自宅を5時半過ぎに出発して、京都駅発7時50分のJRバスに乗り込む。
9時にスタート・ゴール地点の細野バス停に到着。
ここで標高が355m、道路上の温度計を見ると14℃と涼しい。
ウインドブレーカーを着たまま走り始める。
b0108100_7131719.jpg

京都トレイルおなじみの標識を見ると、なんといきなりの工事中通行止め。
ひとつ手前のバス停「愛宕道」まで戻り、最初の見所「滝又の滝」を目指す。
b0108100_713275.jpg

なかなか立派な滝に到着。
途中、何回か丸太橋を渡るが滑りやすいので要注意。
愛用のトラブコも底が磨り減ってきたのか、バランス感覚が鈍ってきたのか、
一度だけスリップしてしまい、ヒヤッとした。
b0108100_7133785.jpg

余野の集落に下り伏見坂を越えて茶呑峠へ。
上の写真が茶呑峠だがおもむきがある峠である。
この峠から2キロほど、トラバースしたシングルトラックのトレイルで、
コース上で一番のおすすめトレイル、序盤でまだまだ体力もあり走っていて楽しかった。
b0108100_7135097.jpg

茶呑峠を越えると上桂川に下りてくる。
この川がとてもきれいで、上からのぞくと魚の泳いでいるのが見える。
この辺りでスタートから12キロほど、走り始めてから2時間弱ほど経過しておりお腹がすいてきた。
えん堤に腰を下ろして清流をおかずにおにぎりを食べる。
気候的には暑くも寒くもなく、走るには最高のコンディションである。
b0108100_993569.jpg

上桂川をさかのぼり、常照皇寺に到着。
ここは国の天然記念物である九重桜など桜の見所らしい。
今回は門前で写真を撮っただけだが、
今度は桜の季節に訪問して桜見物をしてみたい。

舗装路となっている井戸峠を越えて、西へ一直線の舗装路をひた走ると弓削川に出る。
道路標識を見ると小浜の文字がある。この国道を北に行くと小浜にいけるようだ。
この道も昔は鯖街道のひとつだったのかなと思った。
弓削川に出合って方向を南に転じ、ゴール地点に戻っていく。
b0108100_714231.jpg

この辺りのコースは、舗装路の国道を避けて、田んぼの中の道や弓削川沿いのえん堤を走らせる。
ryujiさんたちが迷った、53番標識を発見。山の中を通るコースはまだ整備中のようで、そのまま直進する。
草生したえん堤コース、走るたびに右に左にと日向ぼっこしていたカエルやバッタが飛び跳ねる。
マムシが出てきたらどないしょうとビビりながら走ってた。
b0108100_7141615.jpg

今回のコースはピークハントしないので、これはというビューポイントが少ない。
上の写真は、黒尾山ピーク付近からのものである。
コースは、少し登ればピークなのに手前で急な坂道を下って行く。
ひとつくらいピークはと思ったが、疲れていたのでやめた。

この黒尾山登り手前の集落で、農作業をしている人から、
「これから一人で山に登るんやろ、熊が出るから注意しいや」と。
「ほんまですか!鈴を鳴らしながら登りますわ」と答えた。
一応、熊よけの小さな鈴を持っていたが、チリンチリンと耳障りなので外していた。

走れるところでは当然音が鳴るが、登りがきつくなり歩きだすと音が出ない。
片手で持っていた地図でザックにつけた鈴をはたいて何とか音を出した。
b0108100_714273.jpg

魚ヶ淵のつり橋に到着。
つり橋の手前に大きな桜の木があり、ここも桜の季節の見所のひとつ。
ここまでくればゴールまで3キロほど、最後のおにぎりを食べてもうひと峠、頑張ろう。

3時前にスタート地点の細野バス停に到着。
ガイドマップによると34.8キロとなっているが、ガーミンは39キロを表示している。
時刻表を見ると次のバスは3時52分。
細野小学校内のトイレで、顔を洗ってさっぱりと。
きれいなトイレなのでここで汗を拭いて着替えても良かったかな。
バスが来るまでのんびりとくつろぐ。

帰りは四条大宮で下車し、近くの銭湯「田原湯」に入り、
王将でお決まりの餃子・焼き飯・ビールで一人反省会。
今度は、桜の季節に走ってみたい。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-01 00:00 | Trackback | Comments(6)