<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

滋賀西国巡礼の旅



b0108100_07542622.jpg
西国巡礼の旅、今回は滋賀に行ってきた。

11月26日、27日で、滋賀県にあるすべてのお寺に行く予定。まず、26日は近江八幡駅で下車して、長命寺、観音正寺をお参りして、安土駅まで。途中、道を間違えたので、ちょっと長めの31キロ。

近江八幡駅からは、サイクリングロード沿いに長命寺まで走る。白鳥川沿いを琵琶湖に出るまではのどかな風景を楽しみながら走れたが、琵琶湖に出てからは、交通量の多い幹線道路沿いのコースとなり、あまり楽しくない。

それでも、8キロほどで長命寺の登り口に到着。山腹のお寺まで車の通れる林道と石畳の階段があるが、上まで走って登ってやろうと林道を選択する。しかし、最後まで走れず途中から歩いてなんとか第三十一番札所長命寺についた。
b0108100_07572937.jpg
b0108100_07573434.jpg
b0108100_07574156.jpg
帰りは階段を下って、次は観音正寺を目指す。
西の湖沿いを素直に走っていれば、目的の交差点に着くと少し油断してのんびりと走っていた。でも、周りの風景が田園地帯になり、思っている風景と違ってきたことに気づいた。スマホで位置を確認すると、あぁ~道を間違えているやん。こんな時はスマホがほんと役に立つ。躊躇なく引き返す。次の観音正寺は山の上にあるお寺でその道のりはとてもタフそう。林道を2.5キロほど登らないといけないが、まるで登山のようだ。長命寺の時はまだ走ろうという意欲があったが、この坂道は最初から歩き。ここまでですでに20キロ以上走っておりちょっと疲れてきた。なんとか第三十二番札所観音正寺に到着。
b0108100_09304301.jpg
b0108100_09305002.jpg
b0108100_09305425.jpg
b0108100_09310899.jpg
観音正寺を後にして、林道を下り安土駅に到着。予定時間を大幅に超過して、どうやら次に行く予定だった、竹生島にある宝厳寺への最終の船に間に合わなくなった。明日一番にお参りすることに変更し、今日は長浜港近くのホテルに泊まることにする。このホテル「長浜グランドホテル」というのだが、琵琶湖畔にありなかなか良かった。料金はビジネス並みで十分に観光気分を味わえる。お風呂も当然露天風呂がありリフレッシュできた。しかし、疲労感はかなりあり、特にふくらはぎが痛い。次の日曜日はNAHAマラソンがあるため、明日の巡礼走り旅は無理せず自重した。かあさんに連絡すると、明日行く予定の石山寺、岩間寺、三井寺はまだ行っていないので、車で一緒に回ったってもええでという返事をもらう。明日はのんびり車でお参りしよう。
b0108100_09425509.jpg
27日、朝一の船便で竹生島に渡り、第三十番札所宝厳寺をお参り。
b0108100_09532520.jpg
b0108100_09533542.jpg
b0108100_10053796.jpg
京阪石山寺駅でかあさんと合流して、第十二番札所正法寺を巡礼。
b0108100_10102572.jpg
b0108100_10103726.jpg
b0108100_10104229.jpg
次は、第十三番札所石山寺へ。ここは以前にも行ったことがあるが、紅葉が素晴らしかった。もう見頃は過ぎていると思い、あまり期待せずに訪れたが、少し日の傾いた光に照らし出された紅葉が素晴らしかった。スマホで撮りまくった。

b0108100_10200017.jpg
b0108100_10200849.jpg
b0108100_10201310.jpg
b0108100_10202148.jpg
b0108100_10203005.jpg
b0108100_10204164.jpg
b0108100_10204575.jpg
b0108100_10205264.jpg
b0108100_10205531.jpg
b0108100_10210202.jpg
最後に第十四番札所三井寺。二日目はランではなくドライブだったが、滋賀県にある札所をすべて巡礼できた。
b0108100_10251482.jpg
b0108100_10251947.jpg
b0108100_10252610.jpg

[PR]

by toshihi616 | 2018-11-26 00:00 | Trackback | Comments(0)

西国巡礼と柳生街道

b0108100_14561997.jpg
西国三十三ヶ所巡礼の旅、奈良に行ってきた。
そのついでに柳生街道を通って笠置駅までラン。
b0108100_12453073.jpg
奈良県で唯一まだお参りできていなかった、第九番興福寺南円堂をお参りしてきた。
近鉄奈良駅を降りて直ぐの所にあるので、まずは歩いて南円堂に向かった。
早朝にも関わらず、修学旅行生と外国観光客の団体が結構いた。
これだけだと面白くないので、ここから柳生街道を通って笠置駅まで走ることにする。
b0108100_12544314.jpg
柳生街道は亡くなられた井上さんの大会で走ったことがある。
前回は、奈良から上野までの大会だった。
今回は、それよりは距離の短い笠置駅まで26キロほどのコース。
天気もいいし、満足できるマラニックになりそう。
b0108100_12454461.jpg
b0108100_12455221.jpg
まずは、柳生街道の石畳の坂道を峠の茶屋まで。
平日で誰とも会わないだろうと思ったが、
年配のご夫婦や外国人のカップルのハイカーと会ったりした。
でも、基本静かな山道で、心が落ち着く。
b0108100_12461233.jpg
コースの途中にある円成寺では、紅葉がとても綺麗だった。
でも、少し見頃は過ぎている感じで、もう少し早く来ればよかったと悔やまれる。
b0108100_13074260.jpg
円成寺から柳生までは、のどかな風景を見ながらのランになる。
田んぼのあぜ道や集落の間を縫うようにコースが設けられている。
途中、道標がなかなか現れず不安になって、
野良仕事をしていた地元の人に道を尋ねたが、
とても親切に道を教えられ助かった。
b0108100_12462226.jpg
柳生で食事タイムのため少し休憩してから再び走り出す。
布目川沿いに笠置を目指す。
木津川に合流するあたりにJR関西本線の鉄橋があり、
写真を撮ろうと立ち止まってしばらく、電車の近づいてくる音が聞こえる。
ラッキーにも、電車も写真に収めることができた。
b0108100_12462995.jpg
ゴールは、笠置駅近くにある、「わかさぎ温泉笠置いこいの館」。
平日なので、貸し切りに近い。
露天風呂で、何も考えることなくボォーとくつろぐ、うんいい気分や。
最後に食堂でビールを飲んだのは言うまでもない。最高でした。

[PR]

by toshihi616 | 2018-11-20 00:00 | Trackback | Comments(0)

退職しました。

b0108100_12420012.jpg
退職した。

もう3時前に起きて、夜明け前ランをしなくてもいい。
普通の早朝ランに切り替えよう。
三水の会の平日練習にも参加できる。
海外のレースにも参戦できる。

体が動かなくなるまで走り続けよう。
故障やけがに注意して、あまり無理しないように。
登山やロングトレイルにも行ってみたい。
b0108100_12424787.jpg


[PR]

by toshihi616 | 2018-11-16 00:00 | Trackback | Comments(4)

とってもフレンドリーな大会、名水ゆずマラニック

b0108100_21160136.jpg
名水ゆずマラニックに参加してきた。

場所は、兵庫県の神崎郡神河町というところで、
グリーンエコー笠形がスタートゴールとなる。
コースは、ほぼ越知川沿いを走る自然豊かなところ。

スタート前の説明会では、日本一ゆるい大会を目指すとのこと。
大会の名称がマラソンではなく、マラニックとなっているので、
タイムを競うというより、道中の景色やエイドでの食事、
スタッフの人達らとのふれあいを楽しむ大会なんだなと思う。
b0108100_21152881.jpg
その説明会で、なんとひげ親父さんが連続出場者ということで、
ランナーを代表してのスピーチをされていた。
b0108100_21153357.jpg
9時半スタート。
フルの参加者は50名程度、
他の部門の参加者を合わせても200名程度と
とてもこじんまりとした大会。
b0108100_21161497.jpg
コース中に折り返しが3ヶ所あり、
他のランナーとすれ違うことになるが、
自然とお互いに声を掛け合うことになる。
大きなレースではとても考えられないが、
とてもフレンドリーな大会という印象を強く感じた。
b0108100_21154786.jpg
しかし、日本一ゆるい大会といいながら、
コース自体はアップダウンのあるタフなコースで、
特に山の中腹にある神社までの折り返しコースは、
とてもハードな林道の急坂となっていた。
b0108100_21153951.jpg
そこを下って再び越知川沿いのコースとなるが、
最後の折り返しまで延々とゆるい上りが続く。
ただ、折り返しまで行けば、その後は下りばかりなので、
気分的には少し楽かなと思う。
b0108100_21155182.jpg
エイドについては、距離はフルだがウルトラ並みに色々出てきた。
パンケーキ、くずもち、お蕎麦、おはぎ、とん汁等。
そんなに急に腹が減るものではないので、
くずもちとおはぎはパスした。

コースからの景色も、所々赤く色づいている木々もあり、
越知川の清流もあり、個人的にもう一度走りたいと思った。

久しぶりにフルを走って、それなりにダメージはあるが、
参加している人全員が友達のような大会で良かったです。


[PR]

by toshihi616 | 2018-11-11 00:00 | Trackback | Comments(2)