タグ:2007 萩往還140 ( 5 ) タグの人気記事

第19回萩往還マラニック140K ③(FINAL)

6.東光寺~佐々並(120キロ)

b0108100_10441531.gif
     〈萩有料道路休憩所のエイド、歩きの部の人達が多くなる〉

東光寺を出発して、ややこしい萩市内をなんとかクリアして、
萩有料道路の休憩所に、12時10分頃到着する。
このあたりから、歩きの部の人達や、70キロランニングの部の人達と、
出会うことが多くなり、
そのエールの交換のたびに走る力がわいてくる。

b0108100_10541720.gif
     〈再び通る萩往還道は、素晴らしいトレイルコースだった〉

天候は清々しいほどの晴マークで、
再び通る萩往還道は、新緑の映える素晴らしいトレイルコースだった。
体調は、カレーとビールとエールのおかげで回復し、
上り坂でもどんどんピッチが上がっていく。

b0108100_1162119.gif
     〈ryujiさんも頑張っている〉

明木市のエイドに、12時50分頃到着したが、
ここでじじさんが、
「いまの区間で15分余裕ができました」とのこと。
すごい、この人は人間ナビゲーターか!
東光寺での完踏できる宣言を、半信半疑で聞いていたが、
この発言で、じじさんを全面的に信用してしまう。

b0108100_1057181.gif

b0108100_10573349.gif
     〈延々と続きそうな一升谷の上り坂〉

明木市のエイドから、一升谷の長い上り坂を黙々と登り、
佐々並のエイドに、14時50分頃到着した。
ゴールまであと15キロ、残り時間3時間10分。
スタッフの人も、十分完踏できますよと励ましてくれる。
一時は完全にリタイアムードだったのに、
もうひと頑張りで完踏できそうだ。

b0108100_11122812.gif
     〈佐々並のエイド、少し余裕も出てきた〉

7.佐々並~ゴールの瑠璃光寺(134.4キロ)

佐々並を出発して、坂堂峠までの長い上り坂をなんとか登り切る。
途中、美味しい草餅のあるエイドがあったが、
この長い坂道を、一気に登りたかったので、
エイドに立ち寄ることなく、登り続けた。
あとでryujiさんに聞くと、草餅が美味しかったようで、少し後悔した。

坂堂峠から最後の石畳を下り、山口市街に入る。
瑠璃光寺の五重ノ塔がチラッと見える。
すでにゴールした人達の声援を受けて、17時40分頃にゴールできた。
ryujiさん、じじさんとガッチリ握手して、お互いの健闘をたたえあった。
初リタイアを本気で覚悟しただけに、このゴールはryujiさんとじじさんに感謝したい。
一人で走っていたら、萩城跡のCPでリタイアしていたと思う。

b0108100_22114491.gif


最後に、この大会のスタッフの皆さん、道中エールを交換し合ったランナーの皆さん、
どうもありがとうございました。

b0108100_1124446.gif

[PR]

by toshihi616 | 2007-05-06 11:41 | ウルトラマラソン | Trackback(1) | Comments(20)

第19回萩往還マラニック140K ②

4.山口福祉センター~萩城跡(79.1キロ)

b0108100_9124117.gif
     〈佐々並のエイド、レモンの輪切りが美味しかった〉

福祉センターから出ると肌寒く、
ウインドブレーカーを着用して、走り始める。
一の坂ダムを過ぎて、いよいよ萩往還道の石畳を登って行く。
長い登りを終えて、このコースの最高地点坂堂峠(標高560m)にたどり着く。

この峠から国道沿いを、どこまでも下って行く。
その坂の途中に、コース案内にない私設のエイドがあった。
深夜にもかかわらず、おばあさんが一人で世話をしていた。
暖かいお茶がとても美味しかった。

その私設エイドからも、どんどん下り、
ようやく佐々並のエイドに、深夜2時50分頃に到着した。
この頃から、頭痛の前兆のようないやな気分を感じる。
頭痛がひどくなってはまずいと思い、
このエイドで「バッファリン」を飲む。
「ガスター10」同様、初めて頭痛薬を携行したが、胃薬、頭痛薬と飲み、
ピルケースには、あと「正露丸」だけが残るのみとなった。
それと、「エアーサロンパス」はエイドごとにお世話になった。

ここ佐々並のエイドは充実しており、レモンの輪切りと梅干を頂く。
レモンの輪切りはシロップがかかっており、疲れた体を癒してくれた。
あとバナナを無理やり胃の中に押し込める。

佐々並のエイドを出発して、これでもかという石畳のアップダウンを繰り返し、
ほんとに延々と続く一升谷を下りに下って、
4時50分頃に明木市のエイドに到着する。
この頃から、山の端がその輪郭を徐々に表し、
夜明けの近いことを教えてくれる。

b0108100_9403989.gif
     〈明木市のエイド、完踏は無理っぽいという会話がちらほらと聞こえる〉

うんざりするほどのアップダウンを繰り返し、
萩有料道路の休憩所を、5時30分頃に通過する。
この休憩所で71キロと、全工程のほぼ半分となる。
経過時間が11時30分ほどと、後半の疲れを考慮すると、
完踏にはギリギリのタイムとなってきた。

b0108100_949057.gif
     〈勤皇の志士の銅像、彼らも萩往還道を歩いたんだろうな〉

5.萩城跡~東光寺(99.7キロ)

b0108100_9523140.gif
     〈萩城跡のCP,あきらめムードが漂っている〉

萩城跡のCPに、6時50分頃到着した。
あらかじめ預けていた荷物を受け取り、
長袖シャツからTシャツに着替えた。
食欲はあまりないが、大福を水とともに飲み込む。

周りを見渡すと、すでに一部のテントの撤収が始まっている。
完踏は無理だから、行ける所まで行こうという会話も聞こえてくる。
我々三人にも、あきらめムードが漂い始める。
睡魔も襲ってきて、次のCPである笠山の頂上で大休止しようという事になる。

b0108100_162341.gif
     〈笠山CPへ向う途中、 by ryujiさん〉

笠山のCPにむかう途中、
すでにチェックを終えて折り返してくるランナーさん達とすれ違うが、
半分以上、リタイアモードの我々には、
エールの交換も、もうひとつ力が入らない。

b0108100_1042348.gif
     〈笠山のCP,看板以外なんにもない、逆にこれが良かった〉

なんとか、笠山のCPに8時40分頃到着する。
そこには、CPの案内板があるだけで、
スタッフの方もおらず、当然エイドもない寂しいところだった。
大休止するには寂し過ぎるので、
予定を変更して、次のCPである虎ヶ崎の「椿の館食堂」まで行こうという事になる。
もし、ここにエイドがあれば、三人とも寝ていたかも・・・。

b0108100_10142032.gif
     〈笠山から日本海を望む〉

虎ヶ崎の食堂でカレーを注文する。
カレーはやはり刺激的で大いに食欲をそそる。
ついでに、ビールも注文して乾杯する。やっぱりビールは美味しいな~。

次のCPの東光寺まで行くと、走行距離が99.7キロとなる。
ここまで来たら、せめて100キロは走りたい。
最終CPの東光寺まで行って、リタイアするかどうか結論を出そうという事になる。
体調のほうは、カレーとビールが効いてきたのか、
キックする脚にも力が入りだしてきた。
東光寺に11時前に到着する。

b0108100_10273149.gif
     〈最終CPの東光寺山門、ここでじじさんの頭がフル回転する〉

このCPで、じじさんの頭がフル回転しだす。
ゴールまで35キロ、残り7時間あれば、
歩きを交えた走りでも、制限時間の10分前にゴールできると!
10分前という具体的な数字に、ryujiさんも私も素直に従い、
リタイアすることなく、再び走り出した。
[PR]

by toshihi616 | 2007-05-06 10:38 | ウルトラマラソン | Trackback | Comments(0)

第19回萩往還マラニック140K ①

b0108100_7132334.gif
〈スタート・ゴールの瑠璃光寺〉

萩往還マラニックに参加してきた。

1.スタート前

昨年9月の丹後ウルトラで完走できたら、
萩往還に参加しようと思っていた。
早々にエントリーしたため、送られてきたゼッケン番号は、
「B-4」と、招待選手のようで、少し気分がいい。

今大会の目標は完踏あるのみで、
早く走ろうとか、何時間以内にたどり着こうとかという
考えは全く頭にない。

距離は確かに140キロと長いが、
制限時間は24時間とたっぷりあるので、
なんとかなるという甘い考えがあったのも事実で、
現実はそんなに甘くなかったのも事実であった。

b0108100_7163857.gif
     〈スタート前のじじさんとryujiさん〉

大会当日、新幹線を利用して山口へとむかう。
新山口駅で、ryujiさんとじじさんにお会いして、
一緒にスタート地点である瑠璃光寺にむかう。

天候は、大会中の3、4日と晴の予報だが、
やや雲が多く晴天とはいかない。
満点の星空を期待していたが、
ちょっと無理っぽい感じだ。

b0108100_7285644.gif
     〈萩往還公式WebSite より〉

2.スタート地点~英雲荘(22.4キロ)

b0108100_7341665.gif
     〈瑠璃光寺、スタート前〉

スタート時間が近づいてきて、選手控えのある洞春寺から瑠璃光寺に移動する。
スタート前、ジョグノートで知りあいになった
vase jauneさんにお会いして、エールを交換する。

小野会長の「エイエイオー」の掛け声とともに、
18時10分頃(タイムを掲げていますが、押し忘れ等ありかなりアバウトです)にスタート。
まずは南下して防府市の英雲荘を目指す。

ryujiさん、じじさんと一緒に走らせてもらう。
結局、最後までこのパーティで走りきることとなる。
三人揃って国道沿いのコースを走っていると、
練習会で地元の大阪や奈良を走っている気分だ。

b0108100_853466.gif
     〈しゃもじエイド到着、あたりはすでに真っ暗です〉

1時間半ほどで最初のエイド「しゃもじ食堂」に到着、おにぎりとお茶を頂く。
ここまで14キロで、じじさんがトップでそのペースに合わせて走るが、
なんかついて行くのが精一杯で、この先どうなるのやら。
エイドを出て鯖山峠を越えると、下のほうに防府市の街の灯りが見える。

防府をスタート地点とする60キロウォークの人達とすれ違う。
お互いにエールを掛け合い励ましあいながらゴールを目指す。
この大会、ランの250キロ、140キロ、70キロ、35キロ、
ウォークの60キロ、35キロと、様々なクラスのレースが同時に行われており、
コース上ですれ違ったり並走したりする。
このエールの交換で、後半大いに力をもらうことになる。

3.英雲荘~山口福祉センター(43.4キロ)

b0108100_825739.gif
     〈CP英雲荘、ここで折り返し再び北上〉

折り返し地点の英雲荘には20時50分頃に到着。
ここの折り返しぐらいから、股関節あたりが痛くなり始める。
大阪府チャレンジ登山以後、なかなか痛みがとれず、
大会前には治ったと思ったが、完全には治ってはいなかった。

トップを走るじじさんについて行くのがやっとの状態で、
しゃもじエイドを過ぎてからは、三人の間隔が大きく開いてしまう。
なんとか、三人揃って山口福祉センター内のエイドに23時50分頃到着する。
ここまで5時間40分ほどかかっており、時間内完踏がきわどいペースになってきた。

このエイドでは、おにぎりと味噌汁を頂けるが、
少し気分が悪く食欲がわいてこない。
大会中にこんな気分になるのは初めてだ。
この先、食欲がなくなるのはちょっとまずいと思い、
「ガスター10」を飲んでみる。
今回初めて胃腸薬を持参したが、服用後、胃の辺りが少しスーとして、
薬を持ってきて良かったと思った。

b0108100_8593051.gif
     〈福祉センター内の休憩所、仮眠もできそう〉
[PR]

by toshihi616 | 2007-05-06 07:24 | ウルトラマラソン | Trackback | Comments(2)

萩往還、速報

しんどい大会でしたが、ryujiさん、じじさん、私、三人とも完踏しました。
[PR]

by toshihi616 | 2007-05-04 20:17 | Trackback | Comments(14)

萩往還の装備について

萩往還まで1週間を切った。b0108100_20235977.jpg
ランニングクラブの日曜練習会でスピードを出して走る気分にもなれず、自主練習にして三木のホースランドパークを走ってきた。
7時前から走り出す。
木陰に入ると、半袖、短パンでは少し肌寒い。
萩往還では夜間も走るため、長袖やないと寒いかなと思った。
3時間弱でトレッキングコースをのんびりと3周(1周約7.5キロ)したが、時おり爽やかな風が吹くなど、清々しい気候で走っていてほんとに気持ちがいい。
萩往還本番もこんな天気だといいのだが。

昼食後、一番下の息子がひとりで暇そうにしている。
一番上の娘はバイト、真ん中の息子は野球部の練習で、
GWの初日、家族での遊びの計画がない。
(オヤジも後半は遊びに行きますし、ゆるせ息子よ)
悪いなと思いつつ、
「どっか行きたないか?」と聞いてみると、
「プールに連れてって」
「よっしゃ、ほな行こか!」

午後から、三木の市民プールに行ってきた。
久しぶりのプールで、気持ちよかった。
息子は、ロングコースで気持ち良さそうに泳いでいる。
クロール、平泳ぎ、バタフライとスピードも距離も完全に負けそう。
私は、ロングコースとフリーコースを行ったり来たり。
平泳ぎで泳いだり水中を歩いたりすると、
ダイトレのときに痛くなった股関節あたりのいいストレッチになるのか、
しばらく続いていた脚の付け根や腹筋下部の痛みがだいぶ楽になった。
水中だと体がリラックスして、適度な水泳はリハビリ効果が高そうだ。

さて、今回の本題、萩往還の主な装備について。

まずは、シューズ
アシックスの「GT-2110、NEW YORK」。
丹後でも使用したシューズで、レース前にディクトンを足にすり込んで、
このシューズで走れば、靴擦れの心配はまずないだろう。
ただ、だいぶん磨り減っているので、萩往還の石畳が少し心配。
ザックは、グレゴリーの「リアクター」。
ハセツネ以降、トレイルではこのザック、よくできたザックで愛用している。
エイドがあるのであまり神経質になることはないが、
一応ハイドレーションシステムは装着して、水を500CCほど入れていこう。
あと、500CC のペットボトルを1本予備で持っていく。
服装は、上は長袖のシャツ、下はCW-Xのロング。
夜が明けるまでは長袖で走り、それ以降は天候によってTシャツに着替えるかも。
天気が怪しい場合は、雨具を兼ねたウインドブレーカーを持っていく。
ヘッドライトは、ブラックダイヤモンドの「スポット」。
ハセツネのような山道ではないので、ハンドライトまでは必要ないと思う。
食料も、エイドがあるので大丈夫と思うが、
大福(できればイチゴ大福)、アミノバイタル、飴玉と塩昆布は持って行きたい。

4日後には、いよいよスタートとなる。
ryujiさん、じじさん、YOKKOさん、vase jauneさん、道中よろしくお願いします。
萩往還、楽しみましょうね!

今日は22.5キロ、4月累計305.9キロ。
まもる君、やりましたで!
[PR]

by toshihi616 | 2007-04-29 19:15 | Trackback | Comments(20)