カテゴリ:大会参加( 92 )

徳島マラソン、暑さで後半バテました

b0108100_04571089.jpg

徳島マラソンに参加してきた。

徳島は車で行くと意外に近い。
高速がスムーズなら1時間半ほどで徳島市街までいける。
当初は前泊を考えたが、日帰りで行くことにした。
しかも、ゼッケン等を事前に郵送してくれるため、
現地での受付がいらない。これは便利である。

さて、当日。天気予報では晴れで気温も高くなりそう。
スタート時の気温は既に20度を超えていた。
スタートは9時。
スタートラインを切るまでに4分ほどかかった。

気温は少し心配だが、体調は良さそうな感じ。
ペースのほうも5分15秒前後で走れている。
10キロほど走って、前方に4時間のペースランナーを発見。
大集団でそんなに広くない土手道を完全にブロックしている。

今回もサブフォーが目標なので、この集団のお世話になるか迷ったが、
ちょっと冒険をして先に行くことにする。
苦労しながらこの大集団の前に出て、
一定のペースでどんどん走り続ける。

このまま最後まで行けるかなと思ったが、
30キロ手前くらいからペースを維持できなくなる。
やはり高い気温で体に負担がかかったのか、
吉野川を折り返してからの向かい風が悪いのか。

さらに悪いことに、ガーミンの調子が悪くなり、
正確な距離とペースを表示しなくなる。
走っているのに、キロ14分なんて表示している。
ちょっと気持ちが切れそうになる。

ストップウォッチ表示だけを見ながら、何とか最後まで走りきり、
当初の目標であるサブ4は達成できた。
ネットタイムで、3時間57分50秒。加古川より1分5秒短縮。
加古川に続く連続サブ4。

この大会、土手道を走るコースにしては声援が多い。
私設エイドも結構あり、おもてなし度はかなり高い。
JALのエイドではキャビンアテンダントから紙コップを受け取り、
ちょっと得した気分でした。

次は4月に奥出雲のウルトラがある。
アップダウンのきついコースと聞いているが、
完走目指して最後まで走りきりたい。

b0108100_05161249.jpg
b0108100_05160367.jpg
b0108100_10124231.jpg



[PR]

by toshihi616 | 2018-03-25 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)

加古川マラソン、久しぶりのサブフォー

b0108100_05331508.jpg

加古川マラソンに参加してきた。

当日の天候は、スタート時では風もなく穏やかないいお天気。
後半はやっぱり海からの風が吹いてラスト7キロは向かい風となった。

今年から自己申告タイムによってスタート時の並ぶ場所が区分されている。
申告タイムをはっきり憶えていないが、静岡マラソンで散々な目にあったので、
確か4時間半くらいで申告と思うが、スタート位置は最後から二番目のEであった。
スタートラインを越えるのに3分弱かかった。

前走の岡山マラソン同様、キロ5分半で行けるところまで。
大堰を渡る手前で、4時間ペースランナーの集団に追い付く。
行けそうだったのでパスしてマイペースで淡々と走る。
大堰を渡ったところでまたペースランナーの集団に追い付く。

あれと思ったが、どうも4時間ペースランナーが二つあるようだ。
この集団も追い越して、先に進むか悩んだが、この集団とともに走ることにする。
集団で走るのに慣れていなくて、少し窮屈な感じだったが、
ただ前の人の背中を見ながら走るだけなので気分的にはすごく楽であった。

前走の岡山が4時間9分と、後半失速して4時間を超えたが、
この集団についていけば、4時間が切れて前よりはいいタイムでゴールできる。
ペースもそんなに頑張らなくてもついていけるペースなので、
今日は、この集団とともに最後まで行こうと決めた。

実際、20キロから30キロくらいがとても楽に走れて、もう30キロかと思ったほど。
さすがに、ラスト4キロくらいで少し足にきて遅れたが、
それでもなんとか6分ちょいのペースで走り続けられ、
ほぼほぼイーブンのペースでフルを走り切ることができた。

タイムはネットで、3時間58分54秒。
久しぶりのサブフォーであった。
次は徳島マラソン、このレースもイーブンペースで4時間切りを目指したい。

追記

三水会のエイドは目に入ったのですが、
集団の中の右側にいて立ち寄ることができませんでした。
すみませんでした。

b0108100_06285770.jpg
b0108100_06303533.jpg
b0108100_17175458.jpg


[PR]

by toshihi616 | 2017-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

おかやまマラソン、なかなかいい大会

b0108100_05352105.jpg
おかやまマラソンに参加してきた。
初めて参加する大会で、どのようなコースなのか楽しみ。
これからも、全国のまだ走っていないフルの大会に出てみたい。

今年の春の静岡マラソンの時よりも走りこみはできており、
後半に大きく崩れることはないと思う。
ただ、タイム的にはあまりこだわりがない。
早く走ろうという気持ちがないというか、
正直なところ以前のようにある程度のスピードを維持できない。

今回もキロ6分程度のペースで、
最後まで大きく崩れることなく走り続け、
気持ちよくゴールできればと思う。
そして、うまくいけばサブ4で走れればいうことなしです。

前日受付なので、岡山にて前泊。
今回は応援隊はなく一人で参加。

8時45分、フルマラソンスタート。

当日の天候は、曇り空でほとんど風もなく、
走るのには絶好のコンディション。
スタート時には、肌寒いくらいであったが、
スタートするとちょうどいいくらい。

最初はキロ6分程度で調子を見ながら走っていたが、
周囲のペースにつられて徐々にペースが上がっていく。
5キロほど走って時計を見るとキロ5分半になっている。
特につらくはないのでこのままのペースで走り続ける。

30キロくらいまでこのペースで走り続けられたが、
30キロを過ぎた辺りから残念ながら維持できなくなる。
でも、静岡マラソンの時のように、歩きが入るほどのダメージはなく、
ペースは落ちているが、割と淡々と走れている。

確か30キロあたりだったと思うがラーメンエイドがあった。
食べたい人だけが、特設されたラーメン会場に立ち寄るというもの。
ラーメンの屋台が何店かあり、好きなラーメンを選べる。
特にタイムは気にしていなかったので、ラーメン屋台に立ち寄ってみた。

どのラーメンを食べようか迷っていると、
屋台のおねえさんが、ぜひ食べてとトレイを差し出してきたので、
思わずどんなラーメンかも確認せずに手にとってしまう。
麺が十分にほぐれていなかったが、まあ美味しかった。
b0108100_06163332.jpg
30キロ以降は、旭川の土手道をゴールの市街地に向けて北上するのだが、
この土手沿いの応援がとてもフレンドリーでパワーをもらった。
所々でエアーサロンパスを用意して応援してくれている。
2回、エアーサロンパスのお世話になったが、
そのたびに、応援の人と話ができてとても励みになった。
b0108100_06161812.jpg
岡山城が左手に見えてくると、もうゴールも近い。
最後は立派な陸上競技場に入り、
トラックを3/4周ほどしてゴールするのだが、
テレビでよく目にするゴールシーンを実際に味わえて感激した。
b0108100_05353374.jpg
タイムは、4時間9分15秒。
タイムはともかく、後半大きな失速もなく、
最後まで走りきれたのがうれしかった。

このおかやまマラソン、コース、運営、応援等を含めて、
わたし的にはかなりいい大会だと思った。
また、参加したい大会の一つとなった。
最後に、応援してくださった岡山の皆さん、ありがとうございました。

[PR]

by toshihi616 | 2017-11-12 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(8)

香住マラソンとカニ料理

b0108100_11255736.jpg
香住マラソンを走ってきた。

アップダウンの激しいコースで、とてもフルマラソンのコースとは思えない。
でも、沿道の応援はとてもフレンドリーで走っていて元気付けられたし、
海岸線沿いのコースは景色も素晴らしい。
さらに、ゴール後にはかに汁などが振舞われ、
参加賞でカレイやハタハタなどの干物をもらえる。
最近、干物のおいしさを再認識しているが、
このカレイの干物もおいしかった。

タイムは4時間16分20秒。静岡マラソンよりは少しましなタイムであった。

後泊で香住の民宿に泊まり、カニ料理を堪能した。
b0108100_21063184.jpg
ノドグロの塩焼きなんかも出て、応援について来てくれた家族も大満足でした。


[PR]

by toshihi616 | 2017-04-22 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)

静岡マラソンと魚料理

b0108100_22102524.jpg
静岡マラソンを走ってきました。

絶好のランニング日和で、日差しはもう春です。
コース上で何ヶ所か富士山が視界に入るのですが、
雪をかぶった富士山を見るとやはり感激してしまいます。

後半30キロ付近では、
左にイチゴ農園、右に駿河湾の見える海岸沿いのコースを走るのですが、
雄大な太平洋を見ながら走っていると、
一瞬、疲れを忘れてしまいます。
また、参加してみたいいい大会でした。

b0108100_22124323.jpg
大会前日は、焼津に前泊したのですが、
ホテルの人に勧められた「にじいろ」という居酒屋に行ってみました。
店内は炭火焼の立派なかまどが印象的で、
目の前で新鮮な魚を焼いてくれます。
b0108100_22132048.jpg

刺身とかもおいしかったですが、
炭でじっくり焼いた一匹まるまるの「黒ムツ」は、
焼津というロケーションもあいまって最高においしかったです。
この店にももう一度行ってみたいです。


[PR]

by toshihi616 | 2017-03-05 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

加古川マラソン、予定より早く足にきました

b0108100_22342026.jpg

久しぶりのアップ。加古川マラソンを走ってきた。

10月下旬に30キロ走をして、いい感じで12月の本番を迎えられるかなと思ったが、
11月の初めに1週間の米国出張で全く走れず、
毎日、肉とハンバーガーと大量のフライドポテトで体重が増えた。
帰国後も平日にコンスタントに走れず、体重は重めのまま。

長い距離も走れてないので、マラソンの後半は足に来ると予想していたが、
最初に大堰を渡った15キロ前くらいから、
早くも5分~5分15秒のペースを維持できなくなる。
そこからは、徐々にペースが確実に落ちていき、
最後の10キロでは、股関節あたりが痛み出し、とうとう歩きも入る不甲斐なさ。

結局、4時間8分40秒で、なんとかゴール。
苦しい42.195キロであった。
b0108100_623648.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2016-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

村岡、来年はぜひともリベンジしたい!

b0108100_0571397.jpg
村岡ダブルフル(100キロ)に参加してきた。

結果は、第二関門を通過できずリタイアでした。
悔しいけどこれが今の実力でしょう。
来年はぜひともリベンジしたい!
[PR]

by toshihi616 | 2016-09-25 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(6)

加古川マラソン、なんとか完走

b0108100_21232492.jpg


加古川マラソンに参加してきた。

天候のほうは風をほとんど感じない曇り空。
昼から雨の予報でなんとか雨のふらないうちにゴールしたい。
ゴール近くで少しパラパラときたが、
そちらのほうは希望通りであった。

さて、肝心のレースのほうだが、
キロ5分でゴールまで走りたかったが、
30キロを前にそのペースを維持できなくなる。
大堰を渡ってからはいつもの風もなくコンディション的には最高だったが、
ゴールまでがとても長かった。

記録は、3時間44分41秒。
次にエントリーしている姫路マラソンでは、このタイムを目標に頑張りたい。

5K 25:59
10K 24:56
15K 24:30
20K 24:31
25K 25:05
30K 26:44
35K 28:47
40K 30:19
F 13:50
[PR]

by toshihi616 | 2015-12-23 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

ユリカモメ30キロ、なんとかキロ5分で

b0108100_1716043.jpg

ユリカモメ武庫川30キロに参加してきた。

最近全くペース走をしていない。
2週間後に神戸マラソンが控えており、どのくらいのペースで走れるか試すいい機会である。
今回はどんなペースで行くか迷ったが、5分15秒~30秒くらいで行ければいいかなと。

天候のほうは晴れ、風もあまりなく走りやすそう。
ただ、実際に走ってみて、地面が乾燥しているため、
砂が舞うのか走った後少しのどが痛かった。

レースは、30キロの部、フルマラソンの部、同時に9時半スタート。
エントリー者は、すべての人を合計して600名くらい。
後ろのほうからのスタートだったので、スタート時には少し窮屈だった。

走りだすと周りのペースに刺激されてか、
キロ5分でも行けそうな感じだったので、
予定を変更してキロ5で走れるところまで走ることにする。
ほとんど高低差のない河川敷はペースをつかみやすい。

25キロ過ぎくらいでペースが落ちてきたが、ほぼ5分のペースで走り切れた。
タイムは、2時間31分。
これで神戸のペースはキロ5に決定。
久しぶりのペース走は、いい感じで走り切ることができた。
神戸では、30キロ以降に大きな失速がなければいいのだが。

スタート前、このブログを見ているという人から声をかけられた。
最近あまりアップがないので、調子が悪いのかなと心配していたとのこと。
ありがたいことです。
神戸マラソン、サブスリー目指して頑張ってください!
[PR]

by toshihi616 | 2015-11-01 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(2)

キャノンボール、価値ある完走

b0108100_20481174.jpg
六甲縦走キャノンボール大会に参加してきた。

この大会は今回で3回目。
1回目は去年の3月で、往路は何とか走り終えたものの、
悪天候で疲れ果て復路は走る意欲がなくなりリタイア。
2回目は今年の3月で、復路はアーリースタートながら初めての完走。
そして、3回目。ロングの大会では5月の萩往還、9月の丹後ウルトラと、
連続してリタイア。ここはなんとしても3連続リタイアは阻止しなければ。

この大会で一番気になるのは、レース時の天候である。
初めて参加したときは、一晩中強い雨が降り続き、とても過酷な大会となった。
今回は天候が安定しているようで、好天に恵まれそうだ。
でも、この好天が2日目の行動に大きな影響を与えるのだから皮肉なものである。
b0108100_20484067.jpg

17日夜9時、宝塚をスタート。
夜景や星空がとてもきれいだ。
風もなく体を動かしていればそんなに寒くない。
掬星台では久しぶりにryujiさんとじゅんこさんに出会う。
村岡の翌週には北アルプスの大天井岳を登られたようで、
相変わらずアクティブに活動されていた。
b0108100_20592455.jpg

初日は天候的なコンディションが良く、
後半のアップダウンの多いコースに苦労しながらも、
朝の6時半ごろ須磨浦公園に到着。
疲労度はかなり高く、普通ならこれで十分の活動となるのだが、
この過酷な大会は、再び宝塚まで戻らないといけない。
b0108100_2049259.jpg

スタート前に、会社の後輩である塚ちゃんと合流。
彼はスピードの部にエントリー。
事前にゴールまで引っ張ってくれとお願いしている。
そして、彼がいなければ確実にリタイアしていただろう。

18日朝の8時に、復路再スタート。
快晴、日中は気温が上昇しそうな感じ。
再スタート後、しばらくは体が動いていたのだが、
高取山の登りくらいから太ももの筋肉が悲鳴を上げ出した。
b0108100_20495422.jpg

菊水山の登りでは、10月とは思えないような強い日差しが目に眩しい。
昨日の夜が快適なコンディションだっただけに、余計にきつく感じる。
徹夜で走り続けた体にこの強い日差しはとてもきつい。
睡眠不足の影響だけでなく、強い日差しと暑さで、
少々頭がぼんやりし気分が悪くなってくる。

そして、鍋蓋山では明らかに体が動かなくなり、登るのも一歩一歩という有様。
こんな状態では、次の摩耶山そして宝塚まで行くなんてとても無理な気がしてくる。
せっかくゴールまで一緒に行こうといってくれた塚ちゃんには悪いが、
鍋蓋山の山頂にて桜茶屋で止める旨を伝えた。

でも、桜茶屋までの涼しい風の吹く木陰の下りの道を歩いていると、
頭もクリアになり、気分も良くなってきた。
時間はまだ十分に残っておりここで止めるのはあまりにもおしい。
摩耶山までは行こうという前向きな気持ちに変わった。

摩耶山の登りは、いつもより少し遅いくらいで掬星台に到着。
エイドではスープしかなかったので、
藤原商店でおなかを満たすことにする、ついでにビールも。
なんとか東六甲縦走路の分岐までたどり着いた。
残り時間を見ると、1時間35分くらい。
下りをしっかり走れば制限時間に間に合うかもしれない。

制限時間が過ぎてもとにかく宝塚にたどり着けたらと思っていただけに、
時間内ゴールの可能性があり、それが新たな目標となった。
東六甲縦走路では既に暗く、ライトが必要となる。
いままで疲労で足が動かなかったのに、下り坂を何度かテンポ良く下るうちに、
急に体が動くようになり、脚捌きもスピードも今までとは別人のようになってきた。

なにかスイッチが入ったよう気分になり、
前方に見えるライトの光を次々とパスしていく。
大平山の管理道に6時ごろ到着。1時間あれば十分に宝塚に到着できる。
制限時間内に宝塚に到着、ただゴール地点には明かりがなく誰もいなかった。
塚ちゃんと握手をして、完走を称えあう。
タイムは、アバウトだが往路が9時間半、復路は11時間、合計で20時間半であった。

その後、風呂に入り、ビールで乾杯となったが、
ゴールまで付き合ってくれた塚ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいである。
ありがとう。来年は、一緒にパワーですね。
桜茶屋で止めなくて本当に良かった。

(追記)
スタート地点がゴール地点だと思い込んでいました。
住宅街を抜けてローソンの手前でスタッフの人達から、
ハイタッチを受けておかしいなと思いながらそのまま宝塚温泉に直行。
ゴール地点は、どうやらスタート地点ではなく、宝塚ローソン横の広場だったみたいです。
そうなると時間内完走が微妙になりますが、自分の中では時間内完走にしときます(笑)。
[PR]

by toshihi616 | 2015-10-18 00:00 | 大会参加 | Trackback | Comments(4)