<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サブスリーは単なる通過点?

その本にはこう書いてあった。
「サブスリーはひとつの到達点、最終目標ではない」と。

20歳、30歳代の若いランナーだけにむけて書かれているのではなく、
ごく普通の市民ランナーにむけて、ある程度の年齢のランナーも含めて、
さらりと書いてある。

サブスリーは市民ランナーの勲章で、その勲章を手にする人はごく少数である、
というような文章はよく目にする。
でも、それはそんなに高いハードルじゃないよ、という文章は初めてで新鮮だった。

さらに、その本はフルマラソンの目標として、
「2時間+年齢」を目標にしようと書いてある。
私は現在54歳なので、サブスリーより6分も速い2時間54分ということになる。
これでいくと60歳でピッタリ3時間となる。

私も走り始めてから7年が経過して、何度かフルマラソンを経験したが、
サブスリーがいかに高い壁であり、平均でもキロ4分15秒で42.195キロを、
とてもじゃないが走りきれないと思い込んでいた。
ハナから達成不可能な夢物語で、現実的な目標ではないと決めつけていた。

ここまで書くと、いかにもサブスリー宣言をしそうな流れだが、
そうではなく達成不可能と思い込んでいたサブスリーも、
考えようによっては通過点かなと、一瞬でも納得したことを書き留めておきたかった。

マラソンというスポーツが、ある程度年齢が高くなっても、
うまく体をコントロールすれば走る能力は着実に向上するスポーツであることも、
その納得の背景になっている。

最近のレースがうまく走れていることもあるが、
準備期間も含めたフルマラソンの楽しさがわかってきた。
シーズンのレースに備えて、走りきれる脚を作るため数ヶ月前から準備する。
30キロ走やハーフを走り、走力を冷静に判断してどのくらいのペースで走るのか決定する。
そしてレースになり、自分自身をコントロールして3時間超の時間を走り続ける。

当初の考え通りに走りきれた時の、達成感・満足感は何ものにもかえがたい。
そしてゴール後には、来シーズンは後半の落ち込みを克服したいなんて考えている。
こんなことを毎シーズン繰り返していれば、そのうち通過点が目の前に現れるかもしれない。
そして実現可能な目標として設定できる日がいつか来ればと思う。
[PR]

by toshihi616 | 2011-12-28 00:00 | Trackback | Comments(4)

加古川マラソン、ベスト更新!

b0108100_23225196.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

11月の福知山、12月の長居の30キロ走と、いい感じで走れた。
その流れを受けて、今回の加古川も、大きなアクシデントや天候不順がない限り、
タイム的に期待の持てそうな予感がする。
前日の忘年会も無事に切り抜け、大きな故障箇所もなく当日を迎えることができた。

いつもの三木RCの集合場所に行くと、私が一番乗りであった。
しかし今日は寒い。河川敷なので遮る物がなく冷たい風が容赦なく吹き付ける。
スタート前でこの風だと、レース中にはもっと強くなるかもと憂うつになる。
でも実際には、そんなことも杞憂に終わり、あまり風のないいいコンディションとなる。

スタート~5キロ 23分27秒

三木RCのT尾さんと共に、スタート地点に向う。
一般の部は、9時45分スタート。スタートロスは31秒。
スタート直後の密集度はすさまじい。
大阪や福知山などの大きな大会でも、スタート後比較的早くにマイペースで走れたが、
コース幅が狭いせいか、なかなか人がバラけず最初の1キロに5分9秒〈ネット〉もかかった。

今日のマラソンは、キロ4分半前後をキープして行けるところまで。
当然、後半はペースが落ちてくるが、最後まで粘って走り、3時間15分を切りを狙いたい。

ようやく人もバラけて、マイペースで走れるようになる。
キロ4分半前後といっても、4分半をオーバーするほうが多い。
4分20秒台が巡航速度になると、タイム的にもう一段アップするのだが、なかなか難しい。
でも、自分なりに一定のペースで25キロぐらいまでは淡々と走れている。

5キロ~10キロ 22分41秒
10キロ~15キロ 22分45秒
15キロ~20キロ 22分55秒
20キロ~25キロ 22分56秒
25キロ~30キロ 23分20秒

今日は、同じようなペースで走る人がなく、ガーミン君を見る回数が多い。
着実にラップを刻む人がいると、とても走りやすいのだが。
そして、25キロ過ぎぐらいから、向かい風が気になりだし、疲労もあるが、若干ペースが落ちてくる。
今日も風はいつもの風と向きが違うようで、山側から吹いているよう。
そんなに強い風ではないが、疲れた体にはつらいものがある。

30キロの通過タイムが2時間17分と、一昨年のベスト時の通過タイムとほぼ同じ。
ベストは狙えそうだが、15分切りは難しいかなと思った。
でも、脚の感覚は、極端にペースが落ちるような感じではなくまだまだ走れそうである。

30キロ~35キロ 23分45秒
35キロ~40キロ 23分33秒

大堰を渡って、ゴールまであと7キロほど。
対岸に渡ったあたりで、三木RCのK園さんやおきやん先輩の応援を受けた。
K園さんの並走しながらのエールを受けて、少しペースが戻ってきた。
ありがとうございました。

さらに走ると、たにやんさんがこちらに向って走ってくるのが見えた。
これまた、しばらく並走してもらい、またまたペースが戻ってきた。
向かい風を全く感じないので、風の具合をたにやんさんに確認してみた。
「ほとんど風のない状態です、ラッキーですね」と答えをもらい気持ち的に楽になった。
ありがとうございました。

たにやんさんと出合った時点で、スタート後2時間50分を経過しており、
ゴールタイムを大雑把に計算してみると、ギリギリ15分を切れるかどうか。
今のペースを最後まで維持しないと15分切りは無理という、
最後まで力の抜けない、抜きたくないレースとなった。

40キロ~ゴール 10分31秒

ゴール前1キロ付近でryujiさんと和尚さんの応援を受ける。
パワーをもらいました、ありがとうございます。

残念ながら、42キロ地点で15分をオーバーしてしまい、15分切りはお預けとなった。
でも、後半もしっかりと走りきれて納得のゴール。

タイムは3時間15分53秒(ネットタイム)と、自己ベストを更新できた。

今シーズンのフルはこれが最後ではなく、2月の泉州マラソンにエントリーしている。
フラットないいコースで応援も多いと聞いているので、
うまく調子を上げて納得のレースをしてみたい。

b0108100_2111917.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2011-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)

飛騨高山ウルトラ、エントリー

b0108100_22504945.jpg

飛騨高山ウルトラにエントリーした。

興味はあったのだが日曜日の大会で、
制限時間一杯だと電車で帰れないため参加をあきらめていた。
昨日帰るとウェルネスから飛騨高山ウルトラのパンフレットが届いていた。
飛騨高山の観光ガイドブックも同封されており、やっぱり走ってみたいと思った。

電車ではなく車で行けば5時間弱で行けそうで、制限時間一杯まで走っても何とか帰ることができる。
一人だともったいないし、途中で運転を代わってもらえるので、
高山観光も兼ねてどうですかと家内を誘うと、行ってもいいよとの返事。
まだ大丈夫と思うが定員オーバーにならないよう、早速申し込んだ。

来年の予定としては、以下の通り。

1月 たつの市梅と潮の香りマラソン(ハーフ)・エントリー済み
2月 泉州国際マラソン(フル)・エントリー済み
3月 みっきぃマラソン(10K)・エントリー済み
4月 さつきマラソン(ハーフ)
5月 鯖街道ウルトラ(76K)
6月 飛騨高山ウルトラ(100K)・エントリー済み
8月 夢高原かっとび伊吹(10K)
9月 丹後ウルトラ(100K)
10月 ユリカモメ(30K)
11月 もみじマラソン(ハーフ)
    神戸マラソン(フル)、抽選漏れの場合は、福知山マラソン(フル)
12月 長居30キロロードレース
    加古川マラソン(フル)

第1回大会の飛騨高山ウルトラが楽しみなのと、
丹後ウルトラのリベンジ、来年は最後まで走りたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-12-13 00:00 | Trackback | Comments(9)

30Kロードレース(長居)、いいペース走ができました

b0108100_1795534.jpg


大阪スポーツ祭典30Kロードレースに参加してきた。

23日の加古川に向けて最後の調整。
今シーズンはこの加古川が最後ではなく、最終ステージに泉州が控えているが、
やはり相性のいい加古川がメインレースとなる。
今回の30K走は、キロ4分半のペースでどこまでいけるのか試してみた。

コースは、長居公園内の周回コースで、1周2.8キロを10周と2キロ。
参加者は男女合わせて200名弱と、こじんまりとした大会で、
周回コースを特に規制するわけでもなく、自転車や歩行者に注意して走らないといけない。
でも、このコースのいいところは、ほぼフラットでUターンなどの急なコーナーがなく、
ペースをとり易く走りやすいこと。

9時30分、スタート。
一定のペースまで徐々に上げていって、あとは淡々と4分半を刻むだけ。
福知山と同様に、特に痛む箇所もなく順調な出だし。
少し風があるのと、微妙にアップダウンがあるので、
ペースに上下はあるが感覚的には一定のペースで走れている。

スタート~05キロ 22分42秒
05キロ~10キロ 22分36秒
10キロ~15キロ 22分26秒
15キロ~20キロ 22分39秒

20キロ過ぎぐらいが一番の頑張りどころだった。
この20キロ過ぎぐらいからか、いかにも走れそうなスリムな女性と並走することとなる。
彼女が後ろから追いついてきたのだが、追いついてから私の少し後ろをキープしたまま。
なぜかペースが徐々に上がりだして、なんかいい感じで走れ出した。

20キロ~25キロ 22分28秒
25キロ~30キロ 22分06秒

そんなペースで、ラスト1周となったとき、彼女のほうから、
「あと1周ですね!」と声をかけられた。
ハイなんてあいづちを打って、興味があったので尋ねてみた。
「次のフルは何ですか?」
「大阪国際です」と。
あちゃ~、私より走力、上やん!

ラストスパートのような感じでピュ-と、彼女がペースを上げると、
悲しいかなついていけませんでした。

結局、2時間14分57秒でゴール。

後半、ペースが上がったが、平均すると予定のペースで30キロを走りきれた。
25キロからの5キロは、フルではまず無理なペースだが、まあ合格でしょう。
ご褒美として、長居駅近くの王将で、餃子とビールを堪能した。emoticon-0167-beer.gifemoticon-0100-smile.gif

加古川本番までジョギング等でゆるく調整して、いい感じでレース当日を迎えたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-12-11 00:00 | Trackback | Comments(2)

しあわせ健康駅伝、いいスピード練習になりました!

b0108100_19362638.jpg

しあわせ健康駅伝に参加してきた。

場所が、「しあわせの村」から「総合運動公園」に変更となった。
ユニバー記念競技場をスタートゴールとして、公園内の1周3キロのコースを走る。
公園内の遊歩道を利用してコース設定されているからか、
カーブの多い走りにくいコースとなっていた。
アップダウンも結構あり、「しあわせの村」の方が走りやすかった。

三木RCからは5チームが参加。
私は、Dチームの最終区間である5区を担当した。
1区は6.1キロ、2~4区は3キロ、5区は6キロ。
5区は、コースを2周する。

当日の天候は、快晴でほとんど風もなく絶好のランニング日和。
駅伝の時だけ、クラブのランパンランシャツを着て走るのだが、
こんな格好でも、スタート前に寒くて凍えることはなかった。
走り終えてからしばらくは汗が止まらないほどの陽気であった。

昨年の駅伝では、足底に痛みがありもう一つ乗り気でなく、
走ることによる故障箇所の悪化が気になったが、
今年は特に気になる箇所もなく、フルに向けてのいいスピード練習になるかなと、
気持ち的にも前向きである。

タイムを見ても、登り坂のある、走りにくい2キロ、4キロ区間を除いて、
キロ4分の前半で走れており、走っていても普段のジョギングでは感じられない
「疾走感」なるものを感じて走ることができた。
特に最後の6キロ区間は、4分を切って走れていた。

1キロ 4分12秒
2キロ 4分45秒
3キロ 4分07秒
4キロ 4分08秒
5キロ 4分41秒
6キロ 3分59秒

25分53秒

走れる人から見れば、たいしたことのないタイムだと思うが、
自分の中ではまだこんなペースで走れるのかと嬉しくなった。
まあ、しんどいことはしんどいですが。

次の日曜日は、長居公園での30キロ走に参加予定だが、
加古川マラソンに向けて、キロ4分半で30キロを走りきりたい。

駅伝後、クラブの年次総会があった。
総会の参加者が少なめだったからか、
個人個人の近況報告などの参加者全員に発言の機会があった。
私は、「加古川か泉州で、フルの年代別100位以内を目標にしている」と公言してしまった。
次のフルのレースが楽しみになってきた。emoticon-0100-smile.gif
[PR]

by toshihi616 | 2011-12-04 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(0)