タグ:フルマラソン ( 29 ) タグの人気記事

泉州マラソン、後半失速、修行がたりまへん

b0108100_330960.jpg


泉州マラソンに参加してきた。

昨年の加古川マラソンにおいて、15分は切れなかったものの自己ベストは更新し、
まあ納得の結果を残せた。
加古川が不本意の結果になった時の保険のレースとして泉州を申し込んでいたが、
加古川の結果に100%ではないが満足していたため、
このレースに何が何でもという気持ちが今ひとつ盛り上がってこない。
こんな気持ちが後半のペースダウンを招いたのかもしれない。

当日は、朝6時前の地下鉄に乗って、余裕を持って大会会場に到着。
快晴のいいお天気だが、時折吹く風が半端なく冷たい。
今日のレースは、キロ4分半のペースでいけるところまで。
前回のハーフをいい感じで走れたので、あの感じでフルの序盤を走ったら、
後半はどうなるのか脚はもつのか試してみたい。

10時半、スタート。
スタート直後は意外と混雑していてなかなか自分のペースで走れない。
国道に出てようやくバラけてマイペースで走れるようになった。

果敢にハーフペースにチャレンジしたいと思いつつも、そんなペースで序盤を走れば、
後半つぶれるのは目に見えている。
自然とペースは抑え気味となるのだが、気分よく走っていて時折ガーミンを見ると、
サブスリーペース近くまで上がっていることもあり、慌ててペースダウンする。

コースは平坦で走りやすく沿道からの応援もあり、ついついペースが上がってしまう。
20キロの通過タイムは加古川より1分ちょっと早く、後半大丈夫かなとチラリと不安がよぎる。
岸和田市を通過するときには、だんじり囃子が聞こえてきて妙に気分を高揚させる。

岸和田城を過ぎた辺り、沿道から応援する人の中に、
NHKの朝ドラ「カーネーション」に出演している小原直子役の川崎亜沙美さんを見つけた。
チラッと見てアッと思い、二度見した時に目があったので間違いないと思う。
当然どぎつい化粧はしていなくて、意外とまともな感じを受けた(笑)。

マラソンのほうは、25キロあたりから、脚がだるく重たくなってきた。
やっぱり脚に来た。でも、脚に来るのが早すぎる。
このままでは完走もおぼつかないと思いペースを落とす、というか落ちていく。
その後は我慢のレースで、重たくなった脚を何とか前に出してゴールを目指す、トホホ・・・。
最後の試練で、大きな橋を4回も昇って降りてふくらはぎつりそうやんけ。007.gif

b0108100_3302136.jpg


15分切りはまたもやお預けとなった。
15分を切るだけなら、これ以上のスピードは必要なく、
このキロ4分半のペースをいかに落とさずにキープできるか。
このスピードでの距離の余裕度アップが大事だと思った。
来シーズンのフルまでにこのあたりを克服したい。

さて、私のフルのシーズンは終了したので、これからはトレイルランやマラニックを楽しみたいぞ。

スタート~5キロ 23分02秒
5キロ~10キロ 22分21秒
10キロ~15キロ 22分33秒
15キロ~20キロ 22分49秒
20キロ~25キロ 23分22秒
25キロ~30キロ 24分23秒
30キロ~35キロ 25分04秒
35キロ~40キロ 26分25秒
40キロ~ゴール 12分15秒

3時間22分14秒(ネットタイム)
[PR]

by toshihi616 | 2012-02-19 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)

加古川マラソン、ベスト更新!

b0108100_23225196.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

11月の福知山、12月の長居の30キロ走と、いい感じで走れた。
その流れを受けて、今回の加古川も、大きなアクシデントや天候不順がない限り、
タイム的に期待の持てそうな予感がする。
前日の忘年会も無事に切り抜け、大きな故障箇所もなく当日を迎えることができた。

いつもの三木RCの集合場所に行くと、私が一番乗りであった。
しかし今日は寒い。河川敷なので遮る物がなく冷たい風が容赦なく吹き付ける。
スタート前でこの風だと、レース中にはもっと強くなるかもと憂うつになる。
でも実際には、そんなことも杞憂に終わり、あまり風のないいいコンディションとなる。

スタート~5キロ 23分27秒

三木RCのT尾さんと共に、スタート地点に向う。
一般の部は、9時45分スタート。スタートロスは31秒。
スタート直後の密集度はすさまじい。
大阪や福知山などの大きな大会でも、スタート後比較的早くにマイペースで走れたが、
コース幅が狭いせいか、なかなか人がバラけず最初の1キロに5分9秒〈ネット〉もかかった。

今日のマラソンは、キロ4分半前後をキープして行けるところまで。
当然、後半はペースが落ちてくるが、最後まで粘って走り、3時間15分を切りを狙いたい。

ようやく人もバラけて、マイペースで走れるようになる。
キロ4分半前後といっても、4分半をオーバーするほうが多い。
4分20秒台が巡航速度になると、タイム的にもう一段アップするのだが、なかなか難しい。
でも、自分なりに一定のペースで25キロぐらいまでは淡々と走れている。

5キロ~10キロ 22分41秒
10キロ~15キロ 22分45秒
15キロ~20キロ 22分55秒
20キロ~25キロ 22分56秒
25キロ~30キロ 23分20秒

今日は、同じようなペースで走る人がなく、ガーミン君を見る回数が多い。
着実にラップを刻む人がいると、とても走りやすいのだが。
そして、25キロ過ぎぐらいから、向かい風が気になりだし、疲労もあるが、若干ペースが落ちてくる。
今日も風はいつもの風と向きが違うようで、山側から吹いているよう。
そんなに強い風ではないが、疲れた体にはつらいものがある。

30キロの通過タイムが2時間17分と、一昨年のベスト時の通過タイムとほぼ同じ。
ベストは狙えそうだが、15分切りは難しいかなと思った。
でも、脚の感覚は、極端にペースが落ちるような感じではなくまだまだ走れそうである。

30キロ~35キロ 23分45秒
35キロ~40キロ 23分33秒

大堰を渡って、ゴールまであと7キロほど。
対岸に渡ったあたりで、三木RCのK園さんやおきやん先輩の応援を受けた。
K園さんの並走しながらのエールを受けて、少しペースが戻ってきた。
ありがとうございました。

さらに走ると、たにやんさんがこちらに向って走ってくるのが見えた。
これまた、しばらく並走してもらい、またまたペースが戻ってきた。
向かい風を全く感じないので、風の具合をたにやんさんに確認してみた。
「ほとんど風のない状態です、ラッキーですね」と答えをもらい気持ち的に楽になった。
ありがとうございました。

たにやんさんと出合った時点で、スタート後2時間50分を経過しており、
ゴールタイムを大雑把に計算してみると、ギリギリ15分を切れるかどうか。
今のペースを最後まで維持しないと15分切りは無理という、
最後まで力の抜けない、抜きたくないレースとなった。

40キロ~ゴール 10分31秒

ゴール前1キロ付近でryujiさんと和尚さんの応援を受ける。
パワーをもらいました、ありがとうございます。

残念ながら、42キロ地点で15分をオーバーしてしまい、15分切りはお預けとなった。
でも、後半もしっかりと走りきれて納得のゴール。

タイムは3時間15分53秒(ネットタイム)と、自己ベストを更新できた。

今シーズンのフルはこれが最後ではなく、2月の泉州マラソンにエントリーしている。
フラットないいコースで応援も多いと聞いているので、
うまく調子を上げて納得のレースをしてみたい。

b0108100_2111917.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2011-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)

福知山マラソン、セカンドベストでした

b0108100_2013291.jpg

福知山マラソンに参加しました。

今シーズン2度目のフルマラソン。
大阪マラソンでは30キロ過ぎで両ふくらはぎが攣りそうになり苦戦した。
でも、思った以上に走れてホッとしたというのが正直なところ。

今回の福知山では、ふくらはぎのけいれんを抑えてくれたらと、
レースで初めてゲイターを着用した。
その効果があったのか、フルに体が慣れてきたのか、
ゴールまでふくらはぎのピクピク感はなくて、最後まで自分なりの力を出せた。

当日の天候は、Tシャツでじっとしていると肌寒いが、
走り出すと寒さを感じない、とても走りやすい天候であった。
後半の30キロぐらいから、強い向かい風が吹いて参ったが、
この向かい風がなければ、最高のコンディションでしょう。

朝5時に自宅を出発して福知山に向かい、現地には7時過ぎに到着した。
受付会場に向かう途中で、三木RCの人達から声を掛けられた。
RCのウェアーはオレンジの蛍光色が入っているのでよく目立つ。
こんなとき、このウェアーはとても重宝する。

10時30分、フルマラソンのスタート。
Bブロックからのスタートで、ロスタイムは25秒。
曇り空で気温も程よく寒く、走りやすいコンディションなので、
キロ4分半くらいのペースで、いけるところまでいくこととする。

スタート~5キロ 23分09秒
05キロ~10キロ 22分45秒

スタート直後こそ、肩の接触なんかがあり走りにくかったが、
坂道を下るころには、バラけてマイペースで走ることができた。
このあたりでは、予定のペースで淡々と走るのみ。
涼やかな風も吹いて、汗もほとんど気にならないくらいで順調な滑り出し。
特に気になるところもなくアクシデントがなければ、いい記録が出そうな予感がした。

10キロ~15キロ 22分47秒
15キロ~20キロ 22分53秒
20キロ~25キロ 22分58秒

折り返しまでの25キロは、タイムを見ると徐々に落ちているが、
感覚的にはイーブンペースで気持ちよく走れていた。
すでに折り返してきたランナーとすれ違うが、知り合いを捜してエールを送る。
このすれ違いの区間は知り合い捜しで気が紛れ、しばしの間、走っていることを忘れる。

25キロ~30キロ 23分49秒
30キロ~35キロ 24分11秒
35キロ~40キロ 25分27秒

30キロ地点の小さな峠を越えたあたりから、急に向かい風が強くなる。
何回か福知山を走っているが、こんなに強い向かい風は初めてで、
まるで加古川の大堰からゴールまでを走っているようだった。
もし調子が悪ければ、この風で走る気力を奪われるところだが、
今回はそんな中でも走りに集中することができた。
ペースダウンはしたが、気持ちは負けずに走れていた。

40キロ~ゴール 11分27秒

40キロを過ぎていよいよあと2キロちょっと。
タイムを確認すると、3時間20分をグロスでも切れそう。
沿道から応援してくれる人も、
「歩かへんかったら、20分切れるで!」と声を掛けてくれる。
20分切りという目標もあり、最後の上り坂も気を抜くことなく走りきれた。

タイムは、3時間19分26秒(ネット)と、20分を切っての、
セカンドベストであった。001.gif

過去のタイムを見ると、12月にある加古川マラソンのタイムは、
その年の福知山のタイムを上回っている。
加古川では、3時間15分を切るというタイム的な欲も出てきた。
次の加古川に向けて、故障なく調子を上げて臨みたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-11-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(12)

大阪マラソン、応援がすごかった

b0108100_196564.jpg

第1回大阪マラソンに参加してきた。

前日の受付であまりの人の多さに3万人規模の大会であることを実感し、
当日のレースがとても楽しみになってきた。

当日の天気予報は「曇りのち雨」で、
10月の終わりでも晴れたら嫌だなと思っていたので丁度いい。
実際、当日の天候は、走っている間はほとんど雨も降らず、
日差しも気にならない曇り空で走るにはいいコンディションであった。

スタート前のトラブルひとつ。
この大会はスタートゴールの場所が違うので荷物を預けるが、
その荷物預けの時刻が8時までというのを知らなかった。
最寄りの駅についたのが7時40分過ぎ。
慌てて広場で着替えて小走りで所定の預け場所に。
何とか間に合ったが、朝一番から焦りました。

9時スタート。
スタートブロックは「B」だったので、
大規模な大会にしてはスタートロスも2分弱とスムーズな発進。
スタート後の混雑もあまりなく、最初からマイペースで走れた。

とにかく印象に残っているのが、沿道からの応援の多さ。
今までのフルの大会といえば、福知山、加古川、木津川、篠山と、
河川敷のコースか郊外の自然豊かなコースばかりなので、
コース上の応援はまばらな所が多かった。
加古川なんて、河川敷オンリーのコースなので応援なんてごく少人数。

コースの沿道は、人垣の絶える所がほとんどなかったのでは。
特に人垣の多かったのは御堂筋や千日前通り。
なんば周辺の沿道には複数列の人垣ができており、
ついついスピードを出してしまうほど応援の後押しがすごかった。

仮装したランナーなんかはもうスター扱いで、応援する人も楽しんでいた。
特にバニーガールに仮装した女性ランナーは大受けだった。
その女性、愛嬌もあり、声援に向かってうまく反応するものだから、また受けて笑いが広がる。
後ろで見ているこちらも楽しくなってくる。

肝心の走りのほうだが、気持ちよく走れたのも30キロ前までで、
30キロを過ぎた辺りから両方のふくらはぎがピクピクしだす。
ペースを維持して走り続けたら、痙攣を起こしそうな感じに。
できるだけふくらはぎを使わずにペースを落として走る、
というか疲労でもうペースを上げれません。
b0108100_1984021.jpg

残り10キロほどは、つらい走りとなったが何とかゴール。
ゴール後、座って休んでいると左右と順番に足が攣りまくり。
一人で悶々としていたが、レース中に起こらなくてよかった。
レース後は、家内が車で応援に来てくれていたので車での帰宅。
電車での帰宅はちと辛い状態で助かった。
後半はしんどいレースであったが、大阪マラソンの第1回大会に参加できて楽しかった。
b0108100_1982031.jpg

ちなみにタイム(大会発表の速報値)は以下の通り。
 スタート~5キロ  24:49
     ~10キロ  24:14
     ~15キロ   23:36
     ~20キロ  23:59
     ~25キロ  24:19
     ~30キロ  25:18
     ~35キロ  27:04
     ~40キロ  29:09
     ~ゴール  12:15
 ネットタイム    3:34:43

フルのレースはまだ控えているので、少しでもタイムを上げていきたい。
[PR]

by toshihi616 | 2011-10-30 00:00 | Trackback | Comments(12)

加古川マラソン

b0108100_18171967.jpg

加古川マラソンに参加してきた。

足底の調子が今ひとつで、なかなかすっきりとしない。
極力安静にしてレース当日をむかえたが、
走り始めるとやはりまだ痛みがあり、この痛みがひどくならないことを願った。
できるだけ足底に負担をかけないよう着地に注意して走った。

高砂の折り返しまで何とか誤魔化しながら走ったが、
30キロを過ぎた辺りで疲労からペースがガクンと落ちる。
30キロの通過タイムが2時間23分ほどで、昨年より5分ほど遅い。
ゆっくりでもいいからなんとか完走したいと思った。

大堰を渡って後ゴールまで7キロほどだが、向かい風で走りにくい。
ラスト付近で、ryujiさんや和尚さんの応援を受ける。
疲労でうつむいて走っていたので応援の声を聞いてびっくりした。
何とか3時間27分47秒でゴール。
最後まで棄権することなく走りきれたことに満足です。

スタート~5キロ 24:19
5キロ~10キロ 23:28
10キロ~15キロ 23:41
15キロ~20キロ 23:40
20キロ~25キロ 23:39
25キロ~30キロ 24:23
30キロ~35キロ 26:22
35キロ~40キロ 26:52
40キロ~ゴール 11:23

3時間27分47秒

なんとも味気のない完走レポートとなった。
既にエントリーしている次のフルマラソン篠山では、
ぜひとも気合の入ったレポートを書いてみたい。
今の調子だと、加古川の二の舞になりそうです(泣)。
[PR]

by toshihi616 | 2010-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(14)

福知山マラソン、脚づくりは難しい

b0108100_21133537.jpg

福知山マラソンに参加してきた。
当日の天候は、曇り時々晴れ時々小雨という変な天気。
気温は明け方で10℃くらい、日中もあまり気温は上昇せず、
走るのにはいいコンディション。

膝の調子が良くなく、レース前の1週間ほど休足して治療に専念した。
走らずに安静にしていたことで相当マシになったような感じだが、
屈伸すると少し突っ張り感と違和感があり、フルを走ることによる症状の悪化が心配。
でも、レースを棄権するほどでもないので、
今ひとつテンションが上がらないままレース当日をむかえた。

10時30分、スタート。

どれくらいのペースでいくかは、走り始めて調子を見て決めようと思い、
恐る恐るペースを上げていく。
5キロくらいを走って、特に膝に痛みはなく、いつものレースペースで走ることにする。

スタート~5キロ 23分46秒
5キロ~10キロ 23分01秒
10キロ~15キロ 23分06秒
15キロ~20キロ 22分54秒

20キロぐらいまではいい感じで走れたが、
25キロを過ぎた辺りから脚全体が重たくなり、ペースを維持できなくなる。
30キロを過ぎると、左ふくらはぎがピクピクと痙攣しだす。
これ以上ペースを上げたら(というかもうペースを上げられそうにないが)
ふくらはぎが攣りそう。ますますペースが落ちていく。

20キロ~25キロ 23分09秒
25キロ~30キロ 23分43秒

30キロからは我慢の走りで、四万十ウルトラのように後半での復活を夢見て、
あの時の走りを再現しようとするが、現実は相変わらずの苦しいペース。
同じ様なペースの人に遅れないよう、懸命に脚を前に出す。

30キロ~35キロ 25分05秒
35キロ~40キロ 25分30秒
40キロ~ゴール 12分19秒

なんとか最後の坂道も上りきり、3時間22分33秒(ネット)でゴール。

ゴール後、ふくらはぎのダメージは大きそうだが、
左ひざはハレや大きな痛みはなくホッと一安心。

9月上旬に痛風の発作で半月ほど満足に走れなかったことや
レース直前の1週間で治療に専念して走らなかったことが、
どの程度影響したかわからないが、
フルを走りきれる脚をつくるのは難しいと改めて感じた。

次の加古川を目指して、あと1ヶ月ほどしかないが、
ベストで挑めたらと思う。
[PR]

by toshihi616 | 2010-11-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(20)

そうじゃマラソン

b0108100_244392.jpg


そうじゃ吉備路マラソンに参加してきた。

例年だと篠山マラソンにエントリーするのだが、
たまには違う大会もいいだろうと思い、同時期のこの大会にエントリーした。
自宅からだと高速を利用して片道2時間ほど、アクセスもあまり負担にならない。

当日は夜明け前に出発したがかなり雨が強く降っており、
雨中のマラソンを覚悟した。でも、現地に近づくにつれて天候が回復して、
レース中は晴れのいいお天気になり、ランニングには暑いぐらいのコンディションとなる。

スタート前に、ジョグノートで知り合ったアッキーさんとお会いする。
彼も萩往還にエントリーされており、スタート地点で色々と話が弾んだ。
9時半、フルのスタート。
コースは、五重塔や古墳を間近に見物できるコースとなっていた。
河川敷のコースのように直線だけのコースではなく、くねくねと細い道を何回となく曲がる。
さっき見た五重塔がまた現れるなど、
どの方向に向って走っているのか全く分からなくなる。

30キロ過ぎぐらいから周りランナーのペースが落ち始め、
一人一人追い越しながら、ペースを維持して走ったが、
さすがにラスト5キロは脚にきてペースダウン。
なんとか、3時間22分20秒でゴールできた。
特にタイムを気にせず走ったが、まあまあのタイムで走れて気分は良かった。

次の大きな大会は萩往還。
アッキーさんとも、次回は萩往還のゴールである瑠璃光寺で会いましょうと約束して、
心地よい疲労感とともにマラソン会場を後にした。
[PR]

by toshihi616 | 2010-02-28 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(12)

加古川フル、納得のレースで言う事なし!

b0108100_20521773.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

前回フルの福知山では、20分切りにあと2秒及ばなかったので、
この加古川では20分を切ることを目標とする。
10日前の長居公園での30キロで、4分30秒~40秒のペースでイイ感じで走れたので、
この加古川でも同様のペースで走りきりたい。

当日の天候は、曇り時々雨。
雨といっても弱い雨でランニングにはほとんど影響なかった。
問題の風については、スタート時にはほとんど感じない微風。
時間が経過するにつれて、弱い北風となる。

例年だと強い南風(海風)が吹いて、
ラストの7キロが向かい風でとても苦しいのだが、
今回は追い風となりラスト7キロは今までに比較すると走りやすかった。

三木RCの沖やん先輩と一般の部のスタートラインに並ぶ。
9時45分、一般の部スタート。
福知山のように大規模の大会ではないので、
スタート時の混雑も一時だけで、ほどなく自分のペースで走れるようになる。

~ 5キロ 23分21秒
~10キロ 22分46秒
~15キロ 22分46秒

5キロを越えた辺りから体も慣れてきて設定のペースでちょうどイイ感じ。
ただ、この辺りから15キロぐらいまで、前の人について走っていると、
知らず知らずのうちにペースが速くなっていく。
周りの人達もまだまだ元気なので、調子乗って追走していると後半つらくなる。
時計でペースを確認して、スピードを出そうとする気持ちにブレーキをかけながら走る。

加古川大堰を渡り対岸に移動する。
下流に向って23キロ過ぎの高砂の折り返しまで、淡々とペースを刻む。
長居公園での30キロ走と同じような感じで走れている。
痛む個所もなく順調である。

~20キロ 22分47秒
~25キロ 22分58秒
~30キロ 23分40秒

ところが、高砂の折り返し地点をターンしてみて、
向かい風が吹いていることに気が付いた。
この風に後押しされてイイ感じで走れていたのか。

折り返し後、向かい風となり精神的なものと疲労とでペースが落ちてしまった。
でも、今は向かい風だが、最後の7キロは逆に追い風になることを励みに、
対岸に移動し方向転換する大堰まで我慢の走りとなる。

30キロの通過タイムは、長居公園での30キロ走とほぼ同様のタイム。
疲労度は、高砂の折り返しから少し無理をしてペースを維持してきたため、
今回のマラソンの方が大きそう。
パワージェルと梅干を食べて、気分も新たに後半の12キロに挑む。

~35キロ 24分18秒
~40キロ 24分17秒
~ゴール 10分36秒

大堰を渡り対岸に移動すると、予想通り風を全く感じない。
過去の加古川だとラスト7キロはいつも向かい風で悩まされるのだが、
今回のように追い風となるのは初めてのことだ。
気分的にも楽になり大きく失速することなくゴールできた。

タイムはベスト更新の3時間17分29秒(ネットタイム)。

そして、いつもだと後半疲れてしまいキロ5分台にまで落ち込むのだが、
今回は全コースの1キロラップが全て4分台で走りきることができた。
今年最後のレースで、気象条件の後押しもあるが、
納得のレース展開とタイムに言う事なし。
晩酌のビールと日本酒が美味しかった。068.gif001.gif

b0108100_20524354.jpg
     〈ガンちゃん、サブ3.5おめでとう!〉

最後に、コース上でエールを交換した、
潮の風さん、たにやんさん、K池さん、N川さん、ガンちゃん、K林さん、
パワーになりました。ありがとうございました。
[PR]

by toshihi616 | 2009-12-23 00:00 | Trackback | Comments(16)

福知山マラソン、2秒オーバー、うぅ~ん残念!

b0108100_052477.jpg


福知山マラソンに参加してきた。

当日の天候は、スタート時には曇り空で肌寒いくらい。
このままゴールまで日が差してこなければ最高のコンディションになるのだが。
風のほうも、折り返しで少し向かい風を感じたが、ほとんど気にならなかった。
走りやすそうな気象条件に俄然やる気が出てきた。

今回のレースペースはキロ4分30~40秒として、タイムは3時間20分切りを目標とする。
10月のユリカモメ30キロにおいて、キロ4分45秒のペースで走りきれた。
ただ、キロ4分30秒をもみじハーフで試してみたが、とてもフルを走りきる自信がない。
そこで、45秒よりも速く、30秒は超えないペースをレースペースとした。

10時半、フルマラソンのスタート。
スタートロスは1分弱で、最初の坂道を下りきるまで前後が詰まって思うように走れない。
坂道を下りきってようやく前後がバラけてマイペースで走れるようになる。
30キロからの走りに備えるため、30キロまではペースを上げることなくイーブンペースを維持する。イーブンペースを維持するため、リアルタイムでペースが表示される時計は頼りになるペースメーカーである。

~ 5キロ 23分58秒
~10キロ 22分47秒
~15キロ 22分46秒
~20キロ 22分53秒

20キロ過ぎからは、折り返しのランナーが続々とやってくる。
潮の風さんを発見。エールをかわして元気をもらう。
その後、まもるくんから大きな声でエールをもらう、
そのとき下を向いていたのでびっくりした。あわてて返事をした。
そして、沿道からのり姉さんの応援を受けた,ありがとう。

~25キロ 22分37秒
~30キロ 23分27秒

当初の予定では、30キロまで一定のペースを維持して、
後半12キロでペースを上げたいと思っていたが、30キロを走った疲労は大きく、
現状のペースを維持するので精一杯。しかも左の太もも裏側が少し痛くなってきた。
気分的に弱気になるが、遅くなりながらもなんとか粘って走り続ける。

~35キロ 24分23秒
~40キロ 25分10秒
~ゴール 12分01秒

40キロの通過タイムが、3時間8分。最後の坂道を頑張れば20分は切れるかなと思ったが、
最後の急坂はやはりつらい。
最後のコーナーを曲がったところで、ほとんどギリギリのタイム。
ゴールラインまで必死にダッシュしたが、手元の時計で3時間20分01秒。
記録証ではひょっとしたらと期待したが、無情にも3時間20分02秒(ネット)。

20分切りはお預けとなったが、自己ベストは更新できて素直にうれしい。001.gif
次の加古川フルマラソンでは、後半の12キロを納得の走りでゴールを目指したい。

b0108100_121396.jpg
〈ブルーがペースです。最後のダッシュは、キロ4分を切っていました〉

ゴール後、急いで自宅に戻り家族で焼肉に。
自己ベストを祝して、焼肉を腹一杯食べて、半額セールの生中を普段より大目に飲んだ。
068.gif068.gif
[PR]

by toshihi616 | 2009-11-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(22)

篠山マラソン、自分的にはまあまあの出来

b0108100_18351161.jpg
〈続々とフルを走り終えたランナーがゴールしてくる、お疲れさ~ん!〉

篠山マラソンに参加してきた。

気持ちは5月の萩往還に傾いており、
加古川や福知山のようなレース前の気合の乗りは今ひとつ。
いいコンディションに恵まれて、ポロリと自己ベストなんて淡い期待もあったが、
篠山のコースはなかなか手強かった。

当日の天候は朝からいいお天気で、寒さの心配はなさそうだ。
天候を考慮して、TシャツとショートのCW-Xで走ることにする。
この篠山も加古川と同様に、心拍数が150を超えないよう、
4分45秒のペースで走り通すことを目標とした。

今回の篠山は、参加者が11千人と久しぶりに1万人を超えたようだ。
スタート方法が大幅に変更されるなど、大会運営も改善され多いに気合が入っていた。
今後も様々な改善が行われて、ますますいい大会になるよう期待したい。

0~5キロ 23分53秒(平均心拍数145)
~10キロ 23分25秒(149)
~15キロ 23分38秒(148)
~20キロ 23分49秒(148)

10時50分、未登録の部スタート。
スタート時の混雑は相当なものでなかなか自分のペースで走れない。
まあ、これほどの規模の大会なので仕方ないのかもしれない。
コース的には、スタートから20キロ付近までは、比較的フラットな走りやすいコースで、
混雑を抜けてからは、昨年の加古川マラソンとほぼ同様のペースで走れている。

~25キロ 24分25秒(145)
~30キロ 24分39秒(148)

20キロ地点で有森さんらのハイタッチを受けて、
いよいようねりのようなアップダウンのコースを走ることとなる。
フラットなコースだとペースを把握しやすいが、アップダウンのコースは難しい。
上り坂になると当然にペースが落ちるが、その落ちたペースでもOKなのか、
それとも本当にペースダウンしているのか、その判断が難しい。

フラットなマラソンコースであれば、
20キロを過ぎても心拍数はまだ150近辺をキープできるが、
今回は、20~25キロ区間の平均心拍数が145と大きくダウンしている。
この坂道のある区間で、もう少し追い込んでも良かったのかなと思うが、
まだ残り20キロもあるなかで、上り坂で脚を使うのも勇気がいる。
結局、この20~25キロ区間で昨年の加古川に比べて大きくタイムが落ち込んでしまった。

~35キロ 24分40秒(148)
~40キロ 25分19秒(144)
~ゴール 11分17秒(143)

30キロ過ぎの折り返し後は、
高低図でみると下り基調だがそういう実感もあまりなく、
いつもの様に前のランナーを一人一人拾いながら走るが、思うほどスピードが出ない。
やはり、20~30キロにかけてのアップダウンで相当消耗していたのかなと思う。
ゴールの手前で、
ryujiさんや既にゴールしていた潮の風さんやたにやんさんの応援を受ける。
なんとか、3時間25分11秒(ネットタイム)でゴール。
20~25キロでの平均心拍数の落ち込みが悔やまれるが、
それでも自分的にはまあまあ走れたと思う。

今シーズンのフルマラソンはこれが最後である。
タイム的にはそろそろ限界かなとも思うが、来シーズンのフルマラソンでは、
目標である15分切りを目指したい。
[PR]

by toshihi616 | 2009-03-01 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)