<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しあわせの村をグルグル

b0108100_11571021.gif

しあわせの村を走ってきた。

6時過ぎに自宅をスタート。
予定では鈴蘭台から菊水山に登って折り返し、自宅近くの「なでしこの湯」をゴール。
距離にすると40キロ近くあり今の暑い時期に一人では途中挫折の可能性が高い。
ザックにお風呂セットをつめて走り出す。

まだまだ日差しが強烈というほどでもないが、風があまりなく走り続けるのが辛くなりだす。
13日からの連続ランの疲れからか、体が重く体が走るのを嫌がっているみたい。
10キロも行かないうちに、歩きが入りだす。
予定コース途中の「しあわせの村」で、しばらく休憩する。
b0108100_11573083.gif

今日は小学生のサッカーの大会があるようで、芝のグラウンドはにぎやかだった。
木陰で休憩していると、気持ちのいい風が吹いてきた。
ここで標高は250メートルほどあり、標高の高さも影響しているのかなと思った。
園内の周回コースを走っている人も多い。

園内には温泉もあるため、菊水山行きをあきらめてこの周回コースを走ることにする。
ロッカーに温泉セットを入れたザックを預けて、
1周2.5キロ強のコースを周回する。
斜面に作られたコースで、周回ごとにアップダウンを繰り返す、メリハリのあるコース。

ここまでは一人ランでだらだらと歩いては走りを繰り返していたが、
ここでは一緒に走る人もいて、体がシャキッとする。
いい風が吹いているが気温はやはり高いので、皆さんのペースもゆっくり。
私もそのペースにあわせるように、適度に給水休憩を入れてゆっくりと走り続けた。

GPSの時計が30キロを超えるまで走り続けた。
最後のほうは一緒に走る人もいなくなったが、なんとか30キロ到達。
園内のジャングル温泉で汗を流したが、冷たいお風呂が最高だった。
キンキンに冷たくアイシング効果はバッチリ。

食堂で、大ジョッキがあったので、ざるそばと一緒に注文したが、
中ジョッキに毛の生えた程度でちとがっかり。
でも走っている時にビールのことばかり考えていたので、これまた最高。
b0108100_12593391.gif
     〈ベンチから見上げた景色〉

名谷駅行きのバスは1時間に1本しかなく、次のバスまで40分以上ある。
芝生の公園にある木陰のベンチでザックを枕に横になる。
いい風が吹いて気持ちがいい。そのうちにビールの酔いも手伝って熟睡してしまった。
昼寝も含めて、夏の練習の定番になりそうな「しあわせの村」ランでした。
[PR]

by toshihi616 | 2013-08-17 00:00 | Trackback | Comments(2)

猛暑の中、愛宕山トレラン

b0108100_21225074.gif
猛暑の中、弟と愛宕山に登ってきた。

右足首のハレは、まるまる1週間の休足と薬の効果により、
ハレと痛みはほぼ癒えた様子。
昨日も近所の公園をゆっくりと10キロ走ったが痛み等は特になかった。

今日トレランの当初の予定は、阪急嵐山駅をスタートして、愛宕山に登り、
その後京都トレランコースを高雄、沢の池、京見峠、鷹峯へ下山してゴール。
距離は30キロほどだが、猛暑のため最後まで行くのは多分無理でしょう。
b0108100_2123142.gif
b0108100_21233553.gif

9時に嵐山駅をスタートするが、少し走っただけで汗が吹き出てくる。
立派な門のある清涼寺にて早くも休憩。
清滝までは涼しいトンネルコースを選択。
清滝のバス停では、多くのハイカーが降り立っていた。
この暑さなので山に登る人は少ないだろうと思っていたが意外であった。
b0108100_21235814.gif
b0108100_21241664.gif

愛宕山までは4キロほどの行程で、ウェアーは早くも汗まみれになっている。
でも水尾別れからの尾根道では涼しい風が吹いて気持ちよかった。
頂上の気温は20度弱と快適、下界は猛暑なのにちょっと別世界のよう。
皆さん、この自然の涼を求めて登るのかなと思った。
b0108100_21244352.gif
b0108100_2125159.gif
b0108100_2129276.gif
b0108100_21263266.gif

愛宕山を下って、清滝川沿いの京都トレランコースを走る。
川沿いには、川遊びを楽しむ人達が大勢いた。
予定を変更して高雄をゴールとしたので、
我々もバスが来るまで川遊びを楽しむことにする。
b0108100_2126508.gif

バスで京都駅まで出て、お風呂で汗を流して、ビールで乾杯した。
麻婆豆腐は前に食べた時より刺激がなく物足りなかった、残念。
暑くても食欲は旺盛で、大いに食べて少しだけ飲んだ。
愛宕山登山と快適な川沿いランそれと川遊び、楽しかった。

今度はもう少し涼しい時期に比良縦走に行こう!
[PR]

by toshihi616 | 2013-08-11 00:00 | Trackback | Comments(2)

故障者リスト入り、かな。

5月の中旬くらいから、右の足首内側のむくみが気になっていた。
むくみといってもそんなにひどくはなく、左右の足首を見比べてみてわかる程度。

痛みのほうは、足首の前後の動きでは生じないが、
ぐるりと円を書くように足首を動かすと時計の針の8時辺りで痛みが出る。
ランニングの時は足首をひねらない限り、走れないほどの痛みはない。
そのうちむくみも取れるだろうと、ちょっと無理して走り続けていた。

昨日、姫路での仕事で早めに帰れそうだったので整形外科に行ってきた。
近所では評判の医院なので患者さんも多く1時間ほど待たされた。
問診とレントゲンの結果、「滑膜炎」と診断された。;
心配していた骨やじん帯には異常はないらしい。
でもこの「滑膜炎」、進行すると結構怖い病気らしい。

治療方法は、第一に安静、第二に「セレッコクス」という炎症を抑える薬の投与。
「何か質問はありますか」と聞かれ、
「安静ということはランニングはだめということですか?」
「そうです、でも、ランナーの方は走ってしまうんですよね」
と、さすが評判の先生、わかってらっしゃる。

9月にレース(ウルトラとは言えなかった)があることを伝えると、
「そのレースが終わったら安静という条件で」
「12月のフルが本番で、それはちょっと」と小声で答えると、
「しかたがない、楽しみながら治療していきましょう」と評判の先生が苦笑いで。
今の一言で、現状はそんなに深刻な症状でないことを確信した。
「わかりました。距離を抑えて走ります」と返事した。

しかし、帰宅してからネットで「滑膜炎」を調べると、
進行していくと関節部分の軟骨がなくなり、
最終段階には骨と骨が引っ付いて関節として機能しなくなるようだ。
ちょっと怖くなったので、1週間ぐらいは(その間に足首のむくみがとれるといいのだが)
故障者リストに入って大人しくしていよう。

追記
1日から4日間休足して薬を真面目に服用。
足首の腫れというかむくみがとれてきたような。
もうしばらく我慢しよう。
[PR]

by toshihi616 | 2013-08-03 00:00 | Trackback | Comments(4)