タグ:フルマラソン ( 25 ) タグの人気記事

福知山マラソン、後半ペースダウン

b0108100_163187.gif
〈ゴールゲート、続々とフルを走り終えたランナーが帰ってくる、お疲れさん!〉

福知山マラソンに参加してきた。

当日は、三木RCの福ちゃんさんとともに車で福知山に向かう。
1週間前ぐらいから急に冷え込み、当日のレースは寒さを覚悟したが、
福知山に着いてみると、風もなく穏やかな天候。
走り出したら逆に暑くなるかなと思ったほど。

調子のほうは、特に故障箇所もなくマアマアの感じ。
でも、ハセツネが終わり少し気が抜けたのか、
もみじハーフ以外で、10キロを超えるような距離を走っていない。
少し距離に不安がある。

スタート前も寒い思いをせず、10時30分予定通りスタート。
スタートラインを越えるのに、3分20秒ほどかかる。
大きな大会なので、グロスタイムは全く無視しているのであせる必要はないが、
今年は、スタートからしばらくの間、前後が詰まってとても走りにくい。

~05キロ  27分24秒(平均心拍数134)
~10キロ  24分48秒(143)
~15キロ  24分21秒(144)
~20キロ  24分45秒(143)
~25キロ  24分54秒(144)

スタートから5キロ通過まで、27分24秒と少しかかり過ぎ。
スタート直後の混雑が市街地まで続いて自分のペースで走れない。
5キロを過ぎたあたりから、ようやくバラケてきて走りやすくなる。
スタートから思うように心拍数が上がらなかったが、
このあたりから145を超えないように一定のペースで走る。

しばらく由良川沿いの景色のいいコースを走っていると、
早いランナーがどんどん折り返してくる。
メンバーを探しながら走ると結構気がまぎれるのだが、
今日は三木RCからの参加者が少なく、メンバー探しに力が入らない。

そんな中で、折り返しのはるか手前で三木RCのYさんを発見。
ゴール手前でこそっと追いつこうと考えていたが、
差が開き過ぎてとても追いつけそうにない。
彼女はこの大会で30分切りを目指しているが、調子はよさそうである。
ゴール後聞いてみると、ネットで3時間22分と大幅な記録更新。
おめでとう!次は15分切りを目指して頑張ってください。

折り返し後、三木RCのHさんから名前を呼ばれエールを頂く。
姿は確認できず、声だけ聞こえた。
Hさん、ありがとうございます。

~30キロ  26分00秒(145)
~35キロ  28分14秒(142)
~40キロ  30分05秒(138)
~ゴール  14分17秒(139)

30キロ手前ぐらいから、キロ5分を維持できなくなる。
一定のペースで走りたかったが、ズルズルとペースが落ちていく。
このあたりをしっかり走れるかどうかで、タイムに大きく影響してくるが、
これが今の実力なのか大きくペースダウンしてしまった。
最後の坂道で、すでにゴールしていたまもる君から声を掛けてもらい、
なんとか最後まで歩かずにゴールできた。
ネットタイムで、3時間44分53秒。

30キロ過ぎから我慢のしんどいレースとなったが、
今年3月の篠山以来のフルマラソンで、
42.195キロを精一杯走り完走して、ゴールの瞬間は気分が良かった。
フルマラソンを完走できる自分の体力に感謝!
年末の加古川マラソンは、今年最後のレース。
悔いのないレースで、ゴールの喜びを感じたい。
[PR]

by toshihi616 | 2007-11-24 16:10 | 大会参加 | Trackback | Comments(22)

篠山マラソン

b0108100_20502044.gif


篠山マラソンに参加してきた。
フルマラソンシーズンの最後の大会なので、
納得のいくレースを目標とした。

当日の天候は最高気温が20℃近くまで上る、
春を通り越して初夏を思わせるようないい天気。
走り終えるとシャツやタイツが塩で白くなっていた。

レースのほうは、暑さに自然と体が身構えてしまい、
序盤は押さえ気味のペースでの走りとなる。
30キロの折り返し地点までは、ペースはいつもより遅いが気力的には充実しており、
後半も大きなペースダウンもなくイーブンペースでいけそうな感じだった。

ただ折り返し後、体のほうが反応してくれず、
ゴールまでズルズルとペースが落ちていった。
タイム的にはネットで3時間55分51秒と、今ひとつの結果に終わった。
でも、あの季節外れの暑さの中を、最後まで一定の気力を保ちながら、
完走できたことに満足している。
篠山も終わり、今後は5月、6月のウルトラに向けて調整していきたい。
b0108100_2183670.gif
   〈レース前の記念撮影、みなさんまだ元気です〉

今回の大会で、同じランニングクラブの女性2名が、
「ピカチュー」と「ガチャピン」の仮装をしてフルにチャレンジされた。
それも、頭だけの被り物ではなく、全身を包む厚手の生地でできた衣装でだ。
当日の気温だと暑さで途中リタイアということも。
30キロ折り返し後、反対側のコースに「ガチャピン」を見つけ、
「ガンバレ~」とエールを送ったら、
「アリガトウ~」と大きな声が返ってきた。
意外と元気そうやん。

お二人とも関門に引っかかることなく無事完走された。これはすごい
完走後、「丹後ウルトラよりしんどかった」とのこと。
ひよっとしたら3月10日に、「ピカチュー」と「ガチャピン」の姿がテレビで放映されるかも。
三木RCでフルマラソンにチャレンジされた方は、全員無事完走された。
みなさん、暑い中、お疲れ様でした。
b0108100_2049242.gif
     〈ゴール直前のガチャピン、ラスト頑張れ~〉
[PR]

by toshihi616 | 2007-03-05 21:26 | 大会参加 | Trackback | Comments(14)

まだまだ修行がたりまへん(木津川マラソン)

b0108100_19142183.gif
〈「萌」による応援太鼓〉

木津川マラソンに参加してきた。

天候のほうは、スタート時には曇り、気温は平年並みの寒さ。
徐々に回復に向かい、午後からは雲ひとつない快晴となり、気温も上がる。
風のほうは例年通りで、冬の冷たい風がいやらしく吹いていた。

コースは、山城大橋付近をスタート地点として、
木津川沿いに上流方向へ10キロ行って折り返し、
下流方向へ20キロ行って2度目の折り返し、
そして10キロ上流に走ってスタート地点に戻ってくる。
木津川サイクリングロードがコースとなっており、コースの幅は狭い。

アップダウンは、橋をくぐったりするときにあるぐらいで、ほとんど平坦である。
ただ土手の上を走ることが多いので、風があればまともに影響する。
特に上流から下流に行くときに、いつも強い向かい風に悩まされる。

今回のレースは、来月の篠山に備えての練習ランとして、
一定のペースで走ること、42キロという長い距離を走ることを目的とした。
結果としては、42キロというロング走はできたが、
一定のペースで走りきるということはできなかった。

簡単にレースを振り返ると、
最初の5キロは、27分15秒。土手の上にある狭いサイクリングロードを走るため、
流れに逆らえずスローな出だしとなる。
5キロ以降もいつもより押さえ気味で走る。
(10k:26分、15k:25分50秒、20k:25分44秒)
最初の折り返し後、やはり向かい風が吹いてくる。
ハーフを過ぎたあたりから、はやくも一定のペースを保てなくなる。
膝が痛いとかではなく、足全体がだるく気力もなくなっていく。
(25k:26分47秒、30k:27分37秒)
2度目の折り返しで追い風なのに、体は反応せず抜かれっぱなし。
ペース走どころではなくなってきた。
気持ち的には完全に切れてしまい、
とうとうキロ6分を超えてしまった。
(35k:27分54秒、40k:32分13秒、ゴールまで:13分26秒)
タイムは、手元の時計で3時間53分8秒。

なんとかゴールしたが、思ったより早くペースを保てなくなり残念。
まだまだ修行が足りないと感じた。
1ヵ月後の篠山で、リベンジしたい。
それと、来年は木津川をパスして、同時期にあるハーフぐらいに参加しようと思う。
練習ランでフルを利用するのは、気力的な面でちょっと無理があると思った。

今日は42.2キロ、2月累計62.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2007-02-04 20:33 | 大会参加 | Trackback | Comments(10)

加古川マラソン

b0108100_1829862.gif


今年最後のレース、加古川マラソンに参加してきた。

当日の天候は、去年と打って変って快晴。
下流からの風もあったが、去年ほどでもない。
加古川大堰を渡ってからゴールまで、いやらしい向かい風はあったものの、
少し汗ばむくらいのいい天気だった。

ここのコースは、河川敷のフルマラソン用の常設のコースで、
高低差はほとんどなく、天候さえ味方すればとても走りやすい。
自己ベストの出やすいコースだ。

当日は、ちょっと寝坊をしてしまい、バタバタと家を出る。
応援団はなくて、さみしく一人で電車にて、大会会場へ向う。
現地に9時に到着、いつもの三木RCの場所に向かい、
速攻で着替え、ストレッチをし、少しだけジョギングをする。

9時25分、一般の部集合。
ここでも遅れてしまい、去年より後方でのスタートとなる。
9時45分、スタート。
スタートロスは50秒程度、人ごみを縫うように走る。
5キロのタイムは24分24秒、スタートにしては思ったより早い。
幸先いいぞ~!

今回の目標は、自己ベスト更新で、キロ5分を切るようなペースを、
最後まで持続することだ。
25キロぐらいまで、前回の福知山同様、いい感じで走れている。
05~10キロ 24分01秒
10~15キロ 23分50秒
15~20キロ 24分07秒
20~25キロ 24分14秒

ただ、27キロを過ぎたあたりから、少し脚にきたようで少しペースが落ちる。
福知山に比べてペースの落ちるタイミングが早い。
少し気持ちがマイナスに働き、走りも重くなってきた。

しかし、30キロ手前で、今日は応援のTさん(三木RC所属の若手有望ランナー)が、
沿道から「アミノバイタル」を手渡してくれた。
そして一言、
「30分を切りましょう!」

その温かい心遣いに感激し、
そして、アミノバイタルに含まれるりんご果汁やクエン酸の酸っぱさに、
心も体も敏感に反応し、再び走る気力が沸いてきた。
Tさん、どうもありがとう。
25~30キロ 24分49秒
30~35キロ 25分19秒

30キロ以降も、前回の福知山ほどペースは落ちず、
35キロを過ぎたあたりで、脚でも攣って走れなくならない限り、
30分切りはいけると思った。
そんな風に考えると、体は正直なもので、
今までで一番元気よく、ゴールまで走ることができた。
35~40キロ 26分20秒
40~ゴール 11分34秒

手元の時計で3時間28分38秒、グロスでも3時間29分28秒と、
今年最後のフルの大会で、30分を切ることができた。
素直にうれしく、ますますランニングに魅了されそうだ。

今日の大会で42.2キロ、12月累計は237.2キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-12-23 19:49 | 大会参加 | Trackback | Comments(21)

第16回福知山マラソン

b0108100_20281919.gif


第16回福知山マラソンに参加してきた。
天気予報では傘マークで、悪天は避けられないと覚悟したが、
予想に反して雨には降られず、やや風はあったものの、
曇り空で暑くもなく、この天候に文句を言えば、
バチがあたりそうなランニングにはもってこいの日和となった。

この大会での目標は、自己ベストの更新だが、
青垣のハーフでそこそこ手ごたえがあったので、
ハーフのタイム×2+(10~15分)の、3時間30分~35分を内緒で狙っていた。
(誰かに公言すると、プレッシャーになりますんで、あくまで内緒で)

最初の5キロは、人ごみで走れないのは分かっていたので、
あせらずウォーミングアップのつもりで、無理せずに走る。
(スタート~5K:25分48秒)
その後、30キロまで24分台をキープして走れた。
ただ、25キロぐらいまで特に異常のあるところはなかったが、
少し左足の裏が痛くなってきたのと、左膝もなんとなくいやーな感じになってきた。
(5~10K:24分13秒、10~15K:24分13秒、15~20K:24分27秒、20~25K:24分05秒、25~30K:24分43秒)

そして、とうとう30キロ過ぎからキロ5分以上かかるようになる。
幸いにも、膝のほうはなんとか持ちこたえて、大幅なペースダウンにはならなかった。
疲労からか、徐々にペースが落ちていく。
でも、ここまでよくキロ4分台で走れたなとも思う。
40キロの経過時間は、ネットで3時間21分08秒。
30分切りは無理だが、30分台はいけそうだ。
(30~35K:26分32秒、35~40K:27分06秒)

それと、8千人以上がこのコースを走っているので、
ブログで知り合った人になかなか会えない。
25キロ過ぎに、唯一ryujiさんとお会いしただけだ。
(エールを送ったんですが、分かってもらえました?)
亀オヤジさんたちは、たぶん快調に前方を走られているのだと思っていた。

ところが、由良川沿いのコースから、左に折れて最後の坂を目指す曲がり角で、
なんと、後ろから亀オヤジさんに声をかけられる。
「ラストスパート、最後の坂を駆け上がるでえ~」と、軽やかに抜き去って行かれた。
この坂を気持ち良く駆け上がるのが目標だったが、また次回にお預けとなった。
ゴール前のコーナーでは、既にゴールしていた、まもる君のエールを受ける。
やっぱり、ホラポスの一番バッターは伊達じゃない。
ゴール後には、ミカンさんともお会いする。ミカンさんも自己ベスト更新。
まもる君、ミカンさん、おめでとうございます。

結局、3時間34分44秒でゴール。(40~ゴール:13分36秒)
自己ベストを約15分短縮。
一定のペースで30キロまで走れて満足のいくレースでした。
b0108100_20283761.gif
     〈ゴール後、亀オヤジさんと〉

今日のレースで42.2キロ、11月累計246.4キロ。
[PR]

by toshihi616 | 2006-11-23 21:57 | 大会参加 | Trackback | Comments(17)