<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっぱり凍結、Uターン

b0108100_21313044.jpg
六甲縦走路を走ってきた。

スタート地点は、須磨浦公園ではなく地下鉄の妙法寺駅。
この駅からだと最初に登るのは高取山となる。
7時過ぎにスタートしたが、今日は穏やかないいお天気。
たぶん、六甲山頂付近は雪が残っていて走れないと思うが、
ダメモトで行けるところまで走ろうと思った。

鍋蓋山山頂付近でまだ雪が残っていた。
500メートル弱の山なのに雪が残っているとは驚いた。
桜茶屋を過ぎて摩耶山の上りに差し掛かる。
しばらく登るとトレイルランナーが下ってきた。
b0108100_21444926.jpg

上の雪の状態を聞いてみると、雪が凍ってコースはツルツル。
アイゼンを持っていないので、引き返してきたとのこと。
行けるところまでと登ったが、アイゼンなしでは危険と判断して引き返した。
まだ15キロほどしか走っていないので、スタート地点まで戻ることにした。

次回はアイゼン持参で、全山縦走にチャレンジしたい。
[PR]

by toshihi616 | 2014-02-23 00:00 | Trackback | Comments(6)

カレーにつられて三宮

b0108100_21162197.gif
三宮までゆっくりジョギング。

5月の萩往還、エントリーは未確定だが3月のキャノンボールに備えて、
ゆっくりでも長い距離を走りたい。
最近、ちとサボっているので、走る気力を復活させるため、
行ってみたい美味しそうなお店をゴールとすることを思いついた。

「神戸のうまい店350軒」という雑誌をパラパラとめくり、
行ってみたいお店を物色した。
b0108100_21164894.gif

実は、先週の日曜日にこんな企画で元町まで走ってみた。
ゴールとしたお店は、元町の中華街にある「元祖ぎょうざ苑」。
自宅から元町まで25キロほど、なんとか目的のお店に到着したが、
さすが人気店で行列が出来ていたので食べるのをあきらめた。

今回は、カレーの専門店「神戸浪漫」。
センタープラザ地下の食堂街はよく利用するが、
今までその存在に全く気づかなかった。

朝9時ごろ自宅をスタート。
タイムやペースはまったく関係のない気ままなゆっくりラン。
先週とは少し違うルートを走ったが、初めて走る道もあり、
新鮮で飽きることなく走り続けることができた。
b0108100_2117142.gif

山沿いのコースではアップダウンが厳しく、いまにも止まりそうなペース。
やはり25キロほどで三宮に到着。
テーブルに小瓶があり、中にお店オリジナルブレンドの「ガラムマサラ」が入っている。
好みでカレーにまぶせるが香りがほんといいね~。
この香辛料だけで家で食べるカレーでも特別なカレーになりそう。
目的のカレーを食べて無事ミッション完了。

ちょっとひざが気になったが、萩往還に向けて徐々に距離を伸ばしていきたい。
[PR]

by toshihi616 | 2014-02-16 00:00 | Trackback | Comments(3)

雪の六甲山に感激!

b0108100_1532085.gif

9日の日曜日に弟と再び六甲山トレッキングに行ってきた。

最近はブログのアップもなく、
たまにアップすれば、トレッキングネタの話で、
いよいよタイトルの変更が現実味を帯びてきた、かな(笑)。

年末のフルマラソンが今ひとつの結果で、
平日の早朝とか夜中に走る気力が湧いてこない。
左膝が今ひとつというのもあるが、ちとだらけています。
3月終わりに気合を入れないと完走できないレースにでるつもりなので、
(エントリーはまだ確定していないですが)
自然と走るようになるでしょう。

さて、今回の六甲トレッキング、1月に見た氷瀑がよかったものだから、
さらに気温の下がる2月にも行こうと弟と約束していた。
2月の最初の日曜日、春のような気候となり、氷瀑はもうダメかなと思った。
でもその後、再び厳しい寒さとなり、期待できそうな感じ。

さらに、8日の土曜日は太平洋岸で大雪であった。
自宅周辺も相当の雪となり、この分では山の上は確実に積もっているだろう。
出発前に山頂の施設が雪で休業していないかチェックした。
今回は、ガーデンテラスで昼食の予定。休業してたら目も当てられない。

朝の9時、阪急御影駅をスタートする。
コースは、住吉川沿いに登って行き、
途中で住吉川を西に外れて、石切道を通ってガーデンテラスへ。
そこから極楽茶屋に行き、前回同様、紅葉谷を下り有馬の滝の氷瀑を見物して、
有馬温泉をゴールにして、温泉に入ってビールを飲もうというもの。
b0108100_15362225.gif

前日の大雪でかなり雪は積もっていると予想していたが、
石切道への分岐から少し登ったところで既に雪道となる。
表六甲でこんなところからそこそこの積雪を見たのは初めて。
b0108100_15364599.gif
b0108100_1537274.gif
b0108100_15371991.gif

登るにつれて雪がどんどん多くなる。
幸いにも既に何人かの登山者が通ったあとで、
しっかりとトレースができており雪が歩行の妨げにはならない。
トレースされていないところにトレッキングポールを突き刺すと20cm以上は潜ってしまう。
樹氷らしきものもあり、山の雑誌の冬の表紙になってもおかしくない。

大学時代はワンダーフォゲル部に入って山に登っていた。
冬山の経験はあまりなく、比良山や京都北山に行った程度だが、
冬山でのテント泊の寒さは半端ではなく、朝起きたらロープやフライシートが凍っていた。
登山靴が凍らないようシュラフにいれて寝たのも初めての経験であった。
とにかく寒いのは辛いけど、
今見ているような冬景色は寒いからこそでありこの景色を見れただけで満足である。
b0108100_166361.gif
b0108100_1664751.gif

11時20分頃、ガーデンテラスに到着。
前回は最高峰にて寒い中でのラーメンであったが、
今回は軟弱にもストーブの効いた室内でカレーを食べた。
ロング缶も美味しくいただき、次は紅葉谷を下りて氷瀑見物に。
b0108100_16113462.gif
b0108100_1623143.gif
b0108100_16233319.gif

紅葉谷の下りからアイゼンを装着する。
稜線近くはやはり雪が多く、気温が低いせいか雪の質が少し違うように感じた。
スキー場での新雪のようにパラパラした感じで、踏みしめるとキュッキュッと音がする。
今回のメインである氷瀑については、先月に比較すると今一歩であった。
この滝だけを見たらそれなりに感動するかもしれないが、
1か月前にもっと凍結の進んだ滝を見ているので残念というところ、
これで素晴らしい氷瀑であれば、雪と氷のコラボで最高であったのに。

14時過ぎに有馬温泉に下山。
温泉に入っていつものようにビールで乾杯となる。
今度行くとしたら、比良山縦走はどうかと提案した。
当然、雪が解けてからだが。
ちょっと厳しいか?まあ大丈夫でしょう。

お疲れ様でした。次回もよろしく!
[PR]

by toshihi616 | 2014-02-09 00:00 | Trackback | Comments(2)