<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅田~龍の湯@大蔵海岸、萩に向けていよいよです

b0108100_7434630.gif

先週、京都トレイルに行ったが、右膝裏の違和感が気になって、1週間まるまる休足した。
また、長い距離を走れば症状が出てくるかもしれないが、
走らずにいるのも不安なので、トレイルではなく平坦な舗装路を走ることにする。
コースは、梅田まで電車で移動して、ひたすら西に向かって走り、
ゴールは、明石手前の大蔵海岸にある「龍の湯」。
50キロくらいかなと思ったが、実際走ってみると53キロあった。

b0108100_744632.gif
梅田を早朝7時前に出発。
萩の練習のために走るので、気持ちはこれから250キロ走るんだと自分に言い聞かせる。
従って、ペースはゆっくり。
天気のほうは午後から崩れるみたい。
実際には、午前中はいいお天気で、昼過ぎから雲が多くなり、
ゴール手前くらいからポツリポツリと雨が降り出した。

b0108100_74426100.gif
淀川を渡る。遠くに六甲連山が見える。

b0108100_7444289.gif
8時20分ごろ、武庫川に到着。
12キロくらい、1週間ぶりのランではあるが、特に異常個所なし。
最後までこんな感じで走れたらいいのだが。

b0108100_7445633.gif
芦屋川を通過。20キロくらい。
いろいろなラーメン屋や外食の店が2号線沿いにあるので、結構飽きない。
さらに、同じ2号線でも、この辺りになると緑が多く、走っていても気分は悪くない。

b0108100_7451171.gif
住吉川を通過。
b0108100_7452510.gif
あと5キロほどで、三宮。住吉神社の近くに、「西国街道」の石碑を発見。
この辺りの歩道はとても走りにくい。
山が迫っているせいなのか、歩道が心なしか海側に傾斜している。
気になったので、山側の歩道に移動すると、山側はそうでもなかった。

b0108100_7453746.gif
10時30分、生田川に到着。距離は30キロ。
さすがに疲れてきた。ゆっくりペースが一段と遅くなってくる。
でも、心配していた膝裏の違和感はない、一安心。
しばらくに西に行くと三宮駅、さすがに人が多く、ここは走れない。

b0108100_7454982.gif
b0108100_746253.gif
三宮駅からフラワーロードを南下して、海岸通りを再び西へ。
2号線沿いは味気ないので、和田岬経由で須磨を目指す。

b0108100_7461322.gif
ウイングスタジアム。37キロくらい。はやく「風呂ビー」したい。
b0108100_7462932.gif
13時40分、大蔵海岸到着。
距離は53キロ、時間は6時間40分かかった。
ゆっくりでもこの距離を走り続けられたので、萩に向けてはまあまあかなと思う。
今回の萩では、いままで使わなかったアイテム、トレッキングポールを持っていく予定。
宗頭に預けておいて、そこからは歩きも多くなるし、トレイルもあるので有効かなと。

b0108100_7464564.gif
お風呂で汗を流して、大ジョッキと焼きそばを注文。
最近、大ジョッキなんてあまり見ないが、ここ「龍の湯」にはあるんです。
左手に大ジョッキの重みを感じながら、美味しく痛飲、たまりません!emoticon-0100-smile.gifemoticon-0167-beer.gif
[PR]

by toshihi616 | 2013-04-20 00:00 | Trackback | Comments(8)

川菜味@船橋

b0108100_66760.gif


店名:川菜味(中華料理・四川)
住所:千葉県船橋市本町2-10-29 
[PR]

by toshihi616 | 2013-04-17 00:00 | Trackback | Comments(0)

京都トレイル、地震で出鼻をくじかれた

b0108100_9495766.gif


四条河原町をスタート地点として、京都トレイルを大原まで走ってきた。

去年のように前泊はしないので、保津峡までは時間的に難しい。
始発に乗っても伏見稲荷着が7時半過ぎとなる。
そこで、今回は阪急の河原町駅をスタート地点として、いけるところまで。
天気のほうは崩れる心配は全くなく、快適なトレランが期待できそう。

ところが、こともあろうか、始発の地下鉄に乗ってしばらく、電車が緊急停止した。
乗客の携帯がそこらじゅうで鳴り出した。
播磨灘で大きな地震が発生したようで、点検のため停止したまま。

その後、地下鉄は運転を再開してなんとか三宮までたどり着けたが、
阪急、阪神、JR、すべての鉄道が運転を見合わせている。
先週に六甲縦走路を走っていなければ、
京都トレイルをあきらめて行き先を変更したかもしれないが、
今日はなんとしても京都トレイルを走りたい気分。

阪急は遅れに遅れて、結局、河原町駅に到着したのが、9時40分ごろ。
2時間半ほど、予定より遅れてのスタートとなった。

b0108100_950234.gif
     〈三条蹴上のインクライン〉
10時前スタートだと時間的には厳しいものがあり、嵐山までは絶対に無理。
鞍馬までいければいいほうかな。そこから先に進むと交通の便が悪くなる。
地震で出鼻をくじかれて、少々テンションは下がり気味。
でも、桜の見頃はすでに過ぎていたが、天候的には暑くも寒くもなくトレランには最高。
一応、鞍馬をゴールにして、大文字山を登り始める。

大文字山は、天気もいいので多くの登山者で賑わっていた。
次は比叡山を目指す。
b0108100_9505553.gif
     〈比叡山延暦寺〉
比叡山の登りまでは特に体調は悪くなく、時間をあまり気にせずにトレイルを楽しめていた。
でも、ここを過ぎてから、
先週の六甲ナイトランで少し気になった右の膝裏に違和感を感じ始める。
下りなんかで力を入れると抜けるような感じ。
ここで無理をすると萩にも影響が出そうなので、
予定を変更して大原に下りたところをゴールとする。
b0108100_9511615.gif
     〈大原の里〉
大原のバス停に15時過ぎに到着。
バスで京都駅に向かい、京都タワー温泉で汗を流し、
以前練習会でいった、同ビル内の中華料理の「菜花亭」へ。

麻婆豆腐、餃子、生ビールを注文。
四川風の麻婆豆腐は山椒がピリピリ利いてとても辛くビールがすすむ。
餃子もあんがにんにくだけかと思うほど、でもおいしい。
走りのほうはたいしたことなかったが、ここの料理とビールには満足。

萩往還を半月後にひかえて、膝の違和感が発生してちと不安。
今後は練習量を減らして膝の不安を解消したい。
[PR]

by toshihi616 | 2013-04-13 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(8)

ダブルは夢のまた夢、でもええねん

b0108100_10463646.gif
   〈摩耶掬星台からの夜景〉

ナイトラン、六甲全山逆コースに行ってきた。

メンバーは、ryujiさん、すえまっちゃん、とうたんさん、じゅんこさん、私の5名。

予定としては、宝塚を5日のPM10時にスタートし、
ナイトランで六甲全山縦走路を須磨浦公園(到着予定は6日のAM8時30分)まで、
ここで折り返して再び宝塚を目指す。
でも、天気予報が6日から爆弾低気圧の影響で大きく崩れるとのこと。
不要な外出は控えなさいとまで警告していたので、無理な判断はできないなと思った。

b0108100_9434286.gif
     〈宝塚から大阪方面の夜景〉
予定通り、10時に宝塚ローソン前をスタート。
翌日の天気予報がうそのようなおだやかないいコンディション。
トレイルのナイトランは、余計なことをいろいろと考えて正直怖いのだが、
5人もいればそんな恐怖心は全く感じない。
じゅんこさんは、おばけなんてへっちゃらだそうで心強い。

怖さはないが、パーティーが縦長になり後続とはぐれてしまうと、
夜間だけにいろいろと危険なので、ひとかたまりになって行動するよう注意した。
その点、ryujiさんが最後尾についてくれているので安心だ。
安全第一で体力も温存しながら最高峰直下の一軒茶屋を目指す。

b0108100_9534383.gif
     〈0時26分 東六甲縦走路分岐〉
b0108100_95538100.gif
     〈0時37分 一軒茶屋到着 ちょっとガスってた〉
一軒茶屋まで2時間半ほど、思ったより早く到着できた。
ここからはしばらく舗装路を主に走るので気分的に楽である。

(プチ情報)最高峰付近の楽な走り方
一軒茶屋からだと最初の二つは平坦でショートカットできるトレイルを走り、
後のトレイルはアップダウンがあるのでパスして舗装路を走ると楽チン。

b0108100_101727100.gif
     〈1時8分 ガーデンテラス到着 意外と観光客がいたのでビックリ〉
おなかが空いてきたので軽食タイム。
最近山でよく食べる「ワッフル」。しかもチョコレートがかかっている。
食べやすく意外と腹持ちがいい、そして美味しい。

b0108100_10284462.gif
     〈写真では今ひとつですが、実際はもっと感動的でした〉
サプライズな夜景スポット発見。
場所は、ガーデンテラスを出発して舗装路を外れてみよし観音へのトレイルの下り坂。
坂道を下っていくと目の前に夜景がいきなり飛び込んできた。
坂道を下っていくので夜景に向かってダイブするような感覚。
とうたんさんが、思わず「吸い込まれそう」と一言。
この感嘆詞にじゅんこさんからも同意の言葉が。
予期せぬ光景の出現に、ちょっとも朦朧とし始めた頭が一気に覚醒した。

b0108100_10433352.gif
     〈1時28分 登六庵〉
b0108100_10444548.gif
   (2時21分 摩耶掬星台到着 大阪方面の夜景)
摩耶山まで5時間21分、時刻は深夜2時21分。
ここで夜食タイム、おなかは空いたが眠気のほうはほとんど感じない。

夜景はやっぱり素晴らしかった。
特に岸壁近くの明かりが水面に反射してなんとも幻想的な光景である。
そして、ナイトランのほうは、再びトレイルの天狗道を下る。
夜間にこのコースを下るのは初めてで、急な下りが多いので慎重に安全第一で行こう。

ヘッドライトとハンドライトを併用して、足元をしっかりと照らしながら下る。
岩場の急な斜面では、日中だとなんでもないルートが、とても危険はコースに感じられる。
ライトの届かない急斜面のその先が奈落の底のように思える。
まあ慎重に行けばなんてことないが、
眠気を感じる暇のない緊張の区間であることは事実である。

b0108100_10583998.gif
     〈3時31分 桜茶屋到着〉
摩耶の下りをやり過ごして桜茶屋に到着。
ここから鍋蓋山の登りになるが、前回の逆走のときもこの区間が結構きつかった。
須磨からだとひょいひょいと走れる下り坂が、いやらしい登りに変わる。

b0108100_11245443.gif
     〈4時18分 鍋蓋山到着〉
b0108100_11263310.gif
     〈5時8分 菊水山到着 空の色が変わってきた〉
縦走路の後半にこの二つのアップダウンは正直応える。
そして、心配していた雨がポツリポツリと降り始めた。
本降りではなくまだ断続的である。風も心なしか出てきたような。
須磨アルプスを強風の中通過するのはいやなので、
そこを越えるまでなんとかもってほしい。

菊水山あたりで夜が明けだした。
曇り空のため朝日を見ることはできなかったが、
うぐいすなどの小鳥の朝のさえずりが耳に心地よい。
実に清々しい!

b0108100_11524690.gif
     〈菊水山下山後の丸山の市街地〉
菊水山下山後、完全に夜は明けた。
神鉄ひよどりごえ駅近くの自販機にて、「朝ビー」を。
すえまっちゃんは、足底筋の痛みを「朝ビー」で紛らす。

b0108100_11582275.gif
     〈高取山中腹から大阪方面を望む〉
b0108100_11593215.gif
     〈6時54分 高取山月見茶屋到着〉
丸山の市街地から急な舗装路やトレイルを登り、なんとか高取山に到着。
前から気になっていた「月見茶屋」に入ってみる。
茶屋の女将さんから、どこからと尋ねられて「宝塚から」と応えると、
「うそやろ」と即答された。夜通し六甲の山々を走るのは、
世間的にはやっぱり異常な行動なんでしょうね(笑)。

b0108100_1272736.gif
     〈妙法寺横尾団地〉
b0108100_128546.gif
   〈8時51分 栂尾山展望台 皆さんかなりお疲れです(笑)〉
高取山を下山して、妙法寺の市街地から須磨アルプス手前の東山を目指すが、
この登りがほんとにきつい。市街地のいやらしい上り舗装路は全部歩いてやった。
前回同様、走る気力が全く湧いてこない。
逆走コースのほうが絶対にしんどい。

東山の登りは直登すぎ、熊野古道の果無峠の登りを思い出す。
でも、我々の祈りが天に通じたのか、
須磨アルプスまで大きな天候の崩れなく無事に通過できた。
あとは須磨までもう一山だけと、気持ちはすでに須磨浦公園駅ゴールに、アレッ?。

b0108100_12222382.gif
     〈須磨浦公園展望台 雨が本降りになり風もでてきた〉
9時53分、須磨浦公園駅に到着。
全員で無事に縦走できたことを祝してハイタッチ。
すでに「風呂ビー」のことを考えて、電車の行き先をryujiさんと検討。

当初の計画は「ダブル」ちゃうん?
天候の回復は期待できそうになく今後ますます悪化することを考慮して、
中断とす(苦渋の決断、なんてね(笑))。

「ダブル六甲」できる人はスゴイ!
一旦全山完走した気分から、再び折り返すのは、
よほどの強い気持ちと体力がないとできない。
今後、「ダブル六甲」という言葉を軽々しく発することなく封印して、
当分の間、気力体力の鍛錬に励みます。

参加の皆さんへ、
計画通りとはいきませんでしたが、いつものように楽しくすごせました。
お疲れさまでした&ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2013-04-06 00:00 | トレイルラン | Trackback | Comments(10)