タグ:2007 ハセツネ ( 3 ) タグの人気記事

2007日本山岳耐久レース② FINAL

1.スタート前

早朝、新幹線で現地に向かう。
10時半頃、武蔵五日市駅に到着する。
天候は、少し雲が多いが晴れで、これからどんどん良くなりそう。
開催日が、昨年より10日ほど遅いので、夜間や明け方は冷えそうな感じ。
でも、雨の心配はほとんどなさそうで、気持ちよく走れそうである。

歩いてレース会場に向かうが、昨年同様、体育館はすでに足の踏み場もない。
体育館の裏手で着替え、おにぎりで腹ごしらえをして、スタートを待つ。

b0108100_21375845.gif
     〈受付に向かうランナーさん達〉

2.スタートから第一CP(浅間峠、22.6キロ地点)

昼の1時スタート。
昨年のようにグランドを周回することなく、
約2,000名の参加者がゆっくりとスタートラインを越えて走り出していく。
いよいよ、71.5キロの徹夜トレイルランの始まりだ。

第一チェックポイント(CP)までは、渋滞は仕方がない。
渋滞を緩和するために、バイパスが設けられていた。
でも、約2,000名の参加者が一度に同じコースを通過するため、
渋滞はどうしても避けられないだろう。
個人的には、序盤から飛び出す走力もないので、
ちょうどいい休憩になり、全く気にならない。

体調は可もなく不可もなくで、脚の付け根の痛みは特にない。
今のところ、不安材料はなく、順調な滑り出しである。
第一CPの手前で、ヘッドライトを装着する。
第一CPの浅間峠に到着する。スタートから4時間49分経過で、昨年より6分早い。
大福を1個だけ食べて、早々に出発する。

第一CP到着時刻、17時49分。経過タイムは、4時間49分。
通過順位は、975位/ 2003名。

b0108100_014764.gif
     〈日本山岳耐久レース公式HPより、クリックで拡大できますよ〉

3.浅間峠から第二CP(月夜見山駐車場、42.1キロ地点)

昨年は、道標の地名を見ても全く距離感がつかめなかったが、
少しは地名も覚え、ペース配分に役立った。
心理的には昨年と大きく違い、余裕を持って行動できている。
ただ、浅間峠まですでに22キロを走っており、太ももが少しだるくなってきた。

第一CPから西原峠まで約10キロ、そこから三頭山まで約4キロ。
三頭山の手前は急な上り坂が続くが、それまでのコースには平坦なところもある。
昨年の記憶では、しんどい上り坂ばかりのイメージしか残っていないが、
再び走ってみると、私の走力でも走れるところが結構あり、意外であった。

ただ、平坦なところでも前を行くランナーが歩いていると、
その人を追い越してまで走る気になれず、楽をしてしまう。
このような区間を無理なく走れるようになるのが、今後の課題。

今年のレースは、この区間の三頭山の登りが一番つらかった。
そして、昨年と同様に、コース脇で座り込んでいる人、
仰向けに寝ている人がいた。
でも、昨年よりは人数が少ないような気がした。
全体のレベルが上がっているのかも。

なんとか、三頭山の避難小屋に到着、気温は昨年より低そう。
立ち止まると体が冷えてくるので、そのまま山頂を目指す。
三頭山のピークでも休憩せずに、第二CPの月夜見山駐車場を目指す。
ピークから鞘口峠までの高低差400メートルほどの急な下り坂で、
ハンドライトが威力を発揮した。

昨年は足元を確認しながら、恐る恐る下った記憶があるが、
今回は強力なハンドライトのおかげで、いい感じで下ることができた。

第二CP,到着。スタートから9時間23分。昨年より34分早く到着した。
このCPでは、水分を補給できるが、ハイドレーションシステムには0.5リットル強は残っており、ペットボトルにも半分くらい残っている。
結局、ペットのスポーツドリンクをハイドレーションシステムに移して、
500ml分のスポーツドリンクを補給してもらった。

第二CP到着時刻、22時23分。経過タイムは、9時間23分。
通過順位は少し上がって、730位/ 2003名。

4.第二CPから第三CP(長尾平、58キロ地点)

第二CPで、スタート地点から42キロほどで、半分以上は過ぎている。
水分補給なしでもいけるかなと思ったが、保険と思って補給した。
第二CPでは大福とアミノバイタルプロ(ジェル)を食べ、御前山を目指す。
このあたりからしばらく、ガスが発生してきて、前がよく見えなくなる。
ヘッドライトの光に反射して、霧雨のような感じ。
めがねが曇っているのかと思ったが、そうでもなさそう。
コースから外れぬよう慎重に進む。

昨年は、この御前山の登りが一番つらいという記憶があった。
まだまだ登りが続くだろうと抑え気味で登っていたら、
なぜかあっけなくピークに着いてしまった。
ピーク付近は北側から風が吹いており、
立ち止まるとさすがに寒い、ウインドブレーカーのお世話になる。

ここの下りでトラブルは発生した。
久々に派手に転んでしまった。
足元が滑り、仰向けに後ろに転倒した。
幸いに、お尻とザックで衝撃を吸収して、体のほうはなんともなかった。
気を引き締めて再び坂道を下っていった。

転倒時は急な下り坂だったので、ヘッドライトとハンドライトを併用していた。
ヘッドライトは前方全体をぼんやりと照らせばいいので、
光量はそんなに強くしていない。
急な坂道が終わり平坦な道になったので、ハンドライトのスイッチをオフにした。
真っ暗になった。

帽子に手をやると、ヘッドライトがない。
さっきの転倒で、帽子の上から装着していたヘッドライトが吹っ飛んだようだ。
なんとも間抜けな話だが、それまでヘッドライトがなくなったことに全く気付かなかった。
急な坂道を登り返して探しに行くという選択肢は、全く頭に思い浮かばない。

ハンドライトは連続して使用すると3時間ほどしかもたない。
現在の時刻が深夜の1時前で、夜明けまでまだ5時間ほどある。
当然、予備の電池はあるが、夏の夜間六甲トレイルランで一度使用しており、
全くの新品ではない。
なんとか行ける所まで行って、いよいよダメであれば、
夜が明けるまで待機して、明るくなってからゴールを目指せいい。
タイムはロスするが、完走はできるだろう。

大ダワのキャンプで、いつでも電池交換できるように、
取り出しやすいところに予備の電池を納める。
そして、最後の大きな登り、大岳山のピークを目指す。

ここの登りもつらかった記憶があるが、
今回は電池のことが気になって、気がつけば鎖場のある岩場に差し掛かっていた。
転倒後、ハンドライトを1時間以上は使用しているが、
光量がかなり弱ってきた。
左手にハンドライトを持って、緊張しながら岩場を無事通過する。

大岳山のピークで、いよいよ予備の電池に交換する。
今の電池でももう少しもつと思ったが、大岳山の下りも険しいところがあり、
ピークには休憩している人が多く明かりもあり、
ここが交換時期と判断した。

なんとか、第三CPに到着。経過タイムは13時間35分と前回に比べ1時間9分早い。
最後の腹ごしらえに大福とパワージェルを1パック食べる。

第三CP到着時刻、02時35分。経過タイムは、13時間35分。
通過順位はまた少し上がって、636位/ 2003名。

5.第三CPからゴール(71.5キロ)

ここからゴールまで13キロほど。
大きな登りはなく、下り基調のコース。
前回レースの反省として、ここから走ってゴールしたいと考えていた区間だ。
CPから、しばらくは街の明かりがあるため、
節電のためスイッチをオフにして第三CPを出発する。

再び山道に入り、走れるところは走る。
他のランナーさんも気持ちは同じなのか、
多くの人がゴールを目指して、しっかり走っている。
走りたいという気持ちとは裏腹に、心なしか光量が落ちてきたような。
やはり、ゴール前にして夜明け待ちの大休止かなと。

ハンドライトで前方を照らすが、だんだんと路面状況を正しくつかめなくなる。
段差が分かりづらく、何度か階段を踏み外したような、
ガクンとした衝撃を受ける。
とても安心して走れなくなり、歩いてしまう。

ようやく日の出山に到着する。
ハンドライトのことを忘れるほどの夜景が広がっている。
誰かが、「ここまで走ってきたご褒美」と言っている。
見上げれば星空もきれい。オリオン座もくっきりと見える。

日の出山から急な階段を降り、再び山道へ。
後方からのランナーさんの明かりが、私の影を前方につくる。
抜き去っていくランナーさんのライトの明るさが羨ましい。

ようやく、残り5キロ地点に到着。
4時10分ぐらいと思うが、明かりさえあれば楽々15時間台でゴールできるのに。
試しにスイッチをオフにすると、真っ暗でなにも見えない。
心もとない明かりで、とぼとぼと歩く。

いよいよ、限界というところで、最後の手段。
最初の電池をもう一度使用することにする。
暗闇の中、手探りで電池を交換する。
おぉ、意外に明るい、なんとか走れそうだ。
街中に入るまでこの明るさを持続してくれ!

しばらく走ると橋が見えて来た。
道の幅も広くなり、やがて舗装路となる。
ギリギリセーフ、夜明け待ちの大休止の必要はなくなった。
九十九折れの林道を走りぬけ、街中に入る。

16時間0分20秒で、なんとかゴール。
なんとも、電池の残量を気にしながらのヒヤヒヤのレースとなった。
ゴール後、出店で「DRY」を飲んだが、素直に喜べない少し微妙な味だった。

ゴール到着時刻、05時00分。経過タイムは、16時間00分20秒。
前回タイムは17時間12分、1時間12分更新できた。
通過順位は少し下がって、649位/ 2003名。

道中、応援してくださったスタッフの皆さん、ありがとうございました。

b0108100_21395438.gif
     〈ゴール地点、皆さん続々と帰ってくる、ラストスパート頑張れ~!〉

追記
今大会で滑落による死亡事故が発生した。
亡くなられた方のご冥福を慎んでお祈りいたします。
[PR]

by toshihi616 | 2007-10-23 20:17 | トレイルラン | Trackback | Comments(14)

2007日本山岳耐久レース ①

10月20日・21日と、日本山岳耐久レース(通称「ハセツネ」)に参加してきた。

今回で2度目の参加で、コース状況等は概ね頭に入っているつもり。
装備や行動食についても、暗中模索の1回目に比べると、少しは計算できると思う。
このレースは、最低限の装備を携行すれば、
あとは個人の判断で、装備を工夫することができる。
レース前の装備の検討も、このレースの面白さでもある。

レースのレポートに先立ち、
まず今回、装備面や行動食面で工夫したこと及び目標を記述してみたい。

1.ライト
前回はヘッドライトだけであったが、今回はハンドライト(superfire301)も携行した。
走れない登りは別として、下り坂や平坦な道では、ヘッドライトだけでは足元が不安で、
自信を持って足を踏み出せなかった。
そこで、今回はハンドライトを併用して、下りをしっかり走れるようにしたい。
ハンドライト併用は、夜の六甲山でもテストしたが、すこぶる良好であった。
しかし、このライトの併用が、思わぬトラブルを招いてしまった。
このトラブルについては、レースレポートのほうで・・・。

2.雨具
前回は、登山のときに使用していたノースフェイス社のゴアテックス製の物を携行した。
結構重量もあり、かさばる物だった。
今回は、ウインドブレーカー兼用のモンベル社のULシェルジャケットを購入した。
軽くて、少々の雨でも大丈夫な生地で、防風性も高そうだ。

3.行動食
パワージェルを試してみると、なかなかいいので、今回10パック分携行した。
うち、4パック分を小さなマヨネーズの空容器に詰めた。
(マヨネーズの口が狭いので少々苦労したが・・・)
これをウエストベルトのポケットに入れて、行動中でも食べれるようにした。
このためデジカメを入れるスペースがなくなった。
前回は、デジカメどころでなく、ほとんどシャッターを押せなかった。
今回もあまり出番がないだろうと思い、デジカメの携行をあきらめた。

前回は行動食がかなり余ったので、
今回は大福とパワージェル主体にして行動食を絞った。
実際に持っていったもの(うち食べた数)
 大福 5(4)、パワージェル10(6)、アミノバイタルプロ1(1)、カロリーメイトジェル1(0)、
 一口羊羹1(1)、カロリーメイト固形1(0)、飴玉6(6)

4.水
前回は、ハイドレーションシステムに1.5リットル、500mlのペットボトル2本だったが、
今回は気温も低くなりそうなので、ペットボトルは1本の合計2リットルとした。

5.その他
他の装備はほぼ前回と同じ。
ウェアーは、ほとんどを長袖シャツとCW-X(ロング)で行動できたが、
御前山から大岳山の登りの途中までウインドブレーカーのお世話になった。

6.目標
完走が第一目標だが、
もし天候が味方してくれるなら、夜明け前にゴールしたい。
日の出が6時前だから5時半ぐらいまで(タイムにすると16時間30分まで)に、
スタート地点に戻りたい。
[PR]

by toshihi616 | 2007-10-22 19:19 | トレイルラン | Trackback | Comments(0)

ハセツネ、無事完走(少し遅い速報)

10月20、21日と、2度目のハセツネに参加してきた。
タイムは、16時間00分20秒と、なんとか完走できた。
レース前、夜が明ける前にゴールしたいと思っていたので、
ぎりぎり目標達成という結果。
やはり、徹夜トレイルの71.5キロは厳しく、筋肉痛がいつになくひどいです。
今回は、ライト関係のトラブルで第3チェックポイントからゴールまでヒヤヒヤでした。
[PR]

by toshihi616 | 2007-10-21 21:11 | トレイルラン | Trackback | Comments(12)