<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶりの京都北山皆子山峰床山

b0108100_1922851.jpg
京都北山に行ってきた。

登頂予定の山は、京都で一番高い皆子山。
大学時代に登ったことはあるが、
OCさんのブログを読んで無性に行きたくなった。

遠い昔の記憶では、ただただしんどく険しい印象しかない。
1回生のころで先輩の背中を見てひたすら付いて登り、
ピーク付近では熊笹のブッシュがひどく、
藪コギをしてようやく頂上にたどり着いた。

登りよりも下りのほうが印象に残っている。
谷筋を下っていったが、その谷がとても険しくて、
不安定な丸太橋を冷や冷やしながら何度か川を渡るなど、
読図の難易度の高いそして険しい沢のある山という記憶がある。

登山にあたり他の人のブログを読むと、
昨年の台風による豪雨のために、
コース上の丸太橋が流されたり、コースが崩壊したりで、
川の中を渡渉する覚悟がないと登れない危険なコースとなっているらしい。
b0108100_19224247.jpg

その代わり、以前は登山コースがなかった東尾根にコースができているようだ。
このコースだと尾根筋を登るので、水の中にドボンとはまる心配がない。
安全な尾根筋を登る東尾根コースを登ることにする。
b0108100_19232795.jpg

7時45分、出町柳発のバスで安曇川沿いの平バス停に8時半過ぎに到着。
バス停から少し戻り最初の橋を渡って対岸へ。
おばさんが表に出ていたので、この道で合っているか聞いてみた。
この道がお墓の横の登山道に続いています。
コースの右は深い谷だから行かないように、とアドバイスまで頂いた。
b0108100_1924574.jpg
b0108100_19244629.jpg
b0108100_19304020.jpg
b0108100_19311999.jpg

尾根筋のコースは結構厳しいが、下から涼やかな風が吹いて気分は上々。
コースは踏み跡もしっかりとついて、赤テープも適度な間隔であり安心して登れる。
1時間20分ほどで、意外にあっけなくピークに到着。
記憶にあったブッシュなど全くなく、その風景の変化に驚いた。
b0108100_19252681.jpg

登ってきた道を下り、再び平のバス停に到着。
ここから北に6キロ弱、舗装路のランニング。
途中で短時間であったが雨が降ってきた、そこそこきつい雨だった。
しばらく雨宿りしていると小雨になり再び青空が広がってきた。
b0108100_1925476.jpg

中村のバス停に到着。
林道入り口にロープが渡してあった。立ち入り禁止ということか。
ここから江賀谷の林道を30分ほど登っていくと、左俣と右俣の分岐に着く。
躊躇したが行けるところまで行こうと思い、ロープをくぐって再び歩き出す。
b0108100_1926466.jpg
b0108100_19342675.jpg
b0108100_19321594.jpg

この林道が想像以上に荒れていた。
舗装路の陥没、倒木、護岸舗装の倒壊。
林道を利用する人が少ないからか、補修することなくそのままの状態。
この先の登山道もこのように災害を受けたままかなと思い少し不安になる。
林道から右俣への登山道へは、飛び石伝いに川を渡らないといけない。
b0108100_1927592.jpg

水量が多く飛び石が濡れており、渡るのに神経を使う。
最初の渡渉は無事に成功。
右俣の登山道に入ると、大雨の影響は所々散見された。
斜面のコースは崩壊して、新たな高巻きルートが新設されたり、
そのがけ崩れのところに狭いトラバースルートが設営されていた。
記憶にあるコースと違い、とてもタフな緊張を強いられるコースとなっていた。

そして、確か3度目の渡渉のとき、濡れた石に体重を掛けた途端スリップ。
思わず右手で体をかばったが、その右手にも強烈な痛みが、そして水の中へ。
転倒の動揺から立ち直り、右手の小指を見るとひどく腫れている。
痛みもあり、ヤバイ骨折かと、左右に動かして確認してみる。
意外と、動かしても痛みは強くならない。

足ではなく手なので歩行には支障ないが、
気持ちはどんどんマイナス思考に傾いていく。

このまま、峰床山まで行くのか?
時間的には余裕があるが、指の腫れや痛みが増したらどうする。
しかも、転倒前にコンパスをどこかで落としたようで、
この先、北も南も分からなくなったらどうする。
b0108100_19274126.jpg
b0108100_19352230.jpg

九十九折れの峠への最後の急な坂道を、不安な気持ちのまま登り、
なんとか峠である中村乗越に到着。
八丁平へはここから下るだけ、
峰床山へはそこからまだクラガリ谷を登らないといけない。

少し落ち着こうと思い、切り株に腰を下ろして、
紅鮭のおにぎりをほお張る。
すると、突然、強い雨が降ってきた。
慌ててレインウェアーを取り出した。

この雨で沢の水が増えて、渡渉がますます困難になったら一大事と思い、
峰床山登頂の思いをあっさりと断念し、下山準備に取り掛かる。
迷っていた気持ちを突然の雨が、断念へと後押しした感じ。
転倒した渡渉ポイントを慎重にやり過ごし、無事バス停まで下山した。

久しぶりに訪れた、京都北山でも最も思い入れのあった山域は、
様変わりしていて、ちと寂しかった。

22日、追伸。
小指の腫れが引かないので、診察を受けた。
診断結果は、右小指骨折。当然、完治するまで運動はダメとのこと。
しばらく、大人しくしています。
[PR]

by toshihi616 | 2014-07-21 00:00 | Trackback | Comments(10)

140720三木RC日曜練習会

b0108100_13341491.jpg

三木RC日曜練習会に参加してきた。

朝起きたときは曇っていたが、
練習会のスタート時には、青空の広がるいいお天気。
今日は、暑くなりそうと、考えただけで疲れてくる。
先週の姫ボタルが致命傷となり、左親指の爪がなくなったという理由もあり、
そして、沖やん先輩も、今日は軽く流すというので、
スタート前から気合いのノリが今一つ。

案の定、中途半端な走りで、タイムは49分20秒。
タイムは遅いが、走っているときのしんどさは先々週とあまり変わらないのは、なぜ?。
走り終わってからも、いつもなら持参した生温い水で我慢しているのだが、
今日は自販機で冷たいコーラを買てしまった。

暑いし、明日に備えて、第二クールのゆっくりロング走はなし。

明日も天気が良さそうなので、京都北山に行ってみたい。
実は土曜日に行きたかったが、京都方面は天気が悪そうなので、月曜日に延期した。
一応、スケジュールはあるが、こう暑くなると途中でエスケープしそうなので、ないしょ。
ブログで公表してそれに拘束されて、無理をしてはいけないから、なんてね。

でも、少なくとも皆子山のピークは踏んで帰りたい。
皆子山は京都で一番高い山だが、二番目に高い山が峰床山。
できれば、京都のツートップをやっつけてみたい。
ピーカンの青空もいやだが、雨もいやなので曇り時々晴れ位を期待したい。

最近は、山に行くと雨の確率がかなり高いので、明日もちと心配。
しっかり、レインウェアーは持っていこう。
[PR]

by toshihi616 | 2014-07-20 00:00 | Trackback | Comments(4)

姫ボタルトレイル30キロ

b0108100_20561233.jpg
姫ボタル・静川平トレイル30キロに参加してきた。

家内、義母、娘とともに、家族旅行を兼ねて、前日はハチ北に前泊した。
土曜日は昼前に出発して、出石によってそばを食べた。
毎回、違うお店に行くのが楽しみ。
今回のお店も趣があって、そばも美味しかった。
b0108100_20565929.jpg

夕食は、お目当てのBBQ。
BBQといっても屋外のテラスなんかでのBBQではなく、
屋内にて炭火で焼いて食べた。いい景色は見られないが、虫の心配はない。
肉は柔らかく量も十分で、家族全員に好評であった
来年も、BBQツアーを企画したら参加してくれそう。
b0108100_2110374.jpg

レース当日、大方の予報を裏切って、あいにくの雨。
朝の6時くらいから降り始め、スタート前では雨脚も強くなってきた。
雨は心配ないだろうと、装備からレインウェアーを外さなくてよかった。
スタートからレインウェアーを着用して、ゴールまで着続けた。
b0108100_21102729.jpg

8時30分スタート。
走り始めは雨のトレイルもなかなかいいもんだと余裕があった。
でも、雨のせいでコースが滑りやすくなってくると余裕がなくなってきた。
少しでも油断するとスリップして転倒しそうになる。
b0108100_21105530.jpg

雨はレース中降り続き、特に鉢伏山山頂付近では、雨・風ともに強くなった。
山頂で休憩するような状況ではなく、早々に下山した。
頂上からの下山道が雨で川のようになっており、
この辺りからシューズの濡れるのが気にならなくなる。
b0108100_21112134.jpg

そして、折り返しコースでは、コースが泥んこの泥川状態となり、
泥水にはまることを躊躇していたら、前に進めなくなるほどであった。
ただ、この折り返しコースを過ぎて林道に出れば、
あとはこの下り基調の林道をスタート地点まで戻るだけ。
b0108100_21113818.jpg

往路で冷麺の出たエイドに再び到着。
カレーを食べますかと聞かれ、迷わずカレーをリクエストした。
最後のエイドでは、サンドイッチがあり、距離の割りにエイドは最高であった。
b0108100_21115387.jpg

最後の林道をチンタラと走り歩きして、5時間半ほどでようやくゴール。
完走賞は、地元で採れた野菜3パック、これは家族に好評であった。
b0108100_21121468.jpg

練習量が落ちてやや重めの体にはきついトレイルであったが、
家族とともに2日間を過ごせて楽しかった。
また、来年の夏に、レースを兼ねた家族旅行に行けたらいいな。
BBQで美味しいお肉を食べたい。
[PR]

by toshihi616 | 2014-07-13 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(12)

140706三木RC日曜練習会

b0108100_2029348.jpg

4週連続、今日も日曜練習会に参加してきた。

先週の練習会が終わった時に、
沖やん先輩と来週はお互い引っ張り合っていいタイムを出そうと約束していた。
先輩に対して失礼な走りはできないと思い、
土曜日は完全休養で練習会に挑んだ。

序盤からガンガン飛ばされるので、いつもよりスタートからペースを上げて、
できるだけ離されないようにと考えた。
定刻の朝8時スタート、先週よりも頑張ってペースを上げて走った。
市街地の折り返し手前で追い付いて、しばらく並走した後、先に行かせてもらう。

ただ、その折り返し以降、序盤のペースが維持できない。
スタートから無理して走ったので、そのツケからか体が急に重くなってきた。
その後は終始、背後に沖やん先輩の足音を聞きながら、
いつ抜かされるかと冷や冷やしながら、必死で足を動かし続けた。

ゴール手前の長い上り坂では、3メートルくらいにまで差が縮まったようだ。
でも、何とか抜かされずに45分35秒でゴール、前回よりちょっと短縮。
この気温と湿度のコンディションを考えると、まあ頑張ったのではと思う。

ゴール後は、いつもなら野球場の周りをゆっくりでも走り続けるのだが、
今回はしんどすぎて沖やん先輩と一緒に歩き続けた。、
タイムトライアル中の体調や心理状況なんかを話し合いながら、
そして、しんどいながらも走り切ったという充実感に満たされながら。
ありがとうございました、次の練習会でもよろしくお願いします。

同じようなタイムの人と走ると、刺激なって一人の時よりも速く走れるのだが、
やはり無理をしているので、疲労度が半端ではない。
今日は疲れたので、第2クールのロングジョグは取りやめて、
クラブの人達と喫茶店に行った。

来週は、姫ボタルトレランにエントリーしているので練習会には参加できない。
ひげ親父さんたちも参加予定。
天気が少し心配であるが、現地で前泊する1泊2日の家族旅行も兼ねているので、
初めてのトレランコースや宿でのBBQが楽しみである。
[PR]

by toshihi616 | 2014-07-06 00:01 | Trackback | Comments(4)

日曜練習会記録5

b0108100_14155092.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2014-07-06 00:00 | Trackback | Comments(0)