タグ:2015/10 キャノンボール ( 1 ) タグの人気記事

キャノンボール、価値ある完走

b0108100_20481174.jpg
六甲縦走キャノンボール大会に参加してきた。

この大会は今回で3回目。
1回目は去年の3月で、往路は何とか走り終えたものの、
悪天候で疲れ果て復路は走る意欲がなくなりリタイア。
2回目は今年の3月で、復路はアーリースタートながら初めての完走。
そして、3回目。ロングの大会では5月の萩往還、9月の丹後ウルトラと、
連続してリタイア。ここはなんとしても3連続リタイアは阻止しなければ。

この大会で一番気になるのは、レース時の天候である。
初めて参加したときは、一晩中強い雨が降り続き、とても過酷な大会となった。
今回は天候が安定しているようで、好天に恵まれそうだ。
でも、この好天が2日目の行動に大きな影響を与えるのだから皮肉なものである。
b0108100_20484067.jpg

17日夜9時、宝塚をスタート。
夜景や星空がとてもきれいだ。
風もなく体を動かしていればそんなに寒くない。
掬星台では久しぶりにryujiさんとじゅんこさんに出会う。
村岡の翌週には北アルプスの大天井岳を登られたようで、
相変わらずアクティブに活動されていた。
b0108100_20592455.jpg

初日は天候的なコンディションが良く、
後半のアップダウンの多いコースに苦労しながらも、
朝の6時半ごろ須磨浦公園に到着。
疲労度はかなり高く、普通ならこれで十分の活動となるのだが、
この過酷な大会は、再び宝塚まで戻らないといけない。
b0108100_2049259.jpg

スタート前に、会社の後輩である塚ちゃんと合流。
彼はスピードの部にエントリー。
事前にゴールまで引っ張ってくれとお願いしている。
そして、彼がいなければ確実にリタイアしていただろう。

18日朝の8時に、復路再スタート。
快晴、日中は気温が上昇しそうな感じ。
再スタート後、しばらくは体が動いていたのだが、
高取山の登りくらいから太ももの筋肉が悲鳴を上げ出した。
b0108100_20495422.jpg

菊水山の登りでは、10月とは思えないような強い日差しが目に眩しい。
昨日の夜が快適なコンディションだっただけに、余計にきつく感じる。
徹夜で走り続けた体にこの強い日差しはとてもきつい。
睡眠不足の影響だけでなく、強い日差しと暑さで、
少々頭がぼんやりし気分が悪くなってくる。

そして、鍋蓋山では明らかに体が動かなくなり、登るのも一歩一歩という有様。
こんな状態では、次の摩耶山そして宝塚まで行くなんてとても無理な気がしてくる。
せっかくゴールまで一緒に行こうといってくれた塚ちゃんには悪いが、
鍋蓋山の山頂にて桜茶屋で止める旨を伝えた。

でも、桜茶屋までの涼しい風の吹く木陰の下りの道を歩いていると、
頭もクリアになり、気分も良くなってきた。
時間はまだ十分に残っておりここで止めるのはあまりにもおしい。
摩耶山までは行こうという前向きな気持ちに変わった。

摩耶山の登りは、いつもより少し遅いくらいで掬星台に到着。
エイドではスープしかなかったので、
藤原商店でおなかを満たすことにする、ついでにビールも。
なんとか東六甲縦走路の分岐までたどり着いた。
残り時間を見ると、1時間35分くらい。
下りをしっかり走れば制限時間に間に合うかもしれない。

制限時間が過ぎてもとにかく宝塚にたどり着けたらと思っていただけに、
時間内ゴールの可能性があり、それが新たな目標となった。
東六甲縦走路では既に暗く、ライトが必要となる。
いままで疲労で足が動かなかったのに、下り坂を何度かテンポ良く下るうちに、
急に体が動くようになり、脚捌きもスピードも今までとは別人のようになってきた。

なにかスイッチが入ったよう気分になり、
前方に見えるライトの光を次々とパスしていく。
大平山の管理道に6時ごろ到着。1時間あれば十分に宝塚に到着できる。
制限時間内に宝塚に到着、ただゴール地点には明かりがなく誰もいなかった。
塚ちゃんと握手をして、完走を称えあう。
タイムは、アバウトだが往路が9時間半、復路は11時間、合計で20時間半であった。

その後、風呂に入り、ビールで乾杯となったが、
ゴールまで付き合ってくれた塚ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいである。
ありがとう。来年は、一緒にパワーですね。
桜茶屋で止めなくて本当に良かった。

(追記)
スタート地点がゴール地点だと思い込んでいました。
住宅街を抜けてローソンの手前でスタッフの人達から、
ハイタッチを受けておかしいなと思いながらそのまま宝塚温泉に直行。
ゴール地点は、どうやらスタート地点ではなく、宝塚ローソン横の広場だったみたいです。
そうなると時間内完走が微妙になりますが、自分の中では時間内完走にしときます(笑)。
[PR]

by toshihi616 | 2015-10-18 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)